岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

ザ・ビッグハウス  相田和弘監督作品 観ました。

2018-08-13 23:22:07 | 映画・DVD 
監督は相田和弘さん。観察映画第8作目です。 ザ・ビッグハウスとは、ミシガン大学のスタジアムのことです。 一大学に全米最大のアメリカンフットボールのスタジアムがあるのです。 収容人数は11万人余り。その席が埋め尽くされます。 日本人にとってあまりなじみのないミシガン大学がとてつもなく巨大なのです。 この映画は、アメリカの大学、大学スポーツ、アメフト、チアリーディング、ブラスバンド、マーティ . . . 本文を読む
コメント

映画『ゲッベルスと私』観ました。ドイツの1930~40年代を描きます。

2018-07-29 22:21:27 | 映画・DVD 
重い映画だった。 103歳の女性へのインタビュー。 ナチスの宣伝大臣ゲッベルズの秘書だったブルンヒルデ・ポムゼル。 生涯初めてのインタビューだという。 映像は高精度カメラで全編モノクロ。 当時の記録映像が挿入される。 年齢にしては驚くほど記憶力がいい。 どこまで本当のことかわからない。 ゲッベルズは、敗戦直前に自裁している。 すでに闇に葬られて世紀をまたいだ。 彼女がゲッベルス . . . 本文を読む
コメント

映画『マルクス・エンゲルス』観ました。とても興味深い映画です。お薦めです。

2018-07-25 15:26:59 | 映画・DVD 
今となっては懐かしいお二人ですね。 この映画の主人公の一人、カール・マルクスの生誕200年だそうです。 少なくとも150年は、マルクス・エンゲルスの思想が世界をリードしたのですから、大変な思想家には違いありません。 この映画は、1840年代を描きます。 地域は、ドイツ(プロイセン王国)、フランス(パリ)、イギリス(マンチェスター、ロンドン)、ベルギー(ブルッセル) ドイツ人(カール・マル . . . 本文を読む
コメント

「港町」 相田和弘監督 観ました。重要な作品ですね。

2018-04-26 13:22:23 | 映画・DVD 
相田監督といえば、妻の実家がある岡山で撮影した作品が多いですね。 「精神」「PEACE」は岡山市内。 「牡蠣工場」「港町」は、瀬戸内市牛窓です。 牛窓は瀬戸内海に面した古い港町です。 古来から瀬戸内航路の船泊として栄えました。 魚が美味く、牡蠣も有名です。 その牡蠣の工場(こうば)の人間模様を作品にしたのが前作「牡蠣工場」です。 「港町」はその街の漁師を観察することで撮影が始まりまし . . . 本文を読む
コメント

映画『ELEMENTAL 生命の源 ~自然とともに~』を観ました。

2018-01-21 19:13:04 | 映画・DVD 
   岡山県内で上映活動をされている「みどりの映画会」に参加しました。   題名の「エレメンタル」って何だろうと思いました。  精霊という意味もあるのですね。そこで副題が「生命の源」になるのでしょう。   3名の国籍や居住地が異なる人々の社会的な活動を追います。 インドの活動家は、汚染が進むガンジス川を救うべく行動を起こし、 . . . 本文を読む
コメント

映画『孤高のメス』を観る。感動的でした。

2017-12-23 17:24:10 | 映画・DVD 
『孤高のメス』は2010年の作品です。 初めて観ました。 素晴らしい映画ですね。 あらすじがパーフェクトに書かれているブログがあります。 看護師(夏川結衣)の日記から在りし日の市民病院の日々が描かれていきます。 孤高の名医(堤真一)が地方の市民病院に赴任することから医師や看護師そして市民に変化が現れます。 孤高の名医といえば。「ドクターX」の大門未知子女医が評判ですが、 なんだか、こ . . . 本文を読む
コメント

映画 日本国憲法 を観る。

2017-12-22 21:01:44 | 映画・DVD 
この映画は、2005年に創られた。 今から12年前、日本の首相は小泉純一郎だった。 米国大統領はブッシュ・ジュニア。 イラクで戦争を始めた張本人だ。 しかし日本は現憲法下でイラク派兵はできない。 それをなんとか改憲なしで実施できないか。 小泉政権は四苦八苦して、なんとか米国のご機嫌をとった。 当時、小泉本人以下だれも改憲が現実的とは思っていなかった。 . . . 本文を読む
コメント

映画「コスタリカの奇跡」観ました。よかったですよ。

2017-10-30 11:22:24 | 映画・DVD 
岡山市京山公民館にて「コスタリカの奇跡」(みどりの映画会)を観ました。 歩いて1分の私ですが他の方は近隣市からのそれも移住者の方が多数派でした。 映画は素晴らしいですよ。 単に軍隊を廃止した小国家というとらえ方は根底から覆されます。 戦後1948年に常備軍を廃止しその予算を社会福祉・教育に回していきますが、この政府は選挙不正をした当時の大統領への反乱軍です。 武力革命をして、その後に軍隊 . . . 本文を読む
コメント

映画『母ー小林多喜二の母の物語』観ました。

2017-10-07 08:07:42 | 映画・DVD 
昭和史の暗部として語られる小林多喜二(日本プロレタリア文学の旗手)の虐殺。 しかしこの映画(監督は山田火砂子さん85歳)はそこに焦点を当てるだけでなく母親との愛情あふれる交流を描いていきます。 小林多喜二が特高に虐殺されたのは1933年2月。この時代までで映画を終えるものと思っていましたが、 戦後1961年、母セキの死を見届けて映画は終わります。 まさに多喜二の「母」の物語です。 セキは . . . 本文を読む
コメント

映画『夜明けの祈り』を観ました。

2017-09-20 08:33:45 | 映画・DVD 
1945年、第2次大戦直後のポーランドが舞台。ドイツが降伏し旧ソ連の管理下に置かれていた。この時代のポーランド情勢には疎いので、この映画の背景がわかりにくかった。映画に登場するのは、修道院、フランス赤十字、ソ連軍の兵隊、孤児となった子どもたちくらい。ヒロインの女医は、ポーランドに派遣されているフランス赤十字に勤務している。この女医が残した日記をもとに映画は作られている。しかし、なぜ第2次世界大戦が . . . 本文を読む
コメント

映画『幼な子われらに生まれ』 コミュニケーションを考える。

2017-08-31 18:32:23 | 映画・DVD 
「子どもに貧困」はお休み。映画の話です。 浅野忠信と田中麗奈の、ともにバツイチ同士の夫婦を中心に家族を描く、三島有紀子監督の映画です。  浅野の前妻には寺島しのぶ。田中の前夫は宮藤官九郎と見事な配役。 3人の子役も頑張っている。 観ていてなかなかしんどい映画です。 何がしんどい? 会話がしんどいのです。 男女の会話といっていいかもしれません。 主人公(浅野忠信)は、妻(田 . . . 本文を読む
コメント

映画『第九条』を観ました。維持か、破棄か、12人の若者が議論する映画です。

2017-07-01 23:13:30 | 映画・DVD 
『第九条』の公式サイトはこちらです。 岡山市にある陰涼寺の本堂での上映会でした。 観客は20数名でした。 映画のあらすじをサイトから引用します。 20XX年、時の政府は日本国憲法第九条の改正の検討に入った。 国民の意思を聞くため、諮問委員会を様々な職種の20代の若者12人のメンバーで作った。 弁護士で九条破棄派の秋葉(南圭介)、国際ボランティアNPO法人で海外での活動から九条維持派の五 . . . 本文を読む
コメント

『グランド・セントラル』 フランスの原発で働く人々を描いた映画です。

2017-05-20 13:03:10 | 映画・DVD 
制作中に福島原発事故が起こったとのことです。 2013年、カンヌ映画祭「ある視点」賞受賞作品 劇中に、チェルノブイリとフクシマの地名が話されます。 フランスは世界一の原発立地国。国内に58機の原発があると言われています。 原発で働いている人が何人くらいいるのか。数万人に及ぶと思います。 原発で働くということは、放射能と身近に向き合うことです。 各地から仕事を求めて若者が来ます。女性も例 . . . 本文を読む
コメント

『追憶』 十字架を背負って生きること。

2017-05-12 15:55:08 | 映画・DVD 
この映画はジャンルとしては何になるのだろうかと考えました。 ヒューマンサスペンスだそうです。なるほど少し納得しました。 『追憶』のスタッフとキャストを見ると、これは劇場で観ておかなくてはならないと 思ってしまいました。 監督80代(降籏さん)、カメラマン70代(木村さん)でバリバリの現役です。 対してメインキャストは、男性は30代(岡田さん、小栗さん、柄本さん)です。 女性は20代の方 . . . 本文を読む
コメント

映画『たかがこの世の終わり』 評価が分かれるはず。カンヌグランプリ

2017-04-25 16:08:41 | 映画・DVD 
ネットから『たかがこの世の終わり』についての解説を転載します。 「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザビエ・ドランが、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥー、「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ。劇作家ジャン=リ . . . 本文を読む
コメント