岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

ストリートマガジン「ビッグイシュー」はストリートで買いましょう。

2013-12-31 16:01:05 | ビッグイシューと岡山市販売店
岡山のビッグイシュー販売員の「山ちゃん」に年末にあいさつに行きました。 来年の目標は、岡山でのビッグイシューの認知度アップです。 もちろん、販売数倍増です。いいものは売れなくてはなりません。 総合グラウンド北西角、中国銀行が目印です。年始もやすみません。 車で来られるかたは総合グラウンド第2駐車場が便利です。1時間まで無料です。 明日元旦に最新号を発売します。 2014年はビッグイシューで初 . . . 本文を読む
コメント

今年もお世話になりました。今年を振り返る?

2013-12-31 05:48:53 | 日本の仲間
このブログにアクセスしていただいている皆様、そして、岩清水日記を読んでいらっしゃらない皆様。 今年一年、お世話になりました。 ありがとうございました。 今年一年が皆様にとってどのような年だったのでしょうか。 そして、世界の人々にとってどのような年だったのでしょうか。 やはり「命に関わる」災害や事故に遭われた方々のことが思われます。 12月に入っても、ロシアでの駅舎やバス爆破という悲惨な事件があ . . . 本文を読む
コメント

岡山での「ビッグイシュー」の認知度アップを目指します。

2013-12-30 05:42:42 | ビッグイシューと岡山市販売店
昨日も「ビッグイシュー」販売員の山ちゃんと話し合いました。 ※このリンク先は、「山ちゃん」を毎日撮影していただいている方のFBです。 「ビッグイシュー」の一日販売数は数枚だそうです。 場所が交通渋滞が頻繁に起こる岡山市津島の総合グラウンド北西交差点なのですが、 車から降りて買うわけにはいきません。 でも駐車場はありますよ。 岡山は自転車の先進国。かつての中国のように自転車が主要な交通機関です。 . . . 本文を読む
コメント

29日の京橋朝市は〆市でした。

2013-12-30 05:17:55 | 岡山
とっても寒い朝でしたが大勢の市民、県民が集まりました。 こんな朝の市の雰囲気が好きです。 日本はアジアと感じる屋台風景です。 「おいでんせー岡山」ブースでは、焼き芋マシーンで移住者や避難者の方を接待中です。 私も厚かましくいただきました。 びっくりするほど美味しかった。 ありがとうございました。 皆さん、お正月の準備をされていました。 朝起きは . . . 本文を読む
コメント

「ビッグイシュー」がわが街にやってきた。

2013-12-28 14:07:24 | ビッグイシューと岡山市販売店
販売員さんは「山ちゃん」です。 毎日の山ちゃんを、フェイスブックで支援者の方が掲載されています。 「ビッグイシュー」という定期刊行誌を購読し始めたのはずいぶん昔のことです。 大阪の街角に販売員の方が立ちはじめた頃だから、もう10年になるのでしょう。 ビッグイシューは、イギリスが発祥の地です。1991年のことです。 当初は、英国のつながりが強い国中心に発行されていましたが、 現在は世界41か国1 . . . 本文を読む
コメント

辺野古埋め立て承認+靖国参拝という戦術でした。

2013-12-28 07:17:30 | 国民と国会と政治
世界的には、とんでもないアフタークリスマスプレゼントだった靖国参拝。 沖縄県民にとっては辺野古埋め立て承認と合わせて、苦々しいお歳暮となった。 米国にとっては失望の中にも同盟国としての一定の評価は継続することになる。 しかし、これで安倍首相の保守政治家として立ち位置は決定的になった。 世界の人々はそのように見る。 安倍首相は、東京裁判に疑問を持っている、いや否定していると思われる。 ゆえにA級 . . . 本文を読む
コメント

納得する記事です。交通取り締まりは幹線道路から生活道路へ。

2013-12-28 07:05:06 | 日本の仲間
時代遅れだった…「ねずみ捕り」生活道路重点へ 読売新聞 12月27日(金)10時6分配信 記事の最後の部分が重要だと思いました。 懇談会は、生活道路での最高速度を30キロに引き下げる規制を進めることも求めた。歩行者の致死率は、衝突時の車の速度が50キロなら80%を超えるが、30キロなら約10%にまで減らせるからだ。 有識者懇談会の位置づけを知らなくてはなりませんが。 以下記事です。 時 . . . 本文を読む
コメント

靖国参拝、在日米国大使館の声明全文(日本語・英語)

2013-12-27 05:11:55 | 国民と国会と政治
朝日新聞デジタルよりの転載です。 2013年12月26日23時47分 在日米国大使館は26日、安倍首相の靖国神社参拝を受けて声明を発表した。日本語訳は次の通り。      ◇  日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。  米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方 . . . 本文を読む
コメント

「アルツハイマー病について 」  当事者 佐藤雅彦さんからの言葉です。

2013-12-27 04:43:36 | 佐藤雅彦さんと認知症のページ 
アルツハイマー病について 実体験からこの病気は、次の症状がある。 1記憶障害 例 薬を飲んだことをわすれる          電話をかけたことを忘れる。」         約束を覚えていない 2時間感覚がない  アラームを鳴らさないと昼食の時間わからない。 3気力をなくし、生きる力をうばう。 4場所が分からない。目的地に案内されても、帰りも案内されないと帰れない 5、不眠症になる。 6何かをす . . . 本文を読む
コメント

kindle 電子図書リーダーを購入して一年が経ちました。

2013-12-26 05:53:36 | 日本の仲間
1年前にアマゾンからkindle paperwhiteというブックリーダーを購入しました。 まず無料本で「レミゼラブル」という大作を読み始めました。 寝床の中の暗がりでもバックライトのため読むことができました。 数か月かかって「レミゼラブル」を読了しました。 これだけで価格分の価値はありました。 その後は店頭には売られてないような本をダウンロードして読みました。 しかし、だんだんとペースが落ちてい . . . 本文を読む
コメント (2)

日本のフィギュアスケートはアートでしょ!まさにcool japanです。

2013-12-25 05:51:48 | スポーツ(身体に魅せられて)
昨夜は、日本選手権のエキシビションを見ていた。 この緊張と歓喜の3日間を思い返していた。 さいたまアリーナを埋め尽くした観客。 ほとんどが女性。 繰り返されるスタンディングオベーション。 振られる横断幕。 投げられる無数の花束。 現場で見ることができればどんなに感動的な場面か。 想像できる。 フィギュアスケートの海外でのグランプリ大会などテレビで放映されることが多い。 でも、このさいたまアリー . . . 本文を読む
コメント

高橋大輔さん、ソチへ。

2013-12-23 22:06:02 | スポーツ(身体に魅せられて)
難しい選考だったでしょうね。 最終結論は、チームジャパンとして高橋大輔さんが必要だったということでしょう。 小塚さんは無念でしょう。 素晴らしい演技での表彰台でしたよね。 いよいよソチです。 とにかく考えられるベストのチーム編成です。 楽しみです。 ※写真は山陽ロードレースで日本人一位になった赤羽選手。力走でした。 . . . 本文を読む
コメント

フィギュア男女五輪選考は大混戦です。それでも大ちゃんは行く。

2013-12-22 22:58:08 | スポーツ(身体に魅せられて)
本当に行き詰る試合が続きます。 今夜の女子有力選手は軒並みベストな演技でした。 特に村上さんの演技には驚きました。 皆さん、最高の演技を見せてくれました。 男子は、織田さんや小塚さんの出来がとてもよかった。 しかし心動かされたのはやはり高橋さんの渾身の演技だった。 やはり、大ちゃん抜きの代表は考えられない。 と思います。 ※今朝の日の出は美しかった。 . . . 本文を読む
コメント

1年前に岡山の報道各社を訪問していました。

2013-12-21 22:33:18 | 岡山
懐かしい。 皆さんますますご活躍のことでしょうね。 岡山のマスメディア各社を回った感想です。岡山ではメディアに触れることも少なくひっそりと生活をしていましたので、今回の名義後援依頼で初めてメディア各社を訪問しました。マスコミといっても随分といろいろな会社があります。...>続きを読む ※写真は兵庫県・竹田駅前にて。ここの駅長は猫ちゃんです。確か2匹です。 . . . 本文を読む
コメント

頑張れ!高橋大輔さん、安藤美姫さん。そしてすべての選手の皆さん。

2013-12-21 07:16:33 | スポーツ(身体に魅せられて)
いよいよ今日からフィギュアスケートの全日本選手権が開催される。 男女ともソチ五輪の代表決定に直結するだけに悲壮感さえ漂う競技会となっている。 この4年間の成果をこの選手権に注がなければならない。 すでに当確が入っている羽生さん、浅田さんを除く残り男女2枠獲得はどのような展開になっても不思議ではない。 注目の高橋さん、安藤さんが実力を発揮できるか。 有力とされる鈴木さんが表彰台に上ることができるか。 . . . 本文を読む
コメント