けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

山田公史郎さん7サミット達成!

2013-02-07 03:13:28 | お知らせ
”コーシロー”こと山田公史郎さんが7大陸峰登頂者となりました!
貴方の冒険に心から敬意を表します!
今から約20年も前の出来事ですが、
20代の前半で5大陸峰を全て登った時、、、

同じ時期に同じ世代の野口健は
「そうだスポンサー探そう!」だったけど、、、

コーシローは、
「よし働いてお金ためよう!」だった。

 
20代の若者に大きな壁となるエベレストと南極ビンソンマッシフ。
その費用は1000万円を越えます

でも君は、コツコツと働き、無駄なお金を使わず、
10年間かけてお金をためて、
35歳になった2006年、AGチョモランマ登山隊に参加して見事に登頂!

そして、その後に6年をかけてお金をためて、
とうとう今年2013年、AG南極ビンソン隊にて完璧な登頂を果たしました!
健は情熱的に活動し、自分の夢を3~4年で叶えましたが、
コーシローは淡々と16年の歳月を費やして夢を追い続けてきました。
 
ここに大きな差はあるでしょうか?
君の努力を想うと、胸がキュっとなって、目頭が熱くなります。


「エベレスト登山、南極遠征、7サミット達成、、、」
これらは、お金持ちの遊びなんかじゃない
人気タレントや人気登山家のイベントでもない

これは、登山が純粋に好きな人の冒険なんだと証明してくれた。
AGも俺たちガイド達も、貴方のような人のためにあると確信できました。

貴方は、現代のリアルな冒険家だと思います。
コーシロー、マジでかっこいい!

こんな青年もいるんだと、多くの人に伝えたかった。
『いまどきの若者よ、夢をあきらめるな!』
そんなメッセージが彼の笑顔から聞こえてきそうです。
 
コーシロー、本当に本当におめでとう!
 
そして、ネクストステージは。。。?
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« NHK総合テレビ『雪山へGO』生... | トップ | 2013国内バックカントリーツ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます! (やんまぁ/yanmer009)
2013-02-07 20:31:20
新たなセブンサミッターの誕生に立ち会えたこと、すごく嬉しく思います!南極ではずっと同じテントで、色々とお話を伺いました。頑張って働いて登山資金を貯め、見事に目標を達成する姿はカッコイイですね。自分もコーシローさんの背中を追って頑張りまーす♪あと3つ!
>やんまぁ君 (けんけん)
2013-02-08 00:42:14
コメントありがとう!

コーシローまであと3つだね。
君もまったく同じ匂いを感じるよ!

でもきっと、また違う感動があるんじゃないかな?
やんまぁ君にはやんまぁ君しか歩めない道があるからね。

みんな応援しているよ~!

ヤフーニュースはこちら!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130113-00000534-san-life
コーシロー、おめでとう (t-runner)
2013-02-08 08:42:22
コーシロー、おめでとうございます。
チョモランマの時に応援して以来久しぶりに名前を聴きましたが、あの後もコツコツ頑張ってきたんだね。
大したものです。
俺のセブンはほとんどがケンケンにオンブにダッコだったけど、君は自力でここまで来たんだろうね。もちろん諸々のサポートはあっただろうし、そのことに今一番感謝してるのは他ならぬコーシロー自身でしょう。
よくやりました。君の軌跡は後から続く者にとっての道しるべだよ。ホントにおめでとう。
次のステージ?
ホノルルマラソンで3時間切りしかないでしょう(笑)。

P.S.ケンケン、俺のセブンの時はこんなにブログで祝福してくれなかったよね。あ、あの時はまだブログ立ち上げてなかったっけ。
自前登山がいいですね! (岡崎 恭男)
2013-02-08 09:15:07
久しぶりに爽やかな記事を読んで嬉しくなりました。
私も、ささやかですが、若い時に果たせなかった夢を
国際山岳ガイドNさんの力を借りて追いかけています。
71歳で、前穂高北尾根屏風岩東稜
76歳で、谷川岳一の倉沢衝立岩ダイレクトカンテ
現在は、80歳の衝立岩を目指してトレーニング中です。
公史郎さんの登山スタイルが大好きです。
これからも、ご活躍を楽しみにしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。