毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

NO29 私の中のあなた

2010-04-12 05:30:29 | 映画でハッピー♪

今日のシネマ

2009年 アメリカ

俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン

 

久々に号泣。

不治の病がテーマ。

・・・ってだけで毛嫌いする人いるかもしれない。

どうせお涙頂戴ものでしょ、って。

私もちょっとそんな先入観がありました。

でも、全然違いました。

 

原作は *アニッサ事件 を元に書かれてるので

この映画もそれがベースになっているようです。

*慢性骨髄性白血病と診断された娘アニッサの為に、

母親が体外受精により妹マリッサを産み、翌年その子をドナーとした骨髄移植が行われ、

その倫理性についてアメリカで大問題に発展した実際にあった事件

 

ケイト(ソフィア・ヴァリジーヴァ) は小さい頃に白血病と診断される。

医師から一つの望みとして 

「体外受精をしてHLSの適合する弟妹を作り、

その子からの臍帯血、骨髄をケイトに移植する」 

という方法を聞かされる。

母であるサラ(キャメロン・ディアス) は 藁をもつかむ気持ちで受け入れ

その結果、見事に適合した妹アナ(アビゲイル・ブレスリン)が誕生する。

 

ここまででまず え・・・・っ・・って感じでした。

アナは何のために生まれてきたの?

生まれた時から 姉、ケイトのドナーなんだよ。

そんな人生って・・。

 

で、ある日アナは行動に出ます。

「私は今後一切、ドナーとしての役目はしない。 自分の身体は自分で守る」

と、臓器提供を強いる母を相手に訴訟を起こすのです。

この時、アナは11歳。

 

母はケイトを助けたい。

でもアナは生まれた時からケイトのために生きてきた。

感染症にかかって入院もよぎなくされた。

だからもうこの先は自分のために生きたい。

 

・・・・私はこの時点ではアナへの共感の方が大きかった。

だけどこれは 裁判の映画ではありません。

勝つとか負けるとかじゃない。

しかもこれにはある理由があったのです。

 

死をどうやって受け止めるのか、

生きるって何なのか、

家族はその時、どうすればいいのか・・

 

辛い内容ではあるけれどそれだけに終わらず 

登場する全ての人間に対して

丁寧に描写してあるのが素晴らしい

 

お父さんジェイソン・パトリック)、お兄ちゃん(エヴァン・エリングソン)、恋人トーマス・デッカー弁護士アレック・ボールドウィン、判事ジョーン・キューザック) 。

誰一人余計な人は出てこない。

私は特に お兄ちゃんの気持ちに寄り添いながら観てました。

 

キャメロン・ディアス、初めての母親役だそうですが

すごく頑張ってましたね。

 

これは、私の今年のベスト10に入る作品だと思います。 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« さくら さくら | トップ | NO30 チャーリング・ク... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品。。 (ひめひめ)
2010-04-12 10:16:33
この作品って、こういう内容だったのねぇ~知らなかった。。
これは考えさせられるなぁ。
自分が病気の子を持つ母親だったら・・・自分が病気を持つ子供自身だったら・・・自分が病気の兄弟姉妹を助けるために生まれてきたとしたら・・・
それぞれの立場で考え方って変わるしね。。
一概にどれが正解とも言えないような気がするし。。
Unknown (アルウェン)
2010-04-12 17:43:28
ジュリアちゃん、私も観たよ~!
去年、娘と観に行きました。
号泣しました!!
今でも、裁判の後の病室のシーン、
(ケイトとキャメロン・ディアスが語る所ね)、
涙が出そうになるわ。。。

家族みんながお互いの事を思ってて、
家族の死に向き合い、その後もその事を
心の中で大事にして、それぞれの自分の人生を、
前向きに歩いて行く姿が素晴らしいな~って
思った映画でした!
◆ひめちゃん◆ (ジュリア)
2010-04-13 05:22:30
ひめちゃん コメントありがとう!

そうなの。
私も病気もの、っていうくらいの知識しかなかったので
ちょっとびっくりしました。
でもこういう切り口で作られた映画、なかったから
すごく興味深かったし
家族って何だろう、ってすごく心に残りました。
お薦めですよ~!
◆アルちゃん◆ (ジュリア)
2010-04-13 05:25:28
アルちゃん コメントありがとう!

アルちゃんは劇場で観たのね。
私、これ劇場で観なくてよかったかも。
もうグズグズだったから・・・(-_-)

原作を読んだ人が ハリウッド的な映画になってて残念、
て書いてたけど私にはこれで十分伝わってきました。

一人一人の感情に全て共感できた。
でも・・やっぱり一番可哀相なのはケイトだね・・・(涙涙涙)
生きるとは (夢眠)
2010-04-14 06:53:47
生きる意味を考えた作品でした。
ただ命があるだけでは駄目なんですね。
姉の潔さと言うか決断、でも、妹にはドナーをするよりも辛かったかも…
◆夢眠ちゃん◆ (ジュリア)
2010-04-15 05:03:52
夢眠ちゃん コメントありがとう!

私はこの母親のようには生きられないと思う。

同じ立場の人はたくさんいると思うけれど
それぞれの子供との生き方があるのかな、って。

難しいね。

コメントを投稿

映画でハッピー♪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事