土の匂い 

「山の記憶 再び」の“静岡のK”が農作業を始めます。
新鮮な喜び、失敗譚を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実り

2010-06-15 00:36:42 | 日記
2010.6.13(日)

午前9時前、開店を待つ行列。

ここは静岡市農協が開設している「南部じまん市」。市内東西南北4店あるうちの1店。

朝取りの野菜が豊富にそろっているので人気がある。














ここには花や野菜の苗がズラリと並ぶ。
開店直前の今、周りでは農家の軽トラックが引っ切り無しに行き交い、新鮮な野菜や苗を持ち込んでいる。
ここでのブランドは“産地名”ではなく“生産農家名”だ。

家内と私は開店を待つ行列に加わらず、屋外に並べられた野菜の苗を物色した。
購入したのはミニトマト、カボチャ、シソ、バジル。












「南部じまん市」から畑へ直行。
パプリカが実っていた。収穫はまだ先だ。












ミニトマトの赤ちゃん。“へその緒”が付いたまま。

現在、カメルーン戦1-0で日本リード!明日(実は今日)は、寝不足で仕事の効率悪そうだ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加