ほっとかれママ ☆ Ready, steady, smile !

仕事人間の主人にも 大事に育てた息子たちにもほっとかれ。。。
それでもめげない元気ママがある日突然、白血病に。

フラ・民謡・バレエ それぞれに ♪

2017-03-26 | フラ
昨日はフラ仲間7人が金山に集合。
アスナル「柿安 三尺三寸箸」で夕食後
熱田文化小劇場へ。

地元の文化教室の発表会があり
フラの先生も出られるということで
見てきました〜♪



先生のフラはさすが ‼︎
いい席でしっかり見られて良かったです。



その他に民謡やバレエの発表会もありました。
バレエなんて私たちには縁遠いものと
思っていましたが
健康の為にされている方たちのバレエのようで
身近に感じられました。

皆さん、年齢に関係な〜く
それぞれ楽しまれています。
いいね
こういう発表会はやる側、見る側
共に励みになります。

ますますフラのヤル気スイッチが入った
7人なのでした〜〜〜♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花より団子

2017-03-23 | お出かけ
1月2月は閉園
3月開園のブルーボネットです。

フリーパスがあるので
チョット様子を見に行って来ました。

・・・・・

イベントはいろいろあるものの
ガーデンはと言うと
チューリップの葉っぱも少し出たばかりで
まだまださみしいガーデンでした

ただスイセンだけはあちらこちらに。



もうあと1か月したら
チューリップ、ルピナス(ブルーボネット)
ネモフィラ、マーガレットなど
ガーデン一面花盛りになるのかな?

やっぱりここはゴールデンウィークがベスト!
もうチョット、待ちましょう。






な・の・で
花より団子☆桜ロールで春〜〜〜♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野天満宮

2017-03-21 | お出かけ
お彼岸に、日泰寺へお参りし
その足で
上野天満宮へ寄りました。

天満宮の梅と横たわる牛は
菅原道真公が詠んだ歌と故事が由来のようです。



この春、小学校にあがるコト
進級する孫っち太郎
保育園に入るmioのこと
学問の神様にお願いしてきました。
👏 👏
みんな、それぞれがんばってね。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨の雛飾り

2017-03-20 | 旅行
春の訪れが遅い飛騨の雛祭りは旧暦だそうです。
この時期、どこに行ってもお雛様が飾ってありました

3月1日〜4月3日まで
雛まつりスタンプラリーもやってます。

高山陣屋の雛飾り。



飛騨の里の土雛、圧巻でした!



古い町並み「日下部家」の雛人形は代々の当主のもとへ
嫁入り道具として持参されたもの。

文化・文政年代の雛飾りは御殿造り。
雅楽奏者、五人囃子、京都の葵行列、けまりなど。。。
雅やかで見ていて飽きません。



人形の箱には代々の嫁の名が記されたものもあるそうです。
なぜか、こちらではわけぎが飾ってあったのが不思議です。



明治時代の段飾りには
明治天皇、皇后両陛下を内裏人形として
近衛師団長、近衛師団兵、憲兵などが飾られていてビックリ



その他にもホテルにはまゆ雛、さるぼぼ雛など。。。

今回の旅行はご夫婦のおもてなしに感謝の楽しい旅でした。
ありがとうございました。

<おまけ>
ご夫婦におみやげでいただいた
川上屋の栗きんとんの練りきり
すっごく、美味しかったです!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨の里は雪景色

2017-03-19 | 旅行
翌日、起きたら雪 ‼︎
❄️ ❄️ ❄️
そんな中、朝市をぶらり散歩。



午後からご主人の運転で飛騨の里へ。



合掌造りに雪。
見たかった風景に感激!



お出迎えの雪トトロ ⁈



屋根の上の障子は明り取り?



当時の生活道具が展示されています。



わぁ! 綺麗!
旧家の家具や婚礼の着物なども。



人の多い白川郷とは違って
雪の中、静かに散策できる素敵なエリアでした~

いろんな体験もできます。
私たちはお煎餅焼き体験をしました!
パリッパリッ!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早春の高山へ

2017-03-18 | 旅行
手話講座に高山から毎週通っていた彼女のお誘いで
お仲間3人と高山へ行ってきました!
駅までご主人と迎えに来てくださって
いろいろ案内してもらいました ♪

高山陣屋。
全国に唯一現存する郡代・代官所。



飛騨は徳川幕府の直轄領であったので
明治に至るまで江戸より代官、郡代が派遣されていました。
お代官さま〜〜〜



年貢米の貯蔵庫。
1俵には玄米4斗と込米(減量分)1升が入るそうです。
ここの中身は籾殻ですよ。



飛騨牛にぎり寿司の坂口屋さんがお休みでしたので
お向かいのお店にはすごい行列が出来ていました
でも、若い人ばかりでしたので私たちはパス!

古い町並みを歩き、山下 清原画展を見て
買い物して、お茶して、おしゃべりして。。。

----------

ホテルに向かいます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラフルに!

2017-03-16 | 料理
毎朝食べる野菜のピクルス。
いろんな色の野菜食べると
いろんな栄養をもらえるようで・・・
大根、人参、キュウリ、パプリカ2種



1週間分作ります。
レタスの上にこれを乗せ
アマニ油をかけていただきます。

最近はトマトジュースにもオリーブオイルを
スプーン半分垂らします。
血糖の上昇を抑えるらしいです。

プレーンヨーグルトには
プルーンとブルーべリーと黒胡麻きな粉。

苦にならないで簡単にできることは
続けられます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チア☆ダン

2017-03-13 | 映画
”女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話”

2017年3月
今年も福井商業高校のチアダンス部が
全米大会で優勝し
5連覇を成し遂げたというニュースと
映画の封切りと何というグッドタイミング ‼︎

これは絶対見たいと!
しかもかわいい広瀬すずちゃんと
注目の美少女、中条あやみちゃんが
どんなダンスを披露するのかも楽しみでした。



見終わって感動!

実際は福井商業の奇跡のようなお話なのに
すずちゃん、あやみちゃん初め
出演者たちのダンスに感動しちゃってる私でした〜♪

顧問の先生は天海祐希だったので
ダンス指導のシーンも期待していたのですが
一切ありませんでした

実際に、顧問の先生とは衝突もあったようで
いろんな意見があると思いますが
県立高校の部活動で全米制覇なんて
普通じゃあり得ない!

あれぐらいの気迫と徹底ぶりがなければ
実現しなかったと思います。
スポ根好きの私は素直に感動
”JETS” に拍手を送りたいと思います。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶏むね肉と豆腐のとろみ煮

2017-03-12 | 料理
鶏むね肉は体にやさしいのですが
下手をするとパサパサになってしまうことがあって
スーパーではもも肉にしようかと迷います。

先日、情報番組の中で
「賛否両論」の笠原将弘さんが
その悩みを解決する簡単メニューを紹介していたので
作ってみました。



むね肉がパサつくのは火を通しすぎるからなので

ポイント1: 皮をはがしてそぎ切りにすることで
均一に火が通り、パサつきを防ぐ。

ポイント2: 鶏むね肉は煮る前に、塩を軽く振り
片栗粉をまんべんなくまぶすことで
膜ができ、熱の通りが穏やかになり
肉汁を閉じ込めるのでパサつきを防ぐ。

ポイント3: 鶏むね肉は最後に入れて火を通す。

あとは自分好みのだし汁にしめじ、豆腐、ネギの順に入れ
最後にむね肉を入れてとろみが出たら完成。
柚子こしょうを添えて。

番組では最後に水菜を入れて、ゆずの皮もトッピングしていました。
鶏むね肉が柔らかくて美味しかったです。

副菜はトマト、アボカド、ちくわのわさびマヨネーズ和えと
なばなの卵炒め。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々健太郎さんの遺志を継いで

2017-03-09 | 病気
昨年11月に急性白血病で亡くなられた
名古屋市議の日々健太郎さん(当時35歳)には
白血球の型が適合するドナーが4人見つかりました。

赤ちゃんが生まれたばかりの彼と妻に生きる希望の光が射した瞬間です。

私・・・ここまで書いて・・・
もう、字が滲んできてしまいます。
どんなにうれしかったことか
私も同じ気持ちを味わったから
思い出すと涙が溢れてきます。

でも・・・でも・・・
彼は移植に至らず亡くなりました。
それはなぜか?

ドナーさんが骨髄液の提供を断られたからです。
骨髄提供はあくまで、”善意”であり
ドナーさんの都合が最優先されます。

精密検査やコーディネーターとの打ち合わせのため
その度、仕事を休まなければならない現実。
移植時には1週間程の入院。
家族の反対、そして恐怖心。

それは分かっているけど、断らないでほしかったです。
私は移植を受けて今生きている。
彼だって移植できていたら・・・
悲しすぎます。

この度、奥様の美咲さんが補欠選挙で当選され
3月8日の本会議で初の質問に臨まれました。

仕事を理由にドナーを辞退する人が多いことから
ドナー本人と勤務先への助成を訴え、名古屋市は
2017年度当初予算案に盛り込みました。

大きな一歩です!
日々健太郎さんは”生きている”と思いました。
遺志が形になって多くの人を救うという点では
医師以上のチカラです。



私個人としてはあと、家族の反対とか
全身麻酔での骨髄液採取に対する恐怖心を
なんとかならないかと思っています。

こちらは多くの人に理解していただくと同時に
安全な医療を提供していただきたいです。

ドナーさんの骨髄液提供は”無償の愛”で成り立ってきたのですが
愛だけでは限りがあるのですね。
すべての人が移植を受けて元気になれますように
是非、各企業のご理解と行政の法整備をお願いいたします。
そして、彼の尊い遺志が全国に広がりますように。

現在、47万人程のドナー登録者がいて
患者の96%には適合ドナーが見つかるそうです。
しかし、6割ほどしか移植に至らない厳しい現状。
休業補償などもあれば、もっと成果も上がると思います。



☆ 私は今年の9月11日で移植から満10年を迎えます。
ドナーさんには心から感謝しています。
お会いしてお礼を申し上げたいです。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加