横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルーターの交換でネットにつながらない問題を解消

2017年11月23日 19時35分17秒 | スローライフ
自宅のネット接続環境は、フレッツ光へつながる終端装置に有線ブロードバンドルーター(バッファローのもので、もう10年以上活躍)をつなげ、そこからAirMac Extremeを接続して、無線LANでそれぞれのデバイスにつながっている。

この接続環境で、iPhone、Mac、iPad、そしてAppleTVなど、合計十数台のデバイスがアクセスしている。

デバイス数が増えるにつれて、無線LANにはつながるが、その先のインターネットにアクセスできないデバイスが出てくる(常時そのデバイスがではなくて、ネットアクセスをしようとしたタイミングで変わる)という障害が発生するようになった。つまり、あるデバイスはインターネットにアクセスできているが、別のデバイスはできないという障害だ。デバイス数が少ないうちは週に1回くらいの発生だったが、最近では毎日どれかのデバイスがアクセスできないという障害が発生するようになった。これはかなりのストレスだ。

原因と対処法をネットで調べたりしていたが、どうやらブロードバンドルーターに問題があるらしい。

 10年以上活躍したバッファローのルーター BBR-4HG

そこで、ブロードバンドルーターを買い替えることにした。カカクコムではヤマハのブロードバンドルーターの評価が高い。ただ、価格はバッファローの約20倍。小規模なオフィス利用が主対象の価格設定である。しかもレビューには初心者向けでは無いともある。ただ、特別な設定を自宅では必要としていないし、GUIも用意されているということで購入を決意した(実は、決意するまでに数ヶ月かかってしまったが・・・)。

設定は説明書に記載されている手順を追えば、特に難しいことはなく、無事つながった。
それ以来3週間ほど経過したが、アクセスできないという障害が全く発生していない。今までのあのストレスは何だったんだろう。ルーターの交換だけで解消するのであれば、もっと早く実行しておくべきだった。

インターネット接続は、水道や電気と同じレベルの重要なインフラだ。それに対する投資はケチってはいけない、と学んだ。

 今回導入したヤマハのルーター NVR510
Comment   この記事についてブログを書く
« (続)国内仕様のiPhone7(iO... | TOP | シンプルなホームオフィスを作る »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | スローライフ