横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不可逆的な体験 その2

2016年03月21日 01時37分02秒 | スローライフ
 AmazonのPrime Musicを利用し始めた。

 私は、長らくAmazonのプライム会員だ。定期的に購入するパソコン関連消耗品、サプリメント、CD、靴、家電品など、かなり幅広いジャンルのものをAmazonで購入している。最近になって、Amazonはプライム会員を対象にフォトストレージサービス、映画視聴サービス、音楽配信サービスを追加料金無しで提供するようになっている。

 最初に私が飛びついたのは、フォトストレージサービス「Amazon Photo」だ。iPhoneで撮影すると、自動的にアプリ側でクラウドストレージに格納してくれるので、手間いらず。しかも、データ量無制限が魅力だ。

 次に使い始めたのは音楽配信サービス「Amazon Prime Music」。ずっと「音楽のサービスならiTunesが一番」と思っていた私だが、試しにPrime Musicを使ってみて、その音質と安定さ、アプリのシンプルさに、「もう戻れない」と感じた。

 まず、音質。これまで、インターネット経由の音楽のストリーミングは、音質や再現性に難があったりして、それを避けるためにダウンロードして、あるいはCDを購入してアプリに格納して聴かざるを得なかった。ところが、Amazonのは自宅のMacで何時間連続して聴いていても、全く途切れることが無い。まるで、手元のストレージに格納されているかのようだ。

 次に、アプリのシンプルさ。Prime Musicは、クラウドが前提。自分のライブラリにアルバムを登録すると、MacでもiPhoneでも自動に反映される。楽曲の重複やデバイス間での差異は原理的に発生しない。iPhoneでは楽曲をローカルにダウンロードもできるので、電車の中でも楽しめる。さらに気の利いたことに、手元のiTunesライブラリの楽曲を自動的にアプリの中に取り込んでくれる。最近複雑で直感さが失われつつあるiTunesよりもユーザーインターフェイスはわかりやすい。
 Prime Musicのユーザーインターフェイス

 一方、iTunesはクラウドを前提として設計された仕組みでは無い。CDをローカルのMacのストレージに読み込ませてiPhoneに同期を取って・・という、今となっては少々面倒な(当時は画期的だったのだが)プロセスが基本にある。Appleのストアで購入した楽曲については異なるデバイスでも自動的に利用できるが、CDからの読み込みの場合は、ライブラリを自動的に同期してくれない。歴史が長く「何でも揃っている」故に、増築を重ねた家屋のようになってしまい、操作が分かりにくい。
 
 長年使っているiTunesと使い比べて、また一つ時代が進んだな、と思う。今後音楽はクラウドサービスへと劇的に移行していくだろう。自分のライブラリは、手元のデバイスのライブラリに大切に保存して管理するのでは無く、クラウド側に存在するようになる。オフラインで聴きたいものがあれば、それだけをダウンロードして、聴き飽きたら削除してしまえばよい。欲しい時だけに利用する、というまさにクラウドネイティブなサービスだ。

 今からちょうど15年前にこの世に中にリリースされたiTunes。それは音楽の楽しみ方を根底から変えてしまった革命だった。今、Prime Musicを体験し、iTunesが歴史的な使命を終えつつあるのでは無いかと感じる。クラウドサービスの普及は、こんな風に私たちの生活を変えて、そして時代の主役達を交替させていくのだ。
Comment

セールスフォース・ドットコムがフィールドサービス市場に参入

2016年03月19日 00時39分58秒 | クラウドサービス
世界第4位のソフトウェア会社であるセールスフォース・ドットコムが、フィールドサービス市場に参入した。

日本語によるニュース記事はこちらにある。

フィールドサービスの典型的なものとしては、機械設備の保守をメーカーが行うオペレーションが挙げられる。顧客は一定の地域に広がっていて、求められる保守内容とそれに対応するサービス担当者のスキルレベルも多様である。定期点検もあれば、修理要請もある。顧客は生産設備を止めるのを最小限にしたいため、部品の調達と交換は迅速で効率的な対応が求められる。こうしたオペレーションをITの力を活用してサプライチェーンレベルから効率化しようという取り組みは、最近盛り上がりを見せている。

製造業がまだまだ強い日本には、グローバル展開を行っているメーカーが多数存在する。そのため、フィールドサービスの市場規模は北米に匹敵するくらいあるのかも知れない。中国や東南アジアも製造業が多く、こちらもかなり大きな市場が将来期待できる。

セールスフォースのプラットフォーム上では、数多くのプレーヤーがこの市場でクラウドサービスを展開している。大手ではサービスマックスが知られており、北米で2007年から事業展開をしていて、日本でも昨年秋から本格展開を開始している。

その中で、ついにセールスフォース・ドットコム自身が、フィールドサービス市場に参入したということは、この分野が「アプリケーションパートナー(ISV)領域」を超えるポテンシャルを秘めていると見なしているからだろう。その考えは、セールスフォース・ドットコム自身のニュースリリース(英文)の見出しに顕著に表れている。すなわち、「Redefining Field Service for the Connected Era(ネットでつながる時代にむけてフィールドサービスを再定義する)」と書かれていることだ。

もう、IoTという用語は飽きるほど溢れているが、機械設備のセンサーがクラウドを介してメーカーとつながる時代がいよいよ到来し、故障の自動通知、リアルタイム在庫手配、ジオロケーションを反映した担当者ディスパッチ、さらにはディープラーニングを活用した適切な部品交換タイミングの見極めなど、フィールドサービスは今後大化けする可能性が大いにある。

ところで、昨年12月に、このブログでセールスフォース・ドットコムの「Quote to Cash」市場への参入について記事を投稿した。アプリケーションパートナーの領域が一つ一つ潰されていくような不安を感じる事業会社も少なくないだろう。ただ、市場が急速に成長していれば、顧客対象、製品機能、価格設定などで個性を明確にしていくことで、事業そのものは成長させることが可能だ。それに、競争は市場を大きくしていく。一方は巨人で、他方は一寸法師であろうと、共に切磋琢磨して成長していけば良いのだ。
Comment

不可逆的な体験

2016年03月06日 23時15分06秒 | スローライフ
 このほど、12インチのMacBookを購入した。

 私のMacBookAir履歴は2009年6月に13インチのAir(初代デザイン)を購入した時からスタートした。その13インチはバッテリーが2時間持たず、しかも重さが1.4キロもあったので、2010年11月に現在のデザインである11インチのMacBook Airを購入、小型軽量で満足していたが、バッテリーの持ちが今ひとつであったのと、ストレージが128ギガだったので満杯になり、2013年6月に256ギガのに買い替えた(ブログをサボっていた時期なので投稿記事は無い)。こいつは仕事のメインマシンとして、文字通り目が覚めてから眠るまで、実に活躍してくれた。しかも、一度も故障しなかった。今なおバッテリーが3~4時間持つという優等生だ。ただ、メモリは4ギガ、ストレージが256ギガと、スペック的にはちょっとしんどくなってきていた。

 もう一度MacBook Air11インチを買おうかと思い、AppleのWebストアを見ていたら、「整備済品」(何らかの事情でメーカーに返却された製品を修理したもの)で、現行製品の12インチMacBookが新品の2割ほど安い値段で売られていることを発見した。しかも、メモリは8ギガ、ストレージが512ギガと、これまでの倍である。これはお得だ。Retinaディスプレイというのも期待を持った。

 翌日発送され、翌々日には到着。早速開封の儀を行う。
 アップル認定整備品と箱に記してある

 新古品でありながら、包装から本体、付属品まで何一つ瑕疵が無い。

 今まで使っていたMacBook Air11インチと並べてみる。

 短辺はほぼ同じ、長辺が少し短い。重量もわずかに軽い。なんと言っても薄い(これまでのMacBook Air11インチでも十分に薄かったが)。にもかかわらず、key自体のタイピングも不自然さが無い。良くできている。また、色(グレー)は落ち着いていて、質感が高い。なんと言ってもRetinaディスプレイの良さが際立つ。きめ細かさは抜きんでていて、「どうしてもっと早くRetinaマシンを買わなかったのだろう」とすら思う。You can't go back. もうAirに戻れない。

 印刷物と変わらないくらいに感じる解像度

 この不可逆的な体験は、Appleの製品・サービスが私に幾度となく提供している。最初はiPodとiTunes、そしてiPhone3G(これは人生の中でも最大級)、iCloud(とりわけ写真)、iPhone4(Retinaディスプレイのすばらしさを体験した)、MacBookAir(3機種計7年近く愛用)と続く。今回の12インチMacBookは、さらにもう一つ体験を提供してくれたようだ。
Comment