上溝駅発行 (横)橋本までの往復乗車券

昭和61年12月に相模線上溝駅で発行された、横浜線橋本駅までの往復乗車券です。


   


青色こくてつ地紋のA型大人・小児用往復券で、東京印刷場で調製されたものです。


昭和61年ころになりますと、首都圏では比較的乗降客の少ない小規模の駅でも窓口業務合理化によって券売機の導入が進み、近距離乗車券の硬券が淘汰されていきましたが、一部の駅では非常用として最短距離の口座を窓口に残す駅もあり、山手線の原宿駅のように最短区間だけは常時硬券を発売している駅もありました。

そのような中で、近距離片道乗車券は設備廃止のうえ券売機のみの対応とし、需要のある区間について、往復乗車券のみ硬券口座を残す駅もかなりあったようです。
これは、当時の券売機に往復乗車券に対応していないものが存在していたことと、国鉄増収策の一環として復路分の運賃も発駅で収受することにより、独立採算制が採られていた駅の売上に貢献させる目的もあったようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット ~その4

「こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット」の連載最終回となります。もう少しお付き合いの程、よろしくお願いいたします。


今回は3セット目の券を御紹介いたしましょう。


   


3セット目は駅名がまた漢字バージョンの「東日本ことも鉄道大宮」駅となります。台紙にパンダが描かれており、大宮駅の他、上野駅がテーマとなっているようです。


まずはセット1枚目の券です。


   


こども大宮駅の入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、やはり東京印刷場で調製された券によく似ています。
1セット目の入場券がこども大宮駅の入場券でありましたので、これでこども大宮駅の入場券は大人・小児用および小児専用券の双方が揃うことになります。


   


こちらが1セット目に入っていた小児専用券です。


このセットでは、セット2枚目の券も入場券になります。


   


こども上野駅の入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、やはり東京印刷場で調製された券によく似ています。


   


前回エントリーの時に御紹介いたしました、平成元年11月に上野駅で発行された普通入場券です。こども上野駅のものと「本家」上野駅のものです。上記2枚は間違いなく東京印刷場で調製された普通入場券がプロトタイプになっているものと思われます。


   


こども上野駅分入場券の裏面です。あまりに精巧に作成されているからか、「この券で上野駅への入場はできません。」という文言があります。


セット3枚目の券です。


   


こどもリレー号特急券というものが入っています。青色こくてつ地紋のA型大人・小児用券で、東京印刷場で調製された風になっています。

この券だけが全くの創造された様式で、国鉄・JRを通し、リレー号用の特急券というものは存在しません。
若いコレクター氏は御存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、かつて昭和57年に東北新幹線が開業した時は大宮駅が暫定の始発駅であったため、当時の国鉄は、今までの在来線特急のサービスレベルを確保するため、上野~大宮間に185系電車200番台を使用した「新幹線リレー号」という列車を走らせました。恐らくこの券はその列車用の特急券として作成されたものと思われますが、リレー号自体は快速(もしかすると普通)列車であったために特急券は存在せず、この券は「幻」の特急券です。


   


リレー号特急券の裏面です。ここにはかつて大宮~上野間に新幹線リレー号という列車が運転されていたことが記されています。


いままで3セットの「こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット」を御紹介してまいりましたが、実際に硬券を印刷している会社が、実際に使用している印刷機と券紙を使用して作成しているのでリアリティがあり、かえってコレクターの興味をそそるものに仕上がってのです。

大宮へお越しの際には、ぜひ実物を手に取ってご覧になり、「いいね」と思われたらお土産に御購入いただきたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット ~その3

1回連載をパスさせていただいちゃいましたが、「こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット」に戻ろうと思います。


今回御紹介致しますのは2セット目の券になります。


   


こちらのセットは漢字の「東日本こども鉄道大宮」駅ではなくひらがなの「東日本こども鉄道おおみや」駅となります。
それでは仔細を見て参りましょう。


セット1枚目の券は「おおみや」駅の入場券になります。


   


白色無地紋B型大人・小児用の券で、やはり東京印刷場の様式に準じています。


   


大宮駅の券は手元にございませんので、平成元年11月に発行された、上野駅の「本物」の券を図示いたします。「普通入場券」のところが「記念入場券」となっている以外は様式としてほぼ同一ですので、この様式がプロトタイプとなったことは間違いないでしょう。


   


裏面です。これかの券はすべて券番が「0001」となっています。


セット2枚目の券は「おおみや」駅から東京山手線内ゆきの片道乗車券になります。


   


青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券となっています。やはり東京印刷場で調製された券とよく似ています。
A型の青色券ではありますが、「発売当日限り有効 下車前途無効」となっています。


   


当然同じ区間の券は持ち合わせておりませんが、昭和56年12月に塩山駅で発行された、東京山手線内ゆきの片道乗車券を図示いたしました。
おそらく、この様式の券がプロトタイプなのだと思われます。


   


裏面も結構忠実に再現されています。


   


実物の券はこのような感じになっているので、いかに忠実かがお分かりいただけるかと思います。


では最後にセット3枚目の券を見てみましょう。

   


桃色こくてつ地紋のA型大人専用特急券です。やはり東京印刷場で調製された券に準じていますが、プロトタイプとなる券が見当たりません。


   


昭和55年2月に行川アイランド駅で発行された自由席特急券ですが、一番これがプロトタイプとして近いのではと思います。


さて、台紙に券が装填された写真を仔細に見ますと、1枚目の入場券が2枚重なっているように見えます。
どうなっているのか、出してみました。


   


なんと、「肩たたき券」というものが入っていました。名前を記入する欄があり、全くの「お遊び」ですが、よくよく見ると桃色PJRてつどう地紋の券紙に印刷されている優れモノでした!


   


裏面はこんな感じです。


というわけで、次回3セット目の券を御紹介したいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

便所 のプレート

どこで手に入れたのかさっぱり覚えていないのですが( ^ω^)・・


   


なぜか我が家にある「便所」のプレート。

風貌や字体から国鉄時代のそれと分かりますが、いったいどのような経緯で私のコレクションの中に紛れているのか、分かりません・・・(*´Д`)


国鉄車両の便所と言えば、子供の頃にしゃがんだら真下に線路が見えて怖かったし、踏切で急行列車を待っていたら「黄色い水」の洗礼を受けたこともあったし、良い思い出はありません。
新宿駅で165系の急行アルプスが出発して行ったあと、線路に「黄金の山」が残されていたこともありました。

若い世代の方は分からないと思いますが、国鉄の列車便所、今では考えられないくらい劣悪な環境でした。


で、このエントリーは何なんだと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ただそれだけです (´Д`)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット ~その2

前回エントリーの「こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット」ですが、券の仔細を見て参りましょう。


まずは1つ目のセットです。

   


1枚目は「こども大宮駅」の小児用入場券です。
白色無地紋のB型小児専用券で、東京印刷場の様式とよく似た券です。ただし、「普通入場券」ではなく「記念入場券」となっています。


   


裏面です。
「この券で大宮駅への入場はできません。」という注意書きがあり、発行事業者は「東日本こども鉄道」の大宮駅となっています。


   


あいにく大宮駅の小児専用券が手元にありませんが、上野駅発行の小児専用券を御紹介いたしますが、どうやらこれがプロトタイプのようです。


   


2枚目の券は大宮駅発の「こども自由席特急券」です。
桃色こくてつ地紋のA型大人・小児用券で、着駅は「東京電環・東京山手線内」という考えられない活字の並びになっているユニークな券です。


   


このような券をモデルに作成されたのだと思いますが、この券についても「この券で電車に乗車できません。」という注意書きがあります。
図示いたしませんが、裏面は券番のみです。


   


3枚目は「こども普通列車 グリーン券」です。
若草色こくてつ地紋のA型大人・小児用券で、こちらの着駅は東京電環一つだけになっています。やはりこの券も裏面は券番のみとなっています。


   


この券もかつて国鉄で使用されていた様式を模しているようですが、恐らくこんな券を参考にしたのでしょう。


それでは次回、2つ目のセットを御紹介しようと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット ~その1

先日出張で大宮に行った際、構内にある鉄道グッズ専門店「GENERAL STORE RAILYARD 」で面白いものを見つけました。

じゃじゃーん!


      


その名も「こどもてつどう でんしゃごっこきっぷセット」です。 

台紙に国鉄時代のきっぷを模した硬券が3枚入っているもので、種類は3種類あって、すべて1セット税抜き400円です。
印刷の感じから、これらの製品は関東交通印刷で調製されたものと思われ、なまえ通り「こども用の電車ごっこ用のきっぷ」ですが、実際に鉄道会社で使用されている硬券を印刷しているメーカーのものだけあり、なかなかそそられます。


      


      


思わず3種類コンプリートです (^^♪


      


台紙の裏面はこんな感じです。
こども対象の内容ですが、「例え遊びでも、駅の改札口で見せたりしますと、使用すると疑われる場合があります。」とか、「本券を不正に使用しますと、不正乗車の行使の目的での罪に、問われる可能性もあります。」とか、内容は結構怖いです。


それでは次回、中身の硬券をひとつひとつ見ていきましょう。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

北海道ワイド周遊券 ~その2

昭和618月に日本交通公社吉祥寺営業所で発行された、北海道ワイド周遊券のB片です。


   


青色こくてつ地紋の軟券式周遊券で、民間印刷による印版印刷券となっています。


この券はほぼ10年前の2008113日、拙ブログエントリーの「北海道ワイド周遊券」で御紹介いたしたものですが、このエントリーがNHKさんの目に留まったようで、明日、116日(火曜日)午後308分から午後400時にNHK総合テレビで放送される「ごごナマ」という番組の「いつの時代にも登場!?〇〇族」というテーマで、戦後の享楽的で意気盛んな若者たちを表した「太陽族」から、昨今の健康志向のビジネスマンを表す「一駅族」まで、世相と日本人を映し出す鏡であり続けてきた「〇〇族」の歴史をたどる内容の資料として紹介される予定です。

今回御紹介の券は「カニ族」を説明するときに使用される予定です。カニ族とは大型リュックサックを負った旅行者を指した俗称で、大きなリュックを背負って列車の通路や出入り口をカニのような横歩きを後ろ姿がカニの後ろ姿に似ていることが語源のようです。
今では聞かなくなってしまった言葉ですが、現在でもバックパッカーという言葉に替わって生きています。カニ族は北海道や四国・九州などへ往復でき、広範囲に亘って自由乗降が可能であり、しかも学生割引(2割引)と往復割引(1割引)の対象にもなっており、3割引で利用できるだけでなく、往復の経路や周遊エリアにおいて急行列車の普通車自由席を追加料金不要で無制限に利用できるという利点があった「ワイド周遊券」をよく利用していたことから、番組では周遊券の画像を探していたのだそうです。


ごごナマという番組名の通りの生放送ということもあり、国会中継や突発的なニュース、時間上の理由などで放送が延期や中止されてしまうこともあるかもしれませんが、もしお時間が許される方は是非ご覧になって頂きたいと思います。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

肥薩おれんじ鉄道 水俣駅発行 普通入場券(~その3)

先般、肥薩おれんじ鉄道の水俣駅で発行された普通入場券を御紹介いたしましたが、前回エントリーの国鉄時代の同駅普通入場券に大変酷似していることに気づかれたかたも多いのではないかと思います。ここでちょっと、今回は両者を比較してみましょう。


   


画像の再掲ですが、上が肥薩おれんじ鉄道のもので、下が国鉄時代のものです。
国鉄時代の券が門司印刷場で調製されていますが、肥薩おれんじ鉄道は関東交通印刷で調製されていると思われ、様式を敢えて九州のスタイルにして作成されたものと思われます。


   


駅名の文字も似ていますが、比較してみますと太さが異なっており、雰囲気は似ていますが細かく見ると違いがわかります。「駅」という字が一番似ているでしょうか?


   


次は「普通入場券」の文字と料金の表記です。
こちらも細かく見ると活字は異なっていますが、雰囲気は似ています。ただ、何となく100の位の「1」が若干斜めっているところが同じような角度で斜めっており、これが偶然なのか故意なのか興味深いところです。


決してそっくりではないものの、ここまで似たように作成されると、趣味的に素晴らしいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

水俣駅発行 普通入場券

昭和59年3月に鹿児島本線(現・肥薩おれんじ鉄道)水俣駅で発行された普通入場券です。


   


B型白色無地紋の大人・小児用券で、門司印刷場で調製されたものです。

同駅はかつて国鉄鹿児島本線の駅で、同線の他に山野線の分岐駅となっていましたが、JR九州に分割民営化された後の昭和63年2月に山野線が廃止され、平成16年3月には九州新幹線が開業すると並行在来線である鹿児島本線は熊本県八代駅と鹿児島県川内駅間が第三セクターの肥薩おれんじ鉄道に移管され、同駅は肥薩おれんじ鉄道の駅となっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

肥薩おれんじ鉄道 水俣駅発行 普通入場券(~その2)

前回エントリーで肥薩おれんじ鉄道水俣駅で発行された大人・小児用普通入場券を御紹介いたしましたので、今回は小児専用券を御紹介致しましょう。


   


B型白色無地紋の小児専用券で、大人・小児用券同様関東交通印刷で調製されたものと思われます。
この券は前回エントリーで御紹介いたしました、水俣駅リニューアル記念の際に発行されたものです。


これらの券は双方とも、記念入場券として発行されていますが、有効期間等の文言が無く、実にさっぱりとしています。


   


裏面です。
裏面にも記念券である旨の表記は無く、管理人の好みとしては実に好感度があります。


   


大人・小児用券の裏面も同様に記念券である旨の表記はありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ