もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

東映オープニング映像の立体化

2021年11月23日 | 映画
東映映画の本編前に流れるオープニング映像「荒磯に波」を立体化したアート作品がTwitterに投稿されて、反響を呼んだ。
                      

このアート作品は、レジンで再現したもの。
3つの岩を波が打ち付ける荒磯に、東映の三角形のロゴマークが浮かぶシーンを捉えている。
荒々しい波は、岩を打って砕けた表情や飛び散る波飛沫など細部まで表現。オープニング映像さながらの迫力を感じさせる作品に仕上がった。
作者のJadeさんによると、波の制作には「レジン研磨後のドロドロ」をアクリル絵の具の白で練って扱いやすい状態にして使用。1週間ほどで作り上げたという。



  
 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 米沢城 | トップ | 砂丘 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(MAX真吉) さん へ (iina)
2021-11-24 08:38:38
千葉真一も逝ってしまいました。
               あんなタフガイでも、コロナには弱かったです。
もうすこし慎重にしていれば長生きできて、われわれを楽しませてくれていたと思うと残念です。

千葉真一は、東映のスターでしたね。

大阪時代に通天閣界隈で飲みました。
「ずぼらや」なるお店でしたが、よくこんないい加減な名をつけるものだと大阪人の商魂のたくましいさを思ったものです。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/eae09c625de1b03f36c64d29f9588ada

*  (MAX真吉)さんのブログアドレスをコメント上に置きました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事