ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(55)

2010年10月31日 | 海だ エギングだ!

10月31日、宇佐のいつもの場所にエギングに行って来ました。今シーズンまだ釣っていませんわ。
朝、5時半に目覚ましを掛けていましたが、今日はなぜか5時過ぎに目が覚めて起きるのが苦になりませんでしたね。
高速を通って土佐市へ。邪魔する車もなく高速を下りました。
水道へ着くと明るくなってきていました。こんな時間から来ると言うことは・・・そう干潮のいい感じです。
20分ぐらいやりましたが反応がありませんので手前の岬へ・・・先客がいます。
巡航も同じです。仕方なく船長ポイントへ。そこから奥の岬を見ると2人組が釣りをしています。
凄い、ここの釣り場も人口密度が高くなりましたわ。船長ポイントで粘るしかありません。
静かに小雨が降り出しました。そんな状態ですから風はほぼ無風状態です。
それから、約20分。全く姿が見えません。何とか初イカを釣りたいと7時過ぎにヒットです。
2枚目のこの時期にしては良型です。
そのイカに果敢に攻撃を仕掛けた私の1枚目です。ホルスタインみたいな柄になりました。
その後に小さいのが釣れましたが若干風が吹き出しました。PEラインは弱いですね。
でも9時頃に風が止み、遠投。近くまでスピーディーに寄せて少しインターバルを取って合わせると・・・根掛かり???
違う、んー無理だー、ドラグを緩めないと・・・。と片手をリールに持ち替えた時に張っていた糸が少し緩みバラシました。
フッキングが甘かったと思います。あの状態では身切れしていたでしょうし、どっちにしてもバレていましたね。
エギを上げてくると首元に跡が残っていました。むかつく
あべにぃにしました。「どうしよる?」、「行きよるでー」「良いのをバラしてもーたー(泣)」みたいな。
潮も止まって動きませんので車の中へ。すると私のやっている場所へ車を止めて釣りに行きそうな連中が・・・。
仕方なく、車から出て『ここでやっているぞー』とこっちへ来るなモード全開。
裏でやっていましたが、奴らは奥へ行きました。
すると、あべにぃ到着です。
少し話をして、あべにぃもやり出しますが、すぐに根掛かりでロストです。
ちょっと潮が良くなりバカ話をしていて奥でやると小さいのがヒット。
その直後に、あべにぃが3枚目のビックサイズです。1kg弱だったようですが今のシーズン文句無しの良型ですよね。
で、また動かなくなりあべにぃは巡航でやるって。私も数回投げましたが昼前となり撤収モードへ。
巡航には人が居り、手前の岬へ。あべにぃがやってましたがトラブルで「投げや!」とのこと。
数投目にヒット。本日2番目のサイズです。その後、豆サイズが釣れてリリース。雨も強くなり止めました。
4枚目が私の釣果です。4杯で1.2kg強でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(54)

2010年10月24日 | 海だ 磯だ!
10月24日、ズッシーと宇佐の深浦でフカセ釣りをやりました。
ズッシーより前日メールで5時半に現地集合とのことやる気が違いますわ。
堤防へそんな時間から出掛けたのは初めてです。
私は1.5号の5.3m竿とエギング用ならびにルアー用の竿を朝車に積み込み出発、愛犬も同行です
少し遅れて現場に着きました、薄暗い状態ですわ。二人顔を見合わせ大笑いです。
荷物を運んで、撒きエサを作っていると明るくなってきました。
ヌカ+集魚剤+アカアミ+オキアミです。主はヌカです。
釣り始めた所、小魚がバシャバシャと追い掛けられています。
そんな事を想定しての3本竿です。宮本武蔵の上をいってますな。
急いで車へ取りに行くと・・・、竿は確かに積んでいますがリールがありませんまじっすか?!
午後の干潮の時間にはエギも考えていましたがフカセ用のリールしか持って来ていませんわ。ショック。
もう、やり切るしかありません。
数投目にウキに変化が、集中して息を殺していると・・・、横のズッシーが合わせました。
竿は曲がっています。その魚、こちらに走ってきました。私は慌てて糸を巻きましたがズッシーの道糸に絡まりました。
堤防の強味ですね。「竿先をこっちへ持って来て!」「はいはい」って感じで直ぐに外しました。
私は差しエサをつけてちょっと離れた場所へ投げました。彼はやりとりしています。
竿の曲がりからして???上がってきたらチヌでした。40cmぐらいあるのでは?44cmでしたよ。凄い、さすが常連。
ここの堤防の、この日の最大だったでしょう。後、5人ぐらいこの堤防でやっていましたが20~25cm程度が大半です。
たまに、30cm強が混じる感じだったと思います。私の持ち帰りは25cmまでのチヌ2匹。
グレが混じるとのことでしたがグレはさっぱりでした。沖アミ、ボイル、砂虫でやっていました。
外道は、アマギ・ハゼ類・ネンブツダイ・ゴンズイ等、そうそうヒダリマキも釣れましたね。キビレも上がってましたよ。
後から来られた常連さんの食いが良かったです。やっぱり撒餌さが違うのかな?と思いました。
まあ、チヌ狙いではなかったですが、もっとチヌを寄せたかったらさなぎ粉を混ぜるべきかな?
湾内の酸欠の悪い状態を考えると赤土を混ぜたく無かったですが、赤土主体となっているバッカンの方も居ました。
磯が待ち遠しいです。後、1ヵ月ですな。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(53)

2010年10月10日 | 海だ エギングだ!

10月10日、宇佐へエギングとメッキが釣れないかなーと様子を見に行ってました。
深浦にズッシーが居るのではと先に寄ってみましたわ。いました、居ました。
スカリが近くに繋いでありますどういうこと???
ちょっと鼻高々見せてもらうと『なな、なんと』チヌやらグレやら入ってますわ。
ほんまに釣ったのかなー?と思いながらも「凄いやかー」。
「そーやろー」みたいな。
干潮が13時過ぎでしたので水道でエギングをやりたくて1時間ぐらいズッシーとしゃべってました。
その間に釣れたのは、アマギとゴンズイとガシラです。んー、良く分かりません。ほんとにズッシーが釣ったが?って聞きたかったですけど、あまり怒らせて火曜日からの仕事に支障が出てはいけませんので唾と一緒に呑み込みました。
で、私も釣りを始めました。現場へ到着しましたが流れが速くてエギは釣りになりません。
先日、購入したウルトラライトのアクションの竿でミノーやらペンシルやらバイブレーション等々やってみましたが反応無し。
ワーム系に替えて初ヒット、バラシ再度挑戦でガシラゲットです。お腹が橙色でした。ガシラも今頃が産卵?
その後、潮も止まりイカを釣るしかないでしょうしかし、今日は全く姿も見えませんでしたわ。
船釣りが前をウロウロして邪魔でしたね。でも、イカ狙いの漁師ではありません。何を釣っていたのか不明です。竿は曲がってましたよ。ヒョウゴかな?
その後、春野漁港へ行きました。ワーム系でやっているとメッキが3匹ぐらい追いかけてきています。
3回ぐらいキャストしたでしょうか?ヒット、本命か・・・何か細長い魚エソですが、キス釣りの時のエソはもっと白い感じがします。種類が違うのかな?
16時ぐらいまでやってましたがそれで終了です。ショボイ。
釣りビジョン観て、イメージトレーニングはバッチリだったのですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加