ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(435)

2019年06月09日 | 川だ 渓流だ!

令和元年6月9日です。

昨日は、面河川へルアーフィッシングに出掛けていました。

4時過ぎに出発として目覚ましをスマホにセットしていましたが起きることが出来ませんでした。

30分過ぎて再度目覚めて行くことに・・・。

国道33号で高知県ナンバーのSUVが愛媛県橘付近で前を塞ぎましたが行かせてくれました。

少し寝坊しましたので、イケイケで走行。

面河川の漁協を過ぎて生コンの手前で写真撮影。

どう見ますか?

金曜日の局地的な大雨。

私の現場の芸西村は、水位がかなり上がっていました。

と言っても、降り続いた訳ではありません。

金曜日は、現場と自宅の枝川と久万高原町の天気を終始確認していました。

本川が、この濁り。と言うことは支川は笹濁り?

もう頂き、下手したら50匹釣れるのでは・・・、取らぬ狸の算用しまくりでしたわ。

前回、先渓者が居り竿を出すことが出来なかったK川へ。

停車している車は無し。中流域で竿を出しました。

ボツボツって感じでしたが、思ったような状態では無し。

水位も上がっていません、渇水に近い状態。

にも関わらず上流へ移動。上流と言うより源流かな?

車道の終点まで行きました。川はこんな状態。

堰堤ではありません。滝みたいな感じ。アメゴは上流へ上がれません。

イワナが居るのかなと竿を出しましたが、アメゴばかりでした。

これは釣れるぞと写真を撮りましたが反応なし。

30㎝から50cmぐらい水位が上がって、カゲロウやカワゲラのハッチで魚がやる気になってくれていたら面白かったでしょうね。

車道の終わりですので、帰りは道がありません。そこそこで車に戻りました。

O川へ移動。13時を過ぎていました。

中流域で2匹ゲット。良型バラシ。

源流域を確認しましたが、水量不足、フライだったらやれたかも。

上流域は軽トラが停まっていました。工事車両の感じもありましたが、釣り上がる勇気がありませんでした。

中流域でやろうと16時過ぎに下りましたが、エサ釣りの先行者あり。

下流域でやりましたが、イダが釣れたりで1匹ゲットのみ。

雨も降りだしました、終了。

朝の濁りは何だったの?

濁っている河川を追い掛けて、支川へ入るべきだったのか?反省点ありです。

Max19cm、12匹でした。

前回よりは、ましでしたが描いていた構想からは、程遠い釣果。

ロストも3つと高い代償となりました。

帰って来て、チューハイ500mlを飲むとダウン。

夜中にトイレへは行きましたが朝になっていました、ブログなんて記載する時間はありません。

よく自宅まで帰れると思います。運転中は全く問題ないのですが、これって危ないのかなー?

今日は、朝7時からメダカのスイレン鉢の世話でした。

2週間前に、掃除してアオミドロや浮草を別のバケツに移動していました。

それを撤去すると、たくさんの子供達がお出迎え。

それを、別のスイレン鉢に移しての作業。色々なメダカが居ますのでそれぞれに対応。

これで、お昼ですわ。もう大変!!!

今日の風はカラッとした風で、作業をしていても心地よい風でした。

19時頃から雨は降りだしましたけど作業終了後でしたね。

ミナミヌマエビも子供が産まれており、底のゴミを撤去した後にそれらを分別したりで一日終了。

部屋の掃除も、車の洗車もしたかったのですが時間オーバー。

明日は月曜日、気持ちを切り替えていかなければ

コメント

ホーリー釣行記(434)

2019年05月26日 | 川だ 渓流だ!

令和元年5月26日です。

昨日は面河川へ、ルアーフィッシングに出掛けてました。

と言いますか、大ちゃんとキス釣りに行くように段取りしていましたが、もう一人行く人がいない。

大ちゃんも体調が悪く木曜日早退とのこと。

そんなんで、土曜日に船釣りに行ってエコノミー症候群みたいな座った状態で腰の悪いのが悪化したら目も当てれません。

そうでなければ、小さい船を竹村貸舟店で借りて行ってもと思いましたが中止。

よって出掛けてみましたが・・・。

私が感じるところですが、面河川の支川で一番綺麗な川、K川へ入りました。

朝、6時から釣行開始です。

仁淀ブルー、少しグリーン系でもありますが綺麗。数年前に出水後に来て感動しました。魚も釣れました。

しかし・・・、谷へ下り少し上がった場所で釣りました。

でも、この魚本命のような場所ではありません。

フライならピンポイントで狙う場所ですが上流のポイントから流して釣れた魚でした。

水量が激減、足跡もたくさん。1時間釣りました。

中流域から上流域へ。

ここでも足跡だらけ。

月曜日のまとまった雨で、この足跡と言うことは木曜日か昨日入っている。

足跡が途切れるかと思いましたが、気配無し。

今日の敗因はこれ。判断の甘さでした。

結局、この支川では1匹。2時間も無駄な時間を費やしてしまいました。

で、上流へ面河川支川のまたもやK川。

下流域で何と車で釣りの支度をしている方と遭遇。

釣りですよね?そうです。当たり前。

でもその方は、この先の位置まで釣りをするつもりで、そこまで車で行ってそこから釣るのはOKとのこと。

私の渓流の師匠は、渓流釣りは先客が居れば別の川へ移動すべきとの教えでした。

が、そこは他人に厳しく自分に優しいホーリー。いいんですかー?

お言葉に甘えて。で、車を進めましたが次のカーブでワゴン車発見。

Uターンして、その方にも伝えました。

1ヵ月違っていれば山菜取りの可能性もあるが、釣りだと思いますよって。

私に譲ってくれた方には上流へ行けばどうぞ!私は別の谷へ入りますと言って分かれました。

で、S川を選択。

行きましたが、ここも軽トラが停まっています。

源流へ。一度この谷の源流も確認しておきたかったので釣れる釣れないは別に考えていました。

愛媛県・森林組合管理の場所まで走行。一般車両はこれから上流へは車両で入れません。

谷まで、かなりの道。でも谷へ下りる道がありました。

そのルートで谷まで下りて釣行開始。

足跡はありませんでしたが3級ポイントみたいな場所では釣れますが、1級ポイントで釣れない。

気温も上がっていましたので瀬尻で捕食したいアメゴも多々居たのですが、なぜかスルーまたはルアーから逃げる???

どういうこと?この現象は。水が少なくナーバスになっているのでしょうか?

追ってくる魚も居ますが、ルアーを見て逃げるって・・・?

瀬尻の直射日光が弱い場所ではハッチが凄い。

全く虫が撮れていないです。すみません。でもこの状態はフライで入っていればボルテージが上がる状態ですわ。なぜルアーの反応が弱いのか?

そう言えば、35Sも購入していました。

使ってみました。

変にフックにリーダーが掛かることも少なくいい感じでした。

この魚、写真を撮ると3回バタバタを繰り返しました。

その3回目で、魚に掛かっていないフックが岩に掛かって、反動で魚のフックが外れてしまいサヨウナラ

信じられない!!!

この川も終了。

この水量なら前回のルアーを無くした場所で見つかるかも。

何て貧乏人の考え?でも私の常識。

どうですか?

金の45Sです。

対岸スレスレに投げて底に掛かり、2回煽ったら切れました。

その時は水量も多く、濁っていましたので探すのは断念。

私を待っていてくれました。ありがとう。1000円弱しますからね。なぜか嬉しい小市民。

この後、15時となりましたがM川の中流域へ向かいました。

ここも足跡があり、水量も無し。

半分諦め状態で竿を振っていました。この無心さがドラマを生むのではと下心もありましたが、全くの門前払い状態。

今までで最悪かな?

5匹でMaxが20㎝でした。トホホ

コメント

ホーリー釣行記(432)

2019年05月01日 | 川だ 渓流だ!
令和元年5月1日です。
改元、おめでとうございます。
新しい時代の始まりですね。
有難いお言葉などなどを聞き、思いを胸に考えないといけないのでしょうが、マイペース、いや釣り主体のホーリー。
トラウトロッドの穂先は修理しました。
ただ、平成の最後の渓流で網を捨ててきています。
2000円弱の網ですが、何か気になる。
起きる事が出来れば探しに行こうかと考えていました。
3時過ぎ、目が覚めてしまいスマホのアラームが作動。
取り合えず渓流釣りの仕掛けも持って面河川の支川N川へ行きました。
現着すると気付いたことが。
スマホの手帳型を釣り用に交換しておりません。
渓流へ行ったら、どこかへ落として行方不明。
磯へ行ったら、撒きエサ代わりに。
令和の初日に、この状態のスマホを持って行って同じことを繰り返す訳にはいきませんわな。
車の助手席でスマホは留守番でした。
で、N川を上流へ上がりましたが何か様子がおかしい。
車を停めて川を注視、水位が違う。
えー、前回結構の雨でしたが水位は少ない状態。
今回、累計20mmも降っていないのでは?なぜ水位が上がっているの?
理解出来ません。でも、高知県ではアメゴと言われた魚。
活性がどうなるのか?思ったとおりでした。
網を探しに入った、数日前と同じ場所を釣行。状況は激変。
凄いですね、渓流は雨が降ればリセットされるって私は良く言いますが、その通りの状況でした。
何でこんな時に携帯を持っていないの?
大変楽しい釣りでした。
N川は、下流から上流まで、やりつくしました。
下流では、10cm弱の鮎もルアーに掛かりました。
ハンターTさんからは鮎も釣れるとのことでしたが、初体験。
15時ぐらいからH川へ移動。
ここでも数匹釣りましたが、型は2サイズぐらいダウン。
ポテンシャルの大きいN川は素晴らしいと思います。
ちなみに、網はありました。

磁石のリリーサーで背中に設置しています。通常5kgの引っ張りで外れます。
ですから、通常は気付くのです。どこにあったと思います?
転石の高い場所に置かれたような状態でありました。ビックリ。
下段へ下りるのに座って足場を確認して下りたのでしょう。
座った時に持ち手の部分が腰の下になってリリーサーが外れたのかと思います。取り合えずラッキー。
Max25cm、22匹の釣果でした。


折れた穂先で2cm弱短くなりましたが問題なく、弘法筆を選ばずって。
すみません、天狗の鼻になっていました。
でも、令和の一発目、最高の釣果です
コメント

ホーリー釣行記(430)

2019年04月27日 | 川だ 渓流だ!
平成31年4月27日です。
今日は、今シーズン初めての渓流へ行っていました。
今週中頃の雨で河川水位は上昇していると思っていました。
ビックリ、いつもの水位よりも低いぐらい。
面河川へ行っていましたが、鳥形山の雨量って130mm程度の連続雨量だったのでは?
おかしい、これは条件悪いぞー。
支川のN川へ入っていました。上流域から始めて河川水位が低いですので中流域へ回って釣ろうと考えていました。
スピナ付きのリュウキです。

いつものシンキングです。

状態が悪いとは言え、ボツボツと釣れている感じ。
でも、上流へ上がれば上がるほど水がない。
見切りを付けて中流域へ移動しました。
移動するとすぐに大型車が上流へ上がる音が・・・。
生コン車です。あれ?連休なのに仕事しているの?現場頑張っているなー、もしかして???
河川工事やっています。当然河川は、

こんな色になっています。ショック!
O川へ移動。
下流域を攻めましたが、現水位の少し上に足跡が沢山。
と言うことは昨日の足跡では?
かなり渋い状態でしたがボツボツ拾うことが出来ました。
大場所より中場所や角度を変えてアピールしたり。
最後にゴリまで釣ってしまいました。

Max24cmで10匹でしたね。朝7時から16時まで遊びました。

まあ困ったもんです。
鑑札も机の上に置いたままで不携帯。
おまけに竿の穂先を折るわ、ネットも何処かに捨てて来るわ
参りました、また穂先をやってしまいました。
高巻きで安全と思って足を掛けた岩が滑落して、後ろ向けにこけてしまいました。
後頭部を打っていたら危険でしたね。竿が折れたぐらいで良かったのかも知れません。
歳と共にかなりどんくさくなっていますわ。気を付けないといかんです。
ネットも磁石のリリーサーで背中に付けていますが、磁石が外れる時にはかなりの反動がありますからね。
まして、背中を引っ張られるようなことはなかったのですが。
すごい平成31年度の渓流スタートとなりました。
というか、平成最後の渓流になるでしょう。

明日は、船頭で宇佐でキス釣りです。
これも平成最後のキス釣りとなりそうです。
コメント

ホーリー釣行記(406)

2018年09月16日 | 川だ 渓流だ!
平成30年9月16日です。昨日は面河川へルアーフィッシングに行っていました。
ハンターTさんが金曜日に仁淀川へ行っていて水位が高いとの情報。
石鎚山系のK川に入っていました。この日は珍しくこの川の上流と源流で一日を過ごしました。
全く足跡なし。気持ちいいですね。しかも水位が上がった後の、いかにも良い状態。
と言っても、


最初に釣れたのはこんなおチビちゃん。
でも反応があるのは嬉しいです。
その後、一度回避しないと通れないぐらいの大渕があり、そこで見出し画像の28㎝をゲット。
重かったです。竿が折れるかと思いました。私の愛用のロッドではこのサイズが限界。
ハンターTさんの魚と同じで鼻曲がりしています。
残留型のアメゴとしてはこのぐらいのサイズがMAXだと思いますね。

その後もこんなサイズが釣れて、もう少し上がりたかったのですが、この河川の源流は初めてで日の落ちるのも早くなりましたので16時で納竿。
全部で16匹のアメゴのみの釣果でした


話は変わりますが。スマホの万歩計機能は一万三千歩、スマートウオッチの万歩計機能は二万二千歩でした。
職場ではスマホは常時持ち歩きませんので少しぐらいの違いはあると思っていました。
今日は、両者ほぼ身に着けていましたので、こんな大差になるとは思いませんでした。何が正解?
今度は一緒に100円ショップの万歩計を着けてみようかなー
三者三様だったりして
コメント

ホーリー釣行記(404)

2018年08月27日 | 川だ 渓流だ!
平成30年8月27日です。昨日は久しぶりに渓流釣りに出掛けてました。
いつもの面河川ですが、台風で大雨警報?注意報?が出ていた割には水が無い
面河ダムに近い支川のM川へ朝一番に入っていました。
こんな看板がありましたね。

ここの中流域でルアーをやっていたのですが、水量の少なさから1時間弱で中止。
土曜日の夕方にフライギャラリーって番組が釣りビジョンでやっていました。
大好きな里見さんの番組です。そこで長野県のイワナ釣りやっていましたね。
詳しい解説などもあり勉強になりました。
それまではウルフ系などが多かったが、フライの安定性・視認性などを考えるとパラシュートが主体となったこと。
私は、ウルフやエルクヘアーは大好きです。盛夏の時期、ビートル系も面白いですが、凄く反応がいいですよね。
ただ、タイイングはウルフはウイングの位置やバランスに少しセンスが必要だと思います。
また、キャスティングについてもターンオーバーさせない。
私も良くこのような釣り方をします。
最初は手前から攻めますので問題ありませんが、奥の流れを攻めたい時は必ずドラッグが掛かりますからね。
メンディングしてもこの程度が難しい。
逆に里見さんのようにインターバルが取れるようにしてナチュラルに流してやると、自然に浮き上がってきて捕食するまでが確認出来ることも再三あります。
それが、大型だったらもうドキドキですよね。
上流域へ行きました。最初のアメゴです、ちょっと痩せていますね。

その後、K川へ変更して下流部の大渕の背尻で大型をルアーで狙いましたが全く反応なし。
O川の源流部へ。

これは綺麗なイワナでした。ニッコウイワナ系なのかな?この日一番の24cmでした。
途中で川がこんなことに。

16時まで竿を振り納竿としました。
イワナ6匹、アメゴ7匹の釣果でした。アメゴは20cm弱ばかり。

腹を見ると精巣や卵が大きくなり掛けています。
大体8月で渓流は終了にするのですが、今年は台風などの影響や渇水でダメだったりと、通えていませんので休日にはもう少し行きたいと思っています。
お昼は、田舎寿司とピーマンを道の駅で購入。

ピーマンたくさん入って100円です。今晩はトースターで柔らかくして、もろみのお味噌をつけて酒のアテにします。

ハンターTさんからメールが届いていました。
連荘の鮎釣りだったようです。

土曜日は小型ばかりだったようですが、日曜はMax23cmだそうです。ご立派
コメント

ホーリー釣行記(403)

2018年07月21日 | 川だ 渓流だ!
平成30年7月21日です。
今日は、豪雨も落ち着いた土曜日。面河川へルアーフィッシングに行っていました。
朝、石鎚山の手前でトイレ休憩をしました。
このようなものが・・・。

朝一番に、K川へ入りました。上流域へ行ったのですが水量が少ない感じでした。

何とかキープサイズ。
その後、このような魚も。

高知ではイダです。何で渓流の上流域でこんな魚に遭遇せんといかんの???(今日は4,5匹釣りましたね)
こんな状態になっていました。

川に被さっています。道路も路側がやられていたりしている箇所もありましたよ。
H川へ移動しました。さて、どっちがルアーでしょうか?

今日はこんな感じでした。単発で、大渕狙いに行きましたが、渓流の相が変わって渕だった箇所が瀬になっている部分もあったりしましたよ。
大洲ほどではないですが、この辺もかなりの雨だった痕跡もありました。

魚はクーラーの中に入ったまま。氷は満タン入れています。
明日、ハラワタを出す予定。もう、今日は疲れました。勘弁して下さい。
ちなみに、10匹釣っていないかも。先週の週末に入っているのでは?
私は、キス釣りを予定していましたが、足跡がどの河川も結構なものでした。
コメント

ホーリー釣行記(401)

2018年06月25日 | 川だ 渓流だ!
平成30年6月25日です。
昨日は面河川へルアーフィッシングに行っていました。午前中、K川をそして午後からO川を釣り歩いていました。

朝一番のK川は反応も良く、2匹すぐに釣れました。


上流域で狭い所ですが気持ち良くヒットしてくれました。

石も良い色していますよね。
それから、パッタリ反応なし。
チビの姿もあまり見えずガッカリ。
下流域で大淵があるのですが、いつも数匹拾いますがそこでも全く反応なし。
4、5匹釣ったでしょうか?11時となり国道33号まで下りて道の駅へ。
いなりずしを購入。
本川は鮎の友釣りの姿を数人見掛けました。

それからO川の下流域をやりましたが、ここも反応悪い。
一気に源流まで上がりました。
そこでアメゴや、イワナを拾いました。

こんな狭い場所です。正確なキャストと緊張感が必要。

リュウキは使えません。と言うか、フローティングのルアーでないと根掛かりしてしまいます。
やっぱり信頼性が高いです。コウオのルアーです。もう廃盤で市場にはありません。
その後、上流域まで戻り、アメゴを数匹拾って16時過ぎに終了。

帰り道はスローな車に引っ張られて帰ったのは19時になっていました。
アメゴ11匹、イワナ5匹の釣果でした。
きちんと計測していませんが、Max23cm程度だと思います。
1万2千歩の数値をスマホが記録していました。
コメント

ホーリー釣行記(399)

2018年05月27日 | 川だ 渓流だ!
平成30年5月27日です。
水量が少ないだろうと思いながらも、面河川まで足を伸ばしていました。
面河ダム下の川に入っていました。以前入って外道の多さに熱が出そうでしたが今回も変わりませんでした。

釣れるのはこればかり。

この橋付近です。

気を取り直して下流域へ移動。

小さいながらやっと顔を見せてくれました。
上がっていると・・・、

河床が砂地で岩があれば尺物が居そうだなー。
2投目で、ズドン。ドラグは出ませんが、穂先を震わすブルブルではなく、グリグリと重量感のある引きです。
こうなると、27センチぐらいから上はほぼ確定。寄せてきましたが体を横にしません。白く光る魚体が見えません。
まだ、力を残していることはこの状態で充分分かります。
少し強引に寄せてネットで掬うか、少しやりとりして弱らすか?
近くまできて竿を立てた時に、反転して針外れショック

そんなんで午前中はアメゴ2匹。朝の6時から竿を振っているのに。
道の駅でおにぎりを購入して、M川へ。
下流と中流を2回に分けて移動して釣りました。
この川は県道と川とが遠いので歩くのが大変、私にとってはいい運動です。スマホの万歩計もこの日は1万3千台でしたね。
チビばかりですが12匹で16時に疲れましたので納竿としました。

ハンターTさんからメールが届いていました。

良型揃いですね。雨が降りそうだったので午前中の釣果のようです。すばらしい。

愛媛県の山奥にも


侵入しています。
帰りに、佐川町のお酒のショップに寄りましたが、その近くの法面にもありました。
また裏に住んでいる方は花壇に植えられていました。
認知度が低いんですよね。環境省も、もう少し情報を発信しないといけないのでは?

穂先が折れて前回と同じ竿を購入しましたが、やはり扱いやすいシマノの竿です。
別の竿も本日届きます。次はその竿を試してみたいです。
コメント

ホーリー釣行記(398)

2018年05月12日 | 川だ 渓流だ!
平成30年5月12日です。
面河川へルアーフィッシングに行っていました。が・・・、えらいことに(泣)。
前日の深酒で、朝起きると明るくなっていました。慌てて荷物を車に積み込み愛媛県へ。
今日は石鎚山近くのK川へ入りました。釣り始めが7時といつもより1時間遅れでスタート。
しばらくやりましたが魚がほとんど反応しないし、アタックすらしない。

釣り上がると発見。

約27cmの靴底サイズ。今週の最初にまとまった雨がありました。
昨日か一昨日ぐらいの足跡だと思います。
移動して上流へ上がりましたが、やはり反応なし。
下流へ下がりましたが反応なしで別の支川へ移動。この川は面河川の支川の中でも凄く綺麗な川です。魚が釣れれば最高でしたが残念。

本川まで下りて上流の、これまたK川へ。
ここは、反応があり釣り上がると出て来ました。

このK川は車道が上流部はなく、最後は川を降りてこないといけません。
上流部は二又に分かれており、ここまで釣り上がったのは初めてでした。
小さいほうの川に入って、溜まりで魚を拾いましたが前回と同じで木が倒れてきたりしていることから、谷の深い大きな支川へ戻りました。
その途中での杉林で足を取られてしまい、前のめりに倒れてしまいました。

その時に、穂先が折れてしまいました。
ここまで来て新しいポイントを攻めずに帰るのは嫌だと折れた下の1番のすぐ上でカットしてみました。
このULロッドはかなり柔らかいので、なんとかなるかと少しやってみましたが、ルアーがアクションしませんね。当然か(笑)。
こんなことになってしまい、10時過ぎに終了。12時15分に家に帰り着きました。
いつもなら、フライも持って行くのですが、前回・前々回とルアーで良好な釣果でしたのでルアー竿1本しか持って行っていませんでした。ダメですね。

昨日は新しい職場へ初出勤でした。
芸西村役場および、その周辺です。



朝、6時40分に家を出て7時50分に職場到着。
東部自動車道は混みます。ビックリしました、自動車道を降りる前に渋滞しています。
安芸方面への通勤の方が、この時間に集中するようです。こりゃ大変だわ。

和食川と言う川が流れております。鮎がコケを食んでいましたよ。


これは、特定外来の・・・オオキンケイギクでは。数株が群生して点在しています。
さて、どう対応したものか?
コメント (2)