ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(278-02)

2015年06月30日 | ただの日記でーす
平成27年6月30日です。明日から7月ですね。
私のデータ不足にあべにぃが送ってきました。

綺麗なアメゴですね。
詳しく聞きませんでしたが、たぶん吉野川系だと思います。
久しぶりの渓流だったようですが、やはり足腰の脆弱化を痛感させられたとのことでした。
そーやろー。私みたいに膝も痛くなるで!
それでも日が暮れるまでは別の谷でも入りたいって私は思いますからね。困ったもんです。
モーニングライズやイブニングライズやっていると、まずアイに糸が通りません。
焦点が合わないし、暗くて分からないし、イライラするし
もう、いくら時間が掛かることやら・・・。
その上、糸をカットしていてリーダー側の糸も一緒に切ってしまい、また結ばないといけない。
先日の朝はそんなことしていました。
ハンターTさんも週末アメゴは釣れたようですが、写真に撮ってくるようなサイズではなかったと言っていました。
フライフィッシングを始めた方や再開した方のためにも毛バリを巻きたいですね。
仕事が17時、18時で終われれば2時間ぐらいタイイングするんですけど・・・。
コメント

ホーリー釣行記(278-01)

2015年06月28日 | ただの日記でーす
平成27年6月28日です。昨日の信じられないような出来事から一日が過ぎました。10時05分ドコモショップに到着です。

最終的に、仮にこのような ”ドコモ管理品” なるものを貸与して頂きました。
まず、状況を話しましたが、紛失届が必要でドコモショップから高知南署へ電話しました。
携帯電話を紛失とのことで内容を話して受付番号をもらいました。
その番号が、保障適用に必要なようです。
それから、そっち系のドコモの窓口に電話。内容を話して、保障として携帯を送ってもらうことに。
明日、届くようですが、仕事の関係で明日この管理品と取り換え出来るのか分かりません。
10日以内に来店下さいとのことです。大変ご迷惑を掛けましたと謝り、店を後にしました。
まあ、この金額で原形復旧するのであれば良かったかな?とも思います。
Webで退避していますし、データリンクにも保存していますので復旧は容易いです、本体があれば。

それから職場へ行っていました。
ズッシーも来ており、「不幸が続きますね」みたいなことを言われました。
そのとおり!テンヤで竿がありません事件から貧乏神が寄り添っているのかと思うような出来事ばかりです。
私ごときの側に居ないで、金持ちの側に寄り添いなさい。

この時期、高速道路走ったり、渓流釣りでライト付けて走ると車の前は虫の死骸で大変ですわ。
洗車を行い、かんぽへ行きました。

かんぽの宿で夏休み自由研究だそうです。
夏休み?盆休が2,3日あるだけですよね。学生の頃が懐かしい。
8月中旬までダラダラとした生活をして、母親に怒られながら8月中旬から宿題やら生活改善を行い、2学期でしたね。

昨日、前半戦は6ft6の竿でした。イブニングライズの時間帯では#3の8ftを振ってました。
この竿の重いこと最初から#3の竿を持つとそんなに思わないのでしょうね。腱鞘炎になるかと思いました。
でも、開けた谷で後ろを気にすることなく竿を振れるって、それもまた幸せですよ。
私のような、小谷や沢ぐらいの川幅の小さな場所を好むフライフィッシャーとしては解放感満点です。
河川敷の横断でポイントが2つある場所がありますからね。小谷では考えられません。
合わせに失敗しても慌てることはありません。小谷では、まずどこかのブッシュに引っ掛かってしまいます。
沢歩きも楽、小谷ではそのまま上がるか完全迂回しかありません。

足は完全、筋肉痛です。かんぽの温泉でゆっくりストレッチしてきました。
以前みたいに仕事終わってテニスを2時間ぐらいでも出来たら体的には最良なんでしょうけどね。
渓流行ったら10時間ぐらい歩きます。その分、晩酌は多くなりますがやっぱりカロリーはかなり消費していますよ。
携帯電話も防水の防塵となり、油断していましたが首掛けをして釣行したいと次回から思っております。
磯釣りで須崎のツナカケで落として以来ですね。反省します
コメント

ホーリー釣行記(278)

2015年06月27日 | 川だ 渓流だ!
平成27年6月27日です。朝から新しい竿を試しにフライフィッシングに四万十方面へ出掛けてました。
今日は大変ショッキングなことがありました。
九州は降雨による被害が多発しているようです。
四国も、昨日降りました。調べていると高知中央付近は50mm程度降っていますが他の地域は30mm程度と半分ぐらいです。
少し水位が上がって、いい感じかと期待を持って出掛けました。でも水位は低かったですね、想定外です。
で、下流でやりたいと考えましたが鮎も解禁になっているのでは?
そんなこんなで谷に入りました。すぐにチビあめごをゲット。
それから、ボツボツと良型も混じり写真撮影。ハンターTさんと話をするネタに釣れた場所も写真撮影。
そんなことをしながら、沢山の写真を撮り渓流を上がりました。
ウエーディングシューズがダメになりました。接着剤も着けて補修したりを繰り返していましたがもう駄目ですね。
車へ帰り、履き替えました。そして、再度釣り上がり・・・。前回より反応は悪いですが、楽しませてもらいました。
この#2ロッドは現場でフライを付けて振ると前のコマのロッドがかなり胴調子だったことが分かります。
と言っても、コータックの竿はもう販売しておりません。この竿も購入したことだし、これに慣れるしかありません。
ギャップがありすぎてかなり戸惑う釣りとなりました。
釣り上がり中に1度こけてしまいました。
前回と違い、顔からこけてしまいました。でも障害物がなく、水面でしたので濡れただけで済みました。
ですから、全く怪我はなかったのですが、これが大変なことになってしまいます。
昼前まで釣り上がりましたが、リリースサイズやアベレージしか釣れず堰堤となり車へ帰り昼食をすることに
車に着いて、ネットや竿を置きました。何時?と気になり胸ポケットを触ると・・・携帯電話がありません
胸ポケットに入れてますので普通に歩いていても落ちるはずがありませんし、落ちたら分かるはずですよね。
あっ、あのこけた時しかない!竿とリールばかり気になり全くノーマークでした。
で、その現場へ向かいました。そして、下流のヨドミも含めて探しましたが、ありませんでした。ショック!!!
体の不調もあり、沢を歩くことが釣り好きの私ですが目的の一つでもあります。
携帯電話をなくしたのでは採算が取れませんね。昼食を食べて再度探しに行きましたがありませんでした。
完全にあきらめて、別の沢へ入りボツボツ状態。
16時半から下流の地域でイブニングライズ。
19時まで釣りましたが、昼からの雨でイマイチ反応が悪い。
昼から夕方までカディスも反応が良く、私は釣り易い状態でした。
先行者が居たのかもしれませんがイメージの夕マヅメではありませんでした。

1ヵ月半で携帯紛失ですわ。保険には入ってますが紛失は使えるのかなー?
昨年のテンヤで竿とリールの紛失から、何か悪い貧乏神のようなものが付いているのでは?
こんなにドンクサかったでしょうかねー私も
こんなことで、今日は沢山の写真を撮っていましたが、全くありません。
明日、ドコモへ行ってきます。携帯がないと仕事も遊びも出来ません。変な時代になったものです。
コメント

ホーリー釣行記(277)

2015年06月21日 | 海だ 船だ!
平成27年6月21日です。あべにぃとズッシーの3人でテンヤ釣りに宇佐へ行っていました。いつもの竹村貸舟店でお世話になり6時出港です。
船酔いの薬も飲んでいましたので体調は大丈夫だったのですが、アタリが少なかったですね。
潮も早く、また二枚潮となっているポイントもあったりで、テンヤ釣りとしては最低の釣果でした。
鯛2匹とコロダイ1匹です。前回、コロダイも写真を撮って逃がしましたが、今日は持ち帰りました。
前回のコロダイがずっと大きかったですし、鯛も1匹は塩焼きサイズです


オオモンハタのつもりで上げてましたが、始めて釣りました。
コモンサカタザメみたいです。
唐揚げ・煮付けで食べるようですよ、私はリリースしましたけど
コメント

ホーリー釣行記(276-04)

2015年06月20日 | ただの日記でーす
平成27年6月20日です。明日は懲りずにテンヤ釣りの予定です。

国土交通省港湾局のナウファスです。

金曜日の段階で有義波高が高く検討中でした。エサの調達も保留状態でした。
なんとか今日の昼には決行出来そうとの目途が立ちました。頑張って来てみます。

前回の教訓です。

朝、家を出る前に服用するつもりです。取り合えず予報は1.5mの波となっています。
コメント

ホーリー釣行記(276-03)

2015年06月19日 | ただの日記でーす
平成27年6月19日です。
ヤフオフで購入していました、フライの竿が届きました。


どうですか?6ft6int、2番ロッドです。
かなり軽いし、振った感じですが、ミディアムよりファーストに近いぐらいの感じです。
竿が届けば渓流へ行きたい。しかし、日曜日はあべにぃとズッシーに約束しています。
金曜日の晩の状態で太平洋は波高のうねりを伴っています。
明日、渓流へ行って明後日海か?ダメだめ、日曜日どうするのか連絡もしないといけないし・・・。
明日は庭の動植物の世話にします。

ちなみに、ハンターTさんは土曜日仕事で仁淀川へ行かないといけないようです。
練習をして来ると行っておりましたが、Webで注文したフライラインが届かないようですわ、残念。
コメント

ホーリー釣行記(276-02)

2015年06月18日 | ただの日記でーす
平成27年6月18日です。朝、少し早く起きて眠れなくなってしまいました。
庭の植物は元気一杯です。

水耕栽培のトマトは色付き始めました。
このミニトマト、今年の新種です。皮が薄く甘いです。


イチゴも肥料を与えていました。ランカーも出ており、世話をしないといけない状態になっています。


ブルーベリーも色が付き始めました。食べるのはまだ先です。
ムクドリが狙っていますからねー、鳥との戦いが始まりそうです。


ハンターTさんも週末、渓流へ行っていたようです。
私のフライフィッシングの話にも熱心に耳を傾けてましたが、一式購入したようです。
今はWebでも動画がたくさん出ております。キャスティングもイメージはバッチリのようです。
たぶん、ハマると思いますね。ドライは面白いです。
コメント

ホーリー釣行記(276-01)

2015年06月14日 | ただの日記でーす
平成27年6月14日です。
天気は小雨が降ったり止んだりしていましたね。正午ぐらいまで寝るつもりでしたが、8時過ぎには目が覚めてしまいました。
ピラニア水槽の掃除をしたりしていました。従兄弟が来るように言ってましたので待ってましたが、それからズルズル。19時になっても来ません。
町内の大掃除があったようで、その後酒飲んで車運転出来ませんって・・・コラッ!
私達の地区は先週の日曜日でした。同じ町内ですが地区が違います。へー、今週だったのね。
従兄弟、Fブラザーズの弟ですが、この地区はお酒の好きな方が沢山集まっているようです。
何か行事があるたびに飲んでいると聞いています。まあ、ご近所の親睦を図るのには良いことでしょう。

ちょっとショックな出来事がありました。
昨日、フライフィッシングで穂先を折ってしまいました。そのことは諦めております。

コータックの#2ロッドで、私は同じ商品または同レベルの商品を注文しようとパソコンを見ておりました。
コータックの商品って品薄なんですよね。
また、最近のロッドって4ピースとか6ピースが主流なの?竿の継ぎが多いほど竿って本来の曲がりをしないのでは?
私はフライロッドは継ぎ無しが良いと考えているような人間です。
で、色々調べていくと・・・、何と2012年に廃業していますショック!!!
この竿は1万から1万5千円の間ぐらいだったと思います。
私の最初に購入した竿はオービスのヤマメスペシャルです。竿とリールで8万弱だったと記憶しています。
ラインやリーダー、フライなど揃えるのに10万必要でしたわ。
こんな安価で、この#2ロッドは良く働いてくれました。4桁は釣っていないでしょうが、確実3桁釣っています。大変楽しませて頂きました。
それで、Webで色々調べていますが、パックロッドはあります。
私の条件である、6ft台で#2ロッドって店舗でもオークションでも数軒しかありませんね。
これからの時期、14番でも12番のエルクやパラシュート・アントでも反応してくるでしょう。
でも、小渓で25cmまでのアメゴの顔を見に行くのであれば#2か#3のロッドが欲しいですわ。
オービスのロッドから比べて値段も格安で使い方も結構乱暴だったと反省しています。
昨日は、渕で先へ行けなくなり、ブッシュ地帯を迂回していて穂先が絡まり竿を振った時に折れてしまいました。
まあ、それまでにも同じような事は何度もありましたので弱っていたのだと思います。
磯竿は、ここ2年ぐらい穂先のトラブルはありませんが、フライロッドのこの商品薄は私にとっては深刻です。
逆に言えば、やはりこんな釣りをしている方が少ないのでしょうか?
広い渓流でラインをダブルホールでラインを15~20m出して釣るのも面白いですよね。
高知県でそんな釣り場って、ほぼありませんからね。ダブルホールもビデオで勉強しました。河川敷の芝生箇所で練習にも行きましたね
でも、小渓・谷で忍者の如く近くへ寄り、キャストして尺前後の姿が見えた時の瞬間は心臓の鼓動が自分でも分かるぐらい緊張します。
ここまでの魚になると半分は見切ります。その半分はフッキングしなかったり、合わせが緊張して早かったりで失敗します。
その半分はやり取りの間に、強引に下流へ走られてしまったり、カヤなどが水中まで伸びてきていてその茎に巻き付かれたりして逃げられてしまいます。
まあ、30cmがネットに収まるのは2割いや1割でしょうかね?
3歳から父親に連れられて渓流へ行っている私にとって、釣りの原点でもあるアメゴ釣りです。
エサ釣りからフライフィッシングへ変わりましたが、大変綺麗な川の女王様です。
コメント

ホーリー釣行記(276)

2015年06月13日 | 川だ 渓流だ!
平成27年6月13日です。西方面の渓流へアメゴ狙いに行っていました。
梅雨入りもして雨も少し降りました。九州は大雨になったようですが、四国地方の釣りにはいい感じかなと思って出掛けてみましたが・・・。
谷は笹濁り状態。水嵩もかなり高くなっていました。これはドライフライに反応するでしょうか?
逆にもっと小さな沢に入った方が良いのではと考え直して、あちこち釣り歩いていました。6時半から釣行開始です。
釣り始めると、結構反応は良かったです。
パラシュートから半沈み系、ピューパなども気持ち良い出方をしてくれましたね。



Maxは25cmでした。


その後、こいつが釣れました。これは引きましたね。体高があるでしょう。

10時ぐらいから小雨となりましたが、ドライへの反応は変わりませんでした。
小渓では、針掛かりしなければかならずブッシュに針は飛んでいきます。
最近自分でタイイングもしておりません、オークションで購入していますが、1つ100円から150円程度はしますからね。今日はいくつ無くしたことやら。
それよりもまだヒドい出来事が・・・。

7ftの#2ロッド、穂先が折れてしまいました。
コータックの竿ですが、#2だけあって大物が掛かるとやり取りが必要になります、大変楽しませてもらいましたね。

ホタルの卵?今のシーズンは草に泡が沢山付いています。

時間も16時となり、下流へ下りてイブニングライズで尺物狙いに変更。しかし


普段であれば脛程度で渡れますが、パンツが濡れるぐらいの深さです。
少しは水位が下がっているかと思いましたがちょっと高いですね。
竿を出してみました。やはり反応はいい感じですが、この先通常の水位でも高い場所があります。
泳がないと無理だな?と察しました。これは無理です。大変残念ですが、今日は終了。

年寄りが足がもつれるとか、何でもない所でつまづくと良く言います。
私もかなり年寄りの仲間入りです。今日、釣行中2回こけてしまいました。
一度目は、胸まで濡れてしまいましたが、2回目は首から下が濡れてしまいました。
さすがに、出水でもあり寒かったです。
コメント

ホーリー釣行記(275-02)

2015年06月12日 | ただの日記でーす
平成27年6月12日です。定期健診があり、今日は休暇を頂いてました。
眼科の検査は嫌ですね。後が大変ですわ、検査をするために点される目薬ですがかなり目の前のものが見えなくなります。
このまま、車で帰していいんでしょうか?ってぐらいです。検査後、近くの本屋さんで休んでいましたが、本も読めません。
毎回毎回、血も抜かれて困った生活です。
でも、数値は少し良くなっていました。先月に引き続いてです。
先月のリバウンドで少し揚げ物も食べていました。でも、良くなっていましたね。
何が一番の原因なのか?自分でも分かりません。主治医は食生活と運動と言いますが・・・。



やっとウチの熱帯スイレンが咲き始めました。キーラルゴとして購入しましたが品種が違うようにも思います。ティナは間違いないようです。

夜咲きのレベッカがどうも絶えたようです。株分けをしたりで品種が混在して分からなくなってしまいました。
名札も付けて鉢へ入れてましたが、水の中と言うこともあり、記載していた文字が消えたりして分からなくなってしまいました。
コメント