ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(194)

2013年06月23日 | 川だ 渓流だ!


平成25年6月23日、梼原方面へアメゴを釣りに行って来ました。
台風の影響で少しは増水して、谷の状態が変わっていると考えて出掛けましたが・・・。
通常の平水位より低いぐらいの水位でした。
しかも、現場到着前から小雨混じりの状態です。ドライはしんどいかなー
まあ、上流部や小さな谷に入ろうと2番のロッドを選択。
7時前から開始しましたが、写真を撮るようなサイズは上がりません。やっと9時ぐらいから竿を曲げるような魚と遊んでもらうことが出来ました。
足跡が沢山残っていました。昨日の足跡もありアメゴの顔を見えただけでも幸せですわ。
日中は虫のハッチも多く、魚の反応もそれにつれて良くなったと感じられました。
ただ、15時ぐらいから雨が本格的となり、釣場移動した箇所は倒木が道路を塞いでおり目的地に行けませんわ
猟銃を持って狩りをしている人にも出会い、アメゴ釣りに行っていて撃たれたら洒落にならない退散しました。

ウエーディングシューズがダメになりました。出費が増えます。応急処置としてメガネに付ける紐で縛り釣行を続けました。

熱帯スイレンもほとんどが蕾をつけて開花モード突入です。
コメント

ホーリー釣行記(193)

2013年06月14日 | 海だ 磯だ!

平成25年6月14日、宇佐へキス釣りに出掛けてました。土佐町の友人から、「田植えが済んでのんびりしたいき、連れて行ってやー」と言われ、いつものT村貸船店のお世話になり7時過ぎに出港です。
私を含めて3人でした。天皇洲付近の、最近おススメの漁場は親キスが居ませんね釣ってしまったのかしら・・・。
一文字周辺へ出ましたが、前回のあべにぃとの時のように良型は居ません。数も伸びません。萩ノ茶屋もイマイチ、新堤防にも人が居り流せれそうになく市場前へ。ここで、ピンギス混じりですが少し拾いました。
そんなこんなで16時に納竿。私は42匹のキスとタコ1つ。半分が10cm程度のピンギスです。
でも、上手に3枚におろせば天ぷら最高ですよ。高温でカラッと揚げれば天つゆに大根おろし、少量のショウガおろしでビールがゴンゴン

今日2つ上がりました。のエイリアンみたいなの?誰か、知っている方おられませんか?ちょっとキモイです。
釣った本人は外すのに棘があったと言ってました。未知との遭遇は嫌ですので臆病な私は触れません(ただのビビりです)

スイレン引き続いてティナが咲きました。ほのかに良い香りがします。
越冬のバルブが沢山出来て育て切れません。近所の宇治川へビオトープの保全や水質浄化も目的で植えてやりたいですが、勝手にいらんことして役場からお叱りを受けるのも辛いですし・・・。
コメント

ホーリー釣行記(192)

2013年06月08日 | 海だ 船だ!

平成25年6月8日、あべにぃとキス釣りに宇佐へ行っていました。いつものT村貸船店のお世話になりました。
6時半の出港、いつもの通り氷をもらい、いざ出陣です。
直近の状態で湾奥へ行っても良くない可能性が高いと判断、あべにぃと協議し天皇洲周辺で一致。
やり出しましたが良型は激減ですね前回の場所も、キスは居ますが小さい。高知で言うキスゴですわ。
ただ、あべにぃはヒラメ釣っちゃいましたね。外道不要とのことで私が頂きました。帰って検測、30cmです。
頭と尾鰭を除くとちょっと刺身には寂しいかな・・・???下ごしらえしました。ムニエルとなります。
あべにぃとの前日で20匹ぐらい釣ればタコ狙いとしていました。
型は小さく、イマイチですがそこそこの釣果となり一文字周辺へ。風と潮が逆でやりにくかったですが何とかタコ2つゲット。
早速ボイルして頂きましたよ、釣りたてのタコは最高。
あべにぃは浮気もせずに、キス釣りオンリー。良型釣りましたね、一文字周辺。
で、一文字の前に出ましたが、今年の経験通りメゴチのオンパレード。
中堤で以前、大ちゃんと輝ちゃんとでタコ爆釣の時がありましたのでやってみましたが、魚や軟体動物の気配無し
終いには竿もリールも太平洋に取られてしまいました。安い竿ですが、無いとタコも釣れません
萩ノ茶屋前もイマイチ。ここもタコポイントはありますが反応ありませんでした。漁師がタコ壺上げてましたね。
それで、どうしようか???となり、タコをもう少し頑張りたいとあべにぃに懇願。
一文字周辺行きましたが、私がタコを狙っているのに良型のキスをガンガン釣るのですよ、空気読んで下さい。
で、私もキス釣りに変更。タコ頑張るつもりでしたが・・・。でも、3連発で肘タタキサイズをゲット。あべにぃありがとう、おかげ様です。
いつもと比べて、少し早いですが3時半頃の納竿となりました。
合計、キス40匹、マゴチ1匹、タコ2つにあべにぃから頂いたヒラメ1匹。
キスは、ピンギス主体です。最後の良型は嬉しかった。
イカも考えてました。でも今日はうねりが高く外海の堤防や磯際は危険と判断して止めました。
海上保安庁も巡視にゴムボートで回って来ていましたが、免許の提示までは言われませんでしたね。
職員の方自身が言われてましたが、「おまんらーが来ると釣れんなる」だって。私もそう思います(海猿さんゴメンナサイ)。
今時、無免許で堂々と釣っている人も居ないと思いますし、私の船は皆ライフジャケット着用です。真面目な客人ばかりです。
先日、免許更新も行ってきました。免許を取って四半世紀以上、今までヒヤリハットは数回ありますが、事故や重大な問題とはなっていません。これからも安全運航したいものです。
コメント (2)

ホーリー釣行記(191)

2013年06月01日 | 海だ エギングだ!

平成25年6月1日、朝の干潮の時間帯を狙って宇佐へエギングに行っていました。明日の日曜は、天気が良ければあべにぃと船でキス釣りの予定でしたが、微妙な天気で延期となり今日は久しぶりのエギングです。
5時30分過ぎから釣行開始でいつもの水道から攻めました。コロッケサイズが釣れました。リリースも考えましたが、私の昼のおかずにキープしちゃいました。イカ味噌と醤油、みりんで軽く炒めます。
状態があまり良くないかな?と思い車の付近まで帰り最後と思って投げました。アクションを付けながら少し巻いてきて根掛かり竿を曲げて糸を張ると少しずつ寄ってきます。昆布のような海藻もエギにくっ付いてきてましたのでそれか?もしかしてタコ?
何のことはないアオリですわ。水面まで浮いて墨を吐き出しました。でもほとんどジェット噴射は無く上がってきましたね。
もう1杯同型が付近に居るのでは?と探り出すと私の前で船が行ったり来たり・・・。墨吐き音を聞かれてしまったですね、勘弁して下さいよ。
数回投げましたが反応もなく、この船によりストレスの掛かった状態で釣りをしなくてもと思い久しぶりに奥へ。
しかし、手前の岬も巡航も奥の岬も人が居ます。船長ポイントで粘りましたが全く反応なし。赤潮のような色でしたね、ここは。
それから、ボイド付近まで帰りました。数投やって足元を見るとビックリエイが泳いでいます。写真の左側が奴ですが、こんな浅い場所に散歩ですかね?驚いてしまいました。
雨もポツポツ降り出しました。結局、この2杯(計800g)で止め、10時過ぎには家に帰って来ました。

自宅でいくつも育てている熱帯スイレン、今年の初咲きはカーラズサンシャインでした。

昨日、鬼平犯科帳スペシャルがありました。
長谷川平蔵宣以ファンでもあり池波正太郎ファンでもある私には嬉しい限りです。時間もありましたので鬼平犯科帳16(文春文庫)見張りの糸を読み直してみました。
物語の流れは大まか同じですが、かなり違いますね。
先代の江戸家猫八さんや長門裕之さんが演じた相模の彦十と、高橋悦史さんの佐嶋忠助が本では主体となり物語が展開していきます。
個性のある俳優さんが亡くなられたのは寂しいですな。
画面では、伊三次役の三浦浩一さんだけが昔と変わらないような感じも受けました。

明日は自分の船のエンジンを掛けて調子を見ておきます。乗る機会がほとんどありませんが・・・
コメント