ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(403-03)

2018年07月31日 | ただの日記でーす
平成30年7月31日です。
普段通り出たのですが、少し早く、くろしお鉄道夜須駅で列車を待ちうけていました。





列車には、やなせたかし先生の漫画。


左奥は海辺の果樹園です。ビアーガーデンもやっているみたい。
ここで飲んでも帰るのに困るし・・・。

駅はエレベーターで上がりました。

地盤よりは高いです。海抜12.4m。
夜須は地形が低奥型で、東南海や南海地震が起こると深刻な被害が起こる地域です。
この海抜12.4mも駅のこのホームだと思います。
津波が起これば、下には降りる勇気がありません。
と言って、頑丈とも言えないこのホームで待機するのか?
日頃、通勤で利用している方は、色々な想定を考えておかないといけないのではないでしょうか?
コメント

ホーリー釣行記(403-02)

2018年07月30日 | ただの日記でーす
平成30年7月30日です。
職場も変わり、芸西村へ通勤していますが、先週は初めての残業の週となりました。
まあ、残業と言っても20時まででしたが、それから自宅へ帰りますので21時を過ぎますね。

高知市内およびその近隣には、とさでん交通の電車が通っています。
いろいろな看板が目に付きます。先週、赤信号の私の車の横に止まりましたので撮影しました。

薩長土肥連合だそうです。

ネットで調べていると、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた倉敷の真備町に”ボランティアに行った町議が酒飲んで避難所で宿泊を迫った”との記事。
復興へ向けて一丸となっている場所へ町議が行って、そこの避難所に泊まらせろって?おまけに酒飲んでってか?
どこの町議かと思ったら、高知県の町議でした。大豊町の町議で町長が倉敷市役所まで行って関係者に謝罪したそうです。
避難所は被災者しか泊められないと校長から断られたが、約1時間押し問答となり廊下で泊まるのを認めさせ、自衛隊が設営した仮設の風呂にも入ったそうです。
事件は18日のことのようですが、もう高知へ帰って来なくていいですよ!
馬鹿なことをしてしまったと反省しているそうです。反省だけなら猿でもできる。以前、そんなCMがありましたね。
コメント

ホーリー釣行記(403-01)

2018年07月23日 | ただの日記でーす
平成30年7月23日です。
土曜日の渓流釣り、アメゴは全部で8匹でした。大変、寂しい釣果でした。
やはり、少し水位の高い、濁りが茶色から白っぽい薄い抹茶のような色になった頃が最高に魚もやる気があるような状態だと思いますね。
豪雨になるか、全然降らないか! この天候では、川釣りは難しい。
ニュースでやってましたね。本土のどこの河川だったかなー、豪雨で集められ最近の渇水で川が溜り水になり、鮎が集団で飛び跳ねていました。
死んでいる鮎もいるようで、悪天候の弊害が人間だけでなく色々と影響を及ぼしているようです。

昨日は久しぶりに、えひめaiを作ろうかと材料を集めていました。

ネットを見ると色々新しい記事もありました。
イースト菌は材料を混ぜる前に温度を上げた方が良いとか、砂糖はミネラル分などを考慮して黒砂糖や黒蜜が良いとか、にがりや塩を入れても良いとか・・・。
ドライイーストは先行して40度程度のお湯に30分入れました。
掃除用には普通の白砂糖を、植物に与えるものは三温糖と黒蜜で作りました。
おかめ納豆が灰色カビ菌に強い?で、納豆も2種類買ってきていましたが、おかめ納豆のみ使用。
ヨーグルトは2種類を混ぜてみようと思っていましたが、量を間違えて沢山出してしまいプレーンヨーグルトのみを使いました。
数十分で発酵が始まりました。ブクブクと音を立てています

今回は4L×2で8L作成。ちなみに、手前が普通のお砂糖です。
今までは冬場にコタツの中へ入れて温度管理して作っていました。
夏場は常温で出来るとのことで試しています。
台所やトイレの掃除・匂い消しに使ったり、配管の匂いやヌメリ対策、植物への散布や土壌改良にも使えます。
コメント

ホーリー釣行記(403)

2018年07月21日 | 川だ 渓流だ!
平成30年7月21日です。
今日は、豪雨も落ち着いた土曜日。面河川へルアーフィッシングに行っていました。
朝、石鎚山の手前でトイレ休憩をしました。
このようなものが・・・。

朝一番に、K川へ入りました。上流域へ行ったのですが水量が少ない感じでした。

何とかキープサイズ。
その後、このような魚も。

高知ではイダです。何で渓流の上流域でこんな魚に遭遇せんといかんの???(今日は4,5匹釣りましたね)
こんな状態になっていました。

川に被さっています。道路も路側がやられていたりしている箇所もありましたよ。
H川へ移動しました。さて、どっちがルアーでしょうか?

今日はこんな感じでした。単発で、大渕狙いに行きましたが、渓流の相が変わって渕だった箇所が瀬になっている部分もあったりしましたよ。
大洲ほどではないですが、この辺もかなりの雨だった痕跡もありました。

魚はクーラーの中に入ったまま。氷は満タン入れています。
明日、ハラワタを出す予定。もう、今日は疲れました。勘弁して下さい。
ちなみに、10匹釣っていないかも。先週の週末に入っているのでは?
私は、キス釣りを予定していましたが、足跡がどの河川も結構なものでした。
コメント

ホーリー釣行記(402-03)

2018年07月20日 | ただの日記でーす
平成30年7月20日です。
昨日の話の続きです。
愛媛県肱川の緊急放流について、昨日の有識者を交えた検証作業の結果、国土交通省は情報伝達に課題があったと認め、放流の操作を含めて改善する方針を示しました。
この中で、愛媛大学大学院の森脇教授は「情報を伝えたことと、伝わったことは違う」と言われたようです。
安全基準の6倍の量を放流することが、下流でどのような被害になるのか?一般住民が共有されていない。住民が理解しやすいものか考え、他のダムでも参考になる検証にするべきだと話されたようです。
そのとおりですよね。ある程度、このような仕事に関わっていないと色々な判断が出来ないと思います。
平成26年8月豪雨で経験しましたが、サイレンや町内放送なんて、50mm/h以上の雨が降っていると何が鳴っているのか?何を言っているのか?全く分かりませんよ。
また、国土交通省・気象庁・県の防災関連などネットが、もの凄く繋がりにくくなります。ちなみにスマホ版があるWebはそちらの方がかなりサクサクです。
この愛媛県肱川に被害をもたらした平成30年7月豪雨は、私も休日出勤となりましたが、高知県東部は障害でネットが全く繋がらなくなりました。
高知県安芸土木事務所も、全国ニュースでその状況が放送されていました。水位も上がり、堤防もかなり浸食されたものがあり安芸市の街は避難指示が出ていて大変だったと思います。
私も、水位や雨量の情報は個人のスマホから入手して職員さんに報告したりと状況の把握が大変でした。
近隣市町村からも、かなりプッシュ型の連絡がスマホありましたね。
たくさんの課題があるように思います。かなり教訓にしないといけないことがあるように思います。
コメント

ホーリー釣行記(402-02)

2018年07月19日 | ただの日記でーす
平成30年7月19日です。
平成30年7月豪雨では、中国・四国地方で甚大な被害となりました。
愛媛県を流れる肱川は、氾濫が発生し尊い命が失われました。
7月19日10時から、ヘリコプターによる上空からの調査、現地調査そして、検証等の場を設けて学識者を交えて話をするようです。
ここをチェック。
想定外って言葉が頻繁に使われるようになりました。想定外って言えば済むのか?
ただ、300年、500年に一度来るような豪雨や台風に対しての対策なんて出来ないのも現状。
国土交通省でも県にしてもダムって操作規則があります。
担当者が変わったから、この水位だったら上げようとか下げようとかは出来ません。
誰が担当になっても規則に従ってゲートの開閉を行うことになります。
このような、想定外が頻繁に起こる雨に対して操作規則を見直さないといけないと思います。
ただ、今回のような降り方を誰が予想出来たのか?

2014年高知県の話です。
高知市を流れる鏡川、上流には鏡ダムという高知県管理のダムがあります。
ダムの操作規則では限界を感じた職員が、”ただし書き操作”により手動でゲートの開閉を行い満潮時の放水を抑えて被害を軽減させた話もあります。
ここをチェック
現場サイドはかなり緊張していたと思いますね。後で、問題があった場合、責任が問われますからね。
ちなみに、この豪雨では私の家は床下浸水となりました。

今日の会議でどんな話し合いになったのか?何か方向性などは出たのか?
晩のニュースを確認したいと思います。
コメント

ホーリー釣行記(402-01)

2018年07月18日 | ただの日記でーす
平成30年7月18日です。
今朝、通勤途中に手結周辺を回ってみました。
一週間前の影響です。


流木や、ゴミの掃除に朝も早くから行っていました。ご苦労様です。
この場所は、遊泳禁止のようですが、海水浴場があちこちにあります。
熱中症にならないようにご留意下さいませ。
コメント

ホーリー釣行記(402)

2018年07月16日 | 海だ 船だ!
平成30年7月16日です。
昨日は、あべにぃと叔父の三人で宇佐へキス釣りに行っていました。
平成30年7月豪雨の影響で、湾内はかなりのゴミがあるようです。
それに加えて、赤潮が発生しているとの情報で、最初から外へ出る決断をして釣行。
朝6時に出港して、中堤へ行きましたが数隻流し釣りをしていました。
何時から釣りしているの?そう言えば、今回もお世話になった竹村貸舟店の駐車場も結構車がありましたわ
ボツボツ当たりますので流れの筋を変えながら流し釣りで魚を拾っていきました。
ただ、放流したばかりの鯛や、アマギ、メゴチ、ニロギなども多くなかなか難しい。
ニロギは良い出汁が出るとのことで、あべにぃの釣ったニロギも私のニロギも叔父が持ち帰り料理しましたね。
10時ぐらいからだったでしょうか?周りの船があまり居なくなりました。
私達の船は屋根付きです。屋根か、パラソルがないと無理ですよ。
風が止むと、屋根があっても汗がにじみ出るような状態でした。
中堤付近から見た宇佐大橋です。

この日は、萩ノ茶屋付近にも行かずここだけの釣果。
私は42匹、全体で88匹の釣果でした。
私は、ピンギスはおらず、近年では最高の釣果でした。50匹は釣っていると思っていましたが足りませんでした。
15時には置きましたので、もう少し粘ってやったらまだ数は上がっていたと思います。
16時過ぎに家に帰り付きましたが、料理が大変でした
コメント

ホーリー釣行記(401-15)

2018年07月14日 | ただの日記でーす
平成30年7月14日です。
いや-、暑かったですね。シャツが何枚あっても足りません。
何か作業をしようと動くと汗でビッショリ。

これどうでしょう?

私の社用車のコックピットです。
ワンセグのテレビがあり、もったいなく自宅で保留していました。
この形で使えば電話もメールも出来ませんがテレビは見えます。
私はクラッシックは大好きな部族ですので、朝はFMを聴いていても全く苦になりません。
終業から帰りの帰途についてです。
うるさいだけの放送。何の意味もなさない。
で、このような形でニュースだけでも確認出来ないかとセッティングしました。

パイナップルリリーです。

職場の芸西村でも出荷しているようですが、ネットで購入。
記念にとの思いと、変わっている植物だな?と思いました。
開花時の香りがやはりあるようで、私の庭に育てる一次条件はクリアしています。

ミニトマトがこんな状態に。

これからの時期が難しい水耕栽培。
気温が高くなると水耕にしろ露地物にしろ植物の力が違います。
元気ありません。根も元気ありません。
取り合えず、見守るしかないです。
昨年は、水分不足で枯らしていますので、それだけは回避したい。
根が違いますわ、私みたいな素人が見ても一目で分かります。
今週は、色々ありましたからね。メダカも金魚も、植物も大変でしたね。
コメント

ホーリー釣行記(401-14)

2018年07月12日 | ただの日記でーす
平成30年7月12日です。
今日も暑い日になっています。
平成26年8月に、台風12号により私の住む高知県いの町も被災を受けました。
被災後、数日経った異臭を思い出していました。
今回の被害では、まだ断水しているところもありますからね。
大変だと思います。

昨日のブログで書こうと思って忘れていました。
あのタイの洞窟で13人救助の事件。
現地でコーチは称賛されているとのニュースが流れています。
確かに十数日間食べるものもなく、暗闇の中で子供達を励まして大変だったとは思います。
全体像が見えませんよね。
なぜ、洞窟へ入ったの?雨季になると水嵩が上がり、こんなことになるって分かっていたのでは?
コーチが入るのを止めないといけない立場だったのではないの。
元救助隊員がボランティアで救助に参加して亡くなっています。
作物を育てていた畑か田んぼか、水没となったのでは?
全員無事救助は大変喜ばしいことです。
しかし、この子供達を救うために犠牲になった人もいることを、この子達は良く理解して大人になってほしいですね。
コメント