心の風景  認知的体験

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

要介護認定「要支援1(社会的支援を部分的に要する状態)」

2018-01-14 | 癌闘病記
昨年末、癌手術で入院中に、
病院内の一室「地域連携支援室」というところから、入院中に介護認定を受けることを勧められた。
退院後、一時お世話になったいたホームで、担当の方が見えて、
あれこれのチェック。

今日は何月何日?
聞こえますか?
12+7の答えは?

片足で立てますか?
手足はあがりますか?

などなど心身機能チェック。
ほとんどすべて満点?

1月後に送られてきた認定が、最下位の「要支援1」
地域包括支援センターに連絡して、相談せよとの案内。
3つのサービス
①介護予防
②福祉
③「地域の資源の利用」「自分・家族で工夫」
いずれかを選べという。

だんだん周りから病人に仕立て挙げられていく感じ。
この圧力に負けない気概も必要。

来週は、またバス旅行を再開するかなー
いやその前にまだ果たせないラジオ体操からかなー

気概を低下させるのも抗がん剤の副作用かも。 笑い

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 甘いもの考 | トップ | ラグビーは危険一杯]10年前 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

癌闘病記」カテゴリの最新記事