窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

D.Matsumoto博士の第2回微表情分析入門セミナー

2021年04月10日 | 表情分析


 4月10日、空気を読むを科学する研究所主催、表情分析の第一人者D.Matsumoto博士の「表情とウソの心理学オンラインセミナー」をオンラインで受講しました。Matsumoto博士による日米を結んでの講義は、昨年9月26日に続き2回目です。

 前回同様、講義は質疑応答形式で行われ、以下に要点をまとめさせていただきます。

1.微表情(micro or subtle expressions)からどのようにウソを推測するのでしょうか?

 まず微表情とは何かを定義する必要がある。一般的には0.5秒以下の短い時間に現れる感情表情で、人が隠そうとしている、または抑えようとしている感情が抑えられなくなって漏出する表情を言う。付け加えるなら、感情には思考が伴う。したがって、漏出した感情だけでなく、そこには関連する思考も存在すると考えるべきである。

 しかし、抑制感情と嘘とは別の物である。いかなる非言語的手掛かりを以ても、それだけで嘘と結論付けるべきではない。ところが、多くの人は確証バイアス(注)によってそう結論付けがちである。非言語的手掛かりの裏には複数の感情や思考が混在している可能性があり、それが嘘であるとは限らない。したがって、非言語的手掛かりを発端として、ターゲットを絞り会話を深堀していく必要がある。その方法も、状況と目的によって異なる。

注:仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

 確かに微表情の多くは嘘を隠しているが、そうでない場合もある。とはいえ、他の非言語手掛かりに比べ、微表情の方が嘘の確率が高いという研究データ。そういう意味で、微表情は強力なツールとなりうる。

2.会話相手の微表情をずっと観察し続けることは大変です。効率的に相手の微表情を見つける方法はありますか?

 観察は確かに負担のかかることであり、急にできるようになるものでもない。会話中に微表情を観察できるようになるには経験と訓練を要するので、初めから欲張らないことである。スキルアップのコツは、インタビューの仕方を工夫することである。なぜなら、微表情は相手が何かを隠そうとしているのであり、インタビューはそれを探るための方法だからである。しかし、会話中に微表情が出るかどうかは、会話が核心を突いたトピックについて触れていなければ出てこない。したがって、いかに核心を突いたトピックに迫れるかの戦術に習熟する必要がある。

3.微表情を発現しやすくする質問はありますか?

 私は”Funnel Approach”という手法を用いている。簡単に言えば、funnel(じょうご)のように、広い間口から核心を突いた質問へと会話を掘り下げていく手法である。初めは、オープンエンドに「何でもいいから教えて」と質問する。観察しながら、いくつか出てくるホットスポット(注)を見つける。ホットスポットを見つけたら、そこから深堀していく。その結果、何でもないことだったという場合もあるし、ウソだったという場合もある。

注:局地的に(何らかの活動が)活発であったりする地点のこと。

例:空港での検問→恐れの表情が見えた→何かあったの?→車のランプ消し忘れた、あるいは家のストーブ消し忘れた→恐れの表情の原因は危険なものではなかった。

上記の例からも分かるように、空港の検問で恐れの表情が見えたことを以て、嘘をついているとか、犯罪を企んでいると結論付けないことである。

 文化差を問わず、一般的に人は沈黙を恐れる。それを逆手に取り、質問者にとって、ゆっくり話したり沈黙したりすることが武器になる。そうやって観察する余裕を持たせる。大事なポイントを見つけたら、トリアージ(優先度を決定して選別すること)しないといけない。

 オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンのどちらが、微表情が出やすいかは状況によって異なる。ただし、クローズドクエスチョンの場合、自分の知りたい答えに限定されてしまう欠点がある。

4.微表情以外にどんな非言語サインがウソを推測する上で有効ですか?

 あらゆる非言語的手掛かりが有効であると言えるが、現実にはあらゆる手掛かりを同時に駆使するのは無理である。優先順位をつけるとすれば、表情、その次にジェスチャー。とくにジェスチャーではシュラッグが役立つ。シュラッグには肩のシュラッグ(shoulder shrug)、顔のシュラッグ(face shrug)、手のシュラッグ(hand shrug)の三種類がある。日本人は、シュラッグは欧米人がするものと思いがちだが、意外と普遍的しぐさである。日本人でも小さくは出る(特に博士はこのマイクロ・シュラッグを観察している)。



5.AI を用いた自動表情分析アプリの信頼性や活用法についてご意見をお聞かせ下さい。

 AIを使った表情アプリで、今のところ妥当性(信頼性ではない)を持ったものは存在しない(注)。アメリカ政府の依頼で博士が調査した3大アプリの確度は50%程度(つまり偶然レベル)であった。開発側が妥当性の尺度としているのはほぼ静止画である。しかし、現実には静止画のようなはっきりした表情が出ることはほとんどない。そこまで見抜けるアプリは今のところない。したがって、今でも人間を訓練することが必要。特に微表情の場合はそう言える。

注:妥当性とは、測定しようとしている心理的特性や行動を、どの程度的確に捉えているかを評価するための概念のこと、信頼性とは、測定の正確性、一貫性のことを言う。

6.Zoom などのオンライン越しのコミュニケーションにおいて表情の果たす役割は何だと考えますか?

 オンラインコミュニケーションであっても表情が果たす役割は同じである。ただ、対面でないことで微表情やその他の非言語手掛かりを得る機会は少なくなると言える。また、回線状況によりタイミングがずれるということもある。対面の方が慎重なコミュニケーションが図れる。

7.マスクで覆われた表情の読みとりのコツを教えて下さい。

 まず、マスクをしているから無理だと思わないこと。見えないのは口だけである。口元が隠れていても、例えばドゥシェンヌ・スマイルはAU12が動くので分かる。通常表情について訓練を積んでいるのであれば、マスクをしていても対応できる。また対面であれば、表情以外の手がかりも得られる。



ここからは、参加者との質疑応答に移りました(質問は原文ママ)。

Q1.AIによる微表情分析の妥当性は低いということだが、微表情じゃなく、ある程度の持続時間を持った表情の分析も妥当性が低いのでしょうか?

 開発者は、マクロ表情であれば妥当性は高いという。しかし、どういう分析をしたのかによって結果は異なる。例えば、自然な動画で測ったのか、典型的な前面の顔で測ったのか?リアルな表情だったか、様々な人種だったか、様々な角度だったか、こうした複数の側面で検証したのか?このレベルになると微表情について、妥当性はほぼないというのが現状である。

Q2.嘘をつくときに出やすいマイクロエックスプレッションのベスト3はなんでしょうか?7つのうちで。

 ない。なぜなら、その人の隠そうとしている内容、考えは様々だからである。同じような感情に対しても別の表情が出る可能性がある。

Q3.作られた表情は非対称とおっしゃっていましたが、作られた表情すべて非対称となるのでしょうか?

 意識して作っているのであれば、ほぼ非対称である。しかし、同じことを長年繰り返していれば対称に近づく可能性がある。

Q4.微表情の発見にインタビューの方法を学ぶ必要があるとおしゃっていましたがどのように学べばよいですか?

 日本では分からないが、アメリカには販売の交渉戦略や警察の尋問戦略などを学べるコースがある。非言語は全てに応用できるが、どこに応用できるかについては、インタビュースキルを身につける必要がある。

Q5.日本人とアメリカ人とのmicroexpressionsの違いはありますか?

 ない。

Q6.日本人は表情を読む力高いからマスク着用率が高いとききましたが、微表情を読み取る能力に世界に差はありますか?

 日本人が表情を読む力が高いことを示すデータはない。むしろ普通の表情を読み取る確度は、日本人は低いとさえ言える。その他の非言語を含むと文化差は認められていない。

Q7.環境によって微表情の出やすさは変わるのでしょうか?自分(被質問者の自宅)、屋外、取調室(密室)など。

 個人差による。コンテクストだけで変わるとは言えない。しいて言えば、ハイステークス(リスクの高い)のコンテクストとローステークスのコンテクストとでは差が出やすい。

Q8.臨床心理士として仕事をしています。自閉スペクトラム(Autism)の方の、苦痛をキャッチしづらくて困っています。自覚されていない、あるいは表情と心理の解離があるなど、発達特性のあるかたの微表情の出方は異なりますか? 

 表情を出すタイミングは変わらない。自閉症の人でも感情システムは同じである。ただ、何が感情を引き起こすかのトリガーが違うのである。健常者とは異なる要因で感情が引き起こされる可能性がある。

Q9.サイコパス(反社会性病質者)の表情と普通の方の表情とで何か違いはありますか?

 Q8.と同じである。サイコパスは感情がないのではない、トリガーが違うのである。

最後にMatsumoto先生より、

「土曜の朝にもかかわらず10名のFACSコーダーを含む、15名もの参加者のまじめな姿勢に驚嘆しました。おかげで、拙い日本語ながらも普段の講演より深い話ができた。これからも勉強を頑張ってください」

とのメッセージをいただきました。



 最後に、D.Matsumoto博士のMiXトレーニングの紹介と、空気を読むを科学する研究所の「表情心理分析コース(嘘検知編)」の紹介がありました。MiXトレーニングについては、過去にいくつかブログでもご紹介していますので、そちらをご覧ください。

【過去のMiXトレーニングの記事】
MiXトレーニングを体験しました
マスクの上から表情を読むには
危険行動検知トレーニングを受講しました
横顔から微表情を読むには

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

鶴見でつるまず羊鶏猪肉-ツルイチ

2021年04月09日 | 食べ歩きデータベース


 今回から写真を今までの4倍の大きさにすることにしました。美味しいジビエを発見した友人からの一報を受け、鶴見の焼肉、といっても羊と鶏のツルイチさんへ急行してきました。ダイエット中ではありますが。

 持つべきものは友。連絡をくれた友人の縁で、このお店を一皿で表現したようなオードブルを用意していただいていました。ありがとうございます!



 肉の中では羊、鶏、馬が大好きな僕にとってうってつけのお店。欲を言えば臭みのあるマトンも欲しいですが、さっそく熟成ラムからいただきましょう。臭みのない豊かな旨味のラムは、軽く炙るだけで勝手に喉を通ります。好みに応じて、ニンニクとバジルの入ったオリーブオイル、ネギなどの薬味もあります。しかし、基本的に下味のオイルだけで充分行けると思います。



 ラムチョップは2本から。これだけでガッツリ行ってもいいかなと思わせる、食べ応えです。こちらも軽めに炙り、骨の際まで一気にかぶりつきます。



 ワインは今回も国産攻め。以前ご紹介した「ポトフ・ストアー」でもそうだったのですが、最近は国産ワインが多いですね。今まであまりなかったことです。

 こちらは長野県小布施ワイナリーのSogga Père et Fils Vin de Table de Nagano Blanc 2019、いわゆる気楽に飲めるテーブルワインです(日本風に「ちゃぶ台ワイン」なんて呼ばれ方もしているようですが)。” Père et Fils”は、フランス語で「父と息子」。“Sogga Père et Fils”、つまり「曽我一族」と言ったところでしょうか。

 ぶどうはシャルドネとソービニヨンブランのブレンドですが、辛口のリースリングが好きな友人の好みでしょう。全般的に軽い果実味と酸味、スッキリとしていて肉の邪魔をしない爽やかなワインでした。



 伊達鶏もも(青唐あえ)、大山鶏むね(青唐あえ)、せせり(青唐あえ)、手羽先(青唐あえ)の銘柄鶏四種盛り合わせ。鶏は何といってもシンプルな味付けで、その旨味をじっくりと堪能したい。噛めば噛むほど滲み出る旨味と歯ごたえが鶏の魅力です。



 ジビエを前に、赤ワインの用意。勝沼醸造アルガーノクラン2019。マスカット・ベリーAと国産のカベルネソーヴィニヨンを使用。先ほどが曽我一族なら、こちらは有賀一族ですね(クランは、スコットランド高地人の氏族)。マスカット・ベリーAは個人的に優しすぎるというか物足りなさを感じる印象が強かったのですが、カベルネソーヴィニヨンがブレンドされていることにより、ミディアムながらチェリーのようなある程度しっかりとした厚みがあります。それでもアルコール度数11.5%の優しい飲み心地。



 お待ちかね。南伊豆、猪のジビエ(バラ、モモ、ロース三点盛り)。南伊豆の山で椎の実やタケノコを食べて育った猪。良質な脂、歯ごたえのある肉質、まさに旨味の塊でした。

 これは今後鶴見の定番になりそうな予感です。

ラムと地鶏焼肉 ツルイチ



神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-21-18 鶴一ビル1階



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

2021年3月アクセスランキング

2021年04月02日 | 人気記事ランキング


4月1日よりナカノ株式会社は2021年度が始まりました。

 2021年3月にアクセスの多かった記事、トップ10です。

 まず、2位「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」が、個別記事で常にトップを占めている3位「エコノミーとエコロジーの語源」を1年ぶりに抑えました。また、先月ランク外となった8位「「上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会」に参加してきました」がトップ10に復帰しました。5位「仲本工事さんのお店に行ってきました-仲本家(自由が丘)」も2ヶ月ぶりに復帰。

2位:「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」(11ヶ月連続)
3位:「エコノミーとエコロジーの語源」(48ヶ月連続)

7位「葉巻とお酒のマリアージュを楽しむ会」と10位「やさしいアーユルヴェーダ入門-トリカトゥとギーづくり」は前月に続き2ヶ月連続のランクインです。

 それ以外は、更新の少なかった3月の記事が全て入りました。

1 トップページ
2 久村俊英さんの超能力を目撃してきました
3 エコノミーとエコロジーの語源
4 名物まぐろづくしにおやじ盛り-たまや(伊勢佐木町)
5 仲本工事さんのお店に行ってきました-仲本家(自由が丘)
6 サラリーマンから落語家へ―第124回YMS
7 葉巻とお酒のマリアージュを楽しむ会
8 「上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会」に参加してきました
9 2021年2月アクセスランキング
10 やさしいアーユルヴェーダ入門-トリカトゥとギーづくり

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

2021年度入社式を行いました

2021年04月01日 | リサイクル(しごと)の話


 4月1日、初めてオンラインで入社式を行いました。入社式は新卒入社の場合のみ行っていますので、2018年度以来3年ぶりの開催となります。今年は2名の新卒社員を迎えることができました。



 代表取締役社長中野博恭より祝辞。「我以外皆我師」の気持ちで沢山のことを吸収していって欲しいという想いを伝えました。その後、役員からの祝辞が続きました。

 毎回お話しさせていただいている、当社独特の役職名の解説。今は3年前にはなかった動画もあります。

【ナカノ株式会社の役職名】
①中孚(ちゅうふ)
②変革(へんかく)
③同人(どうじん)
④大観(たいかん)
⑤琢磨(たくま)
⑥和声(わせい)



新入社員のみなさん、ナカノ株式会社にようこそ!

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

名物まぐろづくしにおやじ盛り-たまや(伊勢佐木町)

2021年03月16日 | 食べ歩きデータベース


 こと飲食に関して「横浜らしい」と個人的に思うのは、下町生まれのせいもあるかもしれませんが、「お洒落ではないけれども、旨いものが安く食える」ということ。関内周辺でも日が落ちる前からやっている居酒屋さんは限られる中、訪れた末広町の「たまや」さんもそんなお店でした。

 簡易な椅子とテーブル、壁いっぱいに貼られた品書きの数々はまさに町の酒場。決して上品とは言えない雰囲気の中で、何を食べようか選ぶ楽しみ、そして旨いものに出会えた楽しみ。こういうのが肩肘張らずいいんですね。



 中でも目に留まったのが、「名物まぐろづくし」。その中から、「かくれ身焼肉」、「頭肉天ぷら」、「ホホ南蛮」の三品を選びました。上の写真は、かくれ身焼肉。かくれ身はまぐろで一番うまいと言われる脳天の部分。以前、野毛の「百萬石」でもご紹介しました。そのまま食べても、脂ののったマグロユッケとしてイケますが、これを冒頭の写真のように焼いて食べます。写真だけ見ればカルビのようですね。トロッとしていて驚きの旨さです。この食感、以前ご紹介した「クジラ赤肉のあぶり」に似ています。



 頭肉天ぷら。こちらも脳天部分ですが、より身が締まっています。こちらをピンク岩塩で。



 ホホは言わずもがな、ですね。柔らかい牛肉のようで、よりサッパリとしています。頭だけで様々な「顔」を見せる、まぐろの魅力の一つでしょうね。



 油ものが続いてしまったので、ここで名物「おやじ盛り」。毎朝市場で仕入れるという新鮮な魚の10点盛りです。



 居酒屋の定番、ポテトサラダ。しかし、ここのポテトサラダはマヨネーズぎとぎとと言ったことがなく、きめ細やかで非常にあっさりとした仕上がりでした。



 初鰹の刺身。サッパリとしているのが春の鰹、気が付きませんでしたがもうそんな季節なのですね。今年はあまり冬を感じないままに春の訪れということになりそうです。



 逆にそろそろ終わるのが、牡蠣ですね。今は一年中流通しているという話も聞きますが。



 鰭酒。因みに、本格焼酎も豊富に揃っており、(減量中で)2か月半ぶりのお酒だったため、控えめにソーダ割にしました。初めてでしたが、八丈島の麦焼酎『情け嶋』、美味しかったです。

 写真に撮り忘れたものも含め、お腹いっぱい食べたにもかかわらず、驚きの安さでした。そして、店を出た時、まだ19時になっていなかったというのも珍しい経験でした。

たまや 伊勢佐木町店



神奈川県横浜市中区末広町2-6-10



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

サラリーマンから落語家へ―第124回YMS

2021年03月15日 | YMS情報


 3月10日、mass×mass関内フューチャーセンターにて、第124回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催しました。緊急事態宣言延長に伴い、今回も懇親会は中止となりました。

「50歳の時に、100歳まで生きると決めた」

失礼を承知で言えば、一般的には変わった方に分類されるのでしょう。東京大学から銀行、警備会社へと長いサラリーマン人生を送られ、60歳で早期退職。そして落語の道へ。しかし、ご本人にとっては至って当たり前、特別なことをしているつもりはないようにお見受けしました。僕も似たようなところがありますが、平素から「80歳まで生きられそうにない」と思っていたので、これでは本当にそのようにしかならないのではないかとお話を伺って思いました。

前置きが長くなりましたが、第124回YMSの講師は、豆生田信一様。「サラリーマンから落語家へ?〜60歳の心機一転」と題してお話しいただきました。

 「三つ子の魂百まで」といいますが、子供の頃のお話を伺うと、やはりなるべくして今のお姿があるのだなと感じます。豆生田さんは、幼少期から人を楽しませることがお好きで、良く大人の前で子供落語を披露するなどされていたそうです。高校1年生の時にはNHKののど自慢に出場し予選を通過したそうですが、それもただ出るのではなく、友人と「どうすればNHKの目に留まるか?」を考えたのだそうです。そこで思いついたのが、「NHKが好きな(つまりよく出演する)タレントの歌を歌う」こと。とはいえ、誰でも知っている大物では目立ちませんから、無名タレントの歌を歌い、目論見通り注目を引いたのだそうです。実はその無名タレント、後のキャンディーズだったというオチ。目の付け所がやはり、その後の人生に影響を与えているのではないかと思いました。これは我々すべてに当てはまることなのかもしれません。

 そんな調子ですから、サラリーマン時代も基本的に自由人。お堅いイメージのある銀行に20年在籍した自由人の姿を想像するのは難しいですが、やはり上司の性格により向き不向きが大きかったようで。これは何となく分かる気がします。

 銀行、警備会社と経て、60歳で早期退職。100歳まで生きると決めた場合、50歳で既に折り返し地点に入っていること、年齢による体力の衰え等を考慮すれば、60歳から65歳までの5年というのは貴重な5年であることなどを考えての決断だったそうです。もちろん、家族の了解を得てのこと。

 50歳からは、バイオリン、読書、演劇、殺陣、MBAの経験を活かした勉強会など様々なことに取り組まれます。一見無節操なように見えるのですが、恐らくご本人の中ではちゃんと一貫性があってのことではないかと想像します。僕も33歳の時から「いつかやろう」と思っていたことの「いつか」を消すという方針で様々なことに取り組みましたが、続いているもの、続かなかったものはあるにせよ、不思議と先ほどの「三つ子の魂」にだんだん焦点が合ってきているように感じています。



 豆生田さんが本格的に落語の道に入るようになったきっかけは、仕事でバンコクに赴任していた時、現地の日本人劇団に参加したことだったそうです。演劇を通じて子供の頃からやりたかったのは落語だったのではないかと気づき、2016年、三代目三遊亭遊三師匠に入門。豆生田さんをご紹介いただいたのは、2019年7月なので、それからわずか3年後のことです。

 豆生田さん曰く、落語の魅力は一人でできること、すぐにフィードバックが得られること、笑いは人の役に立つと思えること、定年がないこと。体調管理やスケジュール管理など自己責任は重くなりますが、「自分で決められる」というのが自由人にとって何よりなのだと思います。そしてサラリーマン時代に築いた人間関係、知り合いを大事に思えるようになったこと、主婦業の凄さを身をもって知るようになったとのこと。

 落語の世界は基本的に供給過剰。恐らくプロの噺家さんでも落語だけで食べていけるのはほんの一握りだろうということです。そういう世界で落語家としてどのようにポジショニングしていくか?豆生田さんのコンセプトは、「落語界の回転寿司を目指す」というもの。即ち、どこに問い合わせればよいのか、誰にすればよいのか、費用はどれ位かかるのかと言った具合に、何かと敷居が高いイメージのある世界にあって、分かりやすい、気楽、すそ野を広げられる活動をしていくということです。こういった点は、やはり元ビジネスマンの視点だと思いますが、それ実現するための細かい気配りもビジネスの世界では当たり前のことであって、豆生田さんの培ってきた経験が独自性を生み出しているようです。つぶさに目を向ければ、我々には必ず培ってきた独自性があるはずであり、こうした視点は参考になるのではないかと思います。「誰もが講師」を標榜して11年やってきたYMSとも通じるものを感じました。

 さらにオリジナルとして「あなたのための創作落語」というのがあり、企業の社史などを落語にすることを得意としているそうです。ここにもビジネスマンとしての長い経験が生きていますね。社史だけでなく、同窓会、故人を偲ぶ落語、披露宴、地域の歴史、英語落語など、豆生田さんの人生のストックが有機的に結びつき、紡ぎ出される落語の応用範囲は実に幅広いです。逆に、その応用範囲の広さも落語の魅力とも言えるのかもしれません。

2021年1月21日付日本経済新聞:「企業の歴史 唯一無二の落語に-会社員経験を生かしオーダーメード 笑わせるだけでなく発展を後押し



 実際、横浜の開港時、横浜と東海道を結ぶ「横浜道」の普請を請け負った軽部清兵衛の歴史落語を披露していただきました。なるほど、落語もこんな応用の仕方があるのだなと思いました。面白く学べる、これは興味深いやり方です。

 最後に、ご多分に漏れず、豆生田さんの落語も新型コロナの打撃をまともに受けているそうですが、その様な中でも普及したオンライン・ミーティングツールを利用し、ギニアやメキシコなど海外にも日本文化としての落語を伝える、収録型の落語を配信するなどの工夫をされているそうです。

「自分の中にある知見、経験を活かして、何かを作り上げる」

今回のお話からの学びを一言で表すとするならば、これかと思います。だからこそ、人生は素晴らしい。歳を重ねることはむしろワクワクすることなのだと教わった気がいたします。

過去のセミナーレポートはこちら

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

2021年2月アクセスランキング

2021年03月01日 | 人気記事ランキング


 3月になりました。今日の横浜はぽかぽかと暖かな陽気です。お昼も今日は暖かいものではなく、ざるそばとカット野菜にしました。

 さて、2021年2月にアクセスの多かった記事、トップ10です。

 まず、常連記事からさらに「『上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会』に参加してきました」(18位)となり、2月は以下の二つだけとなってしまいました。

2位:「エコノミーとエコロジーの語源」(47ヶ月連続)
4位:「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」(10ヶ月連続)

 3位に入ったYMS関連の記事、「SDG’sで何をしたいのか?-第123回YMS」は、個別記事でトップ常連の「エコノミーとエコロジーの語源」に肉薄するアクセスがありました。大川印刷さんの注目度の高さのおかげかと思います。5位「野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店」は先月に続き2ヶ月連続です。

 2月の特徴としては、更新が少なかったこともあるかもしれませんが、久しぶりの記事が結構ランクインしたことです。

7位:「やさしいアーユルヴェーダ入門-トリカトゥとギーづくり」(1年半前)
8位:「葉巻とお酒のマリアージュを楽しむ会」(7年半前)
9位:「経済はナショナリズムで動く」(12年半前)

何が起こったのかは分かりません。

1 トップページ
2 エコノミーとエコロジーの語源
3 SDG’sで何をしたいのか?-第123回YMS
4 久村俊英さんの超能力を目撃してきました
5 野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店
6 2021年1月アクセスランキング
7 やさしいアーユルヴェーダ入門-トリカトゥとギーづくり
8 葉巻とお酒のマリアージュを楽しむ会
9 経済はナショナリズムで動く
10 【ナカノ株式会社】本年もよろしくお願いいたします

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

【TV放送予定のお知らせ】

2021年02月25日 | リサイクル(しごと)の話
下記番組、「衣類のリサイクル」のパートで弊社が取り上げられますので、ぜひご覧ください。
 
3月7日の地上波は関東ローカルですが、13日のBSは全国放送となっております。
 
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
フジテレビ:3月7日(日) 12時~14時 OA(関東ローカル)
BSフジ:3月13日(土) 15時~17時 OA(全国放送)

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

SDG’sで何をしたいのか?-第123回YMS

2021年02月16日 | YMS情報


 2月10日、mass×mass関内フューチャーセンターにて、第123回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催しました。前月に続き、今回も開始時間の繰り上げ、懇親会中止としました。



 さて、今回の講師は株式会社大川印刷の大川哲郎様。私も含め、YMSの何人かのメンバーは長年お付き合いさせていただいており、11年目にして初登壇というのが不思議なほどでした。

 今や環境への先進的取り組みで地元横浜は元より、全国に知られる大川印刷さんですが、印刷業としての歴史も古く、日本の活版印刷の黎明期(1848年、本木昌造がオランダから導入)、1881年の創業で、今年140周年を迎えられます。高峰譲吉の「タカヂアスターゼ」(消化剤)のラベルや、恩田栄次郎の『開国小史』の印刷を手掛けるなど、教科書に載っているような出来事との関りがその歴史を感じさせます。

 今回のテーマは、「大川印刷におけるSDG’sの取り組み」。SDG’s(持続可能な開発目標)が何かについてはここでは採り上げませんが(リンクの外務省のページをご覧ください)、大川印刷さんは2015年に国連でSDG’sが採択されるはるか以前からCSR(企業の社会的責任)や環境経営に取り組まれ、2004年には自社の存在意義を「ソーシャルプリンティングカンパニー©(社会的印刷会社)」と位置づけ、2019年には再生エネルギー100%を達成。「CO2ゼロ印刷」(いわゆる「風と太陽で刷る印刷」)を展開する日本でただ一つの印刷会社となっています。

 大川さんが社会改良への意識に目覚めたきっかけは、18歳で父親を医療事故で亡くされ、どちらかといえば世を拗ねた態度で見ていた学生時代に、訪れたアメリカで差別と貧困の中でも明るく生きる黒人のコミュニティと黒人音楽であるブルースに触れたことにあったようです。ブルースの名曲を数多く生み出した、ウィリー・ディクソンの言葉、

"The blues are the roots, everything else is the fruits."
(ブルースは根っこ、その他の全ては果実)

大川さんは言います、「印刷は根っこ、その他(生み出される成果物)すべては果実に過ぎない」。だからこそ、CSRやSDG’sは「本業とは別の取り組み」ではなく、「本業でいかに社会問題を解決するか」というのが本義だと。

【ビリー・ホリデー『奇妙な果実』の背筋も凍るような歌詞】


 例えば、「SDG’sとは何か?」にどっぷり浸かり、SDG’sの要件をいかに完璧に満たすかに血道を上げる人がいます。しかし、中小企業の経営者にそんなことが必要か?また経営者だけが夢中になっている、逆に従業員や外部の事業者に任せきりという経営者もいます。CSRと呼ぼうと、SDG’sと呼ぼうと、身の丈に合ったことを会社全員で、凡事徹底が大事だということです。また、注意したいのは、現在既にやっていることの中からSDG’sの要件に適合することを拾い上げて満足するのではなく、あるべき未来の姿から逆算して現在の施策を考える(backcasting)という発想が大事だということ。大川印刷さんでは、毎年「社内パートナーシップSDG’s経営計画」づくりを90分×4日に渡って全社員で行い(その間は当然操業が止まります)、

1. 上手くいっていることは何か?
2. 上手くいっていないことは何か?
3. やってみたことは何か?

を話し合うそうです。特に日本人は過去からの積み上げ(forecasting)は得意だが、このbackcastingが苦手な傾向にあるとのこと。

 そんな大川印刷さんも、取り組みの始まりは売上減少、従業員の士気低下、採用難、定着率の悪さといった、多くの中小企業が抱えている課題からでした。そのような現実を突きつけられている中で、ある会社社長からもらった言葉、

「明日、あなたの会社がなくなったら、あなたのお客さんは本当に困りますか?」

まるで1946年の映画『素晴らしき哉、人生』のようです。

 さらに、地元神奈川県で障碍者雇用の先進的取り組みで知られる日本理化学工業の故・大山泰弘氏がお坊さんから聞いたという言葉、

「人に愛されること、人に褒められること、人の役に立つこと、人から必要とされること。この四つが人間の究極の幸せである」

この内、「愛されること以外の3つの幸せは、全て働くことによって得られる幸せだったのです。尤も、一生懸命働いていれば、愛してくれる人にも出会えるかもしれませんが」と大山氏はおっしゃったそうです。

 また、社内に残っていた明治24年(1891年)の「横浜貿易新聞」に掲載された広告、そこに次のような文言が書かれていました、

「いたずらに価格のみの競争をせざるは」
「総て確実をもって江湖(世間一般を指す言葉)諸君に信用あるは」

つまり、130年前の創業者たちも考えていることは同じだったというわけです。

 以来、大川印刷さんの使命は、①仕事を通じて一つでも多くの「しあわせ」を創出すること、②横浜・日本の印刷の歴史・文化を内外に発信、伝えていくこと、の二つだということです。

 本業を通じた社会問題解決への取り組みは、人財登用、メンタル面のプラス効果、エシカルな世代への訴求効果、社会的信用など様々な良い効果を生み出しているようです。大川さんは「仕事と遊び(やりたいこと・自己実現)は同じだ」と強調します。また、「文句を言っても意味がない、大事なのは種を蒔き続けることだ」と。その30年近く種を蒔き、育て続けてきた結果が大川印刷さんを唯一無二の会社にしているのでしょう。今こうして我々が見ている大川印刷さんのように。

過去のセミナーレポートはこちら

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

記事掲載のお知らせ

2021年02月11日 | リサイクル(しごと)の話
神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙、『タウンニュース』横浜・南区版に掲載されました。

環境保全と経済活動の両立目指す『ナカノ株式会社』を突撃取材

どうぞご覧ください。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

2021年1月アクセスランキング

2021年02月01日 | 人気記事ランキング


 あっという間に2021年最初の月が終わってしまったように感じられますが、みなさまいかがお過ごしだったでしょうか?僕は12月までお店のパスタメニューを1週間で制覇するというような、野放図な食生活を続けた結果、また過去最高レベルに太ってしまいましたのでダイエットを始めました。1月で68.7kgsから65.3kgsまで落とすことができ上々のスタートかと思います。

 さて、2021年1月にアクセスの多かった記事、トップ10です。

 1月の特徴としては、連続ランクインを続けていた常連記事の内、ついに「仲本工事さんのお店に行ってきました-仲本家(自由が丘)」(15位)と「Yema(イェマ)-フィリピンのお菓子」(11位)が圏外となったことです。

2位:「エコノミーとエコロジーの語源」(46ヶ月連続)
5位:「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」(9ヶ月連続)
7位:「『上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会』に参加してきました」(10ヶ月連続)

 その代わり、1月中にアップした記事が多くランクインしました。3位「【ナカノ株式会社】本年もよろしくお願いいたします」は、初めて行ったオンラインでの全社年頭挨拶。スービック工場のスタッフも参加でき、これまで「いつか」だったものがすっかり当たり前になってしまったんだなと実感しました。

 4位「美しく示唆的なミツバチの社会-第122回YMS」、ミツバチの社会を通してみた、自然が生み出す規律と調和。たった一つの目的のために作られた驚くべきシステム。人間が生み出すシステムはその疑似的なものに過ぎず、ヒントは常に自然の中にあるのかもしれません。

 6位、9位「初の大晦日格闘技観戦-RIZIN26(さいたまスーパーアリーナ)」。今までの生活になかった、新しい世界に足を踏み入れた出来事でした。
 
 10位「野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店」、早く心置きなく外出したいという想いが、ランクインに繋がったのでしょうか?

1 トップページ
2 エコノミーとエコロジーの語源
3 【ナカノ株式会社】本年もよろしくお願いいたします
4 美しく示唆的なミツバチの社会-第122回YMS
5 久村俊英さんの超能力を目撃してきました
6 初の大晦日格闘技観戦①-RIZIN26(さいたまスーパーアリーナ)
7 「上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会」に参加してきました
8 2020年12月アクセスランキング
9 初の大晦日格闘技観戦②-RIZIN26(さいたまスーパーアリーナ)
10 野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

横顔から微表情を読むには

2021年01月17日 | 表情分析


 1月16日、空気を読むを科学する研究所主催のMiXトレーニング講座を受講しました。Mixというのは、表情分析の第一人者、D.Matsumoto博士が開発した包括的微表情トレーニングメソッドのことで、これまでもベーシックなものの他、マスクをした場合の微表情を読む「Masked MiX」をご紹介してきました。



 表情を読み取る際、一般的なトレーニングのように対象が必ずしも正面を向いているとは限りません。そこで今回の「MiX Elite」は、対象が斜めや真横を向いている場合の微表情を読み取るためのトレーニング・ツールとなります。

<以下の画像は、空気を読むを科学する研究所の許可を得て掲載しております>



 トレーニングでは、7つの基本感情(悲しみ、幸福、怒り、軽蔑、嫌悪、恐怖、驚き)の微表情について、それぞれ正面から見た場合、斜め3/4から見た場合、真横から見た場合について、動画による解説がなされ、学習を終えたら練習に入ります。そして最終的にテストを受け、以下の基準を満たすと他のMixトレーニングと同様、認定証が授与されます。

Proficient:正解率80~89%
Expert:正解率90~94%
Master:正解率95%以上

 今回は「MiX Elite」と名前がついているだけあって、微表情の表示速度が0.06秒と、これまでのトレーニングより難易度が上がっていました(これまでのツールは0.1秒。因みに、0.5秒以下で表出する表情が「微表情」と定義されます)。それでも、正面や斜め3/4の顔であればまだついて行けます。問題は、真横の顔。真横になると表情筋の動きから得られる情報が格段に少なくなるため、戸惑いました。0.06秒で判別できるようになるには、少し時間がかかりそうです。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

美しく示唆的なミツバチの社会-第122回YMS

2021年01月14日 | YMS情報


 2021年1月13日、mass×mass関内フューチャーセンターにて、第122回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催しました。1都3県の緊急事態宣言発令に伴い、今回は開催時間を繰り上げての開催となりました。

 11年目を迎える新年最初の講師は、オルト都市環境研究所・代表取締役の岡田信行さん。岡田さんは、都市緑化研究の仕事をされる中で、都市に花を植えることのフィードバックを得るためミツバチと関わるようになり、ミツバチの飼育を通じた「ひと・まち・環境」をつなぐ市民活動「Hama Boom Boom!」を立ち上げ、地域づくり、教育活動などを行っていらっしゃいます。ということで、今回は「ミツバチたちとマネジメント」と題してお話しいただきました。

1.なぜミツバチなのか?

 前述の通り、元々都市緑化を研究する仕事をしており、都市に花を植えることの効果についてフィードバックを必要とされていたことがミツバチと関わるようになったことの始まりだそうですが、グローバル化が進展する中、一見地球規模で人がつながるようになったように思われますが、むしろ眼前では産業と地域、自然と地域、つまり人と自然とそれが形作る地域のつながりが希薄化しているというのが現実です。人と人とが、人と自然とがつながらなくなり、私たちの身の回りの環境は、人が集まり、多少の木や花があっても、それぞれがバラバラで孤立感を深め、活力を失っています。

 こうしてバラバラになってしまった「つながり」を再生し、地域に活力を蘇らせるには、再び結びつこうとする何か地域の資源を活用した「面白いこと」が必要ではないか?そうして白羽の矢が立ったのが「ミツバチの飼育」、つまり養蜂だということです。数式的に言うと、地域に眠るa、b、c、dといった多様な資源にミツバチの飼育というxを掛け合わせる。するとxが共通因数となり、x(a+b+c+d)といった形で括れるというイメージになります。

2.養蜂は目的ではなく手段

 ミツバチの飼育は人と人とを繋げ、生産したハチミツは地域ならではの特産として、さまざまな地域の産物と結びつき、それらを活性化します。また、ハチミツを作るには花が必要であり、花を必要とする地域はその環境を保全することにもつながります。

 養蜂は大抵誰もが初心者であり、下手をすると刺される可能性があるので少し怖さを伴います。また、防護服というユニフォームを着用し、共同で作業に当たります。まさにこうした性質が、達成感、仲間意識を育くみます。

 つまり、養蜂は地域づくりに貢献すると共に、地域と共にかかわる人々も成長していく格好の媒体と言えるのです。

3.完璧に調和したミツバチの社会

 ミツバチの群れ(2群)は、あたかも大きな会社組織のようです。そこには約3万匹(内女王バチ1匹、雄バチ1,500匹、ほか働きバチ)のハチがおり、営業部、ハチミツ事業部、総務部、営繕部などのように、群れの遺伝子の継承を目的とした分業制が存在し、しかもそれらが完璧に調和しています。

 まず働きバチですが、

日齢3日ごろ:掃除
日齢7日ごろ:育児
日齢10日ごろ:巣作り
日齢14日ごろ:貯蔵
日齢20日ごろ:門番
日齢20日以降:ミツ集め

というように、経験(?)に応じて果たす役割が分かれます。働きバチの役割で我々が一番イメージしやすいのは最後の「ミツ集め」(会社で言うなら営業部)だと思いますが、この仕事は一番のベテランがこなすのですね。

 ミツを採取する範囲は半径2㎞、良く知られた8の字ダンスで営業報告を行い、どこに花があるかを共有し、採蜜の効率を上げます。5月、6月が最もミツの採れる時期で、季節の花の移り変わりと共に、ミツの色も変わります。つまり、地域のハチミツには地域の花の特性ばかりでなく、季節も反映されるのですね。

 門番は外敵の侵入に備えます。外敵が来たらまずは羽音で威嚇。次に体当たり。針で刺すのは最後の手段だそうです。ミツバチは一度針で刺すと、毒袋と共に内臓が抜けてしまい、死んでしまいます。こうした自己犠牲が起こるのは、ミツバチが個体としてではなく群れという超個体として遺伝子の継承を目的にしているためです。

 「働きバチ」というと、下っ端のようなイメージですが、実は群れの人事権を握っているのは女王バチでも雄バチでもなく、働きバチなのだそうです。例えば、女王バチも孵化した幼虫の時点では働きバチと変わりありません。しかし、働きバチがこしらえた王台と呼ばれる小部屋で産まれ、ローヤルゼリーを与えられた幼虫だけが女王バチとなることができるのです。

 雄バチの場合は、働きバチが必要な雄バチの分だけ、大きさの違う穴を作ります。女王バチは雌雄の産み分けが可能ですが、穴の大きさによって本能的に雌雄を生み分けるのだそうです。つまり、女王バチの誕生も、雄バチの誕生も働きバチが制御しているということになります。

 同じ巣に複数の女王バチが存在した場合、新旧の女王バチが女王の座をかけて争います。力が同等であった場合、旧女王バチが群れの一部を引き連れ別の巣を作ります(これを分蜂と言います)。

 良く知られているように、ミツバチの巣は、精巧なハニカム構造(正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造)をしています。その完璧な構造には驚嘆せずにはいられず、美しささえ感じます。そもそも「ハニカム」という言葉自体が、「ミツバチの櫛(=蜂の巣)」に由来します。材質は蜜蝋で、隙間をプロポリス(蜂ヤニ)で埋めます。

 雄バチの仕事は交尾のみ。針もありません。エサも働きバチから与えられて過ごしますが、冬になると用済みということで巣から追い出される運命にあります。雄バチは英語で”drone”、例の小型無人航空機「ドローン」と同じです。ブーンという音という意味の他、「のらくら者」といった意味があります。何だか可哀想ですね。



4.飼育のマネジメント

 このように奇跡とも思える、システムが完璧な調和を見せるミツバチの社会。その飼育を通じて、私たちは自然と組織を俯瞰して見るようになります。そして飼育プロジェクトを通じ、自分たちの地域社会というシステムを蘇らせ調和させる。いわばプロジェクトそのものが、調和したシステムのフラクタル(相似的)構造になっているとも言えます。

 ミツバチの飼育は1年を通じて、おおよそ以下のようなライフサイクルがあります。

3月:準備期
4月~6月:成長期(女王バチ交代もこの時に起こる)
7月~9月:成熟期(ハチの数が最も多い。外敵との争いも激しくなる)
10月~2月:衰退期(ハチの数は1/3に減る)

 養蜂で果たす人の役割は、常に巣箱のモニタリングをすることです。ハチミツを生み出すミツバチのマネージャーと言えますね。例えば巣箱、巣枠の追加を行うか、分蜂の兆候はないか、逆に群れの状態が良いので意図的に分蜂させるか、悪ければ統合させるかなど。

 よく養蜂家さんが巣枠を扱うのに煙を焚くのをご存知の方も多いのではないかと思います。なぜ煙を焚くのかと言えば、ハチが煙を吸って動きが鈍くなるからではなく、山火事が起こった際、ミツバチは別の場所へ移動するため、必要最小限のミツなどを身体にため込む準備に入り、外敵を攻撃するという優先順位が下がるためだそうです。

 ミツバチの巣にもそれぞれ個性があるそうです。それは先天的な場合もありますが、人間の扱い方によって後天的に変わる場合もあります。例えば、巣を乱暴に扱えば、ミツバチも攻撃的になるのだとか。

 ミツバチにとって、ハチミツは燃料となります。寒い時は羽を振動させ、熱を起こし、逆に暑い時は水分を扇いで巣を冷やします。飼育する人は、こうした負担をなるべくミツバチにかけず、ハチミツの生産性を上げるため気を配ります。

 手間ひまかけてできたハチミツは、遠心分離器で収穫します。僕もぜひこの作業を見てみたいですが、教育現場でもこの作業は子供の関心を惹くようです。

5.プロジェクトとSDG’s

 養蜂のプロジェクトは、SDG’sの17目標のどれに当てはまるというより、5つのP(People、 Prosperity、Planet、Peace、Partnership)をつなげるという概念そのものが非常に近いのではないかと岡田さんは考えていらっしゃいます。いわば、プロジェクトは地球規模ではなく、半径2㎞のただし目に見えやすいSDG’sの実現。上記のように、ミツバチの生態はそれ自体が奇跡的とさえ思える完璧な調和です。『サピエンス全史』の著者、歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏によれば、人間と他の動物との違いは、たとえ現実でなくても想像したルールや基準、価値観に従って、大規模な集団が行動できるという点だそうです。しかし、我々の社会が「群という超個体としての遺伝子の継承」を目的とするミツバチほど調和しているようには思えません。ミツバチを凌駕する人数での協調行動をとれるのが人間だとすれば、欠けているのは協調行動をとらせる価値観だということになります。この点にこそ、このミツバチ・プロジェクトの意義があるように思いました。企業のCSR活動、引きこもりの人の自立支援、福祉施設などとの連携など、可能性はまだまだありそうです。

 我々YMSにとっても示唆に富むお話しでした。まだまだできることがありそうです。



過去のセミナーレポートはこちら

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

最後の学生vs社会人頂上決戦-第74回Rice Bowl

2021年01月12日 | スポーツ観戦記


 2021年1月3日。アメリカンフットボールの日本一を決める、第74回Rice Bowlの観戦に東京ドームへ行ってきました。試合後に分かったことですが、学生と社会人のチャンピオンが日本一を争う形式は今回が最後なのだそうです。前回も書きましたが、社会人と学生の差は近年顕著になってきており、Rice Bowlで学生側に多く負傷者が出てしまう点も問題だと思っていましたので、これは良いことだと思います。

 さて、学生側は4年連続で関西学院大学ファイターズ。この10年で実に学生王者8度。昨シーズン、1992年からチームを率いてきた鳥内監督が退任し、また今シーズンはコロナ禍の中、社会人相手にどのようなゲーム運びをするのか注目していました。一方、社会人はブログでもご紹介した通り、7年ぶりにJapan X Bowlを制したオービック・シーガルズです。



 国歌独唱は、ソウル・シンガーのクリス・ハートさん。



 試合は関西学院K/P永田選手のキックでスタート。作戦通り、オンサイドキックでLB都賀選手がリカバー。自陣48ヤードからの攻撃開始。関西学院はファーストダウンを二度更新、オービック陣エンドゾーンまで残り10ヤードまで攻め込み1stダウン10。すると、RB前田選手が密集を抜け出し、エンドゾーン右にタッチダウン。2:31、関西学院が先制します。しかし、キックはオービックDLバイロン・ビーティ―・ジュニア選手のブロックにより失敗。



 オービックの反撃は5:38。自陣41ヤードから着実にファーストダウンを更新し、関西学院陣32ヤードからの1stダウン10。すると、QBロックレイ選手からWR野崎選手への24ヤードのパスが通り、エンドゾーン残り8ヤードまで攻め込みます。ここからRB望月選手がエンドゾーン中央に走り込み、タッチダウン。



 フィールドゴールは、オービックオフェンスにフォルス・スタートの反則があり5ヤードの罰退。しかし、練習ながら73ヤードのフィールドゴールを成功させたこともあるというK/P山崎選手にとって、これは問題にならず。オービックが7vs6と逆転。山崎選手は、この試合も再三のロングキックで関西学院のリターンを許さない活躍を見せました。



 さて、山崎選手のパントは関西学院陣エンドゾーンまで届き、タッチバック(関西学院自陣25ヤードからの攻撃)。ファーストダウンを更新しますが、その次のシリーズが阻まれ、自陣45ヤードからの4thダウン1でパント。ところが、ここでフォルス・スタートの反則があり、5ヤード罰退。すなわち、自陣40ヤードから4thダウン6のパントとなりますが、何とこれをオービックのDL平澤選手がブロック。拾い上げたボールを関西学院陣14ヤードまで持ち込みます。一転して、オービックのチャンス。20ヤード切られると、社会人同士でも防ぎきるのは中々難しいと思いますが、QBロックレイ選手らのパスが、左エンドゾーンに走り込んだTEハフ選手へ通り、タッチダウン。ゴールも決まり、8:19、14vs6。



 このままオービックに流れが行くかと思われたのですが、2Qに入ると関西学院のディフェンスが健闘しました。両者とも、ファーストダウンこそ更新するものの、次のシリーズが続きません。無得点のまま2Qも終わりに近づいた11:25、関西学院にビッグプレーが飛び出します。関西学院は自陣16ヤードから3rdダウン10、ワイルドキャットフォーメーション(QBの位置にTBが入るフォーメーション)。RB鶴留選手からボールを受け取ったRB三宅選手が左サイドを突破、何度そのまま84ヤードを走り切り、タッチダウン。



 そして関西学院は2ポイントコンバージョンにトライしますが、これは失敗。とはいえ、前半を14vs12の2点差で折り返します。



 ハーフタイムショーは、再びクリス・ハートさん。今回、コロナ対策のためか分かりませんが、関西学院大学のチアリーダーは出場しませんでした。



 前半は健闘した関西学院でしたが、後半になると地力の差が顕著になり始めます。3Q、オービックは自陣47ヤードからの1stダウン10。ここでQBロックレイ選手が放ったパスをWR野崎選手が関西学院陣30ヤード付近でキャッチ。そのまま走り切ってタッチダウン(2:33)。ゴールも決まり、21vs12と突き放します。



 4:53、先ほどのタッチダウンパスをさらに上回るビッグプレーが。オービックは関西学院陣49ヤードからの1stダウン10。センター庄島選手からのスナップをQBロックレイがキャッチすると、左サイドから走りこんできたWR西村選手にハンドオフ、大きく右サイドを突破すると、そのまま49ヤードを独走しタッチダウン。ゴールも決まり、28vs12。



 4Q開始早々、オービックは自陣45ヤードからの1stダウン10。まず、WB西村選手へのパスが通り、2ndダウン4。WR成田選手へのロングパスは失敗に終わりますが、続く3rdダウンで再びのパスはWR西村選手に通り、1stダウン更新。関西学院陣42ヤードからの1stダウン10。まず、WR水野選手へのタッチダウンパスは不成功。しかし、2ndダウンでQBロックレイ選手からのパスを関税学院陣27ヤード付近でTEホールデン・ハフ選手がキャッチ、そのまま右エンドゾーンに走り切ってタッチダウン(1:48)。ゴールも決まり、35vs12。



 関西学院最後の意地は、その後。例によってK/P山崎選手のロングキックでタッチバックとなり、関西学院は自陣25ヤードから攻撃開始。最初のWR鈴木選手へのパスは失敗しますが、次のWR梅津選手へのショートパスは成功。3rdダウン9、WR鈴木選手への23ヤードパスが通り、ファーストダウン更新。オービック陣32ヤードからの1stダウン10。WR梅津選手へのショートパスが通り、2ndダウン5。続くパスは不成功と思われましたが、オービックにホールディングの反則。これでオートマチック・ファーストダウンとなり、オービック陣36ヤードからの1stダウン10。QB奥野選手からRB三宅選手へハンドオフ、2ndダウン8。QB奥野選手のスクランブルで3rdダウン1。エンドゾーンまで残り27ヤード、どうするかと思いましたが、QB奥野選手が自ら飛び込んでファーストダウン更新。オービック陣25ヤードからの1stダウン10。まずTE小林選手へのショベルパスで5ヤード獲得。2ndダウン5、QB奥村選手からドロープレー(パスと見せかけてラン・プレーをすること)でRB鶴留選手にハンドオフ。これでファーストダウン更新、ついにエンドゾーン13ヤードまで迫ります。1stダウン10、QB奥野選手のパスは不成功。続く2ndダウン、QB奥野選手からRB前田選手にハンドオフ、前田選手はオービックDFラインの中央を突破、そのまま左エンドに走りこんでタッチダウン(6:48)。しかし、その後の2ポイント・コンバージョンは失敗、35vs18。しかし、ここまででした。



 結果、オービック・シーガルズが7年ぶり、史上最多8回目の日本一を更新しました(リクルート時代を含む)。しかし、今大会で1984年から続いた学生代表vs社会人代表の形式は終わりを告げ、新たな歴史が刻まれていくこととなります。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント

初の大晦日格闘技観戦②-RIZIN26(さいたまスーパーアリーナ)

2021年01月11日 | スポーツ観戦記


 (前回のつづき)そういう意味では、MMAの経験が豊富なこちらの試合は、地味なのですが見応えがありました。第9試合、カイル・アグォン選手vsクレベル・コイケ選手。両者互角の展開でしたが、1R残り1分となったところで、コイケ選手の右フックがアグォン選手の左顎を捕らえ、ダウン。そこからフロントチョークでテクニカルサブミッション(1R4分22秒)。頭が巻き込まれていたので、危なかったですね。



 第10試合の元谷友貴選手vs井上直樹選手も緊張感があって良かったです。5分3RのRIZIN MMAルール(肘あり)。プロフィールでは元谷選手170㎝に対して、井上選手173㎝とのことでしたが、それより身長差があるように見えました。元谷選手が先に仕掛け、グラウンドに持ち込んだのですが、井上選手は寝技も巧みですね。リアネイキッドチョーク(裸絞め)は井上選手、得意なのでしょうか?それにしても、今大会15カードの内4カードが61kg級であることからも分かるように、この階級は層が厚いですね。

 ここで、地上波の放送時間との関係から1時間におよぶ長い休憩に入りました。



 第11試合、MMAで日本人初の世界王者となり、長くこの世界を牽引してきた浜崎朱加vs山本美憂のスーパーアトム級タイトルマッチ。5分3R、RIZIN女子MMAルール。僕が知っている山本選手は、1991年に彼女が最年少でアマチュアレスリングの世界選手権を制した頃の話です。それから30年近くになるというのに、まだ現役を続けている。それだけでも頭が下がります。結果は、1R 1分42秒、ネックシザースからのタップアウトで浜崎選手の勝利。



 第12試合、こちらも大ベテラン五味隆典選手vs新生の皇治選手。3分3R、RIZINスタンディングバウト特別ルール、つまりパンチのみ。両選手とも少し太っているように見えましたが、エキシビジョンということで。結果は判定で五味選手の勝利。



 第13試合、今大会最注目選手の一人。プロ総合格闘技戦績13勝2敗、わずか40日前に行われたRIZIN25のフェザー級王座決定戦で斎藤裕選手に判定で敗れた朝倉未来選手。ずっと総合格闘技を見ていなかった僕でも朝倉兄弟の名前は聞いたことがあります。対するは、プロ総合格闘技戦績11勝5敗、RIZIN初参戦の弥益ドミネーター聡志選手。余談ですが、弥益選手は海城高校出身なんですね。わが母校の攻玉社と海城は、海軍予備校をルーツとしており制服も似ているので、昔から何となく親しみがありました。大学の近くでもありましたし。

 5分3R、RIZIN MMAルール(肘あり)。1R、緊張感のある攻防が続いていたのですが、残り1分でアクシデントのバッティング。これが効いたようには見えませんでしたが、その後朝倉選手の左フックで一瞬怯んだところに左ハイキック。これが強烈でした。そこへすかさず右フックで弥益選手はダウン。1R4分20秒KO、一瞬の機を逃さない朝倉選手はさすがです。わずか40日で調整も大変だったと思うのですが。一方の弥益選手、これからも見たい選手です。



 第14試合、セミファイナルですから当然ですが、こちらも注目カード。那須川天心選手vsクマンドーイ・ペットジャルーンウィット選手。那須川選手は既にボクシングへの転向を表明しており、キックの試合を観られるのもあと僅かです。3分3R、RIZIN キックボクシング特別ルール。ペットジャルーンウィット選手は、ムエタイで60勝31敗、攻撃力に定評があり、2年前、那須川選手を破ったロッタン・ジットムアンノン選手に判定で勝っているのだそうです。今回の計量では56.50kgsでしたが、ムエタイではバンタム級(53kgs以下)なので、階級を上げてきているのかもしれません。

 試合が始まってみると、確かにペットジャルーンウィット選手のロー、ミドルの蹴りは凄まじく、ビシビシと音が伝わってきます。試合後、真っ赤に腫れた那須川選手の上腕が、その威力を物語っていました。一方の那須川選手も、ミドルキックをホールドしては、的確にパンチを返します。1R中盤は激しいミドルキックの応酬。途中、ペットジャルーンウィット選手が那須川選手を投げる場面があり、注意。那須川選手の距離感を掴む上手さ、パンチのコンビネーションはさすがです。2Rには那須川選手のショートフックでペットジャルーンウィット選手がふらつく場面も。結果は3R判定で那須川選手の勝利でしたが、両者の意地がぶつかり合う激しい試合でした。



 最後の第15試合は、RIZINバンタム級タイトルマッチ。2019年8月に初めてのKO負けを喫し、RIZINバンタム級のタイトルを失った堀口恭司選手。対するは、そのタイトルを奪った朝倉海選手。堀口選手の怪我により約1年半ぶりのタイトルを賭けた再戦です。5分3R、RIZIN MMAルール(肘あり)。

 堀口選手は伝統派空手である松涛館の出身だそうですが、その影響なのかこの間合い。他の試合の写真と見比べても、この間合いの広さはやりにくいでしょうね。そして堀口選手が序盤から繰り出したカーフキック。これも伝統派の組手で良く使われる足払いに非常に近いです。1発目はまさに相手を崩す蹴りだったのですが、2発目は1発目よりステップインしてからの蹴りで、少し効いたように見えました。3発目で朝倉選手は体勢を崩し、膝をつく。朝倉選手の出足を封じるには良い牽制です。4発目は完全に斜め上から前足の脛に入りました、ダメージを与える蹴りです。これで朝倉選手が怯んだように見えました。そこへ堀口選手が遠い距離から右ストレート(これも伝統派の上段逆突きに近い)で一気に間を詰めると、右ショートフックが朝倉選手の顎を捉えダウン。倒れた朝倉選手に堀口選手がパンチを浴びせかけ、レフェリーストップ。1R2分48秒TKO、このように試合は始終堀口選手のペースでした。やはり序盤からのカーフキックが身体的にも試合のリズム的にも有効だったかなという感じです。

 前述のように、この61㎏級は良い選手がひしめき合っているようですので、今後も注目していきたいと思います。15年ぶり、それも初の生での総合格闘技観戦でしたが、良い経験をさせていただきました。このような機会をいただいた方に感謝申し上げます。

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
コメント