ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

イワシのガーリック香草焼き&ヴァン・ショー, カヌレ&バラ型のキウイ&ラ・フランス・ダージリン et 甘く危険な香り(山下達郎) ~♪

2021年09月11日 18時52分58秒 | Cooking

  

皆さん~、今晩は~

 

 

今日は、早朝は、曇っていて、怪しげなお天気でしたが、その後、パン屋さんへ行き、モーニングから帰る頃は、

夏日のような晴天で、暑かったけれど、気持ちの良い1日を過ごせました~

 

 

午後は、来客があり、「暑いですね~」・・・なんて、おっしゃっていたので、

ミニ扇風機なんか出して来て、離れたところから、まわしていました~(笑)

 

 

午後のティータイムには~、

  

パン屋さんで購入しました~、カヌレwith キウイのバラとブルーベリー+ラ・フランス・ダージリン(AT)を~、楽しみました~🥝☕

 

 

↑↑(上から見ると、キウイが薔薇、カヌレがマーガレットのような小花に見えます~ )

 

 

カヌレは、以前も、何度か、ご紹介した事ありますが、

小さな釣り鐘型に、12本の縦溝を施した、独特の型を使い、焼くお菓子です~

フランスは、ボルドー地方の伝統菓子~

 

外皮は、黒くて、カリッとしていて、中は、黄色く、カスタード風味の柔らかな生地で、もっちりした食感ですね~

 

家に型があるんですが、焼こう焼こうと思いながらも、すぐ、パン屋さんや洋菓子屋さんの、可愛らしいカヌレを見て、買ってしまってます~(苦笑)

 

こちらのパン屋さん(=パリ―ル)の、カヌレも、すっごく美味しくって、お気に入りなんです~

 

今日も、バゲットを買おうと思ったら、「12時頃焼き上がります。」と言われ、また、買いそびれました~(苦笑)

 

皆さんも、カヌレは、お好きでしょうか~?

 

 

ラ・フランス・ダージリンは、

フルーティーな甘い香りが特徴の、セカンドフラッシュ(A)のダージリンに、

瑞々しいラ・フランスをイメージしたフレーバーが、上品に漂うティーです~☕

 

ストレートティーが、おススメと言う事ですね~

確かに、ストレートティー向けですが、ミルクティーでも、楽しみました~🥛☕

 

 

 

A)ダージリンのセカンドフラッシュ:

ダージリンは、3月中旬頃からの、ファーストフラッシュに始まり、(大きく分けると)年に3回収穫されます~。

収穫期は、

ファーストフラッシュ(春摘み茶)・・・3~4月頃、

セカンドフラッシュ(夏摘み茶)・・・5~6月頃、

オータムナル(秋摘み茶)・・・10~11月頃~。

 

セカンドフラッシュは、この中でも、特に、味、コク、香りとも、最も充実した最良品とされ、

ダージリンの香りを代表する、マスカットのようなフレーバーが、より強く感じられ、とても人気があります~

 

 

ラ・フランスの香りと、セカンドフラッシュの、マスカットのような香りは、相性が良いようで、

 

 

上品な優雅な香りが、とても良かったです~🍐☕

 

 

さて、先週の土曜日の、ヴァン・ショーと、添えのフード類の簡単なご紹介です~

 

 

マミー・ガトーのマリコさんのレシピを参考に、イワシのガーリック香草焼き、

先日ご紹介しました、トマトのバルサミコソテー他、アレンジ・ヴァン・ショーに添えました~

 

 

アレンジ・ヴァン・ショーは、

ハイビスカス&ローズヒップのハーブティー×ドライクランベリーの実×赤ワインで、作りました~

甘味も少しつけました~

全ての材料が、相性良く、とても、美味しく、また、身体も温まりました~

 

ハイビスカスの赤い色素成分:アントシアニン(ヒビスシン)

クランベリーの赤い色素成分:プロアントシアニジン

 

 

イワシのガーリック香草焼きは、ハーブの香り、風味も、良い感じで、とても、美味しかったようです~

レシピを参考に、アレンジして作りました~

 

〇イワシのガーリック香草焼き 

材料)2~3人分

イワシの開き・・・4枚

塩・胡椒・・・各適宜

パン粉・・・2分の1カップ

にんにく(みじん切り)・・・1片分

乾燥ハーブ(タイム・ローズマリー・バジル)・・・各適宜(タイム・ローズマリー・バジル・セージがブレンドされた乾燥ミックスハーブでも、OK)

 

オリーブオイル・・・大匙1杯+(大匙1杯×4枚分)

 

 

 

作り方)

①オーブンは、200度に予熱しておく。(200度は目安です)

②耐熱皿に、オリーブオイルを、底面全面に、薄く塗る。

③イワシの皮が下になるように、並べて、塩・胡椒をする。

④パン粉に、各種ハーブと、ニンニクを入れて、混ぜ合わせる。

⑤   ③のイワシの上に、④のパン粉をのせ、上から、オリーブオイルを、大匙1杯ずつ回しかける。

⑥200度のオーブンに入れ、10~15分(目安)、パン粉にこんがりと、焼き色がつくまで焼いて、出来上がり~

(*レモンを添えると良いかと思います~。)

 

 

イワシのフライは、オリーブオイルをかけて、オーブンで焼くと、フレンチスタイルに~

フライパンでなら、薄力粉、卵、パン粉の順に、衣をつけて、揚げ焼きにすると良いようで、

私は、先日、フライパンを使っての揚げ焼きも、やってみましたね~

使うハーブは、好きな香りのを使えばよいですし、また、フレッシュな、パセリのみじん切りも、美味しいようですよ~

 

 

先週土曜日~、カヌレを添えて~、

フレンチプレートっぽく、ヴァン・ショーのお時間を~、楽しみました~

(家族は、イワシのガーリック香草焼きは、ご飯のお時間に~🍚🥢

 

美味しく~、心地良いお時間を、過ごせました~

 

  

最後に、山下達郎さんの、「甘く危険な香り」のプチご紹介です~。

 

この曲も、最近、ご紹介の曲と同様~、以前も、ご紹介した事あります、

お気に入りの曲の1つです~

 

良かったら、素敵な曲なので、お聴き下さいませ~

そして、心地良い夜を~

 

 

 

 

 

皆さん~、素敵な夜を~、お過ごし下さいませ~

 

 

Bonne soirée ~

 

 

 

 

 

 

 

コメント (19)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする