ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

メーリー・ゴー・ラウンド et 真夜中のディズニーランド

2018年08月10日 23時56分49秒 | Music

昨日は、夏の終わりのロスト・ラブ的な曲~、『悲しみのJODY』の記事を書きました~

自分の中では、夏の盛りが終わった直後の静けさ・・・、秋になる前・・・みたいなイメージがあって、

まだ・・・、キラキラ輝く夏の浜辺の名残は感じられるかな~みたいな・・・、タイトルほど・・・悲しみ・・・を重く感じない、素敵な曲調~

山下達郎さんの曲は、なんか心地良いし、気持ち良い~

あの曲は、いきなり”ダ~ン ダダン!JODY~”って・・・、衝撃的な曲調の始まり方がインパクトありますね~(笑)

JODYの強勢形から入る歌詞もインパクトあって、JODYって、どんな人かな~と思わせるので、

その後の歌詞も曲とともに、追ってみたくなる~そんな魅力があります~

 

 

メリーゴーラウンドも素敵な曲ですね~

 

メリー・ゴー・ラウンド

 

真夜中の遊園地に

君と二人で そっと忍び込んで行った

錆着いた金網を乗り越え

駆け出すと いつも月が昇って来た

 

心は粉々に砕かれ 

失くしてしまった

幻のメリー・ゴー・ラウンド

愛さえ

 

亜麻色の月明りの下で

僕達は笑いながら 愛し合った

色褪せた水玉のベンチは

滅びゆく時の匂い しみついていた

 

きっと生まれ変わる 今なら

もう1度だけ

動き出せ メリー・ゴー・ラウンド

目を覚ませ ユニコーン

 

 

↑水玉のベンチと言うのは、実在したとあるベンチをイメージして書かれているようです~。

 

 

メリー・ゴー・ラウンドは、

最近は、遊園地にほとんど行かなくなったけれど、

行った時には、乗る事もあるかな~。

たまに乘ると、意外と楽しいですよね~(苦笑)

真夜中の遊園地で思い出すのは、

昔仲良しの女友達とアメリカ旅行へ行った際に、

参加した、ディズニーランドへ夜に行くプチツアー、

24時頃まで遊んでいたのではなかったかな。

送迎してもらえたので、それは助かったのですが、

確か翌日、2人とも寝坊して、

添乗員さんのお電話で起こされて、ビックリして跳ね起きて、

5分くらいで身支度して、

慌てて、2人で集合場所へ行った・・・と言うハプニングがあったように記憶しております~(苦笑)

とりあえず、間に合ったので、何も問題はなかったですが、

よく短時間で、身支度で来たなと、自分でも驚いたものです(苦笑)

 

 

この曲とはかけ離れた、呆れた昔の思い出を書きましたが、

この曲の詞は、達郎さん自身も、お気に入りとの事、やはり素敵~

久しぶりに聴くと、心地良く~、さまざまな素敵な世界を、ゴー・ラウンド~

 

 

*お盆休み・・・、暑さ、台風等気候、交通渋滞等、諸事情色々あるとは思いますが、

安全に快適に、貴重な数日を、お過ごし下さいませ~

コメント

今日の夕方の空 et 悲しみのJODY

2018年08月09日 22時12分43秒 | Music

↑本日の18時10分過ぎの帰宅途中の空です~

昨日の怪しい天気は、本日、お昼過ぎまで続くかもと昨日までは、覚悟していましたが、

今朝の時点で、だいぶ峠を過ぎ去っていて、日中は、晴れ間も見え、やや暑かったです。

(それでも比較的暑さがましだったゆえ、冷房の効いている場所では、冷えを感じたので、

羽織ものは必須でした~。)

 

 

通る人の顔も穏やか~、やはりお天気は、人の気分を左右するもの。

又、気分がころころ変わったり、気ままな感じの人の事・・・、

「あの人って、お天気屋さんね~。(あの人て、お天気屋やなぁ~。)」こんなセリフも、

昔会話に登場していたような気がします~。

今の方が、もっと天候が極端なので、こんなセリフもありそうなものですが、

何となく、死語に近いものとなって来ているかな~(苦笑)

 

夜は、何となくじめっとした空気を感じ、

ペパーミントの精油をディフューザーに使ったり、

山下達郎さんの爽快な気持ちの良い曲を聴いたりしました~

家族の帰宅が遅いので、心地良く聴きながら家事をしていました~

 

山下達郎さんの曲は、好きなのが多いですが、

先日ご紹介した数曲以外に、

『悲しみのJODY』もすごく好きな曲の1つです~

 

 

悲しみのJODY(She Was Crying)

 

JODY 君となら

きっと分かり合えた

ひと夏が過ぎ去った

浜辺は

もう誰もいない

 

JODY 悲しみを

消してあげたかった

1人きり泣いていた

姿を

僕は見てた

 

君の肩を

そっと抱いて

歩く夢 今も

残っているのを

ずっと・・・

 

JODY 君の事

もっと知りたかった

だけど もう遅過ぎる

OH JODY

二度と会えない

 

君の事

忘れない

いつまでも

OH JODY

君を

 

 

山下達郎さんの曲は、どれも作詞作曲を自身が手掛けていらっしゃいますが、

独特の気持ち良い音楽性が大好きです~

心地良さの1つには、

歌詞が、比較的シンプルだけど深く、フレキシブルな感覚で、

どんどん心地良い世界が、自分の中で、自然の情景と共に、広がって行くところ~

 

そして、この曲は、

夏真っ盛りの時期ではなく、過ぎ去った夏・・・を表現した1曲~

(自分の中では、夏が過ぎた直後の秋になる前くらいの感覚・・・、実際の設定はわかりませんが。)

ちょっと寂しく、ちょっと涼やかな・・・、

そして、ちょっと悲しい・・・浜辺の1曲~

 

楽しかった浜辺の思い出と共に、風と共に、夏の暑さは、過ぎ去って行く~

 

 

*まだまだ極端な気候に振り回される今夏、真っ只中ですが、

まじかにせまる、お盆時期等、有意義に過ごしたいものです~

 

 

コメント

土曜日の恋人  =山下達郎=

2018年07月07日 01時00分00秒 | Music

山下達郎さん続きで~

 

”土曜日の恋人”も、素敵な曲ですよね~

今は、金曜の夜が、なんか特別感ありますが、

昔は、土曜日の夜がとっても特別感あったように思います~

私は、日曜日もお仕事がありましたが、

それでも土曜日は・・・、特に土曜日の夜は、いつも特別感があり、

とてもウキウキしていたなと思います~。

基本、昔から~、超夜型なんで~(苦笑)

土曜日の夜は、大好きでした~

 

そんな良い時代の土曜日の夜を、ちょっと思い出させてくれる・・・、

週末のご褒美みたいな、大好きな土曜日の夜の世界に誘い込んでくれる曲ですね~

 

 

 

土曜日の恋人

 

降り出した雨と

動き出す街の灯

立ち止まる君に

ようこそ~!

 

土曜日の夜は

始まったばかり

まるで僕たちの愛の様な

ざわめき

 

微笑んだ君は

やわらかい宝石

見つめる僕は

さみしがりやの

ゆれる アンブレラさ

 

ネオン色のレインコート

走り抜けてく

ごらん永遠の夢が

ほら 開いた

 

It’s just come for you  and me

oh girl

Saturday night・・・

 

 

 

シンプルな歌詞ですが、

とっても素敵ですね~

歌詞も曲も素敵~

音楽は、時代を写す鏡でもあるかもしれませんね~

才能も勿論の事、良い時代だったから、こんなに素敵な曲が沢山生まれたのかな~

 

コメント

風の回廊(コリドー)  =山下達郎=

2018年07月05日 20時43分54秒 | Music

先日、南大沢の改札出てすぐのアーケードを歩いていて、ふと、山下達郎さんの、

「風の回廊」が浮かんで来ました~。

この曲は、アルバム”POCKET MUSIC”をカセットに録音してだったかな~、よく聴いていました~。

あのアルバムは、素敵な曲ばかりで、竹内まりあさんの曲もそうですが、

今も全く色あせないで、素敵な世界に誘い込んでくれる曲だなと思います~。

確か山下達郎さんも、竹内まりあさんも、兄が聴いていた事によって、知ったのだったと思います~。

 

山下達郎さんの曲って、なんかその曲の中にて惹き込まれて行くと言うか、

その情景の中に気持ち良く誘い込まれる・・・そんな曲ばかりです~。

風とか暖かい空気とか、夜の景色とか雪の景色とか、

曲それぞれで、色々な情景の中に入り込む感じで。

久しぶりに聴くと、とても素敵に響くので、

気が向いたら、皆さんも聴いてみて下さい~

 

 

心には つむじ風の

扉へ続く 回廊(コリドー)

陽だまりに 髪をとかす

今でも君は そこにいる

振り向いた坂道

涙さえ 見せないで

去って行った

遥か遠い日の 後ろ姿

なんて優しく甦る

in the wind  in the wind

You are gone in the wind

愛は砂のように

僕の指のすき間を

こぼれていったけれど

今も心には

つむじ風の扉へ続く回廊(コリドー)

遠い日々への回廊(コリドー)

遠い日々への回廊(コリドー)

in the wind  in the wind

You are gone in the wind

 

歌詞も曲も素敵ですね~、

心地良い、風の存在を感じます~

懐かしい曲のご紹介でした~

 

コメント

CHARA et Kiss

2018年03月17日 01時00分00秒 | Music

CHARAさんの曲をときど~き、聴く事があります~。

 とても不思議な魅力を持った方だなと感じます~。

時々、別の世界からやって来た人ではないかとか、

童話の世界からやって来た少女ではないかとか・・・、

そんな風に思わせるような、子供のような可愛さもあり、

主張するカッコ良さもある・・・、そんな女性だなと感じます~。

 

娘さんも素敵な方ですよね~、浅野さんとCHARAさんの良いところを引き継いでいる

ちょっと神秘的で、可愛く、透明感のある美しい方で、

この方も、時として、別の世界、又は異国からやって来た人かなと思わせる・・・そんなようなところがあります~。

 

CHARAさんは、声や歌い方、表現・・・、どれもが素敵~。

”Kiss”と言う曲があるのですが、

初めて聴いた時から、惹き込まれるものがあり、

いつ聴いても、鮮度の高い曲です~。

作詞作曲ともCHARAさんだったと思います~。

 

「蛇にピアス」では、主題歌は、Kissと同じ曲で、作詞が金原ひとみさん・・・である、”きえる”・・・で、

CHARAさんとの共同作でしたね~。

 

娘のスミレさんは、モデルさんでもありますね~。

CHARAさんもファッションセンスが良くて、

そう言った事も、娘さんは、良い影響を受けていそうです~。

何かで以前、CHARAさんがおっしゃっていたのですが、

・・・人を見かけで判断するのは、悪い事・・・ではなくて・・・、

私は見ためも大切にしている・・・、目に見えるものだから・・・と。

 

私もそんな風に思います~。

第一印象で、人の印象の大部分が決まり、その後もその印象が、強くインプットされているような事を

良く聞きますが、確かにそれはあると思います。

それと、人の感覚で、視覚からの情報は、感覚全体の大部分を占めると言われていますので、

最も影響を受ける感覚であると言えますね~。

やはり、目に見えるものって、それが全てではないにしても、

かなり大事だと思ったりします~。

その他色々CHARAさんのトークを聞いた事がありますが、

しっかりハッキリした、独自の考えを持った方で、

そんなところも好感度が高いです~

コメント

How are you?   =平松愛理=

2018年03月11日 22時09分29秒 | Music

最近、色々な事を考えていたら、

ふと、平松愛理さんの曲を思い出しました~。

もう長い間、聴いていなかったような気がしましたが、

ちょっとYouTubeで聴いてみたら・・・、

メチャ懐かし~って、感じました~

昔大好きで、ほんとよく聴いていました~。

特に、

素敵なルネッサンス

月のランプ

・・・が、一番好きで、

君にしとけば良かったなんて

マイ・セレナーデ

ベージュのパンプス

悲しくて悲しすぎて

・・・等その次に好きかな~。

その次には、

もう笑うしかない

一夜一代に夢見頃

戻れない道

世界語のLoveSong

・・・等々。

 

そんな事で、ちょっとYouTubeを聴いていて、

この曲も好きだったな~と思ったのがあって、

それのタイトルをすっかり忘れていたのですが、

「How are you?」

・・・と言うもののようでした~。

そして、歌詞をずっと曲にのせて聴いていたのですが・・・、

なんかすごく素敵な曲だな~って、

改めて感じました~

 

平松愛理さんの曲は、

曲調も好きだし、

歌詞が身近に感じられて、

そして、歌声が素敵~って思って

毎日聴いていても飽きないでいました~。

きっとそんな人多かったのではないかな~。

 ・・・そんな事で、以前も、記事に書いた事ありますけどね~(苦笑)

 

それで、Youtubeを聴いていて、

思い出した事がありました~。

私・・・確か平松愛理さんのコンサートへ行った事があったのですよね~。

仲良しの女友達と一緒に行く予定だったのですが、

急に友達が行けなくなって、

その友達に「ただ(=無料でチケットを譲る)で良いから、あの人と行って。」と言われて、

男友達を誘って行った・・・、確かそんな事があったなと、かすかに覚えていました~。

 

平松愛理さんとは、全くかけ離れたようなジャンルのアーティストが好きだった人なのにね~(苦笑)

・・・確かその人・・・、こう言った曲の楽しみ方がわからず・・・、ちょっと困惑した様子だった事を覚えています~(苦笑)

 

部屋とYシャツと私・・・は、結構有名ですが、

私は、そんなには好みの曲ではなく、

上に書いたような数曲が大好きでした~

 

数年に1度くらい・・・、ふと思い出して、

聴いちゃう(宝箱って実際には持っていないけど・・・苦笑・・・宝箱を開ける・・・みたいな)かな~って言う・・・、

そんな素敵な思い出がいっぱい詰まった・・・、

平松愛理さんの曲の数々でした~

 

コメント

ゆるカフェ Bossa ~♪

2017年08月10日 21時59分57秒 | Music

皆さん今晩は~

ちょっと音楽のお話するね~。

以前もゆるカフェBossaの記事を書いたような気がします~。

 

何年前かに、CDを扱うお店で、目に留まって購入した、「ゆるカフェBossa」

試聴したかどうか、覚えてないけど・・・、買う前はだいたい試聴するので、したんじゃないかなとは思いますが~。

そのCDに入っている曲・・・、とっても素敵な曲が詰まっていて、飽きないです~

 

最近又よく聴いています~

中でも、

☆Stay/タチアーナ

☆Now you’re not here/アナ・ハット

この2曲が私の中では最高です~

良かったらYou Tubeで聴いてみてね~

 

昨日スッキリに、米米クラブが出演なさっていました~

今や平均年齢57歳なんだそうです~

でも石井さんの歌声ほぼ変わらず~、伸びの良い歌声素晴らしかった~

昔米米が大好きだった友人にすぐに、

今から又歌うから~って、教えてあげたんだけど~、

ずっと後に返信あって

今は、あるイケメングループのある人のファンだから~って

 

もう米米は卒業なさったのですね~

でも私は、浪漫飛行を聴いて、とっても懐かしく思い、

そして、一度は解散したのに、再結成した米米クラブ・・・、

今も派手さと面白さ健在で、

すごく楽しませていただきました~

 

* 私は、米米のファンではないのですが、数曲だけとっても好きな曲があります

それらが、とても良き時代とリンクするので、心地良いのです~

私は、堂本剛君のファンで、歌と言うより、人そのものが好きなのですが、

最近耳の調子が悪いようで、ちょっと心配です~。

心身のバランスを欠いていらっしゃるかと思うので、

ゆっくり休んで、早く良くなってほしいですね~

 

多分、いくつになっても少年っぽいところと、お洒落なところ、

なんか癒し系で面白くって、センスもあるし、

あんな感じの人が友達にいたような気がして、どこか親近感あるんですね~。

それと、完璧に見える人より、どこか応援したくなるような人が、

私は気になるので、ずっと好きなのかな~と思います~

 

海老蔵さんそして、海老蔵さん一家も、引き続き応援です~

 

ゆるカフェBossaの話が、随分とそれましたね(苦笑)~

 

コメント

90分でわかるピアノ音楽と歴史

2016年12月10日 21時17分41秒 | Music

今日は、デイジーパパと、明治大学 駿河台キャンパス アカデミーホールにて開催の

公開講座”90分間でわかるピアノ音楽の歴史”レクチャー&コンサートを楽しみました~

会場は、リバティ―タワー横に隣接の、アカデミーコモン3階、アカデミーホール~

↑1階には、素敵なカフェがあります。

↑インフォメーション。

エスカレーターを3つ乗って、3階へ。

素敵なホールでした~

レクチャーは、国立音大楽理学科卒、同大学院修士課程終了後、ドイツの大学で学びを深め、バッハを中心に西洋音楽の歴史と理論を広く研究なさっているご活躍中の方。現在某大学大学院教授。

ピアノ演奏は、東京藝大器楽科ピアノ専攻卒、同大学院終了後、ドイツの大学大学院で学びを深め、フランクフルトでソロ・リサイタルを行う他、ドイツ各地で、演奏会に出演。東京文化会館にて、幾度も、ソロ・リサイタルを行いご活躍の方。

ピアノの誕生と並行して、18世紀前半から20世紀にかけての、各時代で、活躍した作曲家や代表的な曲調のジャンル、様式の紹介を、ユーモア含めたレクチャーにより紹介がありました。

そして、各時代の紹介と並行して、素敵なピアノの生演奏を鑑賞。

 

①モーツァルト→ピアノ・ソナタ ニ長調 K.576

②べ-トーヴェン→幻想曲風ソナタ 嬰ハ短調 月光

③シューマン→ 子供の情景 トロイメライ

④ショパン→12の練習曲 第12番 ハ短調 革命

⑤リスト→パガニーニ大練習曲 ラ・カンパネラ

⑥ドビュッシー→前奏曲集第1巻 沈める寺

⑦スクリャービン→2つの詩曲

⑧ウェーㇽベン→子供のための小品

⑨バルトーク→アレグロ・バルバロ

 

そして最後は・・・、謎の音楽・・・

⑩ケージ→4分33秒

(演奏者の方は、ピアノの前に座っているだけの4分33秒・・・、この間、一期一会のそれぞれが感じる、聞こえる音を楽しんでみる。)

*アメリカの作曲家ケージ(1912-1992)が、1952年に発表した、一音も発しないピアノ音楽「4分33秒」→この4分33秒の間に、意図した音ではなく、その時に偶然耳にした、例えば、この会場内で言えば、パンフをめくる音や、椅子の音、演奏者が楽譜を触る音、息遣い等・・・、その時に聞こえた音との一期一会を楽しむと言う意味のようです。これを曲と言う言い表し方をしています。私は、それらの実音ではなく、演奏者による曲の中で、最も耳に残った「ラ・カンパネラ」と、次に耳に残った「革命」を頭の中でもう一度4分33秒の中で、再生していました~。

 

 90分、非常に素晴らしいピアノ演奏を、わかりやすくユーモアもあるレクチャーと共に楽しんだ、贅沢な時間でした~

出足の話に、ちょこっと戻りますが、レクチャー担当の方「90分でわかる・・・かな?←首をかしげながら、小声で「かな?」とつけて「あ~今のは、私の心の声ですけれども~。」とおっしゃったのが、とてもウケました~

これが出足だったのですが、簡単にわかりやすく要点だけを拾ってのレクチャーだったので、聞き心地良かったです。

アカデミーホールから、エスカレーターで降りる時に、このような景色が楽しめます~

 

たまに、生演奏を鑑賞するのって、心の栄養剤になって、良いですね~

貴重なピアノ演奏を、しかも生で聴けたひととき・・・、年の瀬に、癒しの素敵な音が、心地良く、今も響いています~

 

素敵なカフェが1階にあります~なんて言っていたのに、

リバティ―タワーの17階の「スカイラウンジ 暁」と言う食堂へ

前から気になっていたので~

 

デイジーパパは担々麺

私は醤油ラーメン

・・・にしたのですが、なんか醤油風味のお汁の味が、とっても薄かったわ~

 

 

 

 

コメント (4)

時間旅行 Dreams Come True

2013年03月09日 22時53分33秒 | Music

DreamComeTrue・・・、好きな曲いっぱいある

未来予想図始め、初期の時代の数曲が、最も好きですね

この時間旅行・・・、歌詞がすごく素敵だなって思います。
よく聴いてみて下さい・・・、すごく感動しちゃいます~

コメント

 La La は愛の言葉 

2012年12月31日 23時53分55秒 | Music

皆さんこんばんは

もうすぐ2013年ですね

昨日久しぶりに、関西の親友とメールでお話しました

短いメールのやりとりだったのに、すごく盛り上がりました。

良い時代を過ごして来た懐かしい話と共に、

又来年はたくさん会えたらと・・・

新年の幕開けの前に、この曲をお届けします~

コメント