ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

 コスモスの摘み取り♪

2009年10月31日 22時00分43秒 | else
皆さんこんばんは~。

今日は近くの高校で文化祭があり、この文化祭をきっかけに、高校敷地内で栽培しているコスモスの花の摘み取りをスタートするとのことで、行って参りました。



広大な土地にはコスモスがいっぱい!



無料で誰でもコスモスを摘み取りに行けます。
新聞や地元情報紙にも、この事は掲載されていて、結構多くの方が知っておられます。

幼い子供連れのファミリーや母と子、年配の男性や女性等など、幅広い人達が楽しそうに積んでいらっしゃいました。中には、まだ0歳児らしき子供の両耳に、うまくコスモスの花を飾り、お父さんらしき人が抱き、コスモス畑を背景に写真撮影しているファミリーもいらして、ほほえましく思いました。ハサミ持参で皆さん丁寧に切っておられました。

そうそう・・・ここへ到着したのは、文化祭も終盤と言った時間でした。今から行く私とデイジーパパは、帰ろうと門に向かう友達と上手い具合に出会いましたね。
友達とも連日これについてあれこれ話していたのですが、見ると、お子様がご機嫌良さそうにちょっとしおれかかったコスモスも交えたコスモスの束を、ニコニコ顔で大切に持っていらしたのが印象的でした。


この高校は、国際経済科や情報処理科等ありますが、他に農業系学科、商業系学科を併せ持ち、その方面について専門的に学べる高校です。野菜や植物の栽培をしたり、畜産の勉強の為、牛や馬、鶏など飼ったりしています。
なので、コスモスを摘んだ後、少しだけ見て帰りました。



これは茶色のは、ジャージー種です。
すごく可愛い顔だし、色もきれいなので、ジャージー種は、大好きです。
黒いのは?と生徒さんらしき人に尋ねると「くろうし」と言われました・・・が、それは種類名なのでしょうか???



これはホルスタイン種ですね。

なんか、自然に触れた気がして、ほんのひとときでしたが、気分転換になりました。



帰宅後コスモスの手入れをして、リビングに飾りました。
しおれかけていたお花がベースに入れたら、見る見る元気になってくれました。

すごく楽しませていただきました。コスモスは元気な間、大切に飾っておこうと思います~
コメント

PEPPERMINT  ~ Herb Tea ~

2009年10月30日 17時44分08秒 | Tea・coffee・Juice
皆さんこんばんは~。

今日はおススメのハーブティーをご紹介です。

TWININGSのハーブティー、ペパーミントのお茶。



ティーバッグなので、簡単にいれられます。
これは予想以上に、すごく美味しいお茶でした。

爽快なペパーミントの香りが、部屋中に漂うくらいの香りがたち、気分がリフレッシュできます。かなりのリフレッシュ効果が期待できます。
私は疲れた時の気分転換や、食後にも飲みますね。
食後のお口直しの効果もすごいですよ。



家で育てているミントです。左がスペアミント、右がペパーミントです。
ティーの色は、透明感のある薄い茶色です。

種類豊富なミントの中でも、この両者が一番お茶にするには一般的です。
そして、どのくらいの違いがあるとかはわかりませんが、ペパーミントの方がスペアミントより薬効があると言われているそうです。

先日喉が少し痛い日があったのですが、夜寝る前に、温かいこのお茶を飲みました。すると喉がスゥ~ッとして、その後気分的にもリラックスでき、ぐっすり眠れ(いつも熟睡しているんですけどね・・・いつもより気分よく眠れたってとこかな)翌日喉の調子は良くなっていました。

色んな効果も期待できるし、かなり美味しいので、自分のお気に入りの1つにしたいと思います~



菫ちゃんを、このベースの近くで遊ばせていたら、ビオラをかじってしまいました~



コメント

 Las Luces 

2009年10月28日 19時47分54秒 | Sweets
皆さんこんばんは~。

今日はお友達と自由が丘へ行って来ました。

色々と収穫のあった、学び多き1日でした。

そんな中、一軒家風の雰囲気のあるスイーツ・カフェへ行きましたので、ご紹介したいと思います。
お店の名前は『ラスルセス』



サンクスネイチャーに用があって付いて来てもらったのですが、そこからわりあい近い場所にこのお店はありました。
住宅街に馴染んでたたずんでいる感じなのですが、さりげないのに存在感ばっちりで、そう言うのがまた素敵だったりします。
お友達に促されて来たこのお店は、どこかで記憶しているなと、店名を見てまず思ったのと、店内を見て再び思いました。

どうやら、先日外出先でお茶した時に見た、ananの自由が丘付近の特集の本を見た時に目にしたお店だと気づきました。その本には確かこちらのピンチョスの画像が掲載されていたような記憶が。その時メモした数件のお店の中に記録として残っていました。そして自分が持っているカフェ集の本に掲載されていた事にも気づきました。家にあるのと同じ本が、このお店にも置いていて、帰宅後印しておいたところを見ると、やはり掲載されていました。

家で本を見ていた時、一軒家の一室のようなところで、アンティーク風の家財に囲まれた中お茶できるなんて、ちょっと異空間で素敵だなぁ~、地図を見ると、行動範囲内にあるから、いつか行ってみたいなぁ~って思っていたところだったので、すごく感激でした。

お友達も、私が好きそうなところだと思って下さっていたようです。



それぞれ、ピンチョス2種+ドリンクを注文しました。



お友達は、ガトーテベール&プチブリュレピスターシュ+ホットのセレクトコーヒーを。



私はプチフロマージュレア&プチブリュレピスターシュ+アイスのセレクトコーヒーを。

これらはかなりのプチサイズですが、その分濃厚なので、2つ食べたらプチサイズでも満足感は十分です。
・・・って言うか、これを食べる前に、他ですでに色々食した後でしたので、これで十分だったと言うのが正しいかな。

プチサイズの中に、凝縮された味を感じましたね。
プチフロマージュレアは、クリームチーズとサワークリームの2層の濃厚なレアチーズケーキ。
でもこう言うケーキはコクがある方が、美味しさを感じるので、このサイズならいける感じでした。
プチブリュレピスターシュは、名の通り、ピスタチオ風味のクレームブリュレ。見た目ピスタチオと言うくらいだから、もっとグリーン色しているのかと思ったら、色は基本のクレームブリュレと変わりませんでした。味の中にほんのりとピスタチオを感じました。これはもう一回り大きいサイズであってもいける感じでした。

お友達のガトーテベールは、静岡産の玉露抹茶を使用した生地に、ラズベリージャムをサンドした上に、ホワイトチョコのバタークリームを重ねたケーキで、ホワイトチョコのバタークリームと言うのが、結構濃厚な感じがしましたが・・・。

コーヒーと合わせたら美味しくいただけるスイーツでした。

次回機会があったら、キッシュなどランチにもトライしてみたいなと思います。

席によって、色んなテーブル&チェアがしつらえてあり、色んな席を試したい感じになりました。

とにかく落ち着く空間でしたね。

行く度に新発見がありそうな素敵な空間でした。

自由が丘における自分の行動範囲内だし、色んなメニューと席も試してみたいので、機会があったらリピートしてみたいと思います~








コメント (2)

 BIGOT =Å=

2009年10月27日 20時15分08秒 | Bread
皆さんこんばんは~。

久しぶりにビゴのパンを買いました。

どれも美味しそうでしたが、ビゴのパンは、何も飾り気がなくても美味しい、むしろパンの生地感そのものを楽しみたくなるようなパンなので、シンプルなものを選びました。
デイジーは、帰宅後、シャンピニオン等を食べました。
シャンピニオンには、一緒に発酵バターを添えましたが、バターはいらないくらい、そのものが美味しいと絶賛でした。特にてっぺんの硬い生地が美味しかったそうです。
シンプルながらも食感のメリハリを楽しめますね。

そんなシンプル系のパンの他に、ちょっと珍しいパンも買いました。



左から時計周りに、わさびのクロワッサン→ハムが入ったクロワッサン→アンチョビの入った、表面にチーズがかかっているクロワッサン。
ごめんなさい・・・正式名は忘れましたが、内容は上記のような感じです。



わさびは結構入っていました。
わかりますか・・・かすかな緑色がわさびです。



アンチョビは、内側に少量存在していますが、少量で、程よいインパクトがありました。

ハムのクロワッサンのハムは、ハムロールのように、ハムが真ん中に入っていました。

どれも珍しく思いました。

クロワッサンの中に具を入れることが結構珍しいけど、入れる素材も又珍しく、好奇心をくすぐられてしまいました。

ベーシックな味はやはりハムのクロワッサンで、子供も喜ぶサイズと味だと思います。
あとのは、大人の味ですね。
わりといける感じでした。
なにせビゴのパンですから・・・。

このお店に行くと、フランス色が濃く、色んな刺激を受けます。

レジ後方には、ルノワールの絵が飾ってあり、それはうちがオルセー美術館で買って来た複製画と同じでサイズ違いでした。
うちは玄関の中入ってすぐの右手に飾ってあります。

こちらもレジ後方の良い位置に飾ってありました。

今日は他にも色々収穫もあり、充実した1日となりました~



コメント

Sweet Magic HALLOWEEN ♪

2009年10月26日 23時32分47秒 | Sweets
皆さんこんばんは~。

今日は荒れたお天気になりましたね。
特に暴風がすごくて、仕事の行き帰りもたいへんでしたが、夜車に乗っていても信号待ちの時、車体が揺れるのがわかり、驚きました。

そんな荒れたお天気なのに、お出掛けの際のお土産だと、友達からクリスピー・クリーム・ドーナツを頂きました。





夜食後に家族で頂きました。

画像上左から時計回りに、チョコクッキー・クランチ→オリジナル・グレイズド→パンプキン・チョコレート・トリート→オリジナル・グレイズド。



只今の季節には、シーズナルとして、このパンプキン・チョコレート・トリートが発売されています。
パンプキンクリームに、メイプルパウダーをのせて、ビターチョコでイタズラ描き。パンプキン・シードを飾って、実りの秋をお祝いしましょう・・・と言う楽しそうなドーナツ。
今の時期お土産にすると、話題性もあって、仲間や家族と盛り上がれそう~。


何より私は、お友達のお心づかいが超嬉しかったです。

お友達からも嬉しいご報告が聞けたし、とっても良い気分~

いつもありがとうございます~




コメント

 秋の植え替え♪

2009年10月24日 17時01分13秒 | DAISY
皆さんこんにちは~。

今日は午前中、中学校の花壇ボランティアの活動に参加しました。

天気は曇りですが、大仕事となり、シャベルでの作業も多く、ちょっぴり汗をかくくらいでした。
私は仲間の人に促されて、正門前の花壇の入れ替えを担当しました。

今まで植わっていたのを、ほとんど掘り起こし移動して、土に栄養分をバランスよく足して、平均的にする為に混ぜ込み、新たなコーディネート通り、植えて完了。

大仕事でしたが、無事綺麗にほぼ予定通り植え替えが済みました。

皆でやる作業はとても楽しく、終わってからも、ちょっと植物の話で盛り上がりました。皆さん植物のお話がとてもお好きなようです。

ちょっとしたハーブ園があるのですが、そこに利用する木のネーム・マーカーに、お洒落感を出す為に、イメージ・カラーを塗る課題をいただきました。模様をつけるなりは、おまかせと言われているので、そこが悩みどころですが、ちょっと楽しみでもあります。

次回以降の活動と、花壇の植物の今後も楽しみです~




スイート・マジョラムとブラキカムの寄せ植えです。
ブラキカムが大好きなんです。
すごく気に入っているコーディネートです~
コメント

スコーンでティータイム♪

2009年10月24日 15時05分46秒 | Sweets


レッスン中のティータイムでは、焼き上がったスコーンとクロッカンを頂きました。
ティーは、マリアージュ・フレールの、スリランカ、ラトナピュラと言う地のラトナピュラ茶園の、ラトナピュラ・OPを頂きました。



ティーは、ベーシックな風味でした。
ラトナピュラは、標高の低い地方で栽培されたお茶のようです。
ベーシックで、キレや透明感があるタイプのお茶ではなく、まろやかな感じで、言葉には表現できませんが、低地産らしい風味でしたね。



今回習ったスコーンは、新感覚のスコーンで、結構感動でした。
先生はパイ風のスコーンとおっしゃっていて、サックリした感じに仕上がったスコーンでした。
膨らんだ部分が、美しい幾重もの層ができていて、食感が楽しめたし、とても美味しかったです。
先生が過去にコッツウォルズに行った時に入ったティールームで入手したレシピ集に載っていたスコーンのレシピも、配合の部分で参考になっているそうです。
お気に入りのスコーンレシピの1つになりそうです。

ストロベリー・ジャム+生クリームをスコーンにのせて、美味しく頂きました。
英国では、ベリー系ジャム+クロテッド・クリームを添えるところが多いですね。

スコーンは、スコットランドが発祥の地です。
クロテッド・クリームの発祥の地は、イングランド南西部のコーンウォール州のようです。

クロテッド・クリームは、英国において考えてみても生産者によって、コク・風味・色・食感が微妙に違うそうです。
日本でも日本で生産しているクロテッド・クリームがありますが、それもまた、英国のそれらとは、違いがあるようですね。

私も何度か英国からの輸入ものや国産のを試したことがありますが、英国からの輸入ものの方が、色も黄色く、コクがあったように思います。

おしゃべりも楽しく、素敵な時間を過ごせました~












コメント (2)

 Mont Blanc

2009年10月22日 21時32分08秒 | Sweets
皆さんこんばんは~。

今日のレッスンでは、モンブランを教えて頂きました。
そして余った時間でスコーンを焼きました。

モンブランは色々あるけれど、土台がクロッカンで、中心部はしっかり泡立てたシャンティを、ドーム状に絞り、仕上げにシャンティを覆うように、クレーム・ド・マロンを絞ります。

シャンティの中に細かいマロン・グラッセも隠れた食感として楽しめます。

かなり簡単に作れるモンブランなのですが、仕上げのクレーム・ド・マロンの絞りが難しいなと感じました。
多分慣れの問題ですが・・・。



でも一人6個作ったので、絞りの練習にはなりましたね。

クレーム・ド・マロンは絞りやすいクリーム状となっていましたので、切れにくくて助かりましたが、どなたかが「お蕎麦みたい」とおっしゃったのが、妙にウケましたね・・・。

土台の為に作ったクロッカンをいくつかお持帰り用として頂いたので、モンブラン再度作ろうかな~~~なんて考えています~


コメント (2)

お気に入りのビオラ♪

2009年10月22日 14時01分56秒 | House
先日言ってました、珍しいタイプのビオラのご紹介です。

ビオラも最近は色んな種類が出回ってます。
なので、色んなのがあるだけに、好みのビオラと言うのがあるんですよね。



中でもこのように、極小輪が好きなんですよね。




この種類は、フェアリーテイルと言う名前が付いているようです。
ネーム・マーカーにそう書かれていました。

バニータイプとも書かれていました。



『フェアリーテイル』=妖精の尻尾(←直訳。あと「おとぎ話」と訳されることもあるとか)って、意味がわからないけど、『バニータイプ』と言うのは、花びらのうちの2枚がうさぎの耳のように見えるせいでしょうか。

花びらの模様に特徴があり、色も好みだし、とてもとても可憐で、玄関を可愛い印象にしてくれています~





コメント

優しい時間・・・

2009年10月21日 16時20分10秒 | Sweets
つい先日ヴェールの丘の記事をupしましたが、先月知人と行った時は店内でお茶しました。

工房の工事中と言うことで、いつもとちょっと様子の違うカフェ・コーナーでしたが、それでもたっぷり、お茶の時間を楽しめました。






こちらのケーキは、ルックスがとても美しく、地元密着型のお店にしては、完成度が高いので、目の保養になります。
前記事のアンジュとは違って、華やかなスイーツをセレクトしました。






お茶は2人とも、ダージリンティーをセレクトしました。
ポピュラーなダージリンのブレンドものなんでしょうね・・・、旬ものではないので、普通な感じなのですが、たっぷりの量があるので、スイーツとおしゃべりのサポート役として十分に楽しめました。


ヴェールの丘がお気に入りなところは、最大の理由として、お店全体の雰囲気がお洒落なところなんですよね。

店内もお庭もとても良い感じで、いつ行ってもとても良い気分になれます。

今はハローウィンの飾りも可愛く、参考になります。





季節のイベントとは関係なく、こんな可愛い飾りも・・・。
わかりづらいと思いますが、3匹のアヒル型の籠の中に、ワイヤー・プランツが入っていて、その近くに、バースデーの人のお祝いが書かれた白い枠の看板が・・・。


雰囲気が大好きなヴェールの丘へ行くと、優しい時間の流れを感じます~


*デジカメ画像がupできるようになりました。
最近の携帯画像の鮮明でない記事を、直せるところだけ直しました。
よかったら、少しあと戻りして、ご覧下さい~


コメント