ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

甲南PA&忍者の里  et 石窯Rossa Scioriya (大津市梅林・・・JR大津駅近く)  〜♪

2022年06月28日 11時05分41秒 | Travel

 

 

 

皆さん〜、今日は〜

 

 

昨夜、無事、西→東へ、戻って来ました〜=3

土、日、月の、西旅、ショート滞在でした〜

 

その間の、色々を、ご紹介して行こうと思います〜

東→西へ、車で移動の際、高速道路に乗って、様々なPA、SAに、寄りながら、西へ〜

その間に、甲南PAでも、小休憩を〜

こちらは、2008年に、開業したようです〜

甲賀は、1つには・・・、「甲賀忍者」と呼ばれる、甲賀武士の里として、知られているので、

とにかく、忍者アピールが、目立ちましたね〜🥷✨

 

木製ゴム鉄砲や、

木製パチンコ・・・、

弓矢など・・・、

 

忍具を思わせるような・・・、お子様用の(?)、遊び道具なんかも、販売してましたわ〜

こー言うのって、楽しいですね〜

 

つい先日、TVで知ったのですが、

江戸期の忍術写本(江戸時代初期にまとめられたと推測できる、忍術書の上・中・下のうちの、中巻)が、

滋賀県甲賀市内の、社務所で、見つかったそう・・・

(甲賀流忍者調査団より発表内容。忍者も、伊賀流とか、甲賀流とか、あるようでね・・・。)

 

 

発見された写本は、40ページほどあるようで、

情報収集が、主な役割だった忍者の、戦法や・・・、

忍具の作り方など、記されているよう・・・

 

それらは、現代においても、通づるところがあるそうで・・・、

その内容は・・・、

現代において、「処世術」の参考にもなる・・・そうですよ〜

 

昔存在していた、忍者の世界において、

情報収集能力が高い事は、重要だったようで、

ある意味・・・、コミュニケーション能力の高い忍者が、優秀な者として、存在していたかも・・・、しれませんね・・・

 

甲南PA〜、小休憩なのに・・・、何気に、楽しめました〜(爆)

 

さて、なんだかんだ小休憩とったりしながら、無事、JR大津駅付近へやって来ました〜

そして、お昼は、ネット検索で、見つけた・・・、隠れ家的なカフェ・レストラン〜、

「石窯Rossa Shioriya」へ〜

 

ここはですね・・・、

大津駅から、徒歩約2分程度ですかね・・・、駅から、近いですね・・・

そのお店の向かって左隣は、可愛らしいパン屋さんなのですが、

この日は、お休みでしたね・・・。

そのパン屋さんは、利用した事ありますが・・・、

「石窯Rossa Shioriya」の存在は、すぐ横なのに・・・、今まで気づかず・・・

でも、

知る事できて、良いお店に出会えて、良かったです〜

 

ドア開けて、狭いめの階段を、上って、2階に、お店があります〜

 

ドアには、↑↑こんな貼り紙ありました〜

 

そー言うと、毎年、8月8日は、琵琶湖の、大花火大会ですが、今年は、開催されるのかな〜🎇✨

 

階段上って行くと、左手に、ワインの棚が〜

外観からは、このような棚がある事、想像つきませんでした〜。

そして、

店内も、外から見ている印象とは違って、

思っていたよりも、広くて(横長)、驚きました〜

 

私達は、

①本日の生パスタ(サラダ・ドリンク付き)×1、

②と③本日のピッツァ(サラダ・ドリンク付き)×2、

・・・を注文し、シェアしました〜

①は、サラダ、アイスティー、「しらすと九条葱のオイルパスタ」を〜

パスタ麺が、モッチモチで、すごく美味しかったです〜

大好きな九条葱も、嬉しいですね〜

②は、サラダ、アイスコーヒー、「マルゲリータ」を〜

こちらも、フカフカのモッチモチの生地で、めちゃ美味しかったです〜

カットする時は、フカフカ感を、壊さないように、抑えすぎずに、カットですね・・・

 

530度の、石窯で焼き上げているピッツァ類は、リピーターも多く、人気なようです〜🍕✨

③は、サラダ、アイスコーヒー、「シェフの気まぐれピッツァ」

スタッフさんに、

「今日の、シェフの気まぐれピッツァの内容は、なんですか〜?」と、

注文の際に、聞きましたら、

「シェフが、直前になって、判断するので、私達にも、わからないです・・・

・・・と言う事で、テーブルに運ばれて来るまで、いっさいわかりませんので、ドキドキしました〜

厚切りベーコンと、ジェノベーゼのピッツァでした〜

 

・・・こちらも、美味しくいただきました〜

 

感染対策も、バッチリなお店で、居心地も、良かったです〜

土曜のランチ時でしたが・・・、

スムーズに入店できる・・・、ほんと・・・、隠れ家的な素敵なカフェ・レストランでした〜

 

忍者でもないですが・・・、

旅に際しては、情報収集〜、大事ですね〜(笑)

 

この日は、この後、お墓まいり(その前に、お花やお供えのお菓子とお酒、買いに行く)、

大谷本廟・・・へ行った後、

夕方から、ロクロ体験予約していたので、

移動につぐ、移動で・・・、

そんなに時間の余裕はなく・・・、

タイムスケジュール的にも、こちらのお店でランチできて、

スムーズに行動できて(多少色々あった1日ではありましたが・・・笑)、良かったです〜

 

価格も、

合計3300円で、リーズナブル価格で、ありがたかったです〜

また、利用させていただこうと思います〜

 

ちなみに、このカフェ・レストランは、

京都市伏見区に本社を構える・・・、

(株)chicfeel (栞屋グループ)内の、運営店舗の1つですね〜

 

他店舗は、京都、滋賀に、数店舗、飲食店が、存在しているようです〜

 

 

 

 

 

皆さん〜、素敵な1日を〜、お過ごし下さいませ〜

 

 

Bonne journée 〜

 

 

 

  

 

 

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロースト鴨の冷やし蕎麦(蕎麦の実・よしむら),宇治抹茶あめ(伊藤久右衛門)  et 四条大橋からの風景  〜♪

2022年06月27日 00時18分10秒 | Travel

 

 

 

皆さん〜、今晩は〜 

 

 

今日も、暑い1日でしたが、前半は、予定していたところへ〜

そして、後半は、お土産などお買い物を楽しみに・・・、三条から、四条へ・・・、

移動しながら、色々なお店を楽しみました〜

宇治茶・伊藤久右衛門祇園四条店では、

デイジーパパは、会社の方に、季節感感じる、良いお土産が、選べたと、喜んでいました〜

私は、こちらでは、宇治抹茶あめを、購入しました〜

デイジーも、ブラウニーのようなお菓子を、購入してましたね・・・

 

私も、デイジーパパが選んだものを、人へのお土産にしようかと思ったら、

人気商品のようで・・・、数が、足りなくて・・・

・・・なので、他のお店で、別の、良さそうなの、購入しました・・・

 

四条大橋を、2度ほど、往来しまして、その度に、眺めましたが、久々見る、橋からの風景は、すごく気持ち良かったです〜

川沿いには、カップルやお友達同士など(?)・・・、

スラズラズラ・・・っと、並んで座っていらっしゃり・・・、また、夏の風物詩である・・・、

各店の川床から、賑わい感じられ、嬉しくなりました〜

 

お買い物完了し・・・、

いったん滞在先へ戻り・・・、その後・・・、

そば料理のお店〜、「蕎麦の実・よしむら」で、お夕食を〜🥢

こちらは、滞在先から、徒歩数分〜

こちらは、蕎麦へのこだわりがあり・・・、

国産の蕎麦の実を石臼で挽いて、熟練の職人さん方々が、全て手打ちをして、お作りのようです〜

 

お店の外観、そして、店内も、とても素敵で・・・、

「和」を基調とした、雅な趣を、そこそこに感じる空間で、

最良質の、蕎麦粉を用いた手打ち蕎麦を、味わえる・・・、そんな素敵なお店で、

夜・・・、店内は、活気と、楽しい賑わいが、感じられました〜

 

 

またまた、ノンアルコールビールを〜

ノンアルコールですが・・・、

ビールの香りほのかに楽しめ〜、そして、喉越しが爽やかで、とても美味しい〜

蕎麦のかりんとうが、注文分運ばれてくる前に、提供されました〜

蕎麦麺に軽く粉をつけて、そのまま揚げたような感じで、自然な風味が、たまらなく美味しかったです〜

クセになりそう〜、

家でも、作ってみたくなりました〜(笑)

  

デイジーパパは、「蕎麦屋の夜ご飯セット」で、

にしん蕎麦、親子丼、サラダ(湯葉入り)、お漬物のセットを〜

デイジーと私は、季節の蕎麦・・・、「ロースト鴨の冷やし蕎麦」を〜

この季節のお蕎麦は・・・、めちゃめちゃ美味しかったですね〜

ロースト鴨が、贅沢に、沢山入っていて、

スライス玉葱、貝割れ大根、レタス、黄身、美味しいお蕎麦、しっかりめ風味のおダシ〜、

全てが、ベストマッチで〜、お蕎麦のボリュームも、良い感じで、

ヘルシーなお夕食〜、楽しみました〜

 

美味しいお蕎麦を食し〜、滞在先に帰る途中に見た・・・、京都タワー〜を、

締めに、添えさせていただきます〜

 

 

また、旅の色々を、書いて行こうと思います〜

 

 

 

 

皆さん〜、素敵な夜を〜、お過ごし下さいませ〜

 

 

Bonne soirée 〜

 

 

 

  

コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロクロ体験(瑞光窯京都清水店) et KEY’S CAFÉ 京都八坂の塔店  〜♪

2022年06月25日 21時22分37秒 | Travel

 

 

 

皆さん〜、今晩は〜

 

 

今日は、早朝に出発し、途中、鮎沢PAで、朝作った、シャケおにぎりと、ブロッコリーやとろとろナス、昨日、趣味仲間の方からいただきました(育てられた)「はるか」と言うじゃがいもを茹でたもの等の、シンプルサラダを、朝食とし、スムーズに関西入りしました〜=3

途中、富士山が、美しく見えるポイント辺りで、高速走行中、霧が発生したり・・・で、慎重になったりしましたが、問題なく、西入りし、ホッとしております〜

ただ・・・、到着後、少々ハプニングがあり、

それは、問題なくクリアしましたが、

寿命が縮まるとは・・・、こー言う事かな・・・と思ったくらい、ハラハラした場面もありましたわ・・・^^;

そして、近しい人達やご先祖様の、お墓参りし

(山手で蚊がいっぱいいました虫刺され用かゆみ止めは持参していて、正解でした・・・、その後、

大谷本廟へ行き、お世話になった方の、お参りを、させていただきました・・・

 

その後は、24時間の駐車場に車をとめ、予約していました・・・、

瑞光窯にて、ロクロ体験をしました〜

 

瑞光窯は、

「八坂の塔」正面の・・・、とてもわかりやすいところに、位置しています〜

 

早めに来て、チラッと見ると・・・、すごい人気で・・・、

・・・私達も、ワクワクして来ました〜

 

・・・予約のお時間まで・・・、少しお時間あったので、

 

すぐ近くの、キーズカフェで、喉を潤し、涼みながら、待機しました〜

京都の古い建物に、キーコーヒー系列のカフェが、素敵に融合しているお店ですね〜

デイジーは、レモネードソーダ〜、

向かって左は、デイジーパパが注文の、カフェラテ〜、

右は、ビオラ注文の、カプチーノですね〜

 

この、八坂の塔のラテアートは、型を使ったアートだと思いますが・・・、

実に綺麗で、すごく楽しめました〜

飲むのが、勿体無いくらいでしたね〜(笑)

このお店へは、階段を下がって、お店に入るのですが、

帰る時は、階段を上って、(斜め右上辺りを)見上げると、そこには、八坂の塔がある・・・、

こちらも、八坂の塔とは、そんな感じの位置関係で・・・

 

しばし、ゆっくりさせていただき、

約10分前くらいに、お店を出て、

瑞光窯へ〜

時間になり、2階へ通されました〜

 

荷物を指定の場所に置き、

指定のエプロンをつけます〜

この後、各人、ロクロ体験をしながら、器を作る予定〜

まず・・・、アイテムとか形より先に、色と、器の裏につける印を、決めます〜

それから、

器の種類(形)を決めました〜

 

形は、

デイジーは、向かって右端のようなのの取手のないもの〜、

デイジーパパは、向かって左端のようなコーヒーカップのようなの〜、

ビオラは、向かって、右から2番目の茶碗(抹茶椀をイメージ)を〜

 

 

色は、最初は、

デイジーと私は、ホワイトでしたが、

形仕上がった後、ブロンズに変更(向かって右から2番目の色)〜、

デイジーパパは、ブラウンで、変更無しで〜

 

親切に、お若いプロの方が、指導して下さり・・・、

すごくわかりやすく・・・、また、終始楽しい体験でした〜

デイジーは、ろくろ体験があるそうで、一番難しい形なのに、上手に、形作ってましたね〜

 

進み具合も、デイジーが、一番早かったですね・・・

ロクロで形作って行く基本のコツ〜、なるほど〜でしたね〜

私のも〜、

こんな感じに形作る事ができまして、

仕上げは、鹿の皮で、サイドや飲み口の辺りとか・・・、丸みをつけ、

底は、専用の紐のようなのを、スライドさせ、綺麗にカット(セパレート)していただきました〜

これで、形が完成し〜、

後は、色を塗ったり、焼いたりは、プロの方にお任せし、

1ヶ月か、1ヶ月半くらいかけて、自宅に、配送&到着していただく予定です〜

 

すごく楽しくて、色んなのが、作りたくなりました〜

 

 

 

 

 

皆さん〜、素敵な夜を〜、お過ごし下さいませ〜

 

 

Bonne soirée 〜

 

 

 

 

 

 

 

コメント (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七夕近づく・・・,手作りパンナコッタ  et 涼やかなタオルてぬぐい&幸運のシンボル・てんとう虫  〜♪

2022年06月23日 23時43分23秒 | Sweets

   

 

 

皆さん〜、今晩は〜

 

 

6月も、あとわずか・・・、あっという間に、7月に入りますね〜

7月は、七夕が、月の大きなイベントですね〜

 

 

 

今日の八王子は、早くも、駅前〜、七夕飾りなさっていて・・・、

涼やかな風に乗って、吹流し(ふきながし)が、気持ち良さそうに、

ゆらゆら〜してましたね〜

「吹流し」は、織姫の織り糸を、表すのだそうです・・・

五色のテープで、

吹流しを作ったり・・・、また、それを、くす玉に下げたりして・・・、

魔除けとされているようです〜

 

七夕は、7月7日で、五節句の1つとされています〜

「七夕の節句」と言うそうです〜🎋✨

 

笹竹に、願い事を吊るして、星に願いをかけるので、

別名「笹の節句」とも、「星まつり」とも、呼ばれているようです〜

 

行事絵本に、「たなばたさま」と題する・・・、懐かしい曲の、ご紹介がありました〜

曲の中の、

”金銀砂子”とは・・・、

金や銀の、細かい砂粒のように、星が輝いている様子を、表しているそう・・・

 

五色の短冊は、願い事だったり、あるいは、

「天の川」等、七夕にちなんだ言葉を、書くのだそうです〜

短冊は・・・、詳しくは、存じませんが、

元々は、梶の葉(特徴的な形の葉ですよ・・・)を、使っていたんだそうです・・・

 

↑↑(2年前の七夕の際の、まーちゃま達のお願い事〜

 

7月前後は、再度、七夕について、ふれてみたいと思います〜🌠✨

 

 

 

さて、昨夜は、パンナコッタを作り、本日、イレブンジィズのお茶時間に、フルーツパーティと言う赤色が美しい水色のハーブのブレンドティーと一緒に、いただきました〜

 

パンナコッタは、

以前も、記事にした事ありますが、

生クリームを温め、ゼラチンを溶かし、

型で冷やし固めた冷菓〜

 

panna:生クリーム

cotta:煮る

 

酪農の盛んな、北イタリア、ピエモンテ州ランゲ地方発祥のお菓子なのだそう〜

日本では、ティラミスブームの後、1994年頃、流行したそう〜

 

ティラミスの方が、存在感があり、また、流行をきっかけに、長く人気があるような感じしますが、

パンナコッタも、とても美味しくて、私は、大好きです〜

 

今回のパンナコッタは、

練乳と生クリームを使った、何気に濃厚な味わい・・・

 

バニラの香りで、リッチ感を・・・

 

○パンナコッタ

材料)

(*A)

生クリーム・・・160g

ミルク・・・135ml

コンデンスミルク・・・30g

グラニュー糖・・・30g (参考レシピでは、35gとなっています)

 

 

バニラビーンズ・・・1本 (参考レシピでは、4分の1本となっています)

 

粉ゼラチン・・・5g       (参考レシピでは、板ゼラチン4.5gとなっています)

 

作り方)

*予めの準備

・粉ゼラチンは、分量外の水で、ふやかしておく。

・バニラビーンズは、ナイフで、縦に切り込みを入れて、開き・・・、ナイフの背で、種をこそげとる。

 

①手鍋に、(*A)の材料と、バニラビーンズの種とさやを入れ、火にかける。

沸騰したら、火から下ろす。(材料を、しっかり溶かす)

 

②  ①に、予めふやかしておいた、粉ゼラチンを加え、ゴムベラ等で溶かし、濾し器(私は、ティーストレーナー使ってます)等で、濾す。

 

③好きな器(カップ)に、注ぎ入れ、冷蔵庫で、2時間以上冷やし固めて、出来上がり〜

 

濃厚だけれどしつこくなく、風味がしっかりと楽しめます〜

 

ここで、1つポイントとなるのは、小さな事ですが・・・、

・ふやかしたゼラチンを、溶かしてから、濾し・・・、同時に、バニラのさやを取り除く事です〜

 

そーする事で、見た目、美しく、食べて美味しいパンナコッタが、出来上がります〜

 

家にある手持ちの本を参考に、少しアレンジしましたが、

簡単に作れるので、良かったら、ご参考になさってみて下さいませ〜

 

 

 

↑↓  

先日、立川へ行った際、見つけた、肌触りの良い長いタオル、そして、お洗濯物について来た、てんとう虫さん・・・、可愛らしい〜

ベランダで、デイジーが育てているお花に、乗ってもらって、再び外へ出てもらいました〜

 

 

皆さん〜、素敵な夜を〜、お過ごし下さいませ〜

 

 

Bonne soirée 〜

 

 

 

 

 

 

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガーリックシュリンプ&ガーリックライス, 小さいふらんすパン&山のオリーバ=墨繪(すみのえ)=  et 今日の縄跳び(600)  〜♪

2022年06月23日 00時03分34秒 | Cooking

  

 

 

皆さん〜、今晩は〜

 

 

先日、新宿へ行った帰りの頃、墨繪(すみのえ)新宿ミロード・モザイク通り店に、寄ってみました〜

パンを中心に、食材が、販売されていました・・・

お食事・パン屋の墨繪(すみのえ)は、新宿センタービルに、店舗を構えているようで、

そこを拠点に、こちらでは、期間限定で、2022年10月2日まで、営業なさる予定のようです〜

 

 

ここで、「小さいふらんすパン」を、購入〜

シンプルな素材を使って、小麦の風味を引き出す製法で作られた自慢のパンの、ハーフサイズのようです〜

このパンにつけたら美味しそうな、

「EXオリーブオイル 山のオリーバ」も、購入しました〜

ギリシャ南部、タイゲトス山の、雪解け水と、地中海の太陽により、育まれた、オリーブを、

コールドプレスした、贅沢なオイル・・・と言う事

フルーティーな甘味と香りが、特徴と言う事

紅茶も、買ってみました〜

大好きなディンブラが、目に留まったので・・・

「ディンブラは、スリランカの、紅茶の女王と呼ばれ・・・」と、ご紹介がありました〜

そして、パンとも、相性が良いと・・・

確かに、風味のバランスが、とても良くて、ストレートでも、ミルクティーでも、アレンジでも、使いやすい紅茶で、経験からしても、パンには、とても、合うと思います〜

墨繪(すみのえ)さんの、レストランで、提供の、紅茶と同じ、ティーバッグなのだそう・・・

まだ・・・、飲んでいませんが、飲むのが、楽しみです〜

 

昨日は、基本のジンジャースープをまた、作りまして、

「ガスパチョ風ジンジャースープ」と言うレシピのアレンジスープを、作りまして、

墨繪(すみのえ)さんの小さなフランスパン&オリーブオイルと、スープで、

小腹減ったティータイムに、いただいてみました〜

ふらんすパンは、お食事に合う、昔からあるような素朴な風味で、

そのシンプルさが、白いご飯に、「ご飯ですよ」を乗っけていただくかのように(笑)、

購入した、小さいふらんすパンとオリーブオイルとの相性は抜群で、

また、

スープのトマト風味とレモン果汁の酸味と、少しトッピングした、イタリアンパセリの青みと、

合っていて、美味しい小腹減った系でした〜

 

 

ガスパチョは、スペイン料理の1つで、冷製の野菜スープ

コトバンクを見ると、

トマトを主にたまねぎ・きゅうり・ピーマンなどの野菜とパン・オリーブオイル・ワインビネガー・調味料や香辛料などをミキサーにかけ、とろりとさせたもの。

・・・と書かれていました・・・

 

そして、今夜は、ガーリックシュリンプ&ガーリックライス等作って、お夕食を、楽しみました〜

先日、ラ・オハナで、食した、ガーリックシュリンプ&ガーリック風味のピラフが、美味しかったので・・・、自分でも、作りたくなり、早速、作ってみました〜

 

「ガスパチョ風ジンジャースープ」と言うレシピのアレンジスープを、本日昼用にも作り、その残りと、

そして、

まだ残っていた、基本のジンジャースープで、夜、カレー風味のスープも作り・・・、

お夕食は、自分は、2種の、スープを添えて、いただきました〜

 

スープは、2種とも、美味しかったです〜

 

ガーリックライスは、ラ・オハナのガーリック風味のピラフをイメージして、作りましたが、

これは、とても美味しく出来上がりました〜

ご飯は、玄米:白米=1:2のブレンドのライスを使い・・・、

3人分のご飯の量は、600gにしました・・・

 

ニンニク(みじん切り)、

醤油、

塩、

ブラックペッパー(粗挽き)、

オリーブオイル、

乾燥(パセリ)、

・・・を使って、作りました〜

 

玄米ご飯が、香ばしくて、風味豊かで、食感も、良い感じでした〜

 

ガーリックシュリンプは、

ネットで食品関係の企業の、ハワイアンソースに漬け込んで、作るレシピを参考にして、作りましたが、

美味しいけれど、ちょっとイマイチに仕上がり(自分の腕がイマイチだったのでしょう)、

前回、記事で、作ったガーリックシュリンプの方が、美味しくできたかな〜って感じでしたね・・・

 

また、色々、トライしてみますわ〜(^-^)q

 

*一連の流れ

↓↓

①海老の下処理

②ハワイアンソースに、①を、漬け込む。

③フライパンで、②のハワイアンソースごと、海老を焼いて、出来上がり〜

(下記、仕上げ段階の調味料も、この時使う。)

 

 

 

*参考レシピにより、海老を、ハワイアンソースに漬け込む前に行った下処理

↓↓

①海老を、片栗粉と塩で、もみ洗いし、流水で注ぎ洗いする。

②海老の背に沿って、殻をハサミでカットし、爪楊枝で、背わたを取る。

③尾を半分ほど、カットする。

④ペーパータオルで、水気をしっかりとる。

⑤ハワイアンソースに、漬け込む〜

海老の臭みを、片栗粉と塩で、もみ洗いして、流水で注ぎ洗い・・・、するやり方は、ちょっと勉強になりました・・・

それでも、まだ、気になって、

日本酒に、少し浸けたんですが・・・^^;

 

 

漬け込み用の、ハワイアンソースは、

↓↓

ニンニク、

玉葱、

オリーブオイル、

レモン汁、

淡路島藻塩、

・・・を使いましたが、

お塩は、ハーブソルトの方が、さらに、合っていたかもしれませんね・・・

レモン果汁は、臭みとりにも、なるようです〜

 

 

焼いて、仕上げする段階では、

↓↓

バター、

塩、

ブラックペッパー(粗挽き)、

・・・を、使いました〜

 

食後は、スタバVIAのコロンビアで、美味しい珈琲で、締めました〜

 

また、色々と、作ってみたいと思います〜

 

 

今日の縄跳びは、雨が、少しぱらつく午後に、100×6=600回(ノーミス)を、跳びました〜

ストレッチポールと、ラジオ体操は、いつものように・・・

今日は、結構、良い汗をかきました〜

ややこしいお天気続いてますが・・・、

また、明日も、跳べると良いなと思います〜(^-^)q

 

 

 

 

皆さん〜、素敵な夜を〜、お過ごし下さいませ〜

 

 

Bonne soirée 〜

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする