独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

中国によるアジア植民地構想、ほぼ頓挫へ

2019年02月13日 | 国際紛争 国際政治 


中国によるアジア植民地構想、ほぼ頓挫へ
2/13(水) 6:00配信 JBpress
中国によるアジア植民地構想、ほぼ頓挫へ
世界約70か国で進む中国の一帯一路プロジェクト。空港など各国の国の要所に、大きくプロパガンダを張る中国政府(マレーシアのクアラルンプール国際空港、筆者撮影。2019年2月)
 「(私の右肩が)いつでも風や雨からあなたを守り、(私の左肩も)あなたの支えになり続けるから、困難な山々を手を携えて乗り越えましょう!」

 2月5日の春節を目前に、中国政府がこう歌った友好国ソングを公表した。

 その友好相手国とはマレーシア。

 この歌は、今年が両国の国交45周年記念にあたり、中国政府が永遠の友好関係を切望して作ったという。

 言い換えれば、こんな陳腐なラブソングを作らざる得ないほど、両国関係において中国は切羽詰まった状況に置かれているといえるだろう。

 5年前の5月31日、中国・北京の天安門広場に面した人民大会堂では、「マレーシア・中国国交樹立40周年記念式典」が行われた。両国を代表して、マレーシアは親中のナジブ首相(当時)、中国は李克強首相が出席、両国は蜜月だった。

 それを象徴するかのように、式典にはマレーシア華人商工会などの経済団体代表約300人の大経済ミッションがナジブ首相に随行。

 さらに、生ドリアン輸入は禁止されているが、ナジブ首相からの大量のドリアン土産を中国政府はあっさりと「特例許可」、ドリアン外交が炸裂した。

 (参考記事:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52186「中国がドリアン爆買い マレーシア属国化への序章」)

 しかし、あれから5年。事態は急変した。

 不正や腐敗政治の一掃とその関連で中国主導の一帯一路の大型プロジェクト見直しを掲げたマハティール政権が昨年5月に誕生。「新植民地主義は受け入れない」と習近平国家主席や李首相に大型プロジェクトの延期や中止を次々に表明してきた。

 これまで小国から屈辱的な扱いを受けたことのない中国は、動揺を隠し、静観を標ぼうしてきた一方で、「内心は怒り心頭だった」(中国政治学者)らしい。

 しかし、マハティール・ショックは止まることはなかった。

 ナジブ政権の汚職体質にもメスを入れ、昨年、米国やシンガポール、スイスなどでも捜査が続くマレーシアの政府系投資会社「1MDB」の巨額不正横領事件に関連し、ロスマ夫人ら家族や関係者ともども、ナジブ氏をマネーロンダリングや背任罪など、実に42の罪で起訴したのだ。

 参考記事:

 (http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53479「アジアを腐敗まみれにして属国化する中国の罠」)

 (http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54307「天国から地獄へ マレーシア・ロスマ前首相夫人に司直の手」)

 同事件では、ナジブ氏が首相在任中に同投資会社から約7億ドルを不正に受領していた疑惑だけでなく、家族や関係者を含め約45億ドルにも上る公的資金を横領したと見られてきた。

 本コラムでは、2015年3月、日本のメディアとして第1報を報じて以来、同事件の真相や背景について追及してきたが、ようやく、ナジブ氏の初公判が近く開かれることになっている(当初は、2月12日だったが、延期となった)。

 この時期に中国政府が面子そっちのけでマレーシアにラブソングを捧げるもう一つの理由が、実はこの裁判にある。

 公判での証拠、証言(約50人が証言台に立つ予定)いかんでは、ナジブ政権を支え、1MDBに深く関わってきたと疑惑のある中国にとって国際的に大きな信用を失墜させる事態に陥るからだ。

 「米国史上最大の泥棒政治による横領事件」(セッション米前司法長官)と称された世界を舞台に大胆に、かつ、複雑な手法で実行された国際的公金不正横領事件。


しかし、同事件の投資案件を扱った世界最大級の米投資銀行「ゴールドマン・サックス」(GS)の元社員が米司法省から起訴され、有罪判決を言い渡された一方、同事件の首謀者とされる華人系マレーシア人のジョー・ロー氏は、「中国の保護の下、中国に潜伏している」(マレーシア捜査関係者)とされる。

 (参考記事:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43277「マレーシア首相一家と蜜月 大富豪ジョー・ローの謎」)

 というのも、マレーシア当局が、「1MDB」を巡る世界最大級の汚職捜査の一環で、中国が支援する一帯一路関連の大型プロジェクトの資金が、ナジブ前政権が抱えた1MDBの債務返済に流用された疑いが濃いと捜査中だからだ。

 裁判を通じ、中国政府が1MDBの不正疑惑に関与し、資金提供や資金洗浄によりナジブ政権を裏から支え、そのチャイナマネーが発端で巨額の公金不正が実行され、中国がその見返りに国家最大のプロジェクトの一帯一路のプロジェクトを進めていたとすれば・・・。

 こうした実態が暴かれれば、中国政府の違法行為は国際的に裁かれるだけでなく、習政権の生命線でもある一帯一路が頓挫する国家的リスクを背負うことになる。

 このため、米司法省やマレーシア政府から起訴は受けている首謀者のロー氏を中国が庇護しているとみられる。

 米国やマレーシアで有罪判決を受けたとしても、事実を知りすぎたロー氏を中国国内で匿っている限り、中国は面子を保てるとともに、違法行為を国際舞台で追及されることがなくなるというわけだ。

 さらに、1月末、マレーシア政府は、昨年8月の訪中で、習国家主席に中止を表明していた一帯一路の東海岸鉄道計画(ECRL)の正式な廃止を決めたとされる。

 参考記事:

 (http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53132「一帯一路のマレーシア東海岸鉄道計画 中止か」

 (http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53515「マレーシア東海岸鉄道中止 広がる反一帯一路」)



 習国家主席肝いりの一帯一路の目玉プロジェクトであるECRLは、総工費550億リンギをかけ、南シナ海側のタイ国境近くからマラッカ海峡まで、マレー半島を東西横断する、すなわち「南シナ海とマラッカ海峡を結ぶ鉄道」だ。

 クアラルンプール近郊と東西の重要港を結ぶ総距離約700キロになる一大プロジェクトで、2024年7月の完成を目指していた。

 しかし、マレーシアの与党関係者によると「工事は約20%ほどでとん挫している状態だ」という。

 しかし、中国は、自国の輸入原油の80%が通過するマラッカ海峡の安全保障を、米国が管理するという「マラッカ・ジレンマ」を抱えている。

 南シナ海のシーレーンが脅かされた場合のバックアップとして、マレーシアとの協力関係を築き、マラッカ海峡のルートを確保したい考えだ。

 ECRLは、(米海軍の環太平洋の拠点がある)シンガポールを封鎖された場合、中東、アフリカ地域からマレー半島東海岸側に抜ける戦略的な鉄道網で、地政学的に極めて重要拠点となるマレーシアを取り込む中国の「一帯一路」の生命線である。

 しかし、マハティール首相は筆者との単独インタビューでも「ECRLは、マレーシアにとって国益にならない。凍結するのが望ましい」と発言している。

 (参考記事: http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53065「マハティールの野党勝利 61年ぶりマレーシア政権交代」)

 一方、1月末の計画廃止の発表後、「中国政府は、融資の利子や工事費などを半額にするなど、計画の廃止を再考させるようあの手この手でマレーシア政府と交渉している」(マレーシア政府関係者)とされる。

 このこと自体、中国の劣勢状況を反映しているといえる。

 また先月には、米メディアなどが、中国がこの件に深く関与していたとされる2016年の会議の議事録を暴露している。

 それによると、中国が1MDB関連の巨額流用汚職疑惑の渦中にあったナジブ政権に対し、一帯一路への協力と引き換えに1MDBの救済を申し出たとされる。

 さらに、不正事件の捜査を中止させるよう、中国政府が米国政府に対して影響力を行使できると提案していたことも明らかにした。

 これに対しナジブ氏は、数カ月以内に中国の銀行がその資金を融資し中国人労働者が建設作業に従事することを条件に、中国国有企業との約350億ドルの鉄道・パイプライン建設契約に署名したという。

 そのプロジェクトには、マハティール政権が廃止を先月いったん決定したとされる「東海岸鉄道計画」や、ボルネオ島・サバ州に建設予定のパイプライン事業が含まれていたという。

 また、同会議では中国の軍艦をマレーシアの2つの港に停泊させるための極秘協議もされたと議事録に記されているという。

 中国が一帯一路を通じ、過剰債務に陥っている新興国や発展途上諸国への影響力や支配を強め、融資の罠をはびこらせ、軍事的目的を果たそうとする思惑が浮き彫りになった。

 折しも、マレーシアと中国の国交樹立は、今から45年前の5月31日。

 ナジブ首相の父親、ラザク首相(マレーシア第2代首相)と周恩来首相(当時)の間で、同じく中国の人民大会堂で調印されたものだ。

 実は、ASEAN(東南アジア諸国連合)と中国との国交樹立は、マレーシアが先陣を切る形で始まり、その後、各国が続く形となった。

 しかし、マレーシアのマハティール首相が中国へ反旗を翻したいま、ほかのアジア諸国も追随する勢いを見せている。

 中国は“新植民地時代”を友好国ラブソングに期待を込めたのかもしれないが、あまりに前途は多難である。

 (取材・文・撮影 末永 恵)

末永 恵





naha | 5時間前
世界的に見て完全にとん挫していない、オーストラリア、ニュージランド、カナダは危険水域、日本は中国人の土地・水源購入を制限せず地方から侵略が進んでる、危機感がなく政府が媚中だからマレーシアより危険。

190
3
返信0
dob***** | 3時間前
批判される事を恐れず発言します。

中国の世界的影響力は、すでに日本など凌駕しています。
なのに日本国民は中国がコケることばかり期待して、凌駕されている事実を分かっていても認められないだけではないでしょうか。

競争で抜かされてしまった現実は、聞く耳を持たずのではなく、認めた上で原因を突き詰め抜き返すにはどうすべきかを考えるべきです。

世界の人々は、日本のことなんて本当に知りません。今までお金を幾ら使ったか知りませんが、全くアピールできていなかったのです。

そろそろ目を覚ましませんか?

世界の動きに、もう少し敏感になりませんか?

60
19
返信2
ワラトルマン |2時間前
日本の発展の原動力は日本人の「勤勉さ」であるが
中国の発展の原動力は「法を無視」「スパイ」
「パクリを正当化」である
現在の中国の発展は決して称賛されるものではない。
製造している製品もすでに世の中にあるもの
ばかりで目新しいことは特になく、得意分野
もデジタル製品ばかりだ。
デジタル製品のようなデジタル信号で動く
機械は品質に左右されにくく、すでに部品が
世の中にたくさん流通しているので、だれが
作っても差が出にくいので中国でも売れる製品が
作れる。自動車のようにアナログの要素がのこる
分野は日欧米の足元にも及ばない。

11
3
ert |26分前
いや、日本の発展の原動力も、パクリから始まった。日本はかつてコピー大国と呼ばれたほど欧米の技術を模倣しスパイし、それがやがて自国の技術開発につながり高度成長のもととなった。戦争特需も重なった。勤勉さだけで成長したわけではない。裏を返せば今の中国も、パクリから始まったとはいえ、どんどん自国の技術開発が進むということ。いや、もうすでに進みまくっている。

5
1

ログインしてコメントを書く
ahopoppo | 4時間前
共産主義国が対外的には資本主義の仕組みを悪用して侵略を進めているのがなんともな。。。奴等があまりにやらかすので米国も出生地主義をやめるらしいし。国レベルでも個人レベルでも、『自由』にただ乗りして、自分の所だけは絶対に自由化しない。。。各国連携してテッテ的に封じ込めないと害悪しかない。

83
1
返信0
mn6***** | 8時間前
阿漕な高利貸し 。周回遅れの帝国主義。

186
3
返信3
y06***** | 4時間前
日本侵略計画は進行中です。
選挙では争点になりそうもないので
心配です。放置は危険すぎます。
インフラ、第一次産業はシャープのように
してはいけません。

95
1
返信0
aaa***** | 6時間前
それでも中国は決して諦めない。

130
1
返信0
sky***** | 5時間前
親日家のマハティール氏暗殺されるのではないかと心配になる記事でした。沖縄も似ているようで心配は尽きません。


tai***** | 5時間前
ほぼ頓挫ではまだまだ見通しは甘過ぎる。中国人を甘く評価しすぎ。中華思想のがめつさは世界の常識に当てはまらないので、油断大敵ですよ!

83
0
返信0
ミヤハル | 3時間前
日本もマレーシアを見習うべき。
与野党とも中国絡みの利権で甘い顔をしてきた。

31
0
返信0
JobimGilberto | 7時間前
それは良かった。気付いたら撲殺され食べられているところでしたね。

73
2
返信0
a17***** | 3時間前
まだ頓挫してないし諦めてもいない。警戒は緩めるべきじゃないね。

22
0
返信0
kte***** | 4時間前
政権が変われば風向きも変わる。
中国は水面下ではマハティール政権のスキャンダル探しに躍起だろう。
自滅だけは避けてもらいたい。

25
0
返信0
kin***** | 4時間前
マハティールさんが中国に暗殺されない事を切望する。マハティールさんの警護は厳重に!

28
1
返信0
samurai SPIRIT | 6時間前
アジアは目覚めている!

51
1
返信0
min***** | 2時間前
長過ぎ、
要は、ざま見ろって言いたいでしょう、
結局背後に米中の衝突があり、米中の間で左往右往だけではないか、
その中で日本の影響力が全く見られないのが残念ですね。
これを読んで少し楽になるなら結構です。

0
3
返信0
tak***** | 3時間前
中国には自治区という名の植民地がいっぱいあるけど?

14
0
返信0
wai***** | 1時間前
しっかり暴いて一帯一路とAIIBの危険性を世界に発信してね。


nqx***** | 1時間前
日本も早く目覚めて中国から撤退しなければ、しかしもう遅すぎかも知れない、市場を求めるならいくらでも別の国があるのに。

2
0
返信0
oot***** | 1時間前
インドがあってよかった。台湾・マレーシアなどの骨のある指導者が高齢になられて、心配は増すばかり。

2
0
返信0
犬猫以下男 | 8時間前
ちーごく共産党体制も今度は諸外国及び内部の抵抗勢力によって引きちぎられるといいょ。

80
1
返信0
ryo***** | 4時間前
アジアの覇権を握ろうなんて甘いわ!

16
1
返信0
off***** | 5時間前
習がどんなに旗振っても賄賂世界だから途中のポケットに入って中々完成しないよな。

28
1
返信0
ngi***** | 4時間前
中国の思考能力は19世紀の植民地時代だね~あまりにも遅れている…

24
0
返信0
dzm***** | 4時間前
マレーシアの勝ち

15
1
返信0
liu***** | 3時間前
中国が前途多難、よかったね。万歳!

6
1
返信0
hma***** | 3時間前
中華思想が抜けないんですね。
国名からも「中華」を除いたらどうです?

9
0
返信0
ymo | 3時間前
共産党がすべての国だから、こんな考えがまかり通るのだろう。



jai***** | 3時間前
冗談抜きにして、
今、中国は「習」王朝の時代です。
皇帝は もちろん習近平。そう考えた方が理解しやすいです。
国名も中華人民共和国というよりも
かっての「唐」や「明」や「清」みたいに
「習」と改名してくれた方がわかりやすいです。

アジア植民地構想が頓挫したとしても
アフリカ植民地構想、中南米植民地構想、中央アジア植民地構想、
太平洋島嶼植民地構想、インド洋島嶼植民地構想、
南極・北極植民地構想、宇宙空間植民地構想などが
まだまだ健在です。

「一帯一路」と無関係なところも入っていると
思われるかもしれませんが、もともと世界制覇・宇宙空間制覇を
を目指しているので さまざまな植民地構想を持っています。

2
1
返信0
mo***** | 5時間前
こんな記事書く奴、アホか?白人至上主義やめて、日本は事実上アメリカの植民地でしょう?中国を言うより、自分の方ちゃんと見ろう。なぜ植民地になったのか、反省しないのか?

2
9
返信0
投稿者 | 9時間前
まだまだ安心はできないぞ。ヤフコメですら中国の工作員が蠢いている。他人を陥れるのは、連中の得意技だ。

45
0
返信0
次の方どうぞ! | 6時間前
21世なんやけどなw
もうき臭ちゃん糞ちゃん菌ちゃん
だけで仲良くやっとけw

14
0
返信0
tak***** | 2時間前
経済でダメなら戦争しろよバカだなぁ^_^

第三次世界大戦で大惨事だ!

0
0
返信0
nak***** | 3時間前
ざまぁ!中国人は分かってねぇな。だれが、独裁国家になりてぇか(笑)

4
0
返信0
stv***** | 5時間前
今や中國は全ての国が 危険 危ない 赤い国中国
借金漬け 租借植民地にされる 警戒される中國となった

それでも オーストラリアの様に政府機関にチャイナマネーに取り組まれた国もアル

日本もあの自民の中にも 親中がいる 日本国を売るなよ
国民は見てる  
こんな国会議員は排除せよ

12
0
返信0
kar***** | 7時間前
中国人って言うヤツ等は今の時代でも漫画みたいな世界征服を考えているんだろうな。相変わらすオメデタイ思考しているね、中国人ってヤツ等は誰かに首根っこを押さえつけられないとおとなしく出来ない人種なんだよ。猿と一緒でボスに歯向かってやられると一旦おとなしくしているけど又ボスの座を狙うんだよね。中国人は優しくするとつけあがるし厳しくすると文句を言う、バカな民族だよね。



頑張れ日本 | 6時間前
中国は地球の癌国家。

能天気な我が国も、もっと注意して欲しい。

30
0
返信0
tek***** | 7時間前
中国国内に引きこもるべき
出歩くと周囲に迷惑 害悪を撒き散らす

36
0
返信0
mok***** | 2時間前
中国はナチス以上に巧みに、そして狡猾に世界中を侵略しつつあります。
民主主義国家は、一致団結し対抗しないと罠にはめられてしまうかも。

1
0
返信0
alf***** | 51分前
甘~い!!
中共がそんなに簡単にあきらめるわけないだろ。
手変え品替え、地下に潜ってでもやってくる。
そんな事も解らず下手な記事書くな。

1
0
返信0
kou***** | 3時間前
ばか記事ですね!
タイトルだけを見たら笑ちゃう。
まずは殖民地の意味を調べて。

0
1
返信0
whi***** | 5時間前
中国の本性が丸出し。飴と鞭で傀儡政権を作り徐々に蝕みいずれ主権を奪う行くやり方。まるで悪性の癌細胞。米国で生まれれば米国人の法律を悪用し大量の妊婦を送り込むやり方もいかにも中国らしい遠大な計画。日本だって気をつけないと、外人労働者が中国村を作りかねない。

18
0
返信0
sakuma | 3時間前
ホントに中国って、未だに世界征服とか厨二的思想を持つ唯一の国だよね。
時代遅れも甚だしい。
みんな、お互いの国を尊重してやっていく時代なんだよ。
南シナ海に軍を展開したり、インターネットで世界中の個人情報を収集しようとしたり、いつの時代のSF小説だよ。

0
0
返信0
通りすがり一言 | 2時間前
中共の植民地政策には、何故南朝鮮は非難しないの?日本が過去にやった統治は非難して中共が植民地をしようとしてるのには非難しないのかね?どうせ、もうすぐ北の植民地になる南朝鮮なんかどうでも良いね。

2
0
返信0
had***** | 8時間前
日本の大手マスメディアはこういう記事を出さないよね。
奴らもチャイナマネーで顔をはたかれているんだろうな。
社会の公器なんて大嘘でさ。カネに汚い癖にプライドだけは高い。

42
2
返信0
tus***** | 7時間前
シンガポール、マラッカに米国海軍駐留?? 沖縄、グアムと合わせて、日本へのシーレーン防衛。また、英仏も中国に対抗姿勢を見せている。緊張感が高まる南シナ海。東シナ海、台湾も当然、きな臭い。日本では安倍政権が唯一、危機感を持っている。国会での野党の主眼は国民無視、組合頼りの政権抗争を引き起こすことだけ。安倍総理一人のリアリズムだけでは心もとない。小野寺氏の活躍、補助を願う。


阿須凝閔酸 | 4時間前
半島の南北を支配下に置いただけで十分だろう。

11
0
返信0
kk_***** | 4時間前
日本は属国になる前にトランプ大統領に警告されて助かった。日本政府だけだったらインフラを乗っ取られていた。

8
1
返信0
fwb**** | 5時間前
かつて列強国にやられっぱなしだったので、自国が優位になった暁には、列強国のように振る舞ってみたいと思っていたんだろうな。中華思想だしな。金と力があれば何でも出来るという考え方。今時、軽蔑されこそすれ、尊敬はされない。

18
0
返信0
hid***** | 6時間前
国が戦前の体制のまま(笑)こんな古い国があるんだなあ。

25
1
返信0
5 | 7時間前
中国の悪だくみはつづく。永遠に。気を付けましょう。

38
0
返信0
zlf***** | 3時間前
中国自身が賄賂塗れですからな、途上国の政治家や役人を取り込むのは、簡単だったのでしょう。
計算外だったのは、マハティール氏に政権が奪われてしまった事。
中国の薄汚い手法が顕になり、中国への警戒感が途上国の間でも強まる事を願います。

0
0
返信0
har***** | 1時間前
中国、韓国とは付き合ってはいけない
世界中がわかるだろうに。。

2
1
返信0
みーちゃん | 5時間前
唯一植民地に戻る国があるので、そちらにシフトすればいい。
ね、朝鮮半島

11
0
返信0
kaw***** | 4時間前
中華思想に凝り固まってる状態だな。
中国は世界の中心にはなりえないし、これからもならない。
お金で人の心は買えない。

7
0
返信0
f**f | 1時間前
共産主義と植民地主義。中共は100年脳内構造が遅延している。
中身腐ってて救いようがない。







この記事についてブログを書く
« クソ韓国の暴言がエスカレー... | トップ | 歴代自民党腰抜け外交で>>... »
最近の画像もっと見る

国際紛争 国際政治 」カテゴリの最新記事