独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

地雷原フィリピン移住生活27年、ほとんどの外人が破滅する

人工透析、心臓が弱り、リウマチ身体が不自由

市川猿之助さん事件の分析、自殺教唆になるか?薬物入手経路で自殺幇助?

2023年05月20日 | 芸能ニュース
市川猿之助さん事件の分析、自殺教唆になるか?薬物入手経路で自殺幇助?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸人のほっしゃんにTwitterブロックされてた、我那覇と深田萌絵にもブロックされてたwww #ほっしゃん、#我那覇真子、#深田萌絵

2023年05月10日 | 芸能ニュース
芸人のほっしゃんにTwitterブロックされてた、我那覇と深田萌絵にもブロックされてたwww #ほっしゃん、#我那覇真子、#深田萌絵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸人のほっしゃんにTwitterブロックされてた、我那覇と深田萌絵にもブロックされてたwww #ほっしゃん、#我那覇真子、#深田萌絵

2023年05月10日 | 芸能ニュース
芸人のほっしゃんにTwitterブロックされてた、我那覇と深田萌絵にもブロックされてたwww #ほっしゃん、#我那覇真子、#深田萌絵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真鍋かおりがベトナムでボッタクられた、ベトナムのユーチューバーチカは良いことしか配信しない。#ベトナム、#ベトナムもぼったくり、#海外旅行ボッタクリ、#日本人は海外でカモ、

2023年05月07日 | 芸能ニュース
真鍋かおりがベトナムでボッタクられた、ベトナムのユーチューバーチカは良いことしか配信しない。#ベトナム、#ベトナムもぼったくり、#海外旅行ボッタクリ、#日本人は海外でカモ、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

深田萌絵背乗り主張に対する客観的分析血統主義、挙証責任、#深田萌絵、#背乗り

2023年03月07日 | 芸能ニュース
深田萌絵背乗り主張に対する客観的分析血統主義、挙証責任、#深田萌絵、#背乗り
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大川隆法追悼エル・カンターレ[ツイキャス] ひでぽよ熱帯ジャングル通信キャス!PCからキャス配信中 - / ひでぽよ熱帯ジャングル通信キャス (2023.03.02)

2023年03月02日 | 芸能ニュース
大川隆法追悼エル・カンターレ[ツイキャス] ひでぽよ熱帯ジャングル通信キャス!PCからキャス配信中 - / ひでぽよ熱帯ジャングル通信キャス (2023.03.02)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小室圭さん司法試験問題リーク?署名活動サイト検索不可能処置。

2022年12月15日 | 芸能ニュース
小室圭さん司法試験問題リーク?署名活動サイト検索不可能処置。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小室圭、司法試験問題リーク、署名活動サイト検索不可能処置された👹👹

2022年12月13日 | 芸能ニュース
小室圭、司法試験問題リーク、署名活動サイト検索不可能処置された👹👹
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久本雅美「私は公明党が大好きなんです!」

2022年12月12日 | 芸能ニュース

久本雅美「私は公明党が大好きなんです!」創価学会芸能人による応援演説の中身

12/12(月) 7:15配信
NEWSポストセブン

久本雅美は創価学会員として知られる

 党勢拡大のため、各政党の支援者が選挙に熱を入れるのは当然のことだ。その応援弁士が有名人ともなると、聴衆のみならず、陣営の士気も上がるというもの。創価学会の信者勧誘に貢献する芸能人たちは、公明党の「票集め」でもしっかりと広告塔の役目を果たしている。

【写真4枚】掌を上に向ける柴田理恵。他、山口代表、白ジャケット姿の岸本加世子も

 本誌・女性セブンは前号(2022年12月1日発売号)で、芸能人や芸術分野の仕事に携わる信者で構成される「創価学会芸術部」と芸能界とのかかわりを特集した。

 創価学会の元2世信者だったお笑い芸人の長井秀和氏(52才)も、かつて芸術部に所属していた1人だ。

「芸術部に所属する芸能人は、いわゆる広告塔であり、客寄せパンダのような存在です。選挙の際には、公明党の候補者の応援に駆けつけ、選挙カーの上に乗って街頭演説をしたこともあります」

 長井氏がそう話すように、政権与党の公明党の支持母体が創価学会であることは広く知られている。

 昨今、宗教団体と政治の繋がりに注目が集まり、公明党と創価学会の関係も「政教分離」を掲げる憲法に反するものだと指摘されることもある。しかし、それに対して公明党はホームページで次のように説明する。

《創価学会と公明党との関係は、あくまでも支持団体と支持を受ける政党という関係であり、(中略)憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。》

 このロジックに基づいて、選挙の際に芸能人たちは公明党候補の応援をしてきた。

 創価学会が運営する「SOKAチャンネルVOD」という動画配信サービスでも、“広告塔”の片鱗がうかがえる。VODとはビデオオンデマンドの略で、地上波テレビと違い、見たいときに映像コンテンツが見られる配信サービスのこと。番組は、池田大作名誉会長が折に触れて行ったスピーチ集や、創価学会の歴史を紐解く動画、創価大学の紹介や子供向けのコンテンツなど老若男女問わず活用しやすい構成になっている。

 中でも目を引くのは「VODセミナー」。お笑いコンビ・ナイツや久本雅美(64才)、柴田理恵(63才)、岸本加世子(61才)、山本リンダ(71才)などが集会などで語った自らの信仰体験やエピソードが収録されている。

 長井氏によれば、「創価学会の華」と呼ばれる芸術部は学会の会員拡大のために、数多くの“勧誘セミナー”に呼ばれるという。同様に、選挙の時節になると、規模の大小はあっても選挙活動が熱心に行われるのだという。

「みんなの願いをかなえます!」

「芸術部女性部長」という要職にある久本は、あまりの出没率の高さから“久本さんは5人いる説”が流れたほどで、選挙応援でも圧倒的存在感を放っていた。

 たとえ2007年の参院選。定数5議席に対し20人が出馬し、全国屈指の激戦となった東京選挙区には、山口那津男現公明党代表が立候補していた。最後の訴えに選んだのは初当選した選挙のときと同じJR池袋駅東口だ。ここで切り札のように登壇した久本は、駅前の聴衆を前に「美辞麗句より、政策と実績で選んでほしい」と絶叫した。

 また、同じ参院選で比例代表候補だった山本香苗氏(現職)の応援のために大阪入りした際は、地元での応援とあっていつも以上にフルパワー。

「東京から歯切りだして帰ってきました! 私は公明党が大好きなんです! 特にこの山本香苗ちゃん。みんなの願いをかなえます! お母さんがた。優しいし、頭いいし、綺麗だしね。ほんま言うことないんです。ま、私よりちょっと劣りますけども(笑い)」

 2009年の衆院選で、神奈川県内で唯一の公明党公認候補となった上田勇氏(現職)。議席死守のため、選挙戦最終日に駆けつけた久本は、必死の形相で「実績、実力はナンバーワン!」と盛大に持ち上げていた。当時の公明党代表の太田昭宏氏(元職)の元へも訪れ、選挙カーの上で柴田と並んで口角泡を飛ばしていた。

「当時の久本さんの肩書は“芸術部副部長”。2009年の衆院選で小泉チルドレンがことごとく落選し、公明党も太田代表が落選し政権交代。公明党は比例区でも前回より100万票近く減らし、10議席も失った。久本さんの神通力もここまでか、とささやかれていました」(政治部記者)

 芸能界での知名度に差はあれど、応援演説では久本と遜色のない盛り上がりを見せるのが、久本の実妹の女優・久本朋子(58才)だ。2004年の参院選では、西田実仁氏(現職)の応援のために埼玉入りしてこう笑いを誘った。

「埼玉には北も南も東もない。あるのは『西田』」

 久本と同じく、芸術部女性部長の岸本の応援歴は1990年代に遡る。1992年の参院選では、「子供の頃、いまは亡き母が障害者だったこともあって貧しかった」と5分間、自分の過去を赤裸々に語り続けた。1990年の衆院選では、神奈川県横浜市のスーパーで、雨が降りしきる中、500人以上の聴衆の前でスピーチ。

「私事で申し訳ありませんが、1月3日に母を亡くしました。そのときの葬式代にも3%の消費税がかかったんです。自民党は見直し論を唱えているが、私はこのような税制は絶対に許せない。廃止しかありません」

 当時は自公連立のはるか以前。聴衆の心に訴えかけ、対立政党への批判的な意見を主張し、候補者への支援を呼びかけた。ちなみにこの衆院選で公明党公認候補として千葉の選挙区から立候補した吉浦忠治氏(元職、2000年没)と森田景一氏(元職、2001年没)は、朝日新聞の「好きな芸能人は?」というアンケートに揃って岸本の名を挙げた。

 応援弁士として壇上に上がるのみならず、岸本は1995年の参院選で、魚住裕一郎氏(元職)について産経新聞の取材にも答えていた。

《名前の通り魚の住める、自然と人がともに生きられる住みやすい東京へ、人間味あふれる政治へと改革を進めてください。》

「本当に清潔な党なのです」

 国政選挙のみならず、地方選の応援にも奔走するのは当然のこと。1989年の都議選で、山本リンダは投開票後に朝日新聞のインタビューに次のように答えた。

《28人の全員当選を願っていたのに、残念ですね。(中略)公明党は立党以来福祉に力を入れてきているんです。政治は弱いものに光をあてるのが務めでしょ。福祉面での実績をあげればきりがないほどです。だから私は公明党が好きなのです。本当に清潔な党なのです》

 反省の弁まで述べるとは、さすがの“応援団”である。

 2004年の参院選で、沢雄二氏(元職)の応援には黄色の上着に白手袋姿で登場。

「テレビ局報道出身の経験で政治を身近にわかりやすくしてくれる」と名前を連呼し、ここでも「私は公明党が大好きなんです」と繰り返した。

 芸術部が担う大きな役割は、学会への勧誘や公明党の選挙活動だ。圧倒的な集客力を誇る芸能人の応援演説は、その知名度が高ければ高いほどものを言うのも事実。中には応援弁士がさらに別の“有名人”の威を借る例もある。

 2007年の参院選で、愛知県名古屋市内で街頭演説に立ったのは、1980年代から1990年代にかけて一世を風靡した「TMネットワーク」のギタリスト・木根尚登(65才)。木根も冒頭の「SOKAチャンネルVOD」にセミナー動画がある。

 演説では「東京から駆けつけてきた」と話しているものの、聴衆の反応は薄く……。そこで木根が繰り出したのは、「TMネットワーク」でユニットを組むあの人の名前だ。

「音楽仲間にも支持者は多いです。(中略)小室哲哉くんも、公明党の政策に共感して期日前投票で一票を投じてくれています!」

 学会芸術部の選挙応援は、政治活動というよりも、日頃の信仰活動の延長に近いのかもしれない。熱いエールは、信心深さの証ともいえそうだ。

※女性セブン2023年1月1日号


グルメレポーター・彦摩呂が聖教新聞の配達を始めていた 背景に創価学会の苦境が

12/7(水) 11:32配信
デイリー新潮
学会票がなければ一気に落選危機

彦摩呂

 12月2日、国民民主党の玉木雄一郎代表が年明けに入閣し、自公国で連立を組む可能性が報じられた。背景には、統一教会問題を受け弱体化を強いられる公明党、そしてその支持母体である創価学会の苦境が見て取れる。そんな中、ある有名人が昨年から聖教新聞の配達に従事しているという。

【写真を見る】必死の形相で公明党議員の応援演説を行う「久本雅美」「柴田理恵」

 ***

 今回の救済新法で公明党が反対する「マインドコントロール下の献金禁止」などについて自民党が配慮してきたのは、連立を組むに値するその強大な集票力が公明党にあったからだ。

 例えば、自民党東京都連の関係者はこう解説する。

「八王子市の大部分が選挙区の政調会長・萩生田光一さんは昨年の衆院選で約15万票を得ていますが、うち学会票は約4万4千票と3割弱も占めているとみています。また、同じく都下の東村山市などを地盤とする木原誠二官房副長官も、獲得している約12万票のうち学会票は約2万5千票。いずれも学会票がなければ、一気に落選の危機に瀕す数字です」

 とはいえ、近年はその集票力にも陰りが見える。先の参院選で公明党は比例800万票という目標を掲げながら、蓋を開ければ約618万票。2001年以降最も少ない数字だった。
彦摩呂が聖教新聞の配達を開始

 組織力の衰えは選挙に限らず、公称550万部の機関紙「聖教新聞」でも、

「2年前の5月から茨城県で聖教新聞の配達を読売新聞に委託することが話題になりました。聖教新聞の配達員は『無冠の友』と呼ばれ、『聖教の配達には折伏(しゃくぶく)と同じ功徳が現れる』と池田大作名誉会長も過去に話すほど、学会内で尊敬を集めてきた。しかし、この茨城の一件以降、配達を他紙の販売店に委託する動きが関西を始め、徐々に広まりつつあります。学会員のお婆さんが配達中に事故に遭うこともあったといい、高齢化した配達員の負担を減らすためという理由もあるのです」(創価学会に詳しいジャーナリスト)

 それゆえ、こんな意外な人も「無冠の友」に――。

「グルメレポーターの彦摩呂さんです。彦摩呂さんは熱心な信者として知られていましたが、コロナで仕事が激減。学会の副芸術部長として活動しながら、昨年1月から聖教新聞の配達を始めたそうです」(同)

 そのことを報じた聖教新聞の電子版では、彦摩呂が元気の源を記者に問われ、こう答えている。

〈やっぱりお題目と新聞配達。あとは、大きな声で笑うことやね!〉

 12月8日発売の「週刊新潮」では、自民党と国民民主党の連立話の背景にある麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長らの思惑、内閣改造のタイミング、さらに公明党の苦境などについて詳報する。

「週刊新潮」2022年12月15日号 掲載


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

{過去動画}羽賀研二、、、

2022年10月27日 | 芸能ニュース
{過去動画}羽賀研二、、、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

極悪小室圭、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子関与の疑惑明白!!日本の腐敗した後続!!水島情報兵は腹を切れ!SM監督!!

2022年10月24日 | 芸能ニュース
極悪小室圭、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子関与の疑惑明白!!日本の腐敗した後続!!水島情報兵は腹を切れ!SM監督!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小室圭さん、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子さま関与の疑惑も

2022年10月24日 | 芸能ニュース
小室圭さん、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子さま関与の疑惑も
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小室圭さん、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子さま関与の疑惑

2022年10月24日 | 芸能ニュース
小室圭さん、試験合格でNY州警察が捜査を開始!逮捕の可能性も!試験問題事前入手に紀子さま関与の疑惑
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

{過去動画、芸能}石田カズナリの因果。

2022年10月23日 | 芸能ニュース
{過去動画、芸能}石田カズナリの因果。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小室圭さん「3度目の受験」合否は…NY州司法試験結果、本人に通知

2022年10月21日 | 芸能ニュース
小室圭さん「3度目の受験」合否は…NY州司法試験結果、本人に通知
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする