独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

傷害事件開き直り…酷すぎる春日野部屋“隠蔽体質” 被害者証言で発覚、病院への紹介状没収

2018年01月31日 | 芸能ニュース
傷害事件開き直り…酷すぎる春日野部屋“隠蔽体質” 被害者証言で発覚、病院への紹介状没収
1/30(火) 16:56配信 夕刊フジ
傷害事件開き直り…酷すぎる春日野部屋“隠蔽体質” 被害者証言で発覚、病院への紹介状没収
春日野親方(写真:夕刊フジ)
 大相撲初場所(東京・両国国技館)は春日野部屋所属のジョージア人力士、西前頭3枚目栃ノ心(30)の初優勝で幕を閉じたが、同部屋で起きた傷害事件をめぐり、春日野親方=元関脇栃乃和歌=(55)らが部屋ぐるみで隠蔽工作を行っていた疑惑が浮上している。春日野親方は事件を日本相撲協会に報告済みとして開き直り、2月2日投票の理事選に最大勢力の出羽海一門から立候補し、当選する見通しだが、林芳正文部科学大臣(57)は徹底調査させることを明言。この親方を理事として認めていいものだろうか。

 2014年9月、都内の春日野部屋で入門7カ月の矢作嵐さん(22、当時19)が暴行され大ケガを負った事件は、加害者の元兄弟子(24)が傷害罪で起訴され、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定。昨年3月22日には、矢作さんが春日野親方と元兄弟子に3000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴している。

 春日野親方は、事件発生直後に相撲協会へ報告済みとして“隠蔽”を否定したが、有罪判決確定後も公表しなかった理由について「(被害者も加害者も現役を)もう辞めてますから」と発言している。

 しかし裁判記録によると、矢作さんは春日野部屋のさらに根深い“隠蔽体質”を証言している。

 暴行の翌朝、部屋付きの親方が腫れ上がった矢作さんの顔に驚き、「師匠(春日野親方)には風邪をひいたということにしておく。2、3日(稽古場に)下りてこなくていいから病院に行ってこい」と指示したが、矢作さんは健康保険証を入門時に春日野親方に預けており、「どうすれば病院に行けるかわからなかった」。

 当時は顔が腫れあがって口が開かず、思うように話すこともできない状況。水を飲むだけで口の中がしみ、食事もままならず、頭痛もあったため1人で病院に行ける状態ではなかったという。

 結局、春日野親方が受診させたのは両国国技館内の相撲診療所だった。相撲協会内の組織だが、なんと診療所には首から上を撮影するレントゲンがなかった。

 そこで別の病院への紹介状を渡されたが、付き添った部屋の若者頭に「預かっておく」と取り上げられ、結局その病院に連れて行かれることはなかった。

 矢作さんは実家に帰り、11日に大学病院に行き手術を勧められたが、部屋のマネジャーに「なんで勝手に話を進めるんだ」、春日野親方にも「勝手なことしやがって」と怒られたという。

 さらにマネジャーは病院側に「稽古中に負傷した」と説明。ついに矢作さんは引退を決意し「理不尽な理由で殴られてまで、やりたくありません」と説明したが、春日野親方は「持病があるから、しようがないな」と話をすりかえたという。

 矢作さんは「隠蔽しようとしていたことは明らか」と主張。相撲部屋は師匠が絶対的な存在のため、部屋付き親方、マネジャーも指示を受けていた可能性があるが、裁判記録をみる限りでは、部屋ぐるみで隠蔽しようとしていた印象が強い。

 暴行に至った原因を元兄弟子は、掃除などの雑用をきちんと行わず、手を抜く矢作さんに強い不満を抱き、そのころ別の新弟子が入り、しっかり自覚を持ってもらう必要があったと説明。

 若い衆を集めたときに、いない力士がいたため、矢作さんに呼びに行かせたところ、碧山(現十両)のマッサージをしていたところを中断させて呼んできてしまったため、立腹し暴行行為に及んだと明かしている。この程度のことで、大ケガを負うような暴力を振るったとすれば、師匠の指導力不足が問われても仕方がないだろう。

 評議員会の池坊保子議長は、解任されたばかりの貴乃花親方が2月の理事選に立候補し当選した場合、評議員会が認めるかどうかについて「評議員会は、理事会とは別個に、相撲協会の管理運営などが正しく行われるようにする機関。そのとき評議員みんなが知恵を出し合いながら進めていきたい」と明言を避けた。

 矢作さんの証言通りなら、春日野部屋の悪質ぶりは、協会への報告を怠ったとされる貴乃花親方の比ではない。

 「3年半前の事件を今さら蒸し返しても…」と同情する声もあるが、元兄弟子は現在も執行猶予中で、春日野親方とともに係争中でもあり、まさに“進行形”だ。

【関連記事】

白鵬に元後援会長が引退勧告「モンゴル帰って政界進出が一番いい」

2018年01月31日 | 芸能ニュース
白鵬に元後援会長が引退勧告「モンゴル帰って政界進出が一番いい」
1/30(火) 16:56配信 夕刊フジ
白鵬に元後援会長が引退勧告「モンゴル帰って政界進出が一番いい」
元後援会長の服部氏は、白鵬の右ひじにサポーターをしたかち上げに疑問を呈した(写真:夕刊フジ)
 初場所では立ち会いでの張り手やかち上げを封印して平幕に連敗、休場を余儀なくされた横綱白鵬(32)。2020年東京五輪まで現役を続ける意向を明らかにしているが、休場前の相撲を見た元後援者からは「スパッと辞めてモンゴルに帰った方が本人のためだ」と引退勧告も聞こえてきた。

 「あれがいまの実力。ずるいことをしなければ勝てなかったわけだ」

 神奈川県で白鵬が所属する宮城野部屋の後援会(現在は解散)会長を務めた横須賀エフエム放送会長の服部眞司氏(84)は、今場所の白鵬の相撲をこう表した。

 昨年12月の九州場所で平幕嘉風(35)に敗れた際、審判に抗議し1分以上も土俵に戻らなかった白鵬に対し、服部氏は「あれは横綱ではない」と指摘していた。初場所は、ふるまいだけでなく、実力でも頂点に立つのにふさわしくなかったとの見方を示す。

 白鵬は初場所前、横綱審議委員会から、張り手、かち上げを多用する立ち合いを「美しくない」「見たくない」と批判された。服部氏は「彼らは(日本相撲)協会のいいなりだ。いままで注意しなかったことの方がそもそもおかしかった」と、横審にも白鵬を増長させてしまった一因があるとみる。

 大関を務めたころの白鵬は「基本に忠実な相撲を取っていた」と評する服部氏だが、「長く稼いでもらいたいと考える部屋の人間から『張り手』『かち上げ』を入れ知恵され、変わっていったのだろう。それなしで勝てないと分かった以上、来場所以降は何を言われようが、再び同じ手を使ってくるに違いない」

 白鵬は東京五輪まで現役を続け、開会式で土俵入りを披露して引退したいと周囲に話している。野望を実現するためには服部氏の指摘する「最悪のシナリオ」も現実味を帯びてきそうだ。

 白鵬は「かち上げ」を繰り出す右手にサポーターをすることで知られる。服部氏は「プロレスではないが、次に出場する場所では相撲を取る前にサポーターの中を行事に確認させるくらいのことをするべきではないか」と皮肉を込める。

 自身の引退後について白鵬は「銀座にガラス張りの相撲部屋を開きたい」とも公言しており、現在でも宮城野部屋に3人の内弟子を預けている。服部氏は「もう十分に稼いだのだから、このあたりできれいに辞めなさいといいたい。モンゴルに帰って政界にでも進出して活躍する。それが本人にとっても一番よい選択なのではないか」

 恩人の言葉は白鵬にどう響くのか。

「われらが血肉で築こう新たな長城を!」成田空港で中国国歌歌い抗議 職員に暴行し中国人男逮捕

2018年01月30日 | 事件
「われらが血肉で築こう新たな長城を!」成田空港で中国国歌歌い抗議 職員に暴行し中国人男逮捕

1/30(火) 18:08配信 産経新聞
 成田空港で25日、航空会社職員2人を突き飛ばしたとして中国人旅行客の男(34)が暴行と傷害の疑いで逮捕される事件があり、多数の中国人が中国国歌を歌うなどして抗議する騒ぎになった。

 千葉県警成田空港署によると、男の逮捕容疑は25日午前3時ごろ、成田空港第3旅客ターミナルの搭乗ゲートへ向かうバスの待合所で、制限区域に立ち入ろうとしたところ、制止しようとした航空会社の男女の職員2人を突き飛ばし、女性職員(36)に左足捻挫の軽傷を負わせたとしている。

 男は前日の24日午後10時15分発の上海行きの格安航空会社(LCC)ジェットスター機に搭乗予定だったが、到着地の悪天候で欠航。待合所で一夜を明かし、翌日の振り替え便を待っていたという。

 中国メディアの報道や動画投稿サイトに投稿された映像によると、ジェットスター側の対応に不満を持った中国人乗客たちが騒ぎ始めた。

 職員に暴行した男を警察官が連行しようとすると、他の中国人が、阻止しようとしたり、「われらが血肉で築こう新たな長城を!」「中華民族に迫り来る最大の危機」「一人一人が最後の雄叫びを上げるときだ」「立て! 立て! 立て! 敵の砲火をついて進め! 進め! 進め! 進め!」などと中国国歌を歌って抗議した。

 中国人旅行客をめぐっては平成28年12月にも、大雪による欠航が相次いだ北海道・新千歳空港で大勢が騒ぎ、女性スタッフが押し倒される騒ぎがあった。

【関連記事】

フィリピンで腎臓

2018年01月30日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな
フィリピンで腎臓


退院して、通院の透析だが<<要領が分かり=早めに順番ボードに書く>>こうゆうことをNurseから教わる。


フィリピン人達は、フィリピンの透析に心配持つ=フィリピンの透析0k??などと我に言う。


大丈夫だ~~~~~。ここで、オフライン、、、、







安倍首相の危ない訪韓、卑劣な反日テロ警戒 室谷克実氏「韓国は常識では考えられない手薄な警備」

2018年01月28日 | 朝鮮エベンキ族
安倍首相の危ない訪韓、卑劣な反日テロ警戒 室谷克実氏「韓国は常識では考えられない手薄な警備」
1/27(土) 16:56配信 夕刊フジ
 安倍晋三首相は来月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に出席するために訪韓する。「従北・反日」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる「日韓合意の厳守」を確認するとともに、北朝鮮の軍事的脅威に対する「日米韓の連携強化」を強く申し入れる。韓国と北朝鮮の選手が共同入場行進で掲げる「統一旗」に、島根県・竹島(韓国名・独島)が描かれていないなど、やや現実的な対応もみられるが、懸念されるのが韓国の警備態勢だ。米国要人への襲撃事件も発生しており、最高度のテロ警戒が求められそうだ。

 「韓国警察庁 平昌冬季五輪の治安対策を点検」

 聯合ニュース(日本語版)は5日、このような記事を配信した。開会式が開かれる2月9日は、李哲聖(イ・チョルソン)警察庁長官が現場で総指揮を執り、選手村とすべての競技場に十分な警備人員を配置し、24時間体制で警備に当たるという。

 大会期間中は、警察特攻隊員を配置するほか、新型装甲車、ドローン抑止装置、サーモグラフィーなどの対テロ装備を配備。外郭地域の検問所39カ所にバリケードを設置し、テロ防止に注力するという。

 世界各国のアスリートやVIPが集まる「平和の祭典」だけに当然の対応だが、韓国では過去に、驚くような警備態勢の緩みが露呈している。

 2015年3月、ソウル市中心部で、マーク・リッパート駐韓米大使(当時)が、左派系政治団体代表の男に果物ナイフで襲撃された。リッパート氏は右頬からあごにかけて長さ10センチ超、深さ約3センチの傷を負い、約80針を縫う大けがを負っている。

 襲撃現場となった世宗(セジョン)文化会館は、韓国大統領府(青瓦台)や外務省、在韓米国大使館の近くで、厳重警備が敷かれていた。

 昨年11月、ドナルド・トランプ米大統領が訪韓した際は、約220の左派系団体が「反米・反トランプ」の集会を計画し、米国大使館周辺で一部が強行された。鉄壁の警備が行われていたはずだが、晩餐(ばんさん)会を終えてホテルに戻るトランプ氏が乗った大統領専用車がデモ隊に道を塞がれ、反対車線を逆走する事態が発生した。

 要人警護を行うSPを20年以上務めた元警視庁警備部の金井祐一氏は「韓国の警備態勢は考えられない。日本では要人の移動ルートは極秘だが、トランプ氏のケースでは情報が漏れていた可能性がある。日本では重要施設周辺でのデモや集会は認めない。韓国のように路上で行うなど、あり得ない。安倍首相の安全を確保するには、日本から同行するSPの人数を多くするしかない」と話す。

 韓国では、長年突出した「反日教育」が行われている。日韓間で問題が起きると、市民団体などが日の丸を燃やし、日本の首相に似せた人形の首を切り落とすなど、常軌を逸した行動をとっている。

 安倍首相の訪韓判断を受けて、「安倍首相の平昌五輪出席を歓迎する」(毎日経済新聞、25日)、「韓日関係への追い風を期待する」(ソウル新聞、25日)という報道もあるが、中には「韓日関係が今以上に悪化するのか、または関係改善の糸口となるのか」(朝鮮日報、24日)と懸念する声もある。

 「従北」の文政権を支持する左派系団体は、「日米韓の離間」を狙っているフシがある。そして、韓国は、日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根(アン・ジュングン)を「英雄視」している国家である。

 『韓国リスク』(産経新聞出版)を最近上梓した、ジャーナリストの室谷克実氏は「トランプ氏の乗った専用車がデモ隊に取り囲まれたニュースには驚いた。韓国にとって『最高の国賓』といえるのに、明らかに手薄といえる警備態勢であり、常識では考えられない。むしろ、(警備する側が)『恐ろしい目に遭わせてやろう』と思っていたのではないか。安倍首相の同行SPを増やしただけで、対応できるような国とは思えない。そもそも、行くべきではない」と話している。