独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

マセラティ40台も購入「道路は穴ぼこだらけ」

2018年10月14日 | 旅行
マセラティ40台も購入「道路は穴ぼこだらけ」

10/13(土) 19:16配信 読売新聞
 11月に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催地となるパプアニューギニアの政府が、各国首脳ら要人の送迎用に高級車マセラティを40台購入し、国民から不満の声が噴出している。

 政府が購入したのは、高級セダン「マセラティ クアトロポルテ」。1台1200万円以上の高級車で、イタリアから特別機で空輸した。

 パプアニューギニアは財政難に苦しんでおり、公立学校教師の給与カットや、ワクチン不足による伝染病の流行など、国民生活に大きく響いている。

 豪オーストラリアン紙によると、政府は「APEC終了後に民間企業に売却する」として、財政負担は軽微だと説明している。同紙は「現地の道路は穴ぼこだらけ。最高時速200キロ超の能力を発揮するのは大変だろう」と皮肉った。(ジャカルタ支局 一言剛之)


ota***** | 2時間前
まさかこういう国に日本は支援していないでしょうね?
間違ったカネを使い方をするような国に支援する程、
日本は裕福ではないですよ???



ひとりでたき火を見つめる「ソロキャンプ」 だらだら過ごすだけで癒される

2018年09月30日 | 旅行
ひとりでたき火を見つめる「ソロキャンプ」 だらだら過ごすだけで癒される

9/30(日) 0:20配信 DANRO
ひとりでたき火を見つめる「ソロキャンプ」 だらだら過ごすだけで癒される
ソロキャンプを楽しむ佐久間亮介さん(提供:with camp)
ひとりでキャンプをする「ソロキャンパー」と呼ばれる人たちがいます。ライターでブロガーの佐久間亮介さんもそのひとりです。現在28歳の佐久間さんがキャンプにハマったのは、学生だった東日本大震災の直後。ボランティアとして被災地を訪れたことがきっかけでした。

【画像特集】キャンプ好きが集まる「カートラジャパン2018」

「2011年の5月か6月、震災まもないころでした。ボランティアに参加するには『食べ物と寝る場所を自分で用意できる人』っていう条件があって、友だちが持っていたテントで泊まったんです」。そのとき、初めてテントで寝るという体験をしたといいます。

佐久間さんは、イラストレーターのこいしゆうかさんや、カメラマンの猪俣慎吾さんとユニット「with camp」を結成し、キャンプ関連の情報サイトを運営したり、アウトドアグッズのカタログを監修したりしています。

そんな彼らは、9月28日から30日まで千葉・幕張メッセで開催されている、も「クルマx旅」をテーマにしたイベント『カートラジャパン2018』で、with campとしてキャンプの楽しさを伝えるブースを出展していました。

「『ピクニックに行こうよ』『お茶しようよ』みたいな感じでキャンプに行く。僕らが目指すのは、それくらいナチュラルな状況」という佐久間さんとこいしさんに、ソロキャンプの始め方について話を聞きました。(土井大輔)

はじめの一歩は「個食個泊のみんなでキャンプ」から
ーーキャンプが好きな2人は、やはり子供のころからアウトドアに慣れ親しんできたのでしょうか。

佐久間:いえ。僕は震災のボランティアのときにテントで泊まるまで、キャンプをした経験がありませんでした。

こいし:私も完全にインドア派で。ゲームのRPGで1日10時間くらい平気で遊んでいました。

ーーでは、どのようにキャンプに目覚めたのでしょう。

こいし:私は以前、会社員で、営業事務の仕事をしていました。その同僚がキャンプに誘ってくれたんです。インドア派だったので、イヤだなと思ったんですが、会社はエアコンが効いていて、窓の外の風景はビルだけ。「季節を感じられることがしたい」と思っていたころだったので、行ってみたんです。そしたら、カップルとか老夫婦がのんびり星空を眺めたり、たき火したりしている。キャンプって子供とか家族のためのものだと思っていたので、イメージが変わりました。


「河原でみんなとワイワイ盛りあがるのとは、また違う」
ーー河川敷でバーベキューするような集まりではなくて、本格的なキャンプだったんですね。

佐久間:いま僕らがやっているのも、河原に集まってみんなでワイワイ盛り上がるのとは、また違うんです。

こいし:そこがなかなか伝わらないんです。ただただ、癒されるための時間を過ごす。そっち側でありたいんですよね。

ーーキャンプをするようになってからもうひとつ、「ソロキャンプ」をするというステップがありますね。そこにはどんなきっかけがあったのですか?

佐久間:僕は就職して会社員になってから、キャンプ道具一式を買って、本格的にキャンプをするようになったんですが、2年で会社を辞めて、友だちとキャンプで日本じゅうを旅したんです。そのなかでバックパックを背負ってひとりで沖縄に行ったんです。それが僕のソロキャンプの始まりでした。そこからですね。

こいし:私は「女性のひとり旅」に対する憧れがあったんですが、計画を立てて行動するのが苦手で。宿を予約するのも苦手。キャンプだったらもっと自由に行けるかなと思ったのがきっかけです。

ーーソロキャンプって、思い立ってすぐに簡単に始められるものですか?

こいし:まず「ソロキャンプスタイルで、みんなでキャンプする」というのをやりました。

ーーどういうことですか?

こいし:私はこれを「個食個泊」と呼んでいるんですが、友だちと集まるものの、自分の食べ物は自分で用意して、自分で用意したテントで寝る。自己完結型のキャンプ、いわばソロキャンプの練習会ですね。それで何回か経験を積んでから、ソロキャンプを始めました。

ーーなるほど。ただ、ひとりでテントに泊まるのは危険な気がします。どのような点に注意しているのでしょうか。

こいし:あらかじめ、キャンプ場の管理人に「ひとりで泊まります」って伝えます。すると、家族連れが泊まっている場所を教えてくれるんです。あとは、隣のテントのご家族にひとりであることを伝えておけば、何かあったときにすぐ気づいてもらえると思います。

佐久間:ソロキャンプも基本的にキャンプ場に泊まるので、ソロキャンパー同士で会話が生まれることが多いんですよ。「その道具、かっこいいですね」みたいなところから。

ーーひとつのテントで友だちと一緒に寝るキャンプとソロキャンプ、どちらが楽しいですか?

こいし:ソロのほうが気楽ですよね。グループキャンプって、わかっている人がわかっていない人をおもてなしして、わからない人はその人を頼り続けるという構図ができてしまうんです。そうじゃなくて、さっき話したような「個食個泊」スタイル、テントや食事はそれぞれが準備するという、そういうキャンプが楽しいんです。もちろん、たまに友だちと一緒に寝るのもいいんですが、夜中にトイレで起きたとき、隣で寝ている人を起こしてしまうのも申しわけなくて。

ひと晩じゅうでも向き合いたい たき火の魅力に気づくとき
ーーソロキャンプを始めるにあたって、おすすめの場所ってありますか?

こいし:一度行ったことのある場所がおすすめです。友だちと一緒に行ったところに、今度はひとりで泊まってみる。私自身は、そうやって選びました。

佐久間:具体的な場所でいうと、「北軽井沢スウィートグラス」とかいいですね。この前、仕事で行ったんですけど、同行した人が「ここなら、ひとりでも寂しくないね」って言ったのが印象に残っていて。よく、「ソロキャンプって寂しくないの?」って言われるんですけど、最初のうちは、周りに人がいるけれど、ひとりになれる空間もある場所で、楽しむといいんじゃないでしょうか。

ーー実際、夜に寂しくなることはないんですか?

佐久間:夜はたき火をするんです。たき火を見つめながら、酒を飲む。季節的にはちょうど今ぐらいがちょうどいいですね。

こいし:暑い季節だと、たき火の気持ちよさがまったくないんですよ。たき火って、日常にはないものですけど、たき火の魅力を知ると、「あ、これ、ひとりでひと晩じゅうたき火していたい」って気持ちになるんです。そこがソロキャンプの入り口としてはでかいなって思います。

たき火って、お肉を焼くときに遠赤外線で焼くみたいな、じんわりとした暖かさがあるんですよ。映画なんかで見る、暖炉の前で編み物をするおばあちゃんみたいな感じになるというか。それにたき火は、明かりになったり、暖かくなったり、調理に使えたりする。人間の本能みたいなものが、そこに反応するといいますか。

佐久間:枝を燃やしたり松ぼっくりを燃やしたりして「火を育てていく」ところに、男心がくすぐられるというのもありますね。

ーー持っていく物が多くて、車を持っていないと難しいんじゃ……というイメージもあります。

こいし:車がなくても問題ないです。徒歩キャンプといって、電車で移動してキャンプ場に徒歩で向かうというのもあります。ただ、今回の「カートラ」というイベントにからめて言うと、私はキャンプを始めてから車を買いました。友だちにはバイクを買ったという人がいます。キャンプするようになると、行動範囲が広がっていくので。

佐久間:食べる物はキャンプ場近くの道の駅で買うとか、コンビニでカップラーメンを買うとか、そういうところから始めても構わないと思います。

ーーそこまでしてソロキャンプをする、その魅力はどこにあるんでしょうか?

こいし:部屋にひとりでいるくらいなら、ひとりでキャンプしているほうが気が滅入らなくて済みます。

佐久間:こいしさんがときどき言ってるのが、「土日を家でだらだら過ごすと、時間の喪失感がすごい」と。でもキャンプをしていると、同じようにだらだらしていても「キャンプだ」って言える。

こいし:ただ寝て食べてるだけなのに「キャンプをしたな」って気持ちになれる。

佐久間:その感覚は、ソロキャンパーのなかで持っている人が多いと思います。ソロキャンパーっていうと、「アクティブ」だとか「ストイック」っていうイメージを抱く人が多いんですけど、やってることはほんと、つまみを作ってぐだぐだ酒を飲んでるだけってことがあるんですよね。

(著者プロフィール)
土井大輔(どい・だいすけ)
ライター/編集者。出版社勤務ののち、株式会社コーエーテクモゲームスでTVゲームの開発に従事。7年間働いたところで、ようやく自分が会社勤めに向いていないことに気づき、フリーランスとなる。趣味は、ひとり飲み歩きとノラ猫の写真を撮ること。好きなものは年老いた女将のいる居酒屋。


… | 18時間前
キャンプ用品ひと通りあると災害の時心強いかも

104
3
返信3
got***** | 16時間前
「キャンプなら〇×しなくてはいけない」などと考えるマニュアル人間のなんと多い事か

ダラダラするのにも才能が要る
意外と知られてないよね

87
3
返信1
baj***** | 11時間前
いいことだけど 来たときよりも美しく。を肝に命じて 自然を楽しみましょう。じゃないと 日本の風潮ですぐ禁止。

34
0
返信0
nya***** | 9時間前
その道具かっこいいですね、の会話からって悪くはないけど。
自己満足で満たされるキャンプならやりたいなって思うけど、いつしか道具を見せびらかしたり道具自慢の場所になってしまうと残念で。
人があまり居ない所は怖いしちょうどいい場所があったらいいなぁ。
焚き火は見ていて飽きないし星空を見上げながらゆっくりワインとチーズなんて最高だわ。

10
0
返信0
kor***** | 11時間前
一度、泊まりキャンプしたときに夜もみんな寝静まった時間に、別の家族キャンパーの女子中学生がゴムひも付きテニスをやり初めてパコーンパコーンとサイト中に鳴り響き、無茶苦茶眠たかったのにその音で寝られずぶん殴りに行こうかと思った。
親がいるのに注意しないのかと思った。
他の人の迷惑にならないように気をつけようと心がけない非常識な人がいますね。

39
0
返信1
qua***** | 11時間前
新潟県の蓮華温泉キャンプ場で、時々ソロキャンプを楽しんでいるものです。かまどもありますし、水も豊富、が何と言っても、上り20分で天上の楽園温泉につかれます。秋の季節は人も少なく、景色よく紅葉を眺めながら、カモシカがそばまで寄ってきたりすることもありました。下界でしこたまビールを用意して、風呂につかりながら解凍した枝豆とともに、一杯やるのが私の至高の楽しみです。

26
1
返信0
**** | 11時間前
家でダラダラじゃなく、キャンプでダラダラってすごくわかるし良いなって思う。
自分も青春18切符期間中は日帰り小旅行に毎週末行く。片道4時間以上で現地には1〜3時間。周りにはアクティブと言われるが、電車の中でダラダラ本読んだりスマホ見たり睡眠とって現地ついたらランチしてお菓子やお土産買って帰ってくるだけ。家で何もしないで寝て過ごすよりは、日帰り旅行行ったっていう何かしてる感がある。キャンプも組み合わせたら最強、家に一人でいるよりマシな安上がりにダラダラしてるだけなのにリア充に見える週末かも

28
0
返信0
受け口ですが何か? | 19時間前
ソロキャンプの練習って良いですね。 興味があるんですが踏み出せない私の様な人にはもってこいかも。

55
6
返信2
fpb***** | 8時間前
渓泊しています。自分で釣った魚を焚き火で焼いてウイスキーをチビチビストレートで呑む。
10年以上やってますが熊は遭遇したことありません。蚊は焚き火の煙で居なくなります。朝に川の水で入れたコーヒーが最高です。

7
0
返信0
nya | 9時間前
近くの1000m少しの山にも立派な山小屋があるので、そこを利用して星見をしたくなった。しっかり暗いかどうか今度見極めにゆこう。
OKなら軽い望遠鏡のセットとテントを用意してキャンプをしよう。
なんか楽しみが出来たな。



是正勧告の出た「奈良の村八分」に反響 「自治会とは呼べない」「田舎は理想郷じゃない」

2018年09月26日 | 旅行
是正勧告の出た「奈良の村八分」に反響 「自治会とは呼べない」「田舎は理想郷じゃない」

9/26(水) 9:46配信 弁護士ドットコム
是正勧告の出た「奈良の村八分」に反響 「自治会とは呼べない」「田舎は理想郷じゃない」
画像はイメージです(プラナ / PIXTA)
奈良県天理市内に転入した夫婦が遭った壮絶な「村八分」ーー。奈良弁護士会は「不合理な差別的取扱いで人権侵害にあたる」として、自治会に対し、8月27日付で是正勧告を出しました。

この「村八分」を取り上げた弁護士ドットコムニュースの記事(『恐ろしすぎる村八分…全くの孤立状態、葬儀にも来てもらえず 奈良県内自治会に「是正勧告」』https://www.bengo4.com/internet/n_8576/)が大きな反響を呼んでいます。

ツイッターでは、「村八分じゃなくて村十分」「葬式にも来ないんじゃ村九分じゃねえか。村八分よりひどい」「自治会費を払わせておいて自治会に入れない?そういう組織は自治会と呼べない」「折角来てくれた人たちを排除するかのような行為」など、自治会に対する批判の声があがっています。

また、「田舎への幸せな幻想を抱いた都会人って多いよね。ガチの田舎は何故人口減少に苦しんでいるのかよく考えたほうが良い」「田舎は理想郷じゃねえよ。クソみたいに閉鎖的」「自治会などに関わってはならぬ」など、カントリーライフを考える人に警鐘を鳴らす投稿も少なくありません。

●壮絶な村八分体験「邪魔物を排除する力が強い」

村八分をめぐっては、過去に掲載した記事(『若者の地方移住、地獄の「村八分」には要注意…政府白書は「関心高い」と指摘するけど』https://www.bengo4.com/other/n_8123/)でも、村八分にあった場合の法的請求について濵門俊也弁護士が解説し、多くのコメントが寄せられました。

ある40代の女性は、地方独特の閉鎖性から村八分を懸念し、次男を生家の養子にすることを断ったそうです。女性は「あんな閉鎖性の高いところにはやりたくありません」「子供達が生まれ育ち、今も住んでいる地域の感覚で移住したら間違いなく村八分です。あの濃さは程よい交流に慣れてしまうと拷問でしかありません」とコメントしています。

また、ある40代の男性は、敷地に空き缶が捨てられる、回覧板をわざとポストの上に置かれる、挨拶を無視される、すれ違いにそっぽを向かれる、昔からある商店でタバコの銘柄を言うと、ないと言われ売ってもらえないなど、陰湿な村八分にあった体験談を寄せています。

別の40代男性は、「田舎は、地元民による汚職や横領や会社の私物化が当然になっていて邪魔物を排除する力が強い。田舎に転勤して、田舎の人達に排除されて人生も生活もキャリアもボロボロになった」と壮絶な村八分に耐えかね、長年勤めた大企業を辞めたほか、マイホームも捨てて上京したそうです。

ほかにも、地方に移住し、村八分にあったという声が多数寄せられました。

「ゴミ出し時には、いちいち細かくチェックされたりと煩わしさを感じますし、ご近所やら集落同士の関係が密」(30代・女性)

「20年位前Iターンで田舎に行って、感覚が合わずにその数年後脱出しました。他の方が書いているように、区費が高い、請われて消防団に入ったは良いが、訓練のあと強制的に遅くまで飲酒、地元の活動には強制参加、祭りでは神輿を担ぎましたが、重すぎて肩を痛めました」(40代・男性)

「田舎では地主のような権力者や先生と呼ばれる人以外は『皆と一緒であること』を、とにかく求められます。地元を出た人間が戻ってきても『地元を捨てた裏切り者』として、余所者扱いされることもあります」(40代・女性)

「やっぱり田舎のあの人間関係はまっぴらごめんで、癒されに行きはしても住む気にはなれない」(40代・男性)

このような体験談に対し、ある60代以上の女性は「村八分、村八分と皆さん言っているけど、こんな事が、村八分なら、田舎暮らし無理です」と指摘していました。

●自ら「村八分」を選択する移住者も

中には、密接な関わり合いを忌避するため、自ら村八分を選択したという内容のコメントも寄せられました。

ある30代の男性は、「強制的な感じで、消防団に入れ!入らなければ罰金を払え!町内会から抜けるならゴミを出すな!と言われましたがもちろん全て断りました。消防団は強制で入るものでもないですし、罰金なんて必要ないでしょ?税金を払ってて指定のゴミ袋を買ってゴミを捨てるなと言われる筋合いもない」と、自ら地域のルールに従わないことを選択したそうですが、煩わしいご近所づきあいがなくむしろ良かったと考えているそうです。

また、ある50代の男性は、「はっきり言って、『村八分』にしてもらった方が楽な場合もあります。近所の人が死んだら、何日も仕事を休んで葬儀の手伝い行けますか?正月から年末まで、季節ごとにある祭礼の準備もしかり。たまの休みも返上ですよ。お金も出さないといけませんよ。神社の修復、祭りの費用、その他。ある人は夜逃げするくらいお金に困ってたのに、情け容赦なく寺院修復費の分担金として数十万円をむしり取られてました。村八分がつらいって、ホントにそうですか?」と、村八分に対して逆のイメージを持っているようでした。

●「郷に入っては郷に従え」村八分にあった人への批判も

「移住者が、自治会の決まりを嫌がって、自治会に入らない場合もあるように思えるのですが」(60代以上・男性)など、村八分にあう地方移住者に対する批判的なコメントもありました。

ある30代の男性は、「郷に入っては郷に従え、そんな言葉があるくらいだから、日本はもともと閉鎖的なんだよ。特に田舎は田舎の価値観があってそれを大事にしてる。相容れない奴を除外して維持するんだろ。それが嫌な奴は田舎から都会に出ていくし。自由気ままに田舎暮らししたかったら、別荘地とかいいんじゃない?」と、地方の考え方への理解を求めています。

また、実際に地方で暮らしているという50代の男性は、「村八分になったのではなく、自身から溶け込まなかったのではないでしょうな?田舎には、お祭りや古くから伝わる行事など住民が大切にしている文化もあります。それらを蔑ろにして部落行事には参加せず住居するのはどうかと思います。各家への広報配布やゴミステーションの掃除も住民が交代で実施している集落が殆どです。住民は新しい仲間を求めています。楽しいカントリーライフは仲間作りから始まります」と、地方での生活について一面的な見方をすることに対して疑問視するコメントを寄せていました。

弁護士ドットコムニュース編集部

仏のIT技術者「ペルーさん」日本の田舎暮らし満喫「山を購入、まき割り生活」

2018年08月26日 | 旅行
仏のIT技術者「ペルーさん」日本の田舎暮らし満喫「山を購入、まき割り生活」
8/26(日) 8:30配信 神戸新聞NEXT
仏のIT技術者「ペルーさん」日本の田舎暮らし満喫「山を購入、まき割り生活」
IT技術者として働きながら、田舎暮らしを満喫するペルーさん=姫路市安富町杤原
 「世界的なIT企業に勤めるフランス人が近くに住んでいる」。そんな話を聞いたのは、兵庫県姫路市北部の安富町で取材中のことだった。世界遺産の姫路城周辺ならまだしも、お世辞にも便利とはいえない山あいの集落。耳を疑いつつ、地元住民に案内を頼むと、国境も時差も飛び越えて驚きの生活を送る「ペルーさん」がいた。(伊田雄馬)

【写真】2018年住みたい街ランキング 姫路が近畿1位に

 安富北地区連合自治会長の古井重次郎さん(70)いわく「東京から移住してきた、4カ国語を操るフランス人」「山を購入し、まきを割って生活している」。

 聞けば聞くほど興味が湧く。古井さんに連れられ、同町杤原の安富北小学校にほど近いログハウス風の民家を訪れた。

 「ペルーさーん」と来慣れた様子で門を入る古井さん。「はーい」という声とともにTシャツに短パン姿の大柄な男性が現れた。

 彼の名はペルー・フレデリックさん(47)。米国に本社を置く世界的なソフトウエア会社のIT技術者だ。

 フランスのボルドー出身。日本文化に興味を持ち、10代から独学した日本語を自在に操る。「ミシマ、カワバタ、タニザキ」。指を折りながら、教科書代わりにした文豪の名を挙げた。

 2003年ごろ、希望かなってフランスから東京に転勤。都心での暮らしは刺激的だったが「人と人との摩擦に疲れた」。パソコンひとつでできる仕事だったこともあり、日本人の妻と小学生の息子を連れて田舎への移住を検討し始めた。

 安富町を選んだ理由はいくつもある。新幹線の走るJR姫路駅まで1時間圏内で「関西国際空港がある大阪までも遠くない」。空気がおいしく、ホタルがすむ清流があり「気候も食べ物も違うが、故郷に似た雰囲気を感じた」

 日々の暮らしは多忙を極める。毎朝午前4時に起床。お昼ごろまで約6時間、米国の本社と電話やメールで会議などを行い、夕方までパソコンに向かう。一部購入した裏山から木を切り出してまきを割ったり、近所を自転車で散策したりするのが気晴らしだ。

 地域の祭り行事にも積極的に参加。「みんなと協力しながら文化を作っていくのがとても楽しい」とにこり。米国本社へ転勤の打診が来ても「ネコがいるから行けない」とジョーク混じりにかわす。

 ペルーさんは「この場所にはポテンシャル(潜在能力)がある」とも語る。進む人口減少、コンビニは5キロ先など条件的には恵まれていないが、裏を返せば「立派な家を安く手に入れられる」ということ。町の魅力を海外にPRしようと、フランス語のブログで日々の暮らしをつづっている。

 「人見知りはしないし、明るい性格で周りを和ませてくれる」と古井さん。取材を終え、年齢確認のために生年月日を尋ねると「46年4月-」。なんと、和暦で答えてくれた、根っから日本好きのペルーさんだった。

【関連記事】
「住みたい田舎」の近畿2強 但馬2市が熱い火花
赤穂でお試し暮らし住宅好評 1年半で9人移住
関西一住みやすい街1位は尼崎 交通便利、物価安く
山里のマイスター、田舎のコンビニ 大人気巻きずしは祭りが原点
“王者”がなぜ? 住みたい街、芦屋が急落10位>

「日本人とドイツ人は似ている」なんて大ウソ 在住者が実感

2018年08月20日 | 旅行
ドイツ人はポカーン 「日本人とドイツ人は似ている」なんて大ウソ 在住者が実感

8/20(月) 6:50配信 デイリー新潮
ドイツ人はポカーン 「日本人とドイツ人は似ている」なんて大ウソ 在住者が実感
「日本人とドイツ人は似ている」なんて大ウソ(※写真はイメージ)
安倍政権とナチス? 
 朝日新聞の社説「わたしたちの現在地 深まる危機に目を凝らす」(7月29日付朝刊掲載)は、同紙の鉄板ともいえる政権批判が展開されている。そこでは、「安易に対比することはできない」と言いながらも、現在の政権や官僚たちの振る舞いがどこかナチスに通じるところがあるのではないか、という問題意識が提起されている。

 安倍首相とヒトラー、安倍政権とナチスを比較するといった試みはこれまでにも数多くなされてきた。当然のことながら、わざわざ持ち出す以上は「似ている」と言いたい人がほとんどであるが、これには異論も多い。
 こうしたネガティブな比較とは別に、日本人の中にはドイツ人に対して妙なシンパシーを持つ人は少なくない。「私たちはどこか似ている」と思っているようなのだ。

 かつての同盟国だったから、という理由ではないだろう。それならばイタリア人だってそう言われそうなものだが、「あの人、イタリア人みたい」と言われる際には、別の意味合いが生じることが多い。
 ドイツ人と聞いて浮かぶ「勤勉」「職人肌」「規則を守る」といったイメージが、どこか日本人に近い、というのが「似ている」と思う人の心にあるのだろう。

 ドイツ在住で、現地からブログなどを発信しているフリーライターの雨宮紫苑氏は、よく「ドイツ人と日本人って似てるんでしょ?」と言われることが多いという。移住前からそういう話を聞いており、雨宮氏も何となく「じゃあ暮らしやすいんだろうな」と思っていたそうだ。
 しかし、実際に住んでみたらまったくちがった。雨宮氏がドイツ生活をもとに書いた初めての著書『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』には、実体験をもとにした「いかにちがうか」に関する興味深いエピソードが紹介されている(以下、引用は同書より)。

規則は他人のためならず
 雨宮氏は、日本人がドイツ人に抱いている「規則を守るマジメな人」というイメージが、そもそもちょっとズレている、と指摘する。

「ドイツ人が規則を守るのは、(日本語的な)マジメさからではない。ドイツは規則を破った人にはトコトン厳しく、規則を守ることが絶対正義とされている国なのだ。
 以前住んでいた家のとなりにある小学校は、市民楽団の練習場でもあった。夜23時を過ぎても同じ曲をひたすら繰り返し練習していたり、日曜日でも活動していたりして、本当に辟易していた」

 そこで雨宮氏を含めた近所の住人(当然ドイツ人)は、「静かにしなくてはいけない休息の時間」に関する法律を調べ、時には通報し、時には直接文句を言いに行って、毎回やめてもらっていたという。

「相手がなんと言おうと、規則を味方につけたもの勝ちなのだ。
 ドイツではこういった小競り合いは日常茶飯事で、そのたびに『賃貸契約書を確認しよう』『これはこの法律違反』『証拠をそろえて窓口に行くぞ』となる。
 相手が規則を破っていれば、『おいこれを見ろ。ここにこう書いてあるだろう。君が悪いんだぞ』と言える。日本のように、『こちらも困ってるのでご理解いただけませんか』『すみませんがこうしていただけませんでしょうか』なんて下手に出る必要はない。規則を守っているのが正義なのだ。
 つまりドイツでは、自分が不利な立場にならないために規則を守るのであって、必ずしも『マジメだから』とは言えないのである」


再配達はしません
 したがって、日本式の「マジメさ」を期待するとえらい目に遭うこともある。たとえば公共交通機関は日本ほどの「マジメさ」を持たない。要は他の諸外国と同様、ルーズなのだ。

「バスや路面電車は、5分程度の遅延なら『定刻』という認識だ。バスなんて、遅延しすぎて次の便の方が先に来ることもある。ドアが壊れただの停電しただの、理由もわからず電車が線路に立ち往生することだって日常茶飯事。以前、終電が200分遅延と表示されていたにもかかわらず、15分後に来たこともあった」

 郵便配達のクオリティも高くない。ある日、雨宮氏宅のポストに不在票が入っていた。両親が冬服を送ってくれたのだ。再配達を依頼すると、「あしたかあさってに届ける」とのこと(これだけでもかなりアバウトだ)。
 2日間、自宅にこもって待っていたが届かない。再度連絡すると、どうやら配達担当者が忘れていたようだ。電話に出た担当者は「わたしは連絡したのに向こうがやっていないのよ」という態度。
 結局、何度も連絡を取り、ようやく受け取れたのは最初の配達から10日後のことだった。しかも、よほど大きなものでない限り、そもそも再配達はしてもらえないのだという。

「適当にガソリンスタンドなどに配達されるので、後日自分で取りに行かなくてはならない。ガソリンスタンドまでバスを乗り継いで延々と歩いて1時間以上かけてIKEAの棚を取りに行き、タクシーで帰ったなんて経験もある。
 ドイツはしっかりしているイメージかもしれないが、とんでもない。このように交通機関や配達などは、なかなか堂々と雑である。
 それでもなぜ問題にならないかと言えば、怒ったからといって電車が早く来るわけでも、荷物が早く届くわけでもないからだ。待っていればいつか来る。そう思わないとやっていけないし、実際そうやって生活がまわっている」

 宅配便の遅配程度でチェーンソウを振り回すような輩までもが出てくる日本では考えられないことが珍しくないのだ。

 改めて、著者の雨宮氏に話を聞いてみた。

「今回、本を書いたきっかけの一つが、『日本人とドイツ人って似てるよね?』という言葉を日本ではやたらと聞くのに、ドイツに来たら全然似てなくてびっくりしたからでした。実際、ドイツ人に『似てるよね』って言うと、ポカーンとされるか、『戦争の時のこと?』と返されるのがオチなんです。
 日本ではドイツにシンパシーを感じる人が多くて、『ドイツから働き方や教育制度を見習うべき!』という声をよく聞きました。でもドイツにはドイツの問題があって、日本には日本の文化や価値観がある。それを無視して優劣を語るのって、ちょっとちがう気がします。それぞれのちがうところを見て、なぜそうなっているのかを考えてはじめて見習ったほうがいいことや、下手に見習うと大変なことが見えてくると思うんです。どっちが優れているとかそういうことを言いたい人もいるようですけど、そんな簡単な話じゃなくて、比べてみたらどっちもどっちかなあ、というのがわたしの結論です」


初フランスのボアソナードを招聘して起草したが、あまりにもリベラルで(市民革命の歴史がある)明治政府が、強権的中央集権政治のドイツを見本にして明治憲法などが制定された経緯がある。

この様な歴史的経緯から日本人共がドイツにシンパシーを抱くことと成った。明治以降の近代化はエゲレスとドイツの工業テクを輸入して成功した。

市民革命を経験しない後進性、民族の幼稚性には共通項が有るようだ。

また、ドイツの前身であるフランツ王国時代から隣のフランスに比してひどく貧しい国だった事が第一次大戦での敗戦、賠償問題などでドイツは疲弊して第二次世界大戦でドイツが目の色を変えてナチスに傾倒して侵略を開始した点などもニッポンのアジア侵略と似ている。

即ち貧しい国ほど軍国主義、覇権主義と成る傾向がある。



海外語学留学など三ヶ月では身につきませんわ。観光自己満足遊び。

2018年08月18日 | 旅行
生まれた時からとは言わないが、幼稚園から英語で特定科目を教える。
それもネイティブから!!ニッポンにだけ住んでた日本人英語教員では駄目。

海外語学留学など三ヶ月では身につきませんわ。観光自己満足遊び。

成人したパーソンなら海外に何年か住んで仕事でもすれば0k。喋れないと生きていけないからさ(笑)頑張んなさい。

以上、海外在住25年の経営者




英会話が上達するために、日本人に絶対必要なこと
8/18(土) 13:00配信 現代ビジネス
英会話が上達するために、日本人に絶対必要なこと
写真:現代ビジネス
日本人の英語上達に必要なもの
 僕はいま、南太平洋に浮かぶ島国、フィジー共和国で語学学校を2校運営しています。北半球が夏休みの今は一番学生が多い時期なのですが、日本人を中心に韓国人とかロシア人とか500人くらいが南の島で英語を学んでいます。

 語学学校を初めて14年、2万人くらいの卒業生がいます。その実績を買われて、なぜかフィジーの国立高校2校の運営もフィジー政府から任されています。

 フィジーは英語のみを公用語としていて、物価が途上国レベルという、いまや世界でも本当に珍しい国です。

 教育レベルにおいても高等教育進学率95%の日本にまでは及びませんが、軒並み60%を切る欧米を遥かにしのいだ85%の進学率を持つなど、とても教育熱心な国でもあります。

 それよりなにより、2018年ギャロップ社発表の『世界幸福度指数』ナンバーワンに選ばれているのがフィジーなのです。

 気候も人も温かく、とにかく明るいホスピタリティーにあふれた人たちの国。フィジーの人たちは道を尋ねられれば、手を引いて目的地まで連れて行ってくれたり、ついでに自分の家にお茶に招いたりする。イギリスの旅行雑誌でも長年、世界一ホスピタリティーの高い旅行先に選ばれています。そしてかなりの親日国です。

 こんなフィジーで日本人を中心に、韓国、ロシアなどから来る高校生、大学生、社会人に英語を教えるようになって、僕には一つ確信していることがあります。

 日本人が英語を使いこなすのに本当に必要なのは、ただの「英語学校」ではなく、英語を教える「性格矯正学校」だということです。

 といっても、なにも洗脳するわけではありません。ひと言でいえば、心のスイッチを入れてあげる学校が必要だということ。ちょっとした意識改革で日本人はあっという間に英語が上達すると思うのです。

ガラパゴス化している日本の英語教育
 日本人が英語教育の問題を語る際、「日本の英語教育は文法重視だからダメだ!」とか、「発音が矯正できなくなるから、幼少からの英語教育が必要だ!」などという話をよく聞きます。

 これらの意見は本当に的を射ているのでしょうか? 
 日本国内には、お馴染み駅前の英語教室はじめ、オンラインの英会話教室があり、書店やネットにはCD・DVDなど英語教材が溢れています。それでもそれらの学習手段を使って、「英語力がものすごく伸びました」という人に、僕はほとんど出会ったことがありません。

 また、「日本人にはグループレッスンよりも(料金は高いけれど)マンツーマンレッスンが!」などという宣伝文句もよく耳にします。これも怪しい。

 口数の少ない日本人が、1時間のマンツーマンレッスンで、耳にする英語、口にする英語よりも、グループレッスンで、日本人が犯しがちな英語のミスなどの指摘を、グループ内の他の生徒の間違いも含めて、教師から受けるほうがずっと理に適っています。

 ズバリ言うと、世界の語学学校のスタンダードと比較して評価するなら、日本の英語教育は“ガラパゴス化”しているのです。

 世界の英語教育(英語以外の言語教育も)は、年々、教え方・カリキュラムともに向上しているにもかかわらず、日本国内の英語教育はどこかおかしなベクトルに進んでいるのです。

 僕は仕事柄、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オセアニアなど、世界のいろいろな語学学校を視察してきましたが、テキスト・教材は、どこの学校でも同じようなものを使っています。

 イギリスの「ケンブリッジプログラム」というものがほぼスタンダードで、世界の語学学校のほとんどがこのプログラムを採用しているのです。もちろん、カリキュラムの3割程度は、文法、読解、発音の授業など。それも世界でもスタンダードです。ところが日本でこのプログラムを採用しているところは本当に少ない。

 会話重視(中には教材も使わないものも多い)の長所のみを強調した日本国内の英会話教室に通い、容姿がイケメンなだけの文法も理解していない外国人教師(有資格者は少ない)から英会話を学んだとしても、正直、それは目の保養だったり、趣味の域を出なかったり……。

 本当に英語を使えるようになるには、どう学ぶべきなのか? 

世界一「シャイ」な日本人
 世界の語学学校で、日本人の学生と他の国の学生を比較すると、解決の糸口に気が付きます。

 まず、手を挙げて自分から発言する外国人の学生に比べ、日本人の学生は口数も少ない。教師が言っていることがたとえ理解できなくても、恥ずかしくて質問することすらできないのです。

 それに、せっかくの外国生活の機会にもかかわらず、同じ日本人の学生同士が固まって行動することが多いというのも日本人の特徴です。

 これは語学学習のプログラムの問題でしょうか? 
 それとも我々日本人が根元的に持つ内気な性格の問題でしょうか? 
 僕の経営する語学学校では、13年前からまずこれらの点に着目し、人前で話すことを『恥ずかしがる』日本人の学生に、人前で英語の歌を唄わせたり、ダンスを踊らせたりということを入学当初にさせてみることにしました。

 少しスパルタですが、そうすると、こちらが期待していたよりもはるかに良い結果が得られたのです。

 彼らは12名くらいが1つのクラスで一緒に学ぶのですが、まずその小さなコミュニティの中で、『恥ずかしがる』ことがなくなりました。誰もが積極的に発言するようになり、ディベートレッスン(討論の授業)などでは、日本語では、こんなに意見を主張しないだろうと思えるおとなしそうな日本人学生が、自分の言葉で自分の意見を言うようになったのです。

 もちろん、まだたどたどしい英語を使って、です。

 恥ずかしがることがなくなると、授業が終わった後の時間の使い方も大きく変わりました。バス停で帰りのバスを待っている間に知らない現地の誰かに話しかけたり、話しかけられたり。

 自分がホームステイしている家族以外の、例えばスーパーマーケットで普通に買い物している知らない買い物客にも英語で話しかけるようになったのです。

 我々日本人は他の外国人と比べると、比較的というよりは、断言できるレベルで確実にシャイ(恥ずかしがり)です。日本語でコミュニケーションを取っていても、自分の意見を言うべきか考えた末、発言しなかったり、本当は質問したいのにできなかったり――みなさんにも身に覚えがあるのではないでしょうか。

 性格矯正にはどのような環境が必要か? 
 これを日本国内でやろうと思っても、かなり難しいでしょう。目立てば打たれる的な文化のあるこの国では、自分がいくら性格を矯正したくとも、やはりそれは多勢に無勢です。

 短い期間でも構わないので、凝り固まったシャイな性格を“壊す”ために、やはり海外で過ごす必要があると思うのです。

 で、ここからは宣伝臭~くなってしまうのですが、正しいこと、タメになることだと信じているからビジネスをしているわけで、どうかご容赦を。

診察中の患者の顔に流れ弾が命中 ブラジル・リオ近郊の病院で

2018年08月12日 | 旅行

診察中の患者の顔に流れ弾が命中 ブラジル・リオ近郊の病院で

8/12(日) 19:34配信

AFP=時事
診察中の患者の顔に流れ弾が命中 ブラジル・リオ近郊の病院で

ブラジル・リオデジャネイロの郊外ニテロイでギャング掃討作戦を行う軍の兵士(2017年8月16日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】犯罪がまん延するブラジル・リオデジャネイロ郊外のニテロイ(Niteroi)で11日、病院で診察を受けていた女性患者(61)の顔に流れ弾が命中した。警察当局が明らかにした。

 リオデジャネイロ州警察の発表によると、女性は11日朝、病院内で弾丸に当たったという。

 女性の息子はニュースサイトG1に対して、手術前の検査を受けているところだったと明かした。

 親類の話によると、女性の容体は安定しているが、視力の一部もしくは全てを失う可能性があったという。【翻訳編集】 AFPBB News
【関連記事】

スラム街ツアーのスペイン人観光客、警察の発砲で死亡 ブラジル
世界一シェフが貧困者向けレストラン開設、ブラジル・リオ
【AFP記者コラム】流れ弾
グーグル、中国で検索事業計画=再参入へ検閲受け入れ-米報道
英ワールドファースト、中国の第三者決済事業参入へ=上海市


NYでウーバーなど制限へ 渋滞やタクシー運転手自殺受け

2018年08月10日 | 旅行

NYでウーバーなど制限へ 渋滞やタクシー運転手自殺受け

8/10(金) 0:47配信

Fuji News Network

フジテレビ
[ 前の映像 | 次の映像 ]
アメリカ・ニューヨークで、台頭する配車サービスに歯止めがかかった。

ニューヨーク市議会は8日、ウーバーなどの配車サービスが市内で営業するために必要な免許の新規発行を1年間停止するほか、運転手の最低賃金を設定する条例案を可決した。

ニューヨークでは、配車サービスの車両台数が、2015年の1万2,600台から、8万台に激増し、慢性的な渋滞の原因の1つになっていたほか、収入が減ったタクシー運転手の自殺が相次ぎ、規制を求める声が高まっていた。

市民は、「職場に行くのに、毎日ウーバーを利用する。条例案には納得いかない」と話した。

デブラシオ市長は、「今回の措置は、渋滞をもたらす車両の流入を止める」として、近く条例案に署名する見通し。

成立すれば、アメリカで初めて配車サービスに規制をかける都市となるが、ウーバーは、「数少ない信頼できる交通手段を脅かすものだ」との声明を出し、反発している。





Jjjjjgfffhh | 11時間前

ニューヨーク在住ですがタクシーの運転手の質と料金はひどいです。UBERやLyftはクオリティが高い。評価が低いと資格停止なので。
市民は明らかに綺麗で安いUBERを好んでます。海外のこういった記事のコメント欄を見てください。タクシードライバーも早々とUBERに移って儲けている人もいます。損したドライバーは高額なタクシー営業権を買ってしまった人たち。

808 91

返信16
ful***** | 8時間前

これまであぐらかいてたタクシードライバーにも責任あると思う。自分たちで改善向上してないから新規参入者にあっという間に客を取られる。一度使われたらもう選ばれないからジリ貧。日本で同じ構造にはならないかもしれないけど、利用者側からは、サービス向上が期待できるかな。

549 77

返信5
sil***** | 10時間前

日本でも本格的にウーバー解禁なるなら、
自分もやってみようと思う人は多いと思う。

442 119

返信8
mil***** | 11時間前

アメリカはどこの都市に行ってもリフトを使ってる。Uberは会社自体が微妙なので。
ほとんどのドライバーはUberもLyftもやってるけど。
タクシーは高いし汚いし対応も殿様商売で運転も荒いのが多い。
綺麗な車のLyftで$20の距離をタクシーなら汚くても$80とかするし。
誰もタクシー乗らなくなって当然。

188 15

返信1
fuk***** | 5時間前

アメリカ在住だけど、もう使うのはもっぱらウーバー。悪いけれど、何言ってるか分からない態度の悪い移民のドライバーばかり(そのくせ要チップ)のタクシーを使う気にならない。悪いサービスの仕事がただ淘汰されてるって話では?

64 8

返信1
ぽぽろん | 8時間前

日本じゃ無理。
2種免許の意味がなくなる。

147 25

返信4
tea***** | 11時間前

去年、アメリカに行ったときにウーバーでお世話になりました。英語がわからなかったので運転手の方とコミュは取れなかったけど、アプリは使いやすくて助かりました。こういったツールが無くならないようにうまい方法を考えていけたらいいですね。

124 12

返信0
mel***** | 9時間前

タクシー運転手がウーバーすれば?

113 18

返信2
yos***** | 4時間前

日本にもそのうち同じサービスができるかな。
規制があるから難しいと思うけど。

7 3

返信1
Thr-640 | 4時間前

メキシコ在住、自家用車じゃない時はUberを使う。
タクシーはタクシーメーターをわざと使わなかったり、外国人と見るとふっかけてくるし、運転も乱暴なのでもうよっぽどじゃない限り使わない。
でも最近私の住む街でもUberの規制がかかってきている。タクシー運転手からの圧力だろうな。
でもタクシー使った強盗(もちろん運転手もグル)やら殺人、下手したら変なところに置き去りにされるとかよくあるから、誰もタクシーに乗りたくないわけよ。

夏に急増!ロンドンで毎日狙われる日本人 「演劇型」ニセ警官詐欺の手口がこれだ

2018年08月04日 | 旅行
夏に急増!ロンドンで毎日狙われる日本人 「演劇型」ニセ警官詐欺の手口がこれだ

8/4(土) 11:34配信 FNN PRIME
夏に急増!ロンドンで毎日狙われる日本人 「演劇型」ニセ警官詐欺の手口がこれだ
キングスクロス・セント・パンクラス駅付近で多発するニセ警官詐欺
犯行現場はキングスクロス駅周辺
「毎日のように日本人の被害者が出ているんです。この夏、急に増えた印象です」在英日本大使館スタッフは困惑気味にこう話した。特に、観光客をターゲットにした悪質な盗みが頻発しているという。

夏休みシーズン、イギリスに海外旅行や短期留学など計画している方もいらっしゃると思う。その他にも欧州に出かける予定のある人は、是非気を付けていただきたい話だ。

犯行場所は、キングスクロス・セント・パンクラス駅周辺が多いとのこと。この駅はフランスに向かう電車「ユーロスター」の起点で、多くの人が利用する。大英博物館や、多くの店が並ぶカムデン・マーケットも近く、日本人観光客もよく訪れる場所だ。

ニセ警官詐欺の手口
手口はこうだ。

1: 観光客を装った外国人が日本人に近づく。「大英博物館に行きたいんだけど、どうすればいいかな」と声をかける。

2:日本人観光者は、親切心から自分のスマホで場所を調べてあげる。その間少し、外国人とも会話を楽しむ。

3:そこにニセ警官が登場。2人にむかって「私服姿だが警察だ。麻薬密輸関連の捜査中です。捜査に協力いただきたい。」それらしい質問をしながら、まず外国人に、身分証明書とクレジットカードを見せるように言う。

4:すると外国人は「喜んで協力します」と言って、身分証とクレジットカードをニセ警官に渡す。

5:これを見た日本人は、「英国ではこれが当たり前の捜査なのか」と思ってしまう。ここでニセ警官は日本人に対し、「あたなも身分証をみせなさい」と声掛け。さらに「これだけでは確認ができない。クレジットカードの暗証番号は?」などと畳み掛ける。
すっかり本当の警察官と信じ切ってしまい、すべて正直に話してしまうというのだ。

6:ニセ警官は、その情報でクレジットカードを不正利用。またニセ「捜査」の際に、財布を調べるフリをしながらクレジットカードや現金を盗むこともあるという。

夏に急増!ロンドンで毎日狙われる日本人 「演劇型」ニセ警官詐欺の手口がこれだ
駅周辺にはセキュリティースタッフがいるので、非常時には彼らに助けてを求めて!
日本人の素直と従順さを“狙う”
どうしてこんな手にひっかかる?と思う人もいるかもしれないが、旅行中は時差などもあり、自分の想像以上に集中力や体力が無くなる。その結果、いつも通りの判断ができなくなる。また「警察だ」と言われれば私たちはやはり臆してしまう。私たち日本人の素直で従順なところを、この連中は狙ってくるのだ。

大使館関係者によると、連日2~3件の被害報告が入ってくるという。一見、数字は少なく感じるかもしれないが、日本人を狙った犯行が日常的に起きているわけだ。大使館スタッフは「多くの人たちは被害にあっても旅行中は時間がなく連絡してこない。これは氷山の一角だ」と指摘する。

この犯行は古典的な手口だが、この夏、急激に増えている印象を受けるという。イギリスは今年、歴史的な熱波が襲来し、ロンドンらしくない晴天の日が続く。陽気につられて、悪いヤツらもロンドンに繰り出しているようだ。

日本大使館では、このような場合は、警察官のID番号を提示するよう尋ねることに加え「警察官がクレジットカードの提示を求めたり、暗証番号を聞くことはない」として、万一、この手の連中に遭遇したら周囲の人に助けを求めるよう呼びかけている。


二人乗りの小型バイク「モペッド強盗団」にも注意
このほかにもリージェンツパーク近くの日本人駐在員とその家族が住むような閑静な街でもスマホのひったくりが多発。

また多くのブランドショップが並ぶオックスフォードサーカス駅周辺でも二人乗りの小型バイクが歩道にまで乗り上げ、後部座席にいる人間が、スマホやバッグをひったくり逃走するという「モペッド強盗団」による事件が多発している。

旅の前に情報確認を
このような悪質な盗みには十分気を付けてほしい。イギリスのみならず旅行の前に、訪問する国の日本大使館の「安全マニュアル」などを確認し、どういう事に気を付ければよいか是非確認いただきたい。

そして最も大切なのは命の安全。たとえば上に書いた小型バイクのひったくり犯は往々にしてナイフなどで武装している。追い掛けるなどしたら返り討ちに会う恐れもある。まずは身の安全を確保することが第一だ。命だけは取り戻すことができない。

と、ここまで色々書きましたが、一年近く私はロンドンに暮らしているものの、いまだに不慣れでヒヤッとすることがよくあります。しかし、事前に少しでも街の情報を仕入れておくだけで、身の安全は大きく変わってきます。
旅行に出かける方は気を付けながらも、必要以上に恐れることなく是非楽しんでください。
皆様の夏の旅が素晴らしい思い出になることを心からお祈りしながら、この記事を書きました。


(執筆:FNN ロンドン支局 支局長 立石修)




22歳女性を40人が4日間にわたりレイプ インドの宿泊施設で

2018年07月22日 | 旅行
22歳女性を40人が4日間にわたりレイプ インドの宿泊施設で
7/21(土) 19:37配信 AFP=時事
22歳女性を40人が4日間にわたりレイプ インドの宿泊施設で
インド・ムンバイで、レイプ事件に抗議する活動から(2018年4月13日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】インド北部ハリヤナ(Haryana)州のゲストハウスで、22歳の女性が4日間にわたって40人の男にレイプされていたとされる事件があり、警察はゲストハウスのオーナーと支配人を逮捕した。当局が20日、明らかにした。

 警察幹部がAFPに対して明らかにしたところによれば、女性は知り合いからこのゲストハウスで仕事を得る約束をもらっていた。

 だが女性は監禁されて薬を飲まされ、4日間にわたり多数の男にレイプされたと、被害届に記載されているという。

 インドでは全国各地で性的暴行事件が相次いで発生しており、公式統計によると毎日110件近くのレイプ事件が報告されている。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
赤ちゃんをレイプされた父親、容疑者少年の両手を切断 インド
インド、性暴力被害者の支援施設を全国に開設へ
駅員は全員女性 社会規範打ち破って少女らに夢を インド

インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320人逮捕、警官発砲で11人が死亡

2018年07月17日 | 旅行
インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320人逮捕、警官発砲で11人が死亡
7/17(火) 0:29配信 ニューズウィーク日本版
インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320人逮捕、警官発砲で11人が死亡
ジャカルタの治安を守る警官はライフルを携帯することも。REUTERS/Dadang Tri
8月のアジア大会開催を控えて首都ジャカルタの犯罪取り締まりが強化された。抵抗すれば射殺止むなし、という「殺しのライセンス」まで出されたが──
インドネシアの首都ジャカルタの治安を預かる首都圏警察は、7月3日にスタートした首都圏での強盗、窃盗、ひったくり、スリなどのいわゆる路上犯罪を集中的に捜査取り締まる「特別捜査強化作戦」の成果として532件の事案を摘発、捜査。その結果320人の容疑者を逮捕し、抵抗や逃走を試みた容疑者52人に対し警察官が発砲し、11人が死亡したことを7月13日明らかにした。

関連動画はこちら

これは首都圏警察のアルゴ・ユウォノ報道官が明らかにしたもので、ジャカルタでは8月18日から日本の選手団も参加する「アジア大会」が予定されていることから、選手や応援団、観光客が安全にジャカルタ市内を移動、観光できるようにと首都圏警察トップの肝いりで始まった「特別捜査強化作戦」の成果を示したものである。

7月3日以降、ジャカルタ市内には管区警察官からなる13チーム、首都圏警察官で構成される3チームの計16チームの警察官1000人が投入され、市内各所で警戒、摘発を続けている。

そして投入された警察官に対しては首都圏警察のトップから「容疑者が事情聴取や逮捕の際に抵抗したり、逃走あるいは武器を使用したりした際には断固とした措置を現場で取るように」と発砲、射殺も止むなしとの厳しい姿勢への指示が出されていた。

■射殺は11人、いずれも適正な銃の使用

こうした警察官への「殺しのライセンス」発効については7月5日掲載の「インドネシア、首都の強盗増加に強硬姿勢『抵抗すれば射殺!』」でも報告しているが、警察官の射撃の腕の問題があり、不安や懸念の声が上がっていた。

今回発表された数字をみると、容疑者52人に対して警察官が発砲している。そしてそのうちの11人が結果として死亡、残る41人の容疑者は発砲が威嚇射撃に留まったのか、銃弾を受けたものの死亡に至らなかったのか、詳細について警察は明らかにしていない。

ただアルゴ報道官は「捜査にあたった警察官や路上犯罪の被害者、周辺の一般の市民らに危害が及ぶ恐れがあった場合にのみ銃を使用している」として、銃器の使用はいずれも適正で問題はないとの立場を強調している。

首都圏警察ではジャカルタ市内のいわゆる「路上犯罪(ストリート・クライム)」をいくつかのカテゴリーに分類して対処している。

主に通りでバイクに乗って歩行者を狙う「路上強盗」は刃物などの武器を犯人は使うことが多い。家人の留守の昼間や就寝中の夜間に民家、商店を狙う「空き巣」、民家や商店に押し入り武器で脅して金品、バイク、車両を盗む「強盗」、武器は使わずバイクに乗った2人組の犯人が歩行者やバイク後席の人のカバンやバックを奪って逃走する「ひったくり」、そして人混みや公共交通機関内で気づかれずに携帯電話や財布を盗んで徒歩で逃走する「すり」などである。


かつては日本人も路上犯罪の被害に
かつては陸橋や横断歩道で日本人が「ハンカチ落としましたよ」と声をかけられて指さした後方を見ている隙にズボンなどのポケットから財布や携帯がすられ、慌てて追いかけようとするが複数人がいて犯人が分からず、親切な人がたぶんあっちに逃げた男が犯人と教えてくれる、という手口の被害が相次いだ。声をかけた人、盗んだ人、親切に教えてくれた人、全員てがグルであり、決して犯人は捕まらなかった。

日本大使館に近いタムリン通りの陸橋や横断歩道、日本人が多数宿泊するタムリン通りやスディルマン通りにあるホテル周辺の陸橋や横断歩道などでこうした路上犯罪が頻発。日本大使館は「たとえ近距離でも信頼できるタクシーか運転手付きの車での移動を心がけてほしい」と注意を喚起した時期があった。

■市民にも自己防衛策を呼びかけ

7月3日からスタートした特別作戦では、6日までの最初の3日間で69件の事案を摘発して73人を逮捕、27人の容疑者に対して発砲したものの死者は報告されていなかった。そしてその後12日まで10日間で、摘発件数の総合計は強盗、空き巣、車上荒らし、暴力行為など532件に達したとしている。

この数字はあくまで警察官が現認したり、通報を受けて現場に駆けつけたりした場合、さらに目撃情報に基づいた捜査の結果であり、警察が認知していない犯罪、いまだに検挙に至っていない犯罪の件数を勘案すると、首都ジャカルタの路上の治安がいかに悪いか、が浮き彫りとなる。

それだけに警察では周囲への警戒の徹底と同時に、歩行者やバイク後席の同乗者はリックやバッグを肩掛けにしたり前方に抱えたりするなどのほか、腕時計を外し路上では携帯電話の使用を控える、ズボンの尻のポケットに貴重品を入れない、などの自己防衛策を市民に呼びかけている。



エベレストで横行する「不必要な救助」、ヘリ利用で保険金搾取

2018年07月14日 | 旅行
エベレストで横行する「不必要な救助」、ヘリ利用で保険金搾取
7/14(土) 9:06配信 AFP=時事
エベレストで横行する「不必要な救助」、ヘリ利用で保険金搾取
ネパール・ルクラの空港を飛び立つヘリコプター(2018年4月13日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】ネパールのヒマラヤ山脈で働く登山ガイドらは、訪れる登山客らに「問題の兆し」があるのを見つけると、すぐにヘリコプターを利用して下山するよう強く勧める──。その背景にあるのは、高額となるヘリコプターでの「不必要な救助」によって大金を手にすることを狙った関係業者とガイドたちとの癒着がある。内情に詳しい関係者らが話した。

【関連写真】エベレストで負傷者を運ぶ人々

 今回、AFPの取材で分かったのは、1回のヘリコプターの利用に対して複数回分の請求が行われていたり、若干の体調不良でも登山客らにヘリコプターを利用するよう半ば強制したりする業者が複数存在していることだ。このような手口を通じて、数万ドル(数百万円)が保険会社から不正に支払われているという。

 こうした行為に加担するガイドらには、登山客がヘリコプターを使って下山するたびにリベートが支払われる。疲れの見える登山客らにヘリコプターの利用を勧め、その一方で保険会社に対しては、それが救助目的であったと申請するという。

 こうしたケースは数多く見られ、たとえ登山客に何ら問題がない様子でも、ヘリコプターのパイロットはそれが「救助」であると報告するのだ。

 英国に本拠を置く「トラベラー・アシスト(Traveller Assist)」は、世界の旅行保険会社の代理で医療救助を行っている。同社ののジョナサン・バンクロフト(Jonathan Bancroft)氏は、「これは詐欺に等しい金儲けで、ネパール全体で大規模に行われている」と語る。

 トレッキング関連のサービスを提供する旅行会社は、トレッキングそのものよりも、登山客をヘリコプターで下山させることによって発生する見返りを通じて、より多くの金銭を得ている。こうした現状は、同国最大の観光の目玉であるヒマラヤ山脈での救助要請の急激な増加にも影響を与えている。

 トラベラー・アシストによると、ネパールへの旅行者をカバーする旅行保険会社は2017年、ヘリコプター救助が驚異的な件数に上ったことから過去最大の支払額を計上した。さらに今年は、それをさらに上回るペースとなっているという。


ネパールではヘリコプターの運用を監視する中央管理センターが存在しないため、このような「下山」目的の利用がどれだけあるのかを正確に把握することは難しい。

 しかし過去6年間、エベレスト周辺の上空はヘリコプターの航路と化しており、業界のデータによると、その数は約6倍に増えたという。各機体の年間飛行時間は1000時間を超えるとされる。

 地域の小さな診療所で働いているタニシュワル・バンダリさんは、「以前はだいたい2、3日に1機しかヘリコプターを見かけなかったが、今は1日に10機ほど見る」と話す。

 他方で、匿名を条件にAFPの取材に応じたある外国人操縦士は、登山シーズンがピークを迎える4月と5月、今年はほぼ毎日登山客を救助したと述べたが、「シーズン全体を通して本当に体調が悪そうだったのは3人くらいだと思う」と明かした。

■「嘘をつくよう言われた」
 オーストラリアからネパールを訪れた登山客のジェシカ・リーブスさんは、2017年10月にエベレストのベースキャンプ近くで風邪の一般的な症状を訴えた。すると、付き添いのガイドからヘリコプターで下山するよう強く勧められたという。

 AFPの取材に応じたリーブスさんは、「もしこのまま続けると非常に危険なことになりかねない。リスクを負うよりもすぐに下山した方がいい」と言われ、ガイドから「ヘリコプターに乗るよう何度も勧められた」ことを明らかにした。

 リーブスさんによると、同じグループの登山客9~10人は、最終的にヘリコプター3機に分乗してカトマンズに戻ったという。しかしこの時、各自が別々のヘリコプターで下山したと言うよう指示されたという。

 この下山をめぐり、現地旅行会社「ヒマラヤン・ソーシャル・ジャーニー(Himalayan Social Journey)」は、各登山客が契約していた保険会社に費用を全額請求し、その過程で3万5000ドル(約390万円)を着服したとリーブスさんは主張する。


「彼らは私たち全員に、保険会社に嘘をつくよう求めた。それぞれのヘリコプターには3~4人乗っていたのに、1人ずつしか乗っていなかったと話すよう言われた」

 ただ、リーブスさんの保険契約はすでに失効していたため、この件で保険金の請求は受理されなかった。

 これに対して、ヒマラヤン・ソーシャル・ジャーニーの経営者、ラム・サプコタ(Ram Sapkota)氏は、各保険会社に全額を請求していないと反論する。同氏は、「(彼らが)同乗した計算で保険金を請求し、われわれは(それにのっとって)保険会社から支払いを受けた」とし、そうした主張は「偽り」だと一蹴した。

 さらにサプコタ氏は、ヒマラヤ山脈でのヘリコプター救助が増加しているのは、怠惰で心配性の登山客らのせいだと指摘する。「一人の具合が悪くなると、グループ全体が『不安だ。早く帰りたい』」と言い出すのだ」と話した。

 この「仲介料を搾取する仕組み」の中にいる関係者らへの取材を通じ、ガイド、ツアー会社、ロッジのオーナー、チャーター会社がブローカーとしての役割を果たしていることが分かった。救助費用のおこぼれにあやかろうと、それぞれがヘリコプター運航会社とかかわりを持っていた。

 カトマンズを拠点とするヘリコプター運航会社のマネジャーによると、救助のための飛行1回に付き、ブローカーには500ドル(約5万5000円)を支払っているという。匿名を希望するこの男性は「仲介料を払わなければ、仕事をもらえない」と述べた。

■セーフティーネット
 ネパールのトレッキング業界は、2015年の地震で打撃を受けたが、近年は観光客も戻り始めている。

 外国からの登山客に付き添いのガイドを提供する旅行業者は2000社以上あると考えられており、その多くは、カトマンズのほこりっぽい裏通りに、狭くみすぼらしい事務所を構えている。

 エベレストのベースキャンプを目指す14日間のトレッキングツアーの料金は会社により幅がある。だが、複数の業界関係者によると、多くはコストを下回る1000ドル(約11万円)以下で提供されているという。

低価格ツアーを提供する会社では、登山客をヘリコプターで「救助」することで原価割れの分を補うようガイドらに指示しているとされる。ある匿名希望のガイドはAFPの取材に対し、「救助」しなければいけない登山客数のノルマが課せられていると打ち明けた。

 その一方で、エベレストの高地で働く医師たちにとっては、重篤患者をより設備が整った病院に確実に搬送できるため、ヘリコプターの利用機会が増えたことは、より大きな安心感につながっているという。

 英国人医師のヘレン・ランドフィールド(Helen Randfield)氏は、「医師としては、ヘリコプターというセーフティーネットが出来て良かったと考えている」と話す。ランドフィールド氏が働く小さな診療所では、天候がおだやかな春と秋に数多くの登山客に対応するという。

 だが、誰をヘリコプターで搬送するのかを最終的に判断するのは医療関係者ではない。米国人医師のソニア・マリアーノ(Sonia Mariano)氏は、「ガイドもしくは登山客らの間で、救助が必要かどうかを判断している」と語る。マリアーノ氏は昨年、ランドフィールド氏と同じ診療所で働いていた。

 救助の大部分は、事前に保険会社の承認なしに行われる。保険会社の連合会であるインターナショナル・アシスタンス・グループ(International Assistance Group)に救助サービスを提供するアルパイン・レスキュー(Alpine Rescue)によると、その割合は80%に上っており、搾取がされやすい仕組みになっているという。

■利害関係
 カトマンズの一部病院も、救助ビジネスとのつながりが指摘されている。AFPが企業登録書類を調べたところ、旅行会社の多くは、病院やヘリコプター運航会社と財政面で結びついており、そこには利害関係が見て取れる。

 ヒマラヤン・ソーシャル・ジャーニーでは、登山客を病院に連れて行ったガイドに病院から仲介料が手渡されることになっているが、これは医療機関との「関係を維持する」ために必要不可欠なものだと、サプコタ氏は説明する。

 また、同社は昨年、ヘリコプター運航会社、アルティチュード・エア(Altitude Air)に10%出資したことも明らかにしている。

 4月にエベレストの周辺地域を訪れた匿名希望のドイツ人登山客は、ブローカーからカトマンズまでヘリコプターで戻ることを提案されたとAFPの取材に話した。この時、費用は保険会社に請求すると言われたという。「これを救助として認める医師を知っているとブローカーは言っていた」

 ヒマラヤでの救助の大多数は、高地での低酸素が原因で起きる高山病に関連したものだ。頭痛、吐き気、食欲不振などの症状が現れる。唯一の治療法は下山することとされているが、低地に戻ると症状は治まり、医療救助が本当に必要だったのかが分からなくなる。

「(登山客は)下山する頃には元気になっている」と、カトマンズのトラベルクリニック「シベック(Ciwec)」の医師、プラティバ・パンディ(Prativa Pandey)氏は言う。そして、それでも医師には闇のビジネスを排除する権限はなく、「(われわれは)疑わしい患者でも治療せざるを得ない」と続けた。

 しかし、保険会社も、まん延する詐欺行為に気付き始めている。業界関係者によると、英大手保険引受人と取引する保険会社のいくつかは、ネパール向けの海外旅行保険の提供取りやめについても検討しているという。これについては保険会社が顧客を警戒させることを嫌っているとして、関係者は匿名を条件に取材に応じた。

 ネパールの文化・観光・民間航空省は複数の情報源からの苦情を受け、6月初めに保険金詐欺疑惑で調査を開始した。担当高官がAFPに明らかにした。同高官は「調査は(さらに)1か月かかるかもしれない。調査開始当時は、問題の大きさを認識していなかった」と述べた。詳細については語らなかった。

 だが、地元メディアの報道によると、旅行会社やヘリコプター運航会社など約500社が調査の対象となっており、その中にはサプコタ氏の経営するヒマラヤン・ソーシャル・ジャーニーも含まれているという。サプコタ氏は観光省から連絡はなく、いかなる不正行為もしていないと主張している。【翻訳編集】 AFPBB News

在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到

2018年07月06日 | 旅行
在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到

7/5(木) 13:37配信 AFP=時事
在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到
仏バニュルスシュルメールで収穫されたブドウ(2015年9月7日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。

【写真】仏ボルドーに「前例のない」嵐、小石大のひょうがブドウ畑直撃

 退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。

 昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(El Celler de Can Roca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。

 また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。

 ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。

 ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。

 2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。

 しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。

 代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。

「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
仏警察、中国企業所有のワイン醸造所10軒を差し押さえ 脱税などの容疑
ルイ16世時代のワイン、史上最高の1320万円で落札 フランス
豪ウルルで邦人観光客死亡 来年から登山禁止の一枚岩
ワイン1本に5300万円=伝説的醸造家の遺品-スイス
18世紀ワイン、1300万円落札=フランス


sgw***** | 15時間前
よそ者には厳しいね。月2000ユーロの条件よりも2人を良く思っていない人達がいるんだろう。

536
29
返信1
jyb***** | 15時間前
日本人が起業し成功しそうなのが我慢ならない人がいる?

565
26
返信2
tam***** | 15時間前
外国人がいいもの作って悔しいのでしょう??

538
40
返信5
wag***** | 15時間前
差別、近隣農家のひがみ。頑張って欲しい。

440
25
返信1
フラダンスの犬 | 17時間前
ひょっとしたら、上等なワインを割と安価に売るから、従来からのブドウ農家たちが攻撃をしかけてきたと考えられない事もないですね。

499
23
返信1
吉良赤馬 | 18時間前
日本に帰って、日本ワインの発展に尽力して欲しい。
まだまだ、欧州やニューワールドには大きく遅れており、こういった方々の力が必要です。

517
44
返信4
パオパオ | 15時間前
そんなに素晴らしいぶどうを栽培してさえ月収20万円台とはなんか不思議。サラリーマンの方が遥かに高給!

351
9
返信2
kit***** | 15時間前
詳細はよくわからないけど、日本に帰ってきて最高のワインを作るのも選択肢ではないでしょうか?
技術と実績があるんですから、クラウドファンディングとか使えばお金はすぐ集まると思いますよ。

329
29
返信4
syn***** | 16時間前
収入による滞在許可は単純労働の出稼ぎ移民によって低所得者層がさらに低所得になるような事態を防ぐには必要なものとは思うが、十把一絡げに扱ってるとこういう事態も起きる
技能・資格とか、何らか収入以外での明確な基準というのも必要かもね

311
17
返信0
mot***** | 16時間前
フランスは移民受け入れ寛容なのにね。
フィギュアの黒人選手がアメリカよりフランスが多い気もする







悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感染症だった

2018年07月02日 | 旅行
悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感染症だった

6/28(木) 18:46配信 ニューズウィーク日本版
悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感染症だった
本人や家族にとっても乗り合わせた乗客・乗員にとっても悲惨な体験だった
他の乗客が吐いたり気絶したりするほどの臭いで飛行機は緊急着陸。人々は不潔だと思ったが、男性は恐ろしい病魔に侵されていた
5月に国際線の機内で体から強烈な異臭を放ち、緊急着陸を余儀なくさせた男性乗客が、壊死性感染症が原因で6月25日に死亡した。オランダ紙テレグラフが報じた。

致死率75%、ワクチン未開発の「ニパウイルス」、インドで感染拡大の可能性

この不運な乗客はロシアのロックギタリスト、アンドレイ・スチリン(58)だと判明。彼は5月29日、スペイン領カナリア諸島でオランダの格安航空会社トランサヴィアのアムステルダム行きに搭乗。耐えがたい悪臭を放ち、周りの乗客が嘔吐したり失神する事態になったため、ポルトガルのファロ空港で緊急着陸。待機していた救急車に運ばれた。

この飛行機に乗っていた乗客の一人はオランダのテレグラフ紙に、緊急着陸に至るまでの機内の混乱ぶりを語った。「彼が通路に足を踏み入れたとたん、乗客は叫び始めた。皆、バッグをのぞきこんで鼻をふさぐためのハンカチを必死で探した」

乗務員は香水をふりまいたり、スチリンをトイレに座らせてドアを閉めたりしたが、何の役にも立たなかったという。

■「よくある感染症」と医者に言われ

乗客たちは「何週間も体を洗っていない人のような臭いだった」と感じたというが、悪臭の原因は彼が不潔だったせいではなく、皮膚や筋肉などの体組織が細菌に感染し、組織が壊死して腐敗臭を放つ病気だった。ポルトガルで降ろされた後、彼はフェイスブックに自嘲気味の投稿をした。「この悲劇的かつ漫画チックな一連の騒ぎではっきりしたのは、俺が感染症だったということ。それも、人を凄まじく臭くする病気だった」

スチリンは病院に搬送されたが、病状が悪化し昏睡状態になった。感染症を食い止めるための手術を繰り返したが、6月25日に死亡した。

妻のリディアは治療中、夫のフェイスブックを通じて友人に逐一状況を知らせた。スチリンは登場前、滞在していたスペイン領カナリア諸島のリゾート地、グランカナリア島で医師の診察を受けたが、「ビーチでよくなる普通の感染症」と診断され、抗生物質を渡されて終わったという。ロシアの保険会社には治療費の支払いを拒否され、フェイスブックで友人に医療費の援助を呼びかけるしかなかったという。

トップクラスのギタリストだった
トランサヴィア航空は本誌に宛てた回答で、スチリンの遺族に哀悼の意を表した。同じ便に乗り合わせた乗客と乗務員に「感染のリスクはない」と念を押した上で、緊急着陸までに起こったことは、「患者とその家族はもちろん、他の乗客や乗務員にとっても非常に不快な出来事だった」と述べた。

スチリンは一流のギタリストで、彼のバンドC-Majorは1980年代の旧ソ連でロックンロールを広めた草分け的組織、モスクワ・ロック・ラボラトリーの創設メンバーだった。最近はジャーナリズムや音響エンジニアの分野で活動するほか、劇場音楽の作詞も手掛けていた。

(翻訳:河原里香)




うちの子供が医学系大学で実習で「こういう患者がいたそうだが、凄まじい悪臭だそうだ」生きながら身体が腐るそうだ。

選挙控えるメキシコ、政治家133人殺害

2018年06月29日 | 旅行
選挙控えるメキシコ、政治家133人殺害
6/29(金) 8:22配信 AFP=時事
選挙控えるメキシコ、政治家133人殺害
メキシコのチワワ州シウダフアレスで行われた平和と暴力反対を訴える行進で、国旗を掲げる女性(2018年6月23日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】大統領選、連邦議会選、地方選の投票を今週末に控えるメキシコで、候補者登録の始まった昨年9月から選挙運動最終日の今月27日までに133人の政治家が殺害されたことが明らかになった。選挙関連の暴力を調査したコンサルティング会社エテレクト(Etellekt)が28日、AFPに述べた。

【写真】メキシコ・ミチョアカン州オカンポの市長選候補者が射殺された事件で、遺体が入ったひつぎを運ぶ遺族

 犠牲者の大半を占めたのは、メキシコの強力な麻薬カルテルから狙われることの最も多い地方政治家。選挙に立候補していたのは48人で、うち28人が予備選期間中、残り20人が本選期間中に殺害された。連邦議会選の候補者は1人だけだった。

 メキシコでは昨年、殺人発生件数が過去最悪の2万5339件を記録しており、今回の選挙における暴力の規模も過去の記録を大幅に上回っている。

 同国では政府が麻薬密売の取り締まりに軍を動員した2006年以降、暴力事件が多発している。

 エテレクト幹部のルベン・サラサル(Ruben Salazar)氏は、麻薬戦争が始まって以降、麻薬カルテルが分裂したことで政治家への暴力に拍車がかかったと指摘。AFPとの最近のインタビューで、「新たに生まれた小組織」が取引に応じない政治家を排除していると説明した。

 7月1日に投票が行われる今回の選挙は、大統領、連邦議会議員、州・地方の公職者数千人を選ぶもので、汚職と暴力が主な争点となっている。【翻訳編集】 AFPBB News


if6***** | 2時間前
殺されすぎ。世紀末やん

3076
80
返信27
skg***** | 2時間前
戦争状態ですね。
フィリピンの政策が、正解なのかもしれない。

2959
105
返信18
雑談ブックマーク (ジュン☆彡) | 2時間前
メキシコの最も危険な職業は政治家か?

1904
72
返信13
hir***** | 2時間前
裏を返せば選ばれている者たちの多くはカルテルと繋がりがあるのかな。

483
11
返信1
abo***** | 32分前
日本なら当選したら居眠り天国
メキシコは当選前から命懸けの地獄

460
12
返信5
haj***** | 1時間前
人間社会とは様々な技術革新、人々の心の変化、環境の変化に応じて変容していかないものだと思う。しかし、実際は既得権益や慣性の法則が邪魔をして効率的な変容を遂げることができない。政治家の役割はリスクを取って変革の手助けをするものだと思う。歴史は大きな仕事を成し遂げた、成し遂げようとした政治家は既得権益、反対勢力等による暗殺のリスクにさらされていたことを示している。暗殺されるリスクを取ってこそ本当の政治家だとおもう。それに比べて日本の現代の政治家は何者か?メキシコの政治家は素晴らしいと思う。それにしてもメキシコの麻薬戦争は終わらない。メキシコの国内だけに限って言えば、この戦いを続けることによる多数の犠牲者や社会の損失と麻薬の規制を緩くすることによって社会が被る損失とどちらが大きいのか?メキシコ発の麻薬がその他の国に及ぼす影響を排除するためにメキシコの国民が犠牲になっているようにも思える。

59
22
返信4
hermit | 1時間前
ここは一つ、大統領が銃所持禁止法を作り、メキシコ全土で大々的に銃狩りを実施すべきだと思うね。

231
22
返信5
ori***** | 32分前
当選しても殺されそう。

285
5
返信0
nak***** | 48分前
ドゥテルテ大統領を緊急派遣すればいいと思う。

278
15
返信2
***tttt | たった今
組織の人数を増やすため、保育園に行くような年齢の幼児にまで勧誘をして断られたから殺した、みたいなニュースを読んだことがあります。
その幼児は確か兄たちも組織にはいることを拒んだことで殺されていて、兄弟が多かったにもかかわらず存命の兄弟がほとんどいなくなってた。

メキシコは腐った国を何とかしようと立ち上がる人は殺される。
警察官、政治家、その家族。
生きようと思ったら麻薬組織に入るしかないが、そうすると対抗組織に殺される。

組織をつぶすための計画を立てても、内部に必ずスパイがいるから、実行に移す前に計画を進めている人が殺される。

組織に嫌々入っている少年も多いので道徳的に難しいけど、組織の人間が集まるところに、無関係の人を巻き添え覚悟でバンバン爆弾でもおとして壊滅させるしか道がないのでは?と思うくらいどうしようもないことになっている。


WitnessPiano18 | 29分前
麻薬組織は銃器はもちろん戦闘ヘリなどで武装しているから、実質内戦状態だね。国家反逆罪で死刑にするべきでしょう。

1
0
返信0
noh***** | 5分前
日本の正義が全く通用しない国。
しかし世界は、こう言う国の方がむしろ多いというのを日本人はもっと認識すべき。マフィア、麻薬、汚職、 銃が一体化しており、命が余りにも安い。

1
0
返信0
you***** | 28分前
無能が統治すると国民も付随して無能になる。
後に残るのは「法の精神」とは真逆の暴力と混沌しかない。
問題は大昔から解決できていない。
こいつら真の無能だ。

1
0
返信0
久々の熱風 | 35分前
あの大使館前の馬鹿騒ぎと言いこれといい、負けていたら焼き討ちだったと思うとぞっとするね。

1
0
返信0
ped***** | 1時間前
もうさ、核落として民族ごと抹消しちゃえよ
人類の汚点だわ

1
0
返信0
安倍心臓 | 23分前
政治家になって悪事を働く前に殺害されるんだね。日本の政治家ならもっと酷い殺され方するだろうな。笑

1
0
返信0
m***** | 18分前
麻薬カルテルで画像検索するなよ!
死ぬより最悪な死に方だぞ!

0
0
返信0
このコメントは非表示対象です。投稿内容に関する注意

HFYR | 16分前
何も知らずこんな国に行ってる本田はほんと無知でバカだ。



牛追い祭りの集団レイプ被害者、初めて沈黙破る スペイン
6/29(金) 10:17配信 AFP=時事
牛追い祭りの集団レイプ被害者、初めて沈黙破る スペイン
スペイン北部パンプローナで、女性を集団レイプした被告の男5人への判決に抗議し、「駄目なものは駄目」と書かれたカードを掲げるデモの参加者(2018年5月10日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】2016年にスペイン北部パンプローナ(Pamplona)で行われた牛追い祭り「サン・フェルミン祭(San Fermin Festival)」の最中、5人の男による集団レイプの被害に遭った女性が事件後初めて沈黙を破り、他のレイプ被害者たちに「黙っていないで」と呼び掛けた。

 スペイン全土に衝撃を与えた事件の被害者女性の手紙は27日、同国の人気テレビ番組の中で読み上げられた。

 事件当時18歳だった女性は、「友人でもいい、親戚でもいい、警察でもいい、ツイートでもいい。どんな方法でもいいから、声を上げることが大事」「黙っていないで。黙っていれば、彼らを勝たせてしまうことになる」「誰もこんな辛い思いをしてはいけない。お酒を飲んだことやパーティーで人に話し掛けたこと、一人で家に帰ったこと、ミニスカートを履いていたことを、誰も後悔する必要などない」

 犯行に及んだ20代後半の男5人は強姦罪を含めた性的暴行罪に問われていたが、今年4月、より罪の軽い性的虐待で禁錮9年の判決を言い渡された。

 この判決はスペイン全土で抗議行動を引き起こしたが、被告らは不服として上訴。今月21日にパンプローナの裁判所が保釈金6000ユーロ(約77万円)で上訴の判決が出るまでの保釈を命じたことから、さらに抗議デモが起きている。

 5人は、犯行の様子をビデオ撮影し、メッセージサービス「ワッツアップ(WhatsApp)」で自慢していた。この中で「ラ・マナダ(La Manada、「群れ」の意)」と名乗っていた男らは被害女性が性行為に同意したと主張し、女性の携帯電話を盗んだ罪のみ認めていた。

■「信じてくれた人々に感謝」

 女性は手紙の中で、被害者たちに向けてこう記している。「どうせ信じてもらえないから…と考えてしまうかもしれないけれど、それでも誰かに知らせてください」「闘う力なんて自分にはないと思うかもしれない。でも、きっとあなたは人が持つ力に驚くことになるでしょう」

 事件をきっかけにスペインでは被害者女性を支援する動きが大きく広がり、ソーシャルメディアには「あなたを信じる」というスローガンがあふれた。

 女性は自分を信じてくれた人々への感謝も述べた。「多くの人々が私から声を奪おうとしていたとき、会ったことのない私に声を与えてくれたすべての人々に感謝します」 【翻訳編集】 AFPBB News




man***** | 7分前
日本の お祭りも女性と知り合うイベント要素はあった
中には事件、事故もあったけど外国ほどひどくはない
文化や民度の違いがある、、。

0
0
返信0
juj***** | 18分前
女性が集団で男性をレイプすることはない
男性って、性別として弱いなと感じてしまう
自分も男性として、集団レイプする奴らを情けないと思う

もちろん、単独ならいいってわけではないよ

2
1
返信0
wa****** | 7分前
去勢も含め厳罰化した上で犯人が本当に大切にしている物や友人、家族、特に娘や嫁、恋人あたりを壊していい法律くらい作らないとこういう奴らは何が悪いのかわからないだろうね。

0
0
返信0
のねこ | 23分前
インドだったらレイプのあと殺されてたかもね
レイプは凶悪犯罪なのにその認識がうすいのかな

9
2
返信0
m | 25分前
牛も、危なかったね

4
1
返信0
kot***** | 8分前
レイプなんてどこでも起きてるよ

1
1
返信0
hvdexpr9 | 18分前
それでも日本よりマシだね禁固9年。日本も重刑二すべき。

6
0
返信0
Old Key | 15分前
犯人等の中に、有力者の親がいるのかもね?
だとしても、それはまったく関係ない!
司法よ、もっと公正に判断して裁いてくれ!