独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

スカイケーブルのボックス不良、、、フィリピン生活

2017年07月31日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな


スカイケーブルのボックス不良、、、フィリピン生活


1個の、テレビ音声が、、、変になるが、、、


先日ソニーテレビの不調で装置を相互に交換した、、トラブルシュートのため。


副次的ハーベスト=判明したのが<<ケーブルテレビの受信ボックスの故障=妻が言うには3時間おきに音声が不調に成る>>


妻がブランチに連絡して担当が新しいボックスに交換して完了した。


今まで音声不良は、、フィリピンなので、こんなものか?と今まで我慢してた((不調に成るとチャンネルかえると直る))


新しいボックスは小型で良い<<もちろん全て無料だ>>

電子機器なのでブラックボックス、、、パーツのいい加減さがある。



以前は、Wi-FiのAC~DCの変換電源が故障した(たまたま同じ規格のがあったので交換したら問題ない)そこで、妻に原因はコレなので持っていって新しいのもらってきてというと<<妻が、ダメだ!!!修理予約して自宅に来てもらい、、云々、、能書き言うので、、、良いから行ってこいや@!!。

すると問題なく新しいのをジャストで貰い、帰宅した。

スカイケーブルは近年カスタマーサービスが良い。



スカイケーブルは、即座に対応してくれる珍しい良い企業だが、、、




はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声

2017年07月31日 | 日記


社畜養成ですからね、、、、、


部活も同じです、、ドンドン追い込んで休ませない習慣をつけさせる。

ゴイムですから、、、、





はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声
7/31(月) 17:42配信 女性自身
はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声
Copyright (C) 2017 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.
はるかぜちゃんこと女優の春名風花(16)が7月30日、自身が住む横浜市の学校給食についてTwitter上で訴えて話題を呼んでいる。

この日は横浜市長選の開票日。現職の林文子(71)氏の当選確実が報じられると春名は《いつになったら横浜の中学校に給食できるんだろう…(´・ω・`) 》とツイート。

横浜市は政令指定都市で唯一、中学校の学校給食実施率が0パーセント。今回の市長選でも争点となったが、学校給食導入を訴えた新人2人は敗れた。現職の林氏は、給食の代わりに予約制の配達弁当「ハマ弁」を推進してきた。だが、利用率はわずか1.1パーセント(17年4月)にとどまっている。

2年前に横浜市の市立中学校を卒業した春名は《そもそもお昼休憩が15分しかないから職員室にハマ弁取りに行ったら食べる時間がほとんどない》と指摘。《部活のある日は家に帰るまでおなかが持たなくて倒れそうでした》と自身の苦労をツイートした。

春名のツイートには《横浜の中学生の気持ちをものすごく分かっていただいていて、なんかとても心強いです!》《はるかぜちゃんのおかげで横浜市の現状が世に伝わったと思います》と感謝の声が寄せられた。

いっぽう《お昼休憩がたった15分てまじですか?》と衝撃を受けた人も。横浜市の市立中学校では、15分の昼食時間の後に20分の昼休みがあるものの、昼食は15分で食べ切らなければならないという。《ブラック企業じゃあるまいし》《楽しい食事の時間がストレスになっちゃいそう…》と子どもたちを心配する声が上がった。

《中学校に給食を作ってあげてください。無理ならハマ弁以外のお弁当を買ってもいいことにしてください。それも無理なら職員室にハマ弁を取りに行ってハマ弁が食べられるくらいのまともなお昼休憩をください》と訴えた春名。多くの横浜市民の思いを代弁したその言葉は、横浜市長に届くのだろうか。


連日、修理、、今日はハイテク、、フィリピン人生

2017年07月31日 | モーターサイクル整備関係


連日、修理、、今日はハイテク、、フィリピン人生


1,強化スポークがヒビなので、、溶接、、、


2,もう一台が問題でアクスルシャフトの修理跡が折れ<<臨時の運転手が木にぶつけた>>

そこで、ボルトを増設溶接、、、、ハイテクニック

さらについでに<<ベアリングシャフトが摩耗で痩せ、、、まシンしョップでやるべきだが脱着できない構造で<<溶接してモールデングしてグラインダーでジャスト加工するという高度なテク>>

◎該問題は何ヶ月前から、承知していて応急として金属板の薄いのをカラーとして噛ませていた。

しかし脱着ごとにぼろぼろになり手間がかかる。

前は、ここを溶接モールデングしてグラインダーで加工することは考えてが<<テクニック的に自身がないのでやらなかった=コレは難しい加工となる>>が、その後、自分の溶接手テクが向上したので思い切って実行して完了できた。

担当運転手も手伝ってくれて<<素人でも2人いればなんとかなる@@>>

ベアリング内径に合わせてモールデングしたところをグラインダーで少しずつ削る。

そんなこんな、、、朝7時半頃から10時まで休み無しでの作業だった。


最早、うちはプロレベル、、、運転手らとジョーク言いながら高度加工した。


1人の運転手が<<カポイ~~疲れる>>などという、、、ホイル修理のヤツ。

俺なんかEverydayだぞ~~~~本当にEveryday、、ここがドウノコウノ壊れた、、、


電気溶接も以前は、ブラザーと呼ぶ高技能の運転手に任せていたが<<見よう見まねで俺が、チャレンジで出来るようになった>>フィリピンのもんだいは電圧が曜日により昼間はローボルテージに成るので、溶接機のダイアル調整をこまめにする必要がある事>>Sandyは安定してるがウイークデーは酷い電圧下がりやフレが有る。

コレが溶接作業に影響する。


運転手は担当車両だけだが、、俺は全車両の修理をしている(高度技能運転手は任せられるが少ない)もう、体が持たない。

◎リウマチで手が変形して力が入らないが、、、やるしかない。


子供が医学系学部を今年卒業なので、最低、卒業まで頑張る必要がある。



医学実習の娘が犯罪被害者の司法解剖補助、、フィリピンの大学

2017年07月30日 | フィリピンの大学進学卒業過程


医学実習の娘が犯罪被害者の司法解剖補助、、フィリピンの大学


医学の教育実習で勉強してるが<<先日、16歳の男が暴行を受け死亡した>>ので、司法解剖となり、執刀は経験有るドクター、、

現場立会、、、

補助だが、、、

他の多数実習生が怯えて固まってるので<<うちの娘が、取り出した、脳や内臓損傷臓器を取り出して計量>>などをしたそうだ。

肺の取り出しは<<背中から開けて出したそうだ>>肋骨の損傷保存のためか?

この司法解剖は遺族が依頼した(糞フィルでは、警察や検察など銭を出さない=自分ら遺族が戦う=銭を出さないとどうにもならない糞の国)


特に脳が損傷を受け<<異常に脳水が溜まっていた>>頭を打撃されている。

脳みそを取り出し保存、、内臓も保存した<<この一連作業をドクターのサイドで補助した>>

刑事事件なので証拠保存だ。


頼もしい!!!!

良い勉強だなあ!!



100万人処刑? "韓国史最大タブー"の教訓

2017年07月30日 | 朝鮮エベンキ族
100万人処刑? "韓国史最大タブー"の教訓
7/30(日) 11:15配信 プレジデントオンライン
100万人処刑?
荒廃したソウル市内で、がれきの中に座りこむ年配の女性(1950年11月1日、写真=ROGER_VIOLLET)
数年前からマンションの建設ラッシュに湧くソウル。東京の2~3倍という価格にもかかわらず、資産形成を夢見るソウル市民の間では売れ行き好調だという。だが今から67年前、ソウルとその近郊は、北朝鮮軍の怒涛の進撃に飲み込まれた。阿鼻叫喚の混乱のなか、李承晩・韓国大統領(当時)は自らの失策の責任を反対派の国民に押し付けた……。

■首都ソウルの地政学的リスク

 ソウルでは数年前からマンションの建設ラッシュが起きています。販売価格は東京のマンションの2~3倍。そんな高額物件が次々と売れるというのですから驚きです。

 ソウルは北朝鮮に近接しており、地政学的に極めて危険な都市です。北緯38度線の南北軍事境界線付近には、北朝鮮軍の長距離砲など300門以上がソウルを標的にしており、これらが一斉に火を吹けば、ソウル市民100万人に死傷者が出るといわれています。

 それでも、ソウル市民は市内に高額なマンションを買い、そこに資産を形成します。ちなみに、保険会社は戦争で家屋が損傷を受けても保険金を支払いません。どの国でも、戦争は保険金支払いの免責事由となっています。

 戦闘が始まれば、朝鮮戦争の時のように、漢江の橋を落とし、漢江を防衛線にする戦略をとることが想定されます。そうなれば、また、ソウル市民はどこへも逃げることができません。

 韓国では、首都を南に移すことも検討されました。朴槿恵前大統領の父の朴正煕大統領は1970年代、首都移転構想を打ち出します。これは実現しませんでしたが、その後、盧武鉉大統領がソウルの南東120キロの地に「世宗市」を建設し、ここを新しい首都にしようとしました。しかし、保守派の反対や2004年に出された憲法裁判所の首都移転違憲判決により、遷都計画は頓挫しました。

 朝鮮戦争の時代、韓国は追い詰められて、水原、大田、大邱、釜山と政府の拠点を移しました。それ以降、ソウルに首都を置き、北朝鮮を押し戻すということが政府の使命とされ、ソウルから遷都することは「後退」であると、否定的に捉えられたのです。

■スケープゴート探しの果てに

 1950年6月25日、朝鮮戦争の開始から1週間で、韓国は政府を釜山へ移します。李承晩大統領ら政府は国民を見捨てて、ひたすら逃げるのみでした。無為無策の韓国政府に対し、国民の批判と怒りが沸き起こります。

 政府はこれらをかわすため、スケープゴートを探し、とんでもないことを始めました。韓国現代史の最大のタブーとされる保導連盟員の大量処刑(保導連盟事件)です。政府は、韓国軍が北朝鮮軍に簡単に敗退するのは韓国民の中に北朝鮮と内通するスパイがいるからだ、と喧伝しました。

 保導連盟とは共産主義からの転向者や政治犯、その家族らを再教育するために加盟させた組織で、いわば政府に批判的な人々をリストアップした集団でした。その中には、配給がスムーズになるという理由で、貧困層や素行不良な一般市民も多く含まれていました。

 李承晩は「ブラック・リスト」に載っている彼らをスパイと決め付け、軍や警察に処刑するよう命じました。反対派を恐怖政治によって黙らせ、政府の失態をスパイの責任にしてしまおうという魂胆でした。

 このとき、多数の保導連盟員が韓国全土で処刑されました。保導連盟事件の犠牲者数には諸説ありますが、この事件の遺族会にあたる「全国血虐殺者遺族会」は114万人が処刑されたと主張。韓国政府の「真実・和解のための過去史整理委員会」を率いた歴史学者の金東椿氏は少なくとも6万人から11万人、朝鮮戦争研究の第一人者である延世大学の朴明林教授は、1950年だけで20万人が処刑された可能性があるとみています。

 いずれにせよ、朝鮮戦争で犠牲になった韓国の民間人の相当部分が、北朝鮮軍によって殺されたのではなく、自国の政府によって殺されたことを忘れてはならないでしょう。(金東椿氏は、北朝鮮軍がのちに国連軍によって北へと押し戻される際、同様の規模で「南の協力者」の集団処刑を行ったとも推測しています)

 この大量処刑で、政府批判はピタリと静まります。政府にとって、この措置は極めて効果的であったのです。

 危機は敵・味方区別なく、あらゆる存在を「脅威」に変えてしまいます。脅威が脅威を呼ぶ負の連鎖の中で冤罪(えんざい)が巻き起こり、必然的に、多くの犠牲者が発生します。

■ようやく応援のアメリカ軍が来たが……

 韓国政府が釜山へ移った7月2日以降、待ちに待ったアメリカ軍の部隊投入が始まります。「アメリカ軍が来ればもう安心だ」と李承晩は手放しで喜んだといいます。

 ところが、アメリカ軍は士気の高かった北朝鮮軍に各地で敗退しました。アメリカ軍では第2次世界大戦の終結時に多くのベテラン軍人が退役しており、急ごしらえの実戦経験のない部隊が編入され、士気も低かったのです。

 アメリカ軍は大田(テジョン、韓国中部の都市)で大敗すると、釜山まで撤退します。その際、北朝鮮軍によりアメリカ兵捕虜が虐殺される「303高地の虐殺」が起きています。北朝鮮の金日成は、「解放記念日」の8月15日までに釜山を陥落させて朝鮮半島を統一すべし、と声明を発表します。

 焦った李承晩は日本の山口県に亡命政府を受け入れてもらうよう、日本と交渉を始めています。大の日本嫌いであったにもかかわらず、日本に助けを求めたのですから、まさに恥も外聞もありません。

 しかし、当初は敗退し続けていたアメリカ軍も、釜山近郊でようやく北朝鮮軍を押し返しはじめました。「アメリカに助けてもらう」という李承晩のもくろみは、何とかギリギリのところで達成されたのです。

----------
宇山卓栄(うやま・たくえい)
1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。個人投資家として新興国の株式・債券に投資し、「自分の目で見て歩く」をモットーに世界各国を旅する。おもな著書に、『世界一おもしろい世界史の授業』(KADOKAWA)、『経済を読み解くための宗教史』(KADOKAWA)、『世界史は99%、経済でつくられる』(育鵬社)、『“しくじり”から学ぶ世界史』 (三笠書房) などがある。


この李承晩は、戦時中、アメリカに亡命していたが、二ホン敗戦後韓国に戻りアメリカの指図に従い<<反日工作、竹島占領などをした>>

アメリカは二度と東アジア連帯をさせないために<<二ホン、朝鮮を分断する>>工作に出たのだ。

全てはアメ公の計画。



詐欺手口、、、フィリピンライフ

2017年07月30日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな


詐欺手口、、、フィリピンライフ


今朝、2マシンのベアリング交換など大変作業中、、、、

ゲートに<<国際郵便のエンベロープを持つ男が来た>>

フロントには、うちにネームらしきものある。


INSIDEには、、何もない<<ペーパーがない!!??>>何だこれは??


して、、、ハングリーなので銭をくれなどとホザクので<<俺が、、レターペーパーがないエンベロープだけ持ってきて何が銭くれだ!!!〉〉激怒


と、共同作業の運転手が<<エンベレープ>>を不審な男に返したら、どこかに消えた。


帰宅したワイフにトークすると<<それは銭くれだ〉〉エンベロープに銭を入れて、、、


そうか、、、バカ野郎が多忙作業中に邪魔しやがって!!!


◎スモールゲートが<<視認できるので>>連中が覗いて来るのが原因。

多々外人宅など<<初めは、、視認フェンスゲートなどだが、後日、完全マスキングに合成樹脂の板を貼る。金くれ=デフェンス。

うちは事業してるのでデメリットのほうが大きい。







空自が米爆撃機と訓練 ミサイル発射の北朝鮮を牽制

2017年07月30日 | 朝鮮エベンキ族
北など核爆弾を3発も同時投下すれば反撃など出来ない!

その後、韓国から陸上侵攻と海上からミサイル攻撃すれば殲滅できる。

全然、難しくない。



空自が米爆撃機と訓練 ミサイル発射の北朝鮮を牽制
7/30(日) 12:59配信 産経新聞
 岸田文雄外相兼防衛相は30日午前、航空自衛隊のF2戦闘機が同日、九州周辺から朝鮮半島の空域で米空軍B1戦略爆撃機と共同訓練を実施したと発表した。29日未明の弾道ミサイルを発射するなど挑発行動を続ける北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがある。

 共同訓練に参加したのは空自築城基地(福岡県)第8航空団所属のF2戦闘機2機と、グアム・アンダーセン米空軍基地所属のB1戦略爆撃機2機。B1は空自との訓練を終えた後、韓国空軍とも共同訓練を行った。

 岸田氏は防衛省で記者団に対し、訓練の目的について「日米共同対処能力および部隊の戦術技量の向上を図るため」と述べた。その上で「特定の国や地域を念頭に置いて実施したものではない」と説明したが、「北朝鮮の軍事動向については関係国と連携しながら重大な関心を持ち、情報の収集・分析、そしてわが国の平和と安全の確保に万全を期していきたい」と強調した。

 空自戦闘機と米空軍爆撃機の共同訓練は今月8日以来。両国は断続的に訓練を実施しているが、防衛相自ら訓練実施を発表するのは異例。

加戸守行前愛媛県知事「NHKはTBS並みになってきた」「同じ質問を4回も…」意に沿わぬ回答は一切使わず 「一定の方向性持って報道している」

2017年07月30日 | 政治社会問題
加戸守行前愛媛県知事「NHKはTBS並みになってきた」「同じ質問を4回も…」意に沿わぬ回答は一切使わず 「一定の方向性持って報道している」
7/30(日) 12:08配信 産経新聞
加戸守行前愛媛県知事「NHKはTBS並みになってきた」「同じ質問を4回も…」意に沿わぬ回答は一切使わず 「一定の方向性持って報道している」
加戸守行・前愛媛県知事(写真:産経新聞)
 ジャーナリストの櫻井よしこ氏が毎週金曜日に配信しているインターネットニュース番組「言論テレビ櫻LIVE」に出演した前愛媛県知事の加戸守行氏(82)は「NHKに同じ意図の質問を4回もされた。結局、一切使わない。NHKもTBS並みになってきた」とNHKを批判した。 加戸氏は、自身が教育再生会議の委員に任命されたいきさつに関し、安倍晋三首相の働きかけがあった、と前川喜平前文部科学省事務次官がTBSなど一部メディアに証言した件を念頭に、TBSの取材後にNHKが取材に来て、「加戸さんは頼まれて、教育再生会議で獣医学部の話をしたんですか」と何度も聞かれたと証言した。

 その上で「『そんなことあるわけないだろ』と否定したら別の話をする。しばらくすると『加戸さんは頼まれて発言したんじゃないですよね』って4回も同じことを聞かれた」と述べた。

 加戸氏は「結局、報道は全くなし。いろんなこと聞かれたけど、私の談話は何ら報道しない」とNHKを批判。暗に自分の主張に沿わない意見を述べた加戸氏の発言をNHKが封殺したのではないかと疑問を呈した。

 加戸氏は櫻井氏とのインタビューの中で「5月の憲法改正提案を機に安倍叩きが激しくなった。有事法制、安全保障の問題、テロ等準備罪。これ以来、一定の方向性でメディアが報じるようになった」などと述べ、「籾井(勝人前会長)さんが辞めてから、NHKが変わりましたね。朝日、毎日よりひどい」と述べ、別の場面では「NHKはTBS並みになってきたなって思いましたね。ごめんなさい、TBSって言葉使っちゃった」とも話し、再三、報道姿勢が偏向しているとNHKを非難した。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

【関連記事】
加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」
加戸守行前愛媛県知事は「濡れ衣」と断じた 森喜朗氏は「真相を一番知っているのは加戸氏だ」と裏付けた それでも「報じない自由」はあるのか
稲田氏“醜態”辞任会見 自衛隊に大危機、後任難航で安倍首相の「ライバル」「天敵」急浮上
“陰険”舞台裏!蓮舫氏の要請断るよう幹部が根回し…幹事長人事決まらず孤立無援の「遠心力」
朝日新聞記者ツイッター「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表…」で炎上

連日修理、、フィリピン人生

2017年07月30日 | モーターサイクル整備関係




1,ヤマハのリアホイルベアリング不良で交換だが<<スプロケや チェーンなども交換要す>>

テキパキと俺と2人でやるが<<ここで問題、、、ホイルベアリングの1個が外れない>>原因は前に、まシンしョップで修理=際、クリアランスがない!!この馬鹿やろう!!!!!!!!!

なんでもそうだが<<腕が悪い仕事が出来ないやつは後の問題を自分で作る!!!>>

1個1個の工程を完璧にこなさないと必ず後で問題が出る=ごまかしは効かない。


ベアリングを打ち込むが穴が、、、クリアランスがないので、外すときにベアリングのアウターが抜けない。

場合、ブリッジ溶接するがテクが居るので俺は無理で、他の運転手にやってもらうが、、3回も繰り返してようやう抜けた(時間浪費)

該、マシンショップ=旋盤加工必要だが、、、、リューターがあればここで出来るが、、、無いのでヤスリとサンドペーパーでトライしたが気休めだな。


2,カワサキも同様リアホイールベアリングが駄目で<<3個=全交換>>

交換の問題はない。



昨日夕方は、リアタイヤ爆発と帰ってきたのがいたが<<できる奴なので工具とタイア、チューブを与え>>任せた。

ついでにブレーキシュー交換。







加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」

2017年07月30日 | 政治社会問題
加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」
産経新聞 7/30(日) 10:44配信
加戸守行・前愛媛県知事(写真:産経新聞)

【関連記事】
加戸守行前愛媛県知事は「濡れ衣」と断じた 森喜朗氏は「真相を一番知っているのは加戸氏だ」と裏付けた それでも「報じない自由」はあるのか
稲田氏“醜態”辞任会見 自衛隊に大危機、後任難航で安倍首相の「ライバル」「天敵」急浮上
“陰険”舞台裏!蓮舫氏の要請断るよう幹部が根回し…幹事長人事決まらず孤立無援の「遠心力」
稲田大臣、批判高まり「好きな服も着られない」と不満漏らす
野中広務氏「再び戦争になる歴史を歩むべきではない」「防衛相をクビにしていれば…」

「目が細くなるぞ!!」発言に激怒。独、米国に続き、ブラジルでも“嫌韓トラブル”発生のなぜ?

2017年07月30日 | 朝鮮エベンキ族
「目が細くなるぞ!!」発言に激怒。独、米国に続き、ブラジルでも“嫌韓トラブル”発生のなぜ?
慎武宏 | ライター/S-KOREA編集長
7/30(日) 8:00
ツイート
シェア
ブックマーク

リオ五輪ではブラジルとの友好ムードだったが(写真はイメージ)(写真:ロイター/アフロ)
韓国とブラジルのネットユーザーが激しく対立しているらしい。なんでもブラジルで韓国人が人種差別を受けたというのだ。

事の発端は、韓国アイドルグループ「KARD」がブラジルのテレビ番組に出演したときに起きた。

KARDは男性2人、女性2人の混成グループなのだが、番組内でブラジル人司会者がメンバーたちに、「このなかにメンバー同士で交際している人はいるか」と質問した。

同メンバーたちは「いない」と否定。すると司会者は「恋人のいるメンバーはいるのか」と続けた。その質問にも彼らが「いない」と答えると、観客席から歓声が上がるのだが、その歓声を聞いた司会者が観客に向けてこう投げかけたのだ。

「目が細くなってしまうぞ」
「あなたたちはKARDのメンバーと結婚する気か? 君たちも目が細くなってしまうぞ」

そのとき司会者は、両手で目尻を引っ張る仕草も見せたという。

「目が細い」という表現は、一般的に東洋人を蔑視するニュアンスがあるとされているが、このブラジル人司会者に対して韓国ネット民たちは、「明らかな人種差別だ!!」と憤っているわけだ。

ドイツやアメリカでも起こった事件
振り返れば、同じよな意味合いの事件はドイツで何度か起こっている。

昨年1月、ドイツのスターバックスで韓国人女性が注文したドリンクのプラスチック製カップに、目の細い人を描いて提供したという話が話題になったことがあった。

ドイツでは以前にも、韓国人女性がドイツ人に「目が細い」などと言われて暴行される事件も起こっている。
(参考記事:韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか)

また、アメリカでは今年2月、“ホワイト・パワー暴行事件”なるものが起きて、韓国のネット上で話題になった。

米ロサンゼルスで暮らす韓国系アメリカ人の老婦人が突然、白人の女に襲われたという事件で、事件を写真付きでフェイスブックに上げた女性によれば、暴行した女は「ホワイト・パワー!!」(白人の力を思い知れ)などと叫んで、韓国系老婦人を衝撃したらしい。

アメリカで嫌韓感情が高まっているという分析もあったが、この事件も韓国では「人種差別が生んだ事件だ!!」との声が多かった。
(参考記事:10人に1人が韓国を「敵国」と見なす理由とは? すれ違うアメリカと韓国の国民感情の実態)

韓国メディアも「人種差別」と報道
そうした流れがあるだけに、今回の件は韓国ネット民だけでなく、韓国メディアも事態を重大にとらえており、「デビューしたばかりのKARD、海外の放送で人種差別される」(『朝鮮日報』)、「新人グループKARD、ブラジルで“人種差別”騒動」(『MBCニュース』)と報じている。

『中央日報』は「韓国・ブラジルの両国ネットユーザー戦争に広がったKARDの記事」と見出しを打って、韓国とブラジルのネット民たちの動向を詳しく報じているほどだ。

日本の大学を解雇されて「民族差別だ」
特定の人種や民族への差別は、間違いなく許されることではない。ただ、「差別だ」と主張する側も、それが言いがかりや難癖にならないよう、冷静に主張・指摘をする必要があるだろう。

例えば今年3月に発覚した、韓国人准教授の広島市立大学懲戒解雇問題だ。「民族差別された」と訴えていたが、彼女はその直前に詐欺の容疑で逮捕されている。

大学側と准教授の意見が食い違っているだけに、真相が明らかになるまで結論付けるのは早計だろうが、「売り言葉に買い言葉」の調子で感情任せの「差別コール」だったなら、看過してはならないだろう。

それに、韓国も自らの社会に目を向ける必要がある。多文化共生を謳いながら実は韓国では外国人に対する偏見が未だに根強いのだ。

それは昨年10月にソウル市がソウル在住の外国人2500人を対象に行ったアンケート調査でも浮き彫りになった。

「ソウルのイメージが悪くなった」と答えた人々の回答理由では、「社会的開放及び抱擁が不十分」(25.5%)と「(外国人を)人格的に無視し、差別する」(20.4%)といった外国人への差別的風潮がほぼ半数に達しているということも判明しているのだ。
(参考記事:「外国人はゴキブリ」…韓国で続々と生まれる恥ずかしき侮辱造語)

そうした韓国の内情を差し置いて、何かにつけて「人種差別だ」と騒ぎ立てるのはフェアではないような気がするが、いずれにしても、韓国から遠く離れたブラジルで起きた今回の騒動。これ以上、感情的な対立にならないことを願うばかりだ。

国際政治学者だから気づいた間違いだらけの憲法解釈/篠田英朗氏(東京外国語大学教授)

2017年07月30日 | 政治社会問題


憲法が一番勉強していて、、、しっくりこなかった原因が大先生らの学説。

清宮、宮沢、共著憲法が、何十年後の今でも最高と言われている。

その後、京都大学の佐藤幸治教授が憲法を出版したので基本書として勉強したが、これも納得がいかなかった、、、その後、佐藤学説は人気がなくなり、清宮宮沢の学説書が評価されるようになった。

納得がいかなかったなあ、、、、

原因は、もともと非合理な日本国憲法を東大系が無理やり解釈してるので奇妙な感じで納得がいかなかったが無理やり頭に入れた。


◎近年、私が何回か書いてるが<<国内の憲法学者は駄目>>国際政治学者や国際法学者がもっと憲法問題に発言すべきと、、、




国際政治学者だから気づいた間違いだらけの憲法解釈/篠田英朗氏(東京外国語大学教授)
7/29(土) 22:25配信 ビデオニュース・ドットコム

(C) ビデオニュース・ドットコム
(↑画像をクリックすると動画が再生されます。)

 東京外大の篠田英朗教授は、平和構築が専門の国際政治学者だ。その国際政治学者の目で見た時、今、日本で大勢を占めている日本国憲法の読み方はおかしいと、篠田氏は言う。それはもっぱら内向きな議論に終始し、現在の国際情勢や国際政治の歴史からあまりにも乖離しているからだ。

 そもそも現在の日本国憲法は憲法学者、とりわけほんの一握りの著名な東京大学法学部出身の憲法学者による学説がそのまま定説として扱われているきらいがある。例えば、憲法9条も、何があっても平和を追求する姿勢を国民に求めているものと解釈されているが、篠田氏は9条を普通に読めば、その目的は「正義と秩序を基調とする国際平和の樹立」にあり、あくまでその手段として交戦権の放棄や軍事力の不保持が謳われていると読むのがより自然だと指摘する。

 そもそも日本国憲法の3大原理として、われわれが小学校の教科書で教わる国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つの柱は、誰がそれを日本国憲法の3大原理だと決めたのかも不明だ。憲法自体には3大原理などという言葉はどこにも出てこないからだ。

 篠田氏は日本国憲法を普通に読めば、その最優先の原理が「国民の信託」にあることは明白だと言う。憲法はその前文で「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し・・・」と記している。前文に明記されている大原則を無視して、誰かの解釈による3大原理なるものが一人歩きをしているのではないか。

 早い話が現在の日本の憲法解釈やその定説と言われるものには、一部の憲法学者たちの価値判断が強く反映されており、われわれ一般国民はそれをやや無批判にファクトとして受け止めてきたのではないかというのが、篠田氏の基本的な疑問だ。

 悲惨な戦争を経験した日本にとって、戦後間もない時期にそのような解釈が強く前面に押し出されたことには、一定の正当性があったかもしれない。また、世界における日本の存在が小さいうちは、国民がこぞって専門家まかせの憲法解釈に乗っかることも許されたのかもしれない。しかし、戦後復興を経て今や日本は世界有数の大国になり、国際情勢も憲法制定時の70年前とは激変している。

 そうした中でもし日本がこれから本気で憲法改正の議論を始めるのであれば、まず憲法が長らく引きずってきた様々な予断や、強引で無理のある解釈をいったん横に置き、当時の時代背景などを念頭に置いた上で、あらためて日本国憲法のありのままの中身を再確認することには、重要な意味があるのではないか。

 とりわけ、現行憲法は英語の原文を見ることで、憲法の原案を起草した当時のアメリカがどのような意図でそのような条文を書き込んだのかが、より鮮明になると篠田氏は指摘する。押し付け憲法論やそれをベースとする自主憲法制定論も結構だが、まずは現行憲法が何を謳っているかを正しく理解しなければ、議論の進めようがない。

 平和構築が専門の篠田氏は、特に日本国憲法3大原理のうち、平和主義がそこに含まれていることに不満を隠さない。平和というものはあくまで目的でなければならず、それ自体が原理ではあり得ない。平和を原理として掲げ、平和主義のお題目を繰り返せば自動的に平和が実現するのであれば、世界は何も苦労などしない。

 憲法の一大原理である国民と政府との間の「信託」によって、日本国民は政府に対し平和を最優先の目的として掲げるよう求めている。ということは、政府はその目的を達成するために、どのような手段を選択するかが常に問われていることになる。平和を実現するために本来は他にすべきことがあるが、憲法の平和主義原理のために「あれはできない、これはできない」などという話になるのは、全くもって本末転倒ではないか。

 憲法の専門家ではない国際政治学者だからこそ見える日本国憲法をめぐる解釈や学説の不自然さや、憲法の歴史的な背景とその後の国際情勢の変化を念頭に置いた時、今日、日本国憲法はどう読まれるべきか、だとすれば、どのような憲法改正があり得るかなどについて、篠田氏とジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

-----
篠田 英朗(しのだ ひであき)
東京外国語大学総合国際学研究院教授
1968年神奈川県生まれ。 91年早稲田大学政治経済学部卒業。93年早稲田大学政治学研究科修士課程修了。98年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)Ph.D.取得(国際関係学)。広島大学平和科学研究センター准教授などを経て2013年より現職。著書に『集団的自衛権の思想史―憲法九条と日米安保』、『ほんとうの憲法─戦後日本憲法学批判』など。

正恩氏立ち会いICBM発射の映像公開 北朝鮮メディア

2017年07月29日 | 政治社会問題


先日は北が飢饉で飢えてるので助けるべきなどと国連が言い出した。

そして国連はミサイル発射には黙り、、、、

国連が世界に戦争の種を巻いてるビジネスと普通の知能が有るなら分かる。


 北朝鮮が28日夜に発射した弾道ミサイルについて、北朝鮮メディアは29日午前、金正恩委員長が立ち会って「ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功した」と報じました。

 日本政府によりますと、弾道ミサイルは28日午後11時42分ごろ、北朝鮮中部の舞坪里(ムピョンリ)付近から発射され、過去最長となる約45分間飛んで、北海道の西側、日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したとみられます。高度は3500キロに達したということです。アメリカ政府はICBMと断定しました。
 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は29日午前、「ICBM『火星14』の2回目の試射に成功した」と報じました。金正恩委員長が視察し、「我々がICBMの試射を行ったのはアメリカに重大な警告を送るためだ」と述べたということです。また、「ICBMの信頼性が再度、実証され、任意の地域、場所から任意の時間に奇襲発射できる能力が誇示された」とし、「アメリカ本土全域が射程内にあることが実証された」と伝えています。

出川哲朗が「抱かれたくない男」首位陥落した理由〈dot.〉

2017年07月29日 | 芸能ニュース
出川哲朗が「抱かれたくない男」首位陥落した理由〈dot.〉
7/29(土) 11:30配信 AERA dot.
出川哲朗が「抱かれたくない男」首位陥落した理由〈dot.〉
若かりし日の出川哲朗さん (c)朝日新聞社
 出川哲朗といえば、かつては「女性に嫌われる芸人」の代表格だった。雑誌の「嫌いな男」「抱かれたくない男」ランキングでも常に上位をキープ。本人の話によると「砂に埋めたい男」ランキングで1位になったこともあるという。

 そんな出川に異変が起こった。「週刊女性」が主催する「抱かれたくない男」ランキングで、絶対王者である出川が首位から陥落してしまったのだ。出川と1票差で新たに1位に輝いたのはアンガールズの田中卓志だった。ブレークした当初は、「キモカワいい」と言われて女性ファンにも愛されていた田中が、いつのまにか単に「キモい」と言われるキャラクターになってしまった。田中の大躍進の結果、出川は惜しくも敗れてしまった。

 ただ、ここ数年、出川はタレントとして大幅にイメージを向上させている。「世界の果てまでイッテQ!」のロケ企画では、出るたびに大きな話題になっている。また、テレビ東京では4月からゴールデンタイムで「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」という番組をスタートさせた。こちらも新番組でありながら継続的に高い視聴率を記録している。いまやテレビ界では空前の「出川ブーム」が起きていると言っても過言ではない。彼は自ら「抱かれたくない男」の汚名を返上しようとしているのだ。出川のイメージがここまで大きく変わったのはなぜだろうか。

 知らない人も多いかもしれないが、出川はもともと芸人ではなく俳優である。役者を志して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入り、そこでウッチャンナンチャンの2人と出会った。卒業後、彼らと共に「劇団SHA.LA.LA」を立ち上げて、自らが座長となって会場の手配などあらゆる雑務をこなしていた。この時点での出川は、同期生をまとめて劇団を運営する兄貴分のような存在だったのだ。

 ウッチャンナンチャンの人気に火がつき、テレビの仕事が増えると、そこに出川も一緒に呼ばれるようになった。そして、あるとき、番組の企画でジェットコースターに乗せられた出川が、本気で怖がっている様子が面白いと評判になった。

 彼は役者を志していただけあって、もともと格好つけているところがある。普段は二枚目を気取っていて、自信満々に振る舞っているのに、ピンチに陥ると人目もはばからず泣き叫ぶ。そのギャップこそが、出川のリアクションが面白がられた最大の要因だと思う。いわば、お笑いで言うところの「フリがきいている」という状態だ。


出川くんは、横浜チャイニーズタウンで中国食材を扱う店の息子。

ナイスなキャラクター

石原真理子、ブログで報道に怒る 「誤報」「集団ストーカー」「BPOも検討」

2017年07月29日 | 芸能ニュース


石原真理子、ブログで報道に怒る 「誤報」「集団ストーカー」「BPOも検討」
7/29(土) 17:03配信 J-CASTニュース
石原真理子、ブログで報道に怒る 「誤報」「集団ストーカー」「BPOも検討」
ブログで報道に反論した石原真理子さん(2006年撮影)
 スーパーでの「万引き」騒動をフジテレビなどに報じられた、女優の石原真理子さん(53)が自らのブログで、メディアへの怒りを合計1万字近くにわたる長文でつづっている。

【画像】石原さんのブログは…

 特に、第一報を発信したフジテレビについては怒り心頭で、BPO(放送倫理・番組向上機構)への申し立ても視野に入れていると主張する。

■「今後は二度と起こらないことである為ご安心下さい」

 報道によると、石原さんは2017年7月22日(東京スポーツは捜査関係者の話として、実は「18日」との情報を掲載している)、都内の店舗で弁当などをレジを通さず持ちだそうとし、「万引き」として通報され、警察の取り調べを受けたという。26日、フジテレビ「みんなのニュース」が独自スクープとして取り上げ、メディアを騒がせることになった。

 石原さんはこの件について沈黙を守っていたが、29日までに、自らのブログでこの件に関する2本の記事を公開した(27日付と29日付。ただし、前者は公開に失敗していたとのことで、実際には29日に入って配信されたものと見られる)。いずれも、事件に言及した部分だけで5000字近くにおよぶ長文だ。「スピリチュアル」な方向に内容が飛ぶこともあり、文意がわかりにくい箇所もある。

  「皆さま、ご心配を感謝致します。昨日報道されていたという報告が来ましたが、内容には間違いがあり事実とは異なる誤報の部分があります。それは『引き続き』という部分でありここに続きはないということ、そして逮捕されてもおりません。また、今後は二度と起こらないことである為ご安心下さい」

 石原さんの最大の不満は、本件が「すでに終了している」話である(と本人は認識している)にもかかわらず、「警視庁は引き続き、石原さんから任意で事情を聴く方針」(フジ)などと、事件が継続しているかのように報じられていることのようだ。

  「この故意なる悪質な印象操作での誤報を流した罪は許されない、これは対マスコミへの問題として、これまでにも何百回となく長年に渡りマスコミからはあらゆる方向から私にのみ集中した大々的な営業妨害と人権侵害、虚偽報道、虚偽記述をされてきた歴史も踏まえ、今回の湾曲隠蔽誤報道をBPO問題とすることを検討開始しました」(原文ママ)

困窮説、母への取材などにも激怒
 また、事件に関連し、近況について「貧困にあえいでいたということなのだろう」(日刊ゲンダイ)、「やつれていた」(フジ)などと紹介されたことについても、

  「生活に困窮しているわけでもありません」
  「以前から全く変わりのない私の姿を、やつれていたという嘘をつきながら報道したそうです」

などと反論、また、サンケイスポーツなどが母に取材し、石原さんが「(通報した)店を告訴したい」と話している、などと伝えた内容についても、「誘導尋問」だとして、

  「『告訴』という言葉を使用したこともないので煽るのも止めなさい。しかしBPO問題を考慮し始めましたよ。今。そして身内(※編注:母と見られる)に私が話したとされる内容も全て嘘です。実は、私は一切見ていない松居なる人(※編注:松居一代さんか)の身内にもその方面では話を聞いていたとのことですが、うちは自分からも晒しませんし、大体殺人者でもないのにいちいち不法侵入をして別途話を聞きに行くその行為が何様行動です」
  「このようにえげつない嘘までつきながら集団で茶番を繰り広げているのがマスコミの集団ストーカーだという現実を皆さんは知るべきです。日本に暮らすならです」

と、「嘘」「虚偽」「ストーカー」といった言葉を繰り返しながら怒りをぶちまけている。

 なお、27日の「バイキング」(フジ系)で「いまだに3本の指に入るくらいキレイな、とにかくキレイっていう印象」と話した俳優の坂上忍さん、「プッツンという印象よりは不思議な方」と述べたタレントの薬丸裕英さんについては、

  「坂上くんもありがとうございます。ヤッくんもありがとうございました」

とお礼を述べた。


万引き「おなかがすいていたので」
7/27(木) 14:36配信 ホウドウキョク
万引き「おなかがすいていたので」
(写真:ホウドウキョク)
スーパーで弁当などを万引きした疑いで事情を聴かれた女優の石原 真理子さん(53)が、「おなかがすいていたのでとってしまった」と話していたことがわかった。
女優の石原 真理子さんは、7月18日、墨田区のスーパーで、弁当1つとお茶を万引きしようとしたところを店員に見つかり、警察官に引き渡された。
当時、石原さんは、かなりやつれていて、店員や警察官も、石原さんとは気づかなかった。
また、現金3,000円ほどを持っていたが、事情聴取に対して、「別に買いたいものがあった」、「おなかがすいていたのでとってしまった」と話していた。
警視庁は、今後、窃盗の疑いで書類送検する方針。



石原真理子、久々登場は「万引き」容疑 細々続けたブログは解読不能なプッツンぶり...
7/27(木) 14:28配信 J-CASTニュース
石原真理子、久々登場は「万引き」容疑 細々続けたブログは解読不能なプッツンぶり...
石原真理子さん(2006年12月撮影)
 かつて「プッツン女優」として知られた石原真理子さん(53)が、久々のメディアに登場した、フジテレビの報道によると、2017年7月22日、都内のコンビニで万引きをした疑いで警察署に連行され、任意に取り調べを受けていた。

 最近は目立った芸能活動もなく、久々のメディア露出だったが、ブログは頻繁に更新。にわかには解読不能な、独自の主張を発信し続けてきた。

■弁当1つとペットボトルのお茶1本を...

 石原さんの万引き容疑は、フジテレビが7月26日夕方の「みんなのニュース」で報じたのに続いて、28日朝の「めざましテレビ」「とくダネ!」でも、ほぼ同内容を伝えた。それによると、石原さんは墨田区内のコンビニで弁当1つとペットボトルのお茶1本をレジで会計せずに店から出ようとしたため、店員が気づいて110番通報。石原さんは警察官に連行され、「間違いない」などと容疑を認めているという。

 石原さんは過去の男性関係を暴露した自伝「ふぞろいな秘密」を出版して注目を浴びたものの、それ以降は09年の婚約騒動を除けばメディアの露出はほとんどなくなっていた。そんな中でも更新を続けていたのがブログで、総じて長文、意味不明な内容だ。

「この度私がギリシャ神のゼウスを復活させてしまった」??? ?
 5月21日付の書き込みでは

  「これは5月7日に予告していた内容ですが、ギリシャとアトランランティス、そして北欧を私が繋げていたという実話に関する記述です。この度私がギリシャ神のゼウスを復活させてしまったという思わぬ確信は大事なことであるゆえ記録しておきます」

と主張し、万引き事件を起こしたとされる7月22日の長文の書き込みでは、

  「すでにパクリ真似マイナスエネルギーのブーメランは2015年に入り開始されています。また、私のこの日焼け写真を用いて、バングラの地黒をただの日焼けかのように印象操作を行うやり方で世間を騙そうと試みるのも止めなさい。あなたがたのその陰謀、工作手法を私はすぐに見破りますよ、誤魔化すのは止めなさい」

などと何らかの被害を訴えている。