独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

スカイケーブルのボックス不良、、、フィリピン生活

2017年07月31日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな


スカイケーブルのボックス不良、、、フィリピン生活


1個の、テレビ音声が、、、変になるが、、、


先日ソニーテレビの不調で装置を相互に交換した、、トラブルシュートのため。


副次的ハーベスト=判明したのが<<ケーブルテレビの受信ボックスの故障=妻が言うには3時間おきに音声が不調に成る>>


妻がブランチに連絡して担当が新しいボックスに交換して完了した。


今まで音声不良は、、フィリピンなので、こんなものか?と今まで我慢してた((不調に成るとチャンネルかえると直る))


新しいボックスは小型で良い<<もちろん全て無料だ>>

電子機器なのでブラックボックス、、、パーツのいい加減さがある。



以前は、Wi-FiのAC~DCの変換電源が故障した(たまたま同じ規格のがあったので交換したら問題ない)そこで、妻に原因はコレなので持っていって新しいのもらってきてというと<<妻が、ダメだ!!!修理予約して自宅に来てもらい、、云々、、能書き言うので、、、良いから行ってこいや@!!。

すると問題なく新しいのをジャストで貰い、帰宅した。

スカイケーブルは近年カスタマーサービスが良い。



スカイケーブルは、即座に対応してくれる珍しい良い企業だが、、、




はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声

2017年07月31日 | 日記


社畜養成ですからね、、、、、


部活も同じです、、ドンドン追い込んで休ませない習慣をつけさせる。

ゴイムですから、、、、





はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声
7/31(月) 17:42配信 女性自身
はるかぜちゃん「昼食時間15分」横浜市立中学への訴えに共感の声
Copyright (C) 2017 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.
はるかぜちゃんこと女優の春名風花(16)が7月30日、自身が住む横浜市の学校給食についてTwitter上で訴えて話題を呼んでいる。

この日は横浜市長選の開票日。現職の林文子(71)氏の当選確実が報じられると春名は《いつになったら横浜の中学校に給食できるんだろう…(´・ω・`) 》とツイート。

横浜市は政令指定都市で唯一、中学校の学校給食実施率が0パーセント。今回の市長選でも争点となったが、学校給食導入を訴えた新人2人は敗れた。現職の林氏は、給食の代わりに予約制の配達弁当「ハマ弁」を推進してきた。だが、利用率はわずか1.1パーセント(17年4月)にとどまっている。

2年前に横浜市の市立中学校を卒業した春名は《そもそもお昼休憩が15分しかないから職員室にハマ弁取りに行ったら食べる時間がほとんどない》と指摘。《部活のある日は家に帰るまでおなかが持たなくて倒れそうでした》と自身の苦労をツイートした。

春名のツイートには《横浜の中学生の気持ちをものすごく分かっていただいていて、なんかとても心強いです!》《はるかぜちゃんのおかげで横浜市の現状が世に伝わったと思います》と感謝の声が寄せられた。

いっぽう《お昼休憩がたった15分てまじですか?》と衝撃を受けた人も。横浜市の市立中学校では、15分の昼食時間の後に20分の昼休みがあるものの、昼食は15分で食べ切らなければならないという。《ブラック企業じゃあるまいし》《楽しい食事の時間がストレスになっちゃいそう…》と子どもたちを心配する声が上がった。

《中学校に給食を作ってあげてください。無理ならハマ弁以外のお弁当を買ってもいいことにしてください。それも無理なら職員室にハマ弁を取りに行ってハマ弁が食べられるくらいのまともなお昼休憩をください》と訴えた春名。多くの横浜市民の思いを代弁したその言葉は、横浜市長に届くのだろうか。


連日、修理、、今日はハイテク、、フィリピン人生

2017年07月31日 | モーターサイクル整備関係


連日、修理、、今日はハイテク、、フィリピン人生


1,強化スポークがヒビなので、、溶接、、、


2,もう一台が問題でアクスルシャフトの修理跡が折れ<<臨時の運転手が木にぶつけた>>

そこで、ボルトを増設溶接、、、、ハイテクニック

さらについでに<<ベアリングシャフトが摩耗で痩せ、、、まシンしョップでやるべきだが脱着できない構造で<<溶接してモールデングしてグラインダーでジャスト加工するという高度なテク>>

◎該問題は何ヶ月前から、承知していて応急として金属板の薄いのをカラーとして噛ませていた。

しかし脱着ごとにぼろぼろになり手間がかかる。

前は、ここを溶接モールデングしてグラインダーで加工することは考えてが<<テクニック的に自身がないのでやらなかった=コレは難しい加工となる>>が、その後、自分の溶接手テクが向上したので思い切って実行して完了できた。

担当運転手も手伝ってくれて<<素人でも2人いればなんとかなる@@>>

ベアリング内径に合わせてモールデングしたところをグラインダーで少しずつ削る。

そんなこんな、、、朝7時半頃から10時まで休み無しでの作業だった。


最早、うちはプロレベル、、、運転手らとジョーク言いながら高度加工した。


1人の運転手が<<カポイ~~疲れる>>などという、、、ホイル修理のヤツ。

俺なんかEverydayだぞ~~~~本当にEveryday、、ここがドウノコウノ壊れた、、、


電気溶接も以前は、ブラザーと呼ぶ高技能の運転手に任せていたが<<見よう見まねで俺が、チャレンジで出来るようになった>>フィリピンのもんだいは電圧が曜日により昼間はローボルテージに成るので、溶接機のダイアル調整をこまめにする必要がある事>>Sandyは安定してるがウイークデーは酷い電圧下がりやフレが有る。

コレが溶接作業に影響する。


運転手は担当車両だけだが、、俺は全車両の修理をしている(高度技能運転手は任せられるが少ない)もう、体が持たない。

◎リウマチで手が変形して力が入らないが、、、やるしかない。


子供が医学系学部を今年卒業なので、最低、卒業まで頑張る必要がある。



医学実習の娘が犯罪被害者の司法解剖補助、、フィリピンの大学

2017年07月30日 | フィリピンの大学進学卒業過程


医学実習の娘が犯罪被害者の司法解剖補助、、フィリピンの大学


医学の教育実習で勉強してるが<<先日、16歳の男が暴行を受け死亡した>>ので、司法解剖となり、執刀は経験有るドクター、、

現場立会、、、

補助だが、、、

他の多数実習生が怯えて固まってるので<<うちの娘が、取り出した、脳や内臓損傷臓器を取り出して計量>>などをしたそうだ。

肺の取り出しは<<背中から開けて出したそうだ>>肋骨の損傷保存のためか?

この司法解剖は遺族が依頼した(糞フィルでは、警察や検察など銭を出さない=自分ら遺族が戦う=銭を出さないとどうにもならない糞の国)


特に脳が損傷を受け<<異常に脳水が溜まっていた>>頭を打撃されている。

脳みそを取り出し保存、、内臓も保存した<<この一連作業をドクターのサイドで補助した>>

刑事事件なので証拠保存だ。


頼もしい!!!!

良い勉強だなあ!!



100万人処刑? "韓国史最大タブー"の教訓

2017年07月30日 | 朝鮮エベンキ族
100万人処刑? "韓国史最大タブー"の教訓
7/30(日) 11:15配信 プレジデントオンライン
100万人処刑?
荒廃したソウル市内で、がれきの中に座りこむ年配の女性(1950年11月1日、写真=ROGER_VIOLLET)
数年前からマンションの建設ラッシュに湧くソウル。東京の2~3倍という価格にもかかわらず、資産形成を夢見るソウル市民の間では売れ行き好調だという。だが今から67年前、ソウルとその近郊は、北朝鮮軍の怒涛の進撃に飲み込まれた。阿鼻叫喚の混乱のなか、李承晩・韓国大統領(当時)は自らの失策の責任を反対派の国民に押し付けた……。

■首都ソウルの地政学的リスク

 ソウルでは数年前からマンションの建設ラッシュが起きています。販売価格は東京のマンションの2~3倍。そんな高額物件が次々と売れるというのですから驚きです。

 ソウルは北朝鮮に近接しており、地政学的に極めて危険な都市です。北緯38度線の南北軍事境界線付近には、北朝鮮軍の長距離砲など300門以上がソウルを標的にしており、これらが一斉に火を吹けば、ソウル市民100万人に死傷者が出るといわれています。

 それでも、ソウル市民は市内に高額なマンションを買い、そこに資産を形成します。ちなみに、保険会社は戦争で家屋が損傷を受けても保険金を支払いません。どの国でも、戦争は保険金支払いの免責事由となっています。

 戦闘が始まれば、朝鮮戦争の時のように、漢江の橋を落とし、漢江を防衛線にする戦略をとることが想定されます。そうなれば、また、ソウル市民はどこへも逃げることができません。

 韓国では、首都を南に移すことも検討されました。朴槿恵前大統領の父の朴正煕大統領は1970年代、首都移転構想を打ち出します。これは実現しませんでしたが、その後、盧武鉉大統領がソウルの南東120キロの地に「世宗市」を建設し、ここを新しい首都にしようとしました。しかし、保守派の反対や2004年に出された憲法裁判所の首都移転違憲判決により、遷都計画は頓挫しました。

 朝鮮戦争の時代、韓国は追い詰められて、水原、大田、大邱、釜山と政府の拠点を移しました。それ以降、ソウルに首都を置き、北朝鮮を押し戻すということが政府の使命とされ、ソウルから遷都することは「後退」であると、否定的に捉えられたのです。

■スケープゴート探しの果てに

 1950年6月25日、朝鮮戦争の開始から1週間で、韓国は政府を釜山へ移します。李承晩大統領ら政府は国民を見捨てて、ひたすら逃げるのみでした。無為無策の韓国政府に対し、国民の批判と怒りが沸き起こります。

 政府はこれらをかわすため、スケープゴートを探し、とんでもないことを始めました。韓国現代史の最大のタブーとされる保導連盟員の大量処刑(保導連盟事件)です。政府は、韓国軍が北朝鮮軍に簡単に敗退するのは韓国民の中に北朝鮮と内通するスパイがいるからだ、と喧伝しました。

 保導連盟とは共産主義からの転向者や政治犯、その家族らを再教育するために加盟させた組織で、いわば政府に批判的な人々をリストアップした集団でした。その中には、配給がスムーズになるという理由で、貧困層や素行不良な一般市民も多く含まれていました。

 李承晩は「ブラック・リスト」に載っている彼らをスパイと決め付け、軍や警察に処刑するよう命じました。反対派を恐怖政治によって黙らせ、政府の失態をスパイの責任にしてしまおうという魂胆でした。

 このとき、多数の保導連盟員が韓国全土で処刑されました。保導連盟事件の犠牲者数には諸説ありますが、この事件の遺族会にあたる「全国血虐殺者遺族会」は114万人が処刑されたと主張。韓国政府の「真実・和解のための過去史整理委員会」を率いた歴史学者の金東椿氏は少なくとも6万人から11万人、朝鮮戦争研究の第一人者である延世大学の朴明林教授は、1950年だけで20万人が処刑された可能性があるとみています。

 いずれにせよ、朝鮮戦争で犠牲になった韓国の民間人の相当部分が、北朝鮮軍によって殺されたのではなく、自国の政府によって殺されたことを忘れてはならないでしょう。(金東椿氏は、北朝鮮軍がのちに国連軍によって北へと押し戻される際、同様の規模で「南の協力者」の集団処刑を行ったとも推測しています)

 この大量処刑で、政府批判はピタリと静まります。政府にとって、この措置は極めて効果的であったのです。

 危機は敵・味方区別なく、あらゆる存在を「脅威」に変えてしまいます。脅威が脅威を呼ぶ負の連鎖の中で冤罪(えんざい)が巻き起こり、必然的に、多くの犠牲者が発生します。

■ようやく応援のアメリカ軍が来たが……

 韓国政府が釜山へ移った7月2日以降、待ちに待ったアメリカ軍の部隊投入が始まります。「アメリカ軍が来ればもう安心だ」と李承晩は手放しで喜んだといいます。

 ところが、アメリカ軍は士気の高かった北朝鮮軍に各地で敗退しました。アメリカ軍では第2次世界大戦の終結時に多くのベテラン軍人が退役しており、急ごしらえの実戦経験のない部隊が編入され、士気も低かったのです。

 アメリカ軍は大田(テジョン、韓国中部の都市)で大敗すると、釜山まで撤退します。その際、北朝鮮軍によりアメリカ兵捕虜が虐殺される「303高地の虐殺」が起きています。北朝鮮の金日成は、「解放記念日」の8月15日までに釜山を陥落させて朝鮮半島を統一すべし、と声明を発表します。

 焦った李承晩は日本の山口県に亡命政府を受け入れてもらうよう、日本と交渉を始めています。大の日本嫌いであったにもかかわらず、日本に助けを求めたのですから、まさに恥も外聞もありません。

 しかし、当初は敗退し続けていたアメリカ軍も、釜山近郊でようやく北朝鮮軍を押し返しはじめました。「アメリカに助けてもらう」という李承晩のもくろみは、何とかギリギリのところで達成されたのです。

----------
宇山卓栄(うやま・たくえい)
1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。個人投資家として新興国の株式・債券に投資し、「自分の目で見て歩く」をモットーに世界各国を旅する。おもな著書に、『世界一おもしろい世界史の授業』(KADOKAWA)、『経済を読み解くための宗教史』(KADOKAWA)、『世界史は99%、経済でつくられる』(育鵬社)、『“しくじり”から学ぶ世界史』 (三笠書房) などがある。


この李承晩は、戦時中、アメリカに亡命していたが、二ホン敗戦後韓国に戻りアメリカの指図に従い<<反日工作、竹島占領などをした>>

アメリカは二度と東アジア連帯をさせないために<<二ホン、朝鮮を分断する>>工作に出たのだ。

全てはアメ公の計画。