独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

地雷原フィリピン移住生活27年、ほとんどの外人が破滅する

人工透析、心臓が弱り、リウマチ身体が不自由

過去記事時、フィリピンの保護ネコたち

2021年04月25日 | ペット

予防接種後、子犬が死んだ😹地獄のフィリピン劣悪状況!!

2021年04月21日 | ペット

猫のシャラーン、コウちゃん、犬たち

2021年04月14日 | ペット

保護ネコとオジちゃん、犬たちも~フィリピン移住地獄の日々

2021年04月07日 | ペット

保護ネコに子犬、ニワトリのママちゃん、ピヨピヨなどたくさんの地獄フィリピン

2021年04月05日 | ペット

保護ネコと子犬たち、(ΦωΦ)ニワトリたちもいるよ

2021年04月05日 | ペット

保護猫が犬と仲良く、子犬も沢山のフィリピン地獄移住

2021年03月15日 | ペット

イヌ・ネコ(ΦωΦ)サバトラ保護猫フィリピン生活

2021年03月10日 | ペット

又、子供が猫を拾ってきたフィリピン生活、犬猫、ニワトリ、インコだらけ(ΦωΦ)

2021年03月06日 | ペット

子猫が殺された!イランの猫がやった!フィリピン生活事件

2021年03月05日 | ペット
子猫が殺された!イランの猫がやった!フィリピン生活事件、やはり当初から感じた通りの危険な猫だった!!バカ妻がムスリムからもらった。


病気で死んでしまう犬の話、フィリピン生活

2021年03月01日 | ペット

ココナツを収穫させる「サルの強制労働」の残酷な実態、タイ

2021年02月28日 | ペット

ココナツを収穫させる「サルの強制労働」の残酷な実態、タイ

2/24(水) 18:37配信

この記事についてツイート
この記事についてシェア

ナショナル ジオグラフィック日本版
コストコは取引停止、メーカーや政府が対策確約も「何も変わっていない」と新たな報告

ブタオザルはタイ南部の農園で木に登ってココナツを収穫するように訓練される。作業のとき以外は鎖でつながれていることが多い。(PHOTOGRAPH BY HENRY AUSLOOS, ALAMY STOCK PHOTO)

 タイのココナツ農園では今もサルが労働を強いられていると、米動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のアジア支部が新たな調査結果を発表した。

【動画】ココナツミルクは「残酷」? サルの搾取と虐待の実態

 PETAは約半年前にも2019年に実施した覆面調査の結果を公表していた。それを受け、コストコなどの大手スーパーマーケットチェーンがサルに労働をさせている企業の製品を今後は仕入れないと発表し、ココナツ製品のメーカーとタイ政府は、サルの強制労働をやめさせると確約していた。

 ココナツの収穫に使われるブタオザルはタイの法律で保護されている。飼育下で生まれた個体を除き、所有すること自体違法だ。違反者は罰金または2年の懲役刑を科されることになっている。

 だが、タイ議会の動物福祉アドバイザーを務めるエドウィン・ウィーク氏によれば、そうした判決が下されたことはない。ココナツ生産者が使役するサルの約半数は野生から捕獲され、違法に飼育されているはずだと氏は言う。

 PETAによれば、多くは赤ちゃんザルの頃に野生から違法に捕獲された可能性が高い。調査員らは、独りきりにされ、ストレスをためているサルたちを見た。叫び声をあげたり、同じ場所を行ったり来たりするのは不安の表れだ。中には犬歯がない個体もいた。これはサルを扱う人間がけがをしないように抜いたのだと農家に明かされたという。

 タイはインドネシア、フィリピンに次ぐ世界3位のココナツ輸出国であり、2019年には50万トン強を輸出している。乳製品の代替品として、ココナツミルクの人気は過去5年間で着実に高まっていると、インドの調査会社モルドール・インテリジェンスのリサーチマネージャー、アビナシュ・デサマンガラム氏は言う。乳製品の代替品市場を調査している氏によれば、ココナツ業界の成長率は今後5年間で約2倍になると予想される。

 政府内部の見解はばらばらだ。ココナツの収穫にサルは使われていないと主張する省庁がある一方で、サルの労働をなくすために努力していると言う省庁もあれば、サルを使ってココナツを収穫するのは文化の一部だと言う省庁もあると、2度の調査を主導したPETAアジア支部のジェイソン・ベイカー上席副会長は語る。

 ココナツ産業におけるサルの労働に関するPETAの主張と、それに対する政府の対応について、タイ国立公園・野生動物・植物保全局およびタイ商務省からはコメントが得られなかった。

「この問題には矛盾があります」とデサマンガラム氏は言う。消費者は、ココナツミルクは“クルエルティー・フリー”(“残酷さがない”という意味。動物由来の原材料や動物実験を用いていない製品)のはずだと期待する。しかし実際には、 「サルに労働を使うなかで、多くの残酷さがあります」


メーカーによる調査は「お粗末」

 PETAは、ブタオザルが木に登りココナツを採ってくるよう、場合によっては「サルの学校」に入れられて訓練されている様子を記録した。PETAが撮影した映像を見る限り、作業をしていないときは鎖につながれ、体の向きを変えられないほど小さなケージに入れられて運ばれることが多いようだ。

 2020年夏にPETAの調査が公表された後、タイ政府の観光サイトからはサルの学校を宣伝するページが削除された。だがそれ以外は、サルの労働をなくすための「意味のある措置」は取られなかったとPETAアジア支部のベイカー氏は話す。

 最初の調査時から「何も変わっていないと(PETAが)言っているのは正しいです」と、タイの野生動物保護団体「ワイルドライフ・フレンズ財団」の理事兼創設者でもるウィーク氏は話す。ココナツミルクの主な産地であるタイ南部のココナツ農園では3000匹ものサルが働かされていると氏は推定する。

 昨年夏のPETAからの批判を受け、米スーパーに製品を供給しているココナツミルク製造大手が、供給元である農園に自主的に検査員を派遣した。そのひとつであるチャオコーは、第三者による調査の期間中、サルが労働させられていた証拠は見つからなかったと主張した。

 しかし調査報告によれば、検査員が訪問した農場は64カ所だった。これは同社にココナツを供給している817カ所の農園の8%にも満たない。このような調査は「お粗末です」とベイカー氏は述べる。
動物福祉法が適用されない

 仮にサルの強制労働を発見したとしても、タイの動物福祉法は家畜にしか適用されないとウィーク氏は言う。「(野生動物を)虐待している人々に対して実際に法的措置を取る方法はほとんどありません」

 PETAは14カ所のココナツ農園、2カ所のサルの学校、およびココナツの収穫コンテストに対して覆面で追跡調査を行った。一部の農家は、チャオコーの調査員は農家がサルを隠せるよう事前に訪問を予告していると打ち明けた。また、必要なとき以外はサルを作業現場に連れてこないようにしていると話す農家もいた。

 ココナツ農園の検査についてチャオコーにコメントを求めたが、回答は得られなかった。だが同社は2020年7月10日にソーシャルメディア上で、「弊社および関係者は、ココナツの収穫におけるサルの労働を支持していない」とする声明を発表している。また、今後はすべての供給元に対して検査を義務化するとしている。

 ココナツの生産者と製品メーカーがサルの労働を終わらせなければ、より多くの消費者と大手小売業者が変化を促すことになるかもしれないとデサマンガラム氏は言う。特に欧米の顧客が、ココナツミルクに代わる乳製品の代替品として豆乳やアーモンドミルクなどに切り替えるだろうと氏は予想する。


サルの学校側は反論

「PETAの記事は、ほぼ全体がナンセンスです」とアリエン・スハルーフェルス氏はメールで反論する。氏の妻であるソムジャイ・サエコウ氏は、タイ南部にある「ファースト・モンキー・スクール」を所有している。

 PETAを「過激派のビーガン(完全菜食主義者)組織」と呼ぶスハルーフェルス氏は、サルたちは訓練を喜んでいると主張する。「彼らは注目されるのが好きで、仕事を楽しんでいます。暴力や強制は一切ありません。私たちが知っている多くのサルの飼い主は皆、サルと一緒にとても静かに仕事をしています。怒鳴ることも殴ることもありません」

 氏はサルの歯が抜かれていることを否定し、狭いケージに入れて運ぶのは彼らの安全のためだと述べる。PETAが記録した映像については、見知らぬ人がカメラを持って近づくとサルは不安になるため、「おびえたサルの映像をとても簡単に撮ることができます」と語る。

 ファースト・モンキー・スクールは、サルを訓練してココナツの収穫を覚えさせており、150バーツ(約525円)の料金で施設を一般公開している。PETAが訪れた際には、鎖につながれて観光客のためにパフォーマンスをしたり、観客の前で木に登ってココナツを摘んだり、電動スクーターの後ろに観光客と一緒に乗ったりするサルの姿が記録された。

 これまでの多くの研究で、ブタオザルを含むマカク属のサルも、私たちヒトを含む他の霊長類と同様に社会性が高く、同種の仲間を必要としていることがわかっている。サルにココナツを収穫させることは間違っているが、もっとひどいのは「彼らが四六時中味わっている孤独と隔離」だとベイカー氏は言う。サルたちが野生の家族から引き離され、極度の悪天候でも外に放置され、社会的な関わりが一切ない孤独な状態で飼われることは、「精神的な拷問」に等しいと指摘する。

「私が皆さんに考えて欲しいのは、サルがココナツを収穫しているという事実だけではなく、サルが送っている生活のことなのです」とベイカー氏は訴える。

救出されたサルたち

 サルの強制労働が暴露されたことや、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経営難のため、一部のココナツ生産者は、政府が運営するセンターやウィーク氏のワイルドライフ・フレンズ財団にサルを引き渡した。

 同財団ではすでにココナツ農園から救出された40匹以上を含む300匹近くのサルを保護していたが、ここ数カ月間でさらに4匹を引き取ったほか、近日中にもう1匹を迎える予定だという。さらに多くのサルが順番待ちをしているが、パンデミックによる資金不足のため、今すぐには受け入れられないとウィーク氏は言う。

 中には不安に駆られ、サルを野生に帰したココナツ生産者もいるのではないかとウィーク氏は懸念する。飼育下で長年暮らしてきたサルが、野生で生き残るのは難しい。

 新たに引き取られた4匹は、個人的に消費するココナツを収穫するために飼われていたという。そのうち2匹は若く、おそらくまだココナツ収穫の訓練を受けていなかった。しかし、「セーン」と「ムエン」と名付けられた残る2匹は年を重ねており、「状態が悪かった」とウィーク氏は言う。

 同氏が迎えに行ってみると、2匹は鎖で柱につながれ、雨や日差しを遮るものもなく、飲み水も置かれていなかった。2匹とも犬歯を失っており、セーンはすぐに治療が必要な大きなヘルニアを患っていた。

 しかし今では、残飯の鶏肉と米の代わりに果物や野菜の健康的な食事を与えられ、他のサルたちと交流する新しい生活に慣れている。独り鎖でつながれていた生活の後では「カルチャーショック」だっただろうとウィーク氏は言うが、セーンは「実にフレンドリーなやつ」なのだそうだ。

 サルを働かせてココナツを採るタイの慣習は徐々に消えていっているとウィーク氏は言う。人々は、ゾウの背に乗ることや闘牛といった、動物を苦しませるような古い文化的慣習を再考し始めている。氏は、15年前には現在の3000匹よりはるかに多い1万5000匹ものサルがココナツ農園で働かされていたと推定している。

 この数をさらに減らすために、PETAの企業責任担当者であるケント・スタイン氏は、サルの代わりに農家や労働者が収穫作業を行えるようにするよう、タイ政府がココナツ収穫設備の購入に補助金を出すことを提案している。

 タイのココナツ生産者と輸出業者が生き残るには、政府は信頼性の高い第三者による検査の仕組みを導入し、ココナツ農園がサルに強制労働をさせていないことを保証しなければならないとデサマンガラム氏は言う。有機栽培農園に品質管理の手順や規制が適用されるのと同じことだ。氏も認めるように、収穫コストは増加するだろうが、消費者はクルエルティー・フリー製品にもっとお金を払ってもいいと考えているはずだ。

「どの立場から見ても、サルの強制労働を完全に廃止することが関係者全員にとって理にかなっているのです」とデサマンガラム氏は話す。

文=RACHEL FOBAR/訳=桜木敬子

GACKT、「分かってねえ!」と激怒し出国 愛犬譲渡炎上のその後

2/24(水) 16:05配信
4090

この記事についてツイート
この記事についてシェア

NEWSポストセブン

愛犬譲渡騒動で炎上中のGACKT

 GACKT(47才)が2月10日に自身のYouTubeチャンネルに動画「GACKTが愛犬を里子に出しました。」を投稿したことで、炎上している。愛犬を失ってペットロスになっている知人女性に、自身が5か月間飼っていた子犬・フェンディちゃんを譲ったという内容だ。

【写真】今とは別人!?金髪でサラサラヘアだった頃のGACKT

 この動画に「愛犬をモノ扱いするのか」「プレゼントするなら5か月も一緒に暮らした犬ではなく、ほかの犬にすべき」「ペットロスの人の気持ちがわかっていない」などと、批判が殺到している。

 一部の女性ファンは次のように擁護する。

「フェンディちゃんを飼い始めた昨年10月の時点で、里子に出すと公表していましたし、今回の譲渡相手のかたとは、事前に充分に話し合いをしていたそうですよ。ただ、今回の動画では前段の説明が省かれていたし、サプライズ演出もされていたため、大きな批判につながってしまったのだと思います」

 だが、炎上は収まるどころか広がりばかり。炎上後、GACKTはネット配信をしたが、背景説明はほどほどに、強気な反論に出たのだ。

《エゴです。ぼくのエゴです。結論から言うと。良いとか悪いとかどうでもいいんです》 《けんかしたい人がもしいるんであればいくらでも買いますよ! ぼくは売られたけんかはいつでも買いますからね》

 GACKTの行動に、芸能界の愛犬家からも批判の声が出ている。自身も何匹もの愛犬と暮らす坂上忍(53才)は、MCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)で《動物を家族ととらえている人は、あの行為を受け入れることはできない》《あの行為はぼくにはとうてい考えられないこと》と発言した。

 犬や猫の保護活動に熱心な杉本彩(52才)は『デイリー新潮』の取材に対して《GACKTさんの取った行動は理解し難い》《心の寂しさをすぐに別の動物で埋められるなんてことは、絶対にありません》などと語った。

 その火の粉が降りかかるのを恐れてか、GACKTはいくつも持つ自宅のうち、マルタ島にある家へと旅立った。「何もわかってねえ!」--そう激怒しながら日本を離れたという。

 フェンディちゃんはというと、炎上も元の飼い主の出国もつゆ知らず、のびのびと新しい家で暮らしている。

「ご夫婦は、フェンディちゃんに白い服を着せて散歩に連れ出して、本当にかわいがっていますよ。『フェンちゃん』って呼んでいるので、名前も変えていないはずです。この辺りは犬を飼っているお宅が多いので、フェンちゃんも新しい友達ができて、幸せなんじゃないでしょうか」(近隣住民)


フェンディちゃんは本当に、GACKTと別れて幸せになっているのだろうか。

「一般的には、犬や猫を家族の一員にすれば、終身飼育が望ましいです」と語るのは、獣医師の石井万寿美さんだ。ただし、石井さんはこうも言う。

「あの動画の中で、GACKTさんは、フェンディちゃんの知らない間にいなくなるのでなく、『行っちゃうよ』と言っています。それでもフェンディちゃんは、後追いをしたり鳴いたりもせず、ずっと部屋のにおいを嗅いでいたので、もう『この家の子になる』と決めたように見えました。フェンディちゃんに関しては、ずっと自分だけを大切にしてくれる人が里親になってくれて、よかったのではないでしょうか」

 2月25日発売の『女性セブン』では「大炎上 GACKT『愛犬をポイッ』譲渡騒動 逆ギレの全真相」とのタイトルで、今回の騒動について詳報。愛犬家で知られるデヴィ夫人が「愛がないのかしら」などと激怒して語った内容や、最近、親友や仲間を次々に切り捨てているGACKTの素顔、マレーシアの自宅を訪れたテレビ局関係者が見たGACKTと愛犬の生活の実態などについても報じている。

コロナ禍でペットを飼う人が増加 1カ月の費用は犬9,360円、猫6,673円など

2021年02月27日 | ペット
コロナ禍でペットを飼う人が増加 1カ月の費用は犬9,360円、猫6,673円など

2/27(土) 13:02配信
13



MONEYzine

 楽天インサイト株式会社は、全国の20歳から69歳の男女1,000名を対象に「ペットに関する調査」を実施し、その結果を2月15日に発表した。調査時期は1月5日と6日。

 現在のペット飼育状況を複数回答で聞くと、飼っているペットは「犬」(13.2%)、「猫」(11.0%)、「淡水魚」(4.5%)が上位にランクインした。他方、「現在ペットを飼っていない」と回答した人は69.2%だった。

 ペットを飼い始めた時期(複数いる場合は、一番新しいペットについて)を聞くと、62.4%が2017年以前から飼育していたものの、2018年が8.4%、2019年が9.3%、2020年が19.9%で、2020年以降にペットを飼い始めた人が2018年と2019年を10ポイント以上上回った。また、2020年4月以降にペットを飼い始めた人は16.3%で、コロナ感染症が拡大を始めてからペットを飼い始めた人も多かった。

 ペットを飼っている人に、エサ・グッズ・おもちゃ・電気水道光熱費・病院代などすべてを含めた1カ月あたりにかかる費用を聞いた。一番多かった金額帯は犬(N=132)が「5,001円~1万円」(34.1%)、猫(N=110)が「3,001円~5,000円」(31.8%)、淡水魚(N=45)が「1,000円以内」(68.9%)で、ペット1匹あたりにかかる費用の月平均額は、犬が9,360円、猫が6,673円、淡水魚が1,011円だった。

 犬あるいは猫を飼っている人に、ペット保険の加入状況を聞くと、犬を飼っている人(N=132)の41.7%、猫を飼っている人(N=110)の20.9%が「現在加入している」と回答した。そのほかの回答は、「現在加入していないが、過去に加入したことがある」は犬が8.3%で猫が6.4%、「加入したことはないが、検討している」は犬が19.7%で猫が23.6%、「加入したことがなく、検討もしていない」は犬が30.3%で猫が49.1%だった。



一方、ペットの予防医療の啓発・普及活動を展開する獣医師団体Team HOPE(チームホープ)は、犬と猫の飼い主412名を対象に、「ペットの健康管理に関する実態調査」を実施し、その結果を2月17日に発表した。

 ペットの犬や猫の健康診断の受診状況を調べると、「定期的に受診」と「受診経験はある」が39%、「受診したことはない」が22%だった。定期的に受診している飼い主の割合は2019年の42%から減少したものの、2016年の31%から増加傾向にある。また、ペットの種類別では、定期的に受診しているのは犬が44%、猫が34%だった。

 健康診断を定期的に受診していると回答した飼い主(N=160)にその頻度を聞くと、「1年に2回程度」が44%、「年に1回程度」が54%、「2~3年に1回以下」が1%だった。「1年に2回程度」と回答した飼い主の割合は2017年が30%、2018年が37%、2019年が41%で、受診頻度を増やす飼い主が増えていた。健康診断の受診項目について該当するものを複数回答で聞くと、「問診」と「触診」が85%、「視診」が81%、「血液検査」が60%、「聴診」が57%などとなった。

 最後に、全員にペットの健康診断に関する考え方を複数回答で聞くと、「手頃な価格なら健診を受けさせたい」が47%で最も多くなる一方、「お金がかかっても健康のために健診を受けさせたい」が43%で2位にランクインした。そのほかの回答は、「どのような検診内容が有効か知りたい」が27%、「人の検診のようにいろいろな検診を受けさせたい」が11%、「今はペットが健康だから必要ない」と「健診に行く時間がない」が10%だった。

 コロナ禍で自宅にいる時間が長くなり、ペットを飼う人が増えている。そしてペットの健康診断は必要性は感じているものの、費用面から躊躇している人も多いようだ。

サイトウ イサム[著] / 加藤 秀行[著]




abl***** | 2時間前

この飼育費用の額は疾患がないのが前提ですよね。
いずれ独立するヒトの子とは違いますが、動物も家族ですから、健やかなときも病めるときも、終生大事にしてあげてください。

返信1

16
1

yuk***** | 1時間前

健康に生きていけばご飯代とかちょっとした費用でいいけどどの生き物にも老後がきます。

医療費が高いですので貯金しといてください。

毎月5万は余裕で医療費かかります。

うちは亡くなる前の2年間病気になり毎年医療費だけで100万越えでした。

最初はペットショップでかわいい!ってだけで飼ったので老後の事なんか考えておらずいざ老後になって出費には驚きました。

今から飼おうとする人には医療費貯金をすすめます

あと介護も大変です。
睡眠時間も減り体力もですが何と言っても、辛そうなペットを看なきゃいけないので精神的につらくなります。

人間みたいに老後は入院して病院で看護婦さん達が24時間看てくれるわけではなく自分で24時間看なければいけません。

お金以外にも動物を飼うのは大変だと気がつきました。

返信0

6
2

mic***** | 1時間前

>健康診断は必要性は感じているものの、費用面から躊躇している

家族(ペット)の健康よりお金が大事、という訳ですよね。こういう人は、ペットを買う前に、飼うこと自体を躊躇してほしかった・・・。

返信0

7
1

**** | 1時間前

〉ペットの健康診断は必要性は感じているものの、費用面から躊躇している人も多いようだ。

え、普通に最低なんですが。

あと、健康だから検診必要ないとか、なんなの。
人間でも自覚症状なく病気が進んで亡くなるケースがあるのに、そういうこと知らない人なの?

病院に行かせるお金もないのに動物飼うなよ。

返信1

5
1

vx***** | 2時間前

日本には居ないはずの外来種が目に見てわかりにくい川や池なんかで大繁殖するのが良い例だよ。
飼ってみたくて飼ったけど手に負えなくてバレない様に捨てる。
コロナが収束した後に野良犬や野良猫が増えない事を祈る。

返信0

5
1

nkr***** | 2時間前

コロナ禍が終息したら、飼うのも終息なんて事だけは止めてね。
最後までネコちゃんワンちゃんの命に責任持って下さい。

返信0

18
1

dor***** | 2時間前

ペットを飼う場合は今だけの事では無く
先の事を真剣に考えて飼って欲しい
可愛いだけで絶対に飼わないで!!

返信0

15
0

みっちゃん | 2時間前

流行り廃りで扱われる命って可哀想だな。
捨てられる事も増えてると聞くし。よく考えて欲しい。

返信0

7
2

ももも | 1時間前

コロナ禍の中、外へ散歩にいかなきゃいけない犬を購入するって
どんな心理なのかよくわかんない

返信0

5
0

nve***** | 33分前

子供を育てるより安上がりッ。親は自分が死ぬまで子供が気がかりッ。ペットはたかだか十数年ッ。反抗期も悪い友達も悪い虫も付かないッ。去勢すれば出来ちゃた婚もないし母子父子家庭も無いッ。





犬社会の構造と人間の一夫多妻制度肯定論、猫(ΦωΦ)

2021年02月27日 | ペット

子猫が殺された!イランの猫がやった!フィリピン生活事件、やはり当初から感じた通りの危険な猫だった!!バカ妻がムスリムからもらった。

2021年02月26日 | ペット
子猫が殺された!イランの猫がやった!フィリピン生活事件、やはり当初から感じた通りの危険な猫だった!!バカ妻がムスリムからもらった。