独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

遺体を生焼けで返す」と恫喝も

2018年07月02日 | ペット
「ペットの遺体を生焼けで返す」と恫喝も、ペット葬儀業界の闇

7/2(月) 6:00配信 ダイヤモンド・オンライン
「ペットの遺体を生焼けで返す」と恫喝も、ペット葬儀業界の闇
料金トラブルや動物病院へのリベート、ひつぎの使い回しなど、ペット葬儀業界には、さまざまな問題が潜んでいる(写真はイメージです)
 依然としてペットブームが続いているが、実は日本のペット飼育率は右肩下がりで、この先は寿命を迎えるペットの数が着実に増えていくのだという。しかし、死んだペットを見送るための「ペット葬儀業界」はトラブル続出のブラックボックス状態。その問題点は一体どこにあるのか?大森ペット霊堂の齋藤鷹一氏に話を聞いた。(清談社 中村未来)

● 移動火葬車でのトラブル続出 「払えなければ生焼けで返す」

 「ペット飼育率の最盛期は2008年頃、約

年前です。その年を境に、ペット飼育率の数字は年々下がっています。あくまで犬猫の登録数での話なので、登録していない犬猫も多くいますし、小動物や爬虫類も多い。すべてを含めた実際の数は未知数ですが、いずれにせよ、これから寿命を迎えるペットの数が増えるというのは必然でしょう」(齋藤氏)

 つまり、今後はペット葬儀業者の需要が今度どんどん増えていくということだ。しかし齋藤氏は、一部のペット葬儀業者が行うずさんなサービスをなんとかしなければいけないと嘆く。というのもペット葬儀は、30年以内に始まった比較的新しいビジネスのため、モラルが欠落した業者も少なくないそうで、その中でもトラブルが後を絶たないのが「移動火葬車」を使ったものだという。

 「移動火葬車とは、炉を載せた車が、飼い主の家まで来てその場で火葬してくれるというものです。家だけではなく、よく散歩した公園や思い出の地に来てもらうこともでき、かつ安価でお見送りができるため、ニーズが大きいのは確か。もちろんペット霊園でもずさんなところが多くありますが、ペット葬儀トラブルの7割ほどはこの移動式火葬車によるものです」(同)

 過去には、数十万円という法外な火葬代を請求し、「支払えなければ生焼けで返す」と脅すようなトラブルも発生。また、火葬による異臭騒動が発生したという事例もある。なぜ移動火葬車に悪質な業者が多いのか。その理由は、新規参入しやすいビジネス形態にある。

 「移動火葬車は、簡単に言えばラーメンや石焼き芋の屋台と同じカテゴリです。ペット霊園と違い、車を手にすれば簡単に開業することができます。私の知っている方で真面目に移動火葬車を使い、営業している方もいますが、基本的には動物やペットに愛情がなく、完全な営利目的で営業しているところも多いので、こうしたトラブルが起きてしまうのだと思います」(同)


● 火葬場でこっそりと遺体を取り出し ひつぎの使い回しをする悪徳業者

 もちろん、明らかな犯罪行為に対しては警察も動くが、この種のトラブルでは注意喚起だけで、厳しい取り締まりや規制はまだないというのが現状だ。では、移動火葬車を避ければ問題は起きないのかと思えば、そう簡単な話ではない。

 「業界に身を置く人間として非常に残念ではありますが、炉が敷地に固定されているセレモニーホールのようなところであっても、サービスが不完全なところは山ほどあります。例えば動物用のひつぎを、お客さまの見えないところで炉から取り出し、再利用する施設も多くあります。それに加えてスタッフが、動物に対する知識をほとんど持っていないというケースも多いです」(同)

 ビジネスである以上、利益を出さないことには経営は成り立たない。しかし、社会的な意義よりも、営利を重視するペット葬儀業は想像以上に多い。某動物病院に所属するA氏が、匿名を条件にペット葬儀の裏側を明かしてくれた。

 「人間が死ぬと、病院が葬儀会社をあっせんし、そのまま葬儀を頼むという流れがほとんどだと思いますが、実は動物も同じです。動物病院がペット葬儀業者を紹介するのです。その裏では、自分の葬儀場を紹介してもらうため、ペット葬儀業者が動物病院に寄付という名目で多額のお金を渡していたりします」(A氏)

 この習わしは、業界内では周知の事実だという。

 「裏で金を積んであっせんされたペット葬儀業者が、すべて悪質だとは言いません。ただ、動物病院に渡す金があるのなら、利用者に対するサービス向上に投資すべきだと思いますけどね」(同)

 利用者からしてみれば、動物病院から紹介された業者というだけで信用に値すると思ってしまうが、絶対に安心できる業者とは限らないのだ。

● 良い業者を選ぶために 押さえておきたいポイントとは

 とはいえ、近年はこうした習慣に異議を唱えるペット葬儀業者も増えたという。動物病院とペット葬儀業者の癒着について、前出の齋藤氏は言う。

 「確かに、癒着は存在します。そして業界にいれば、どこの業者が動物病院にお金を渡しているかは耳に入ってきます。だからこそ、葬儀業者を利用する人には、できるだけ優良な業者を選んでいただきたいと心から思います。葬儀業者のスタッフは、動物愛好家でなければ本来務まらない仕事なんです」

 悪質な業者に大切なペットを任せることはできない。それを見極めるためには、HP上に書かれている理念をしっかり確認することが重要だ。

 「なぜペット葬儀会社を営んでいるのか、理念を読めば、その業者の本気度が伝わってきます。また、SNSで、日常的にどのようなことをしているかも確認するといいです。スタッフの人柄は、葬儀の質を大きく左右します」(齋藤氏)

 また、電話をしてみたときの反応で、ペットを動物としてみているか、それともモノとして見ているかも判断できる。

 「理念のない業者は、ペットをモノとして見ています。そのため、動物の生態についてそこまで関心のないケースが多いです。犬種や名前、年齢を一切聞かずに、全長、体重だけを聞かれるなど、実務的な面ばかりを気にする業者は、私はあまりおすすめしたくありません。飼い主の悲しみに寄り添えるとは思わないからです」(同)

 そのほか、保護動物の譲渡会や里親探し、動物への社会貢献活動などを行っているかどうかも見ておきたいポイントだという。

 「ペットは法的に見れば、テレビや洗濯機と同様に“モノ”として扱われます。動物愛護法がありますが、私に言わせればあってないようなもの。愛護は人間の解釈でしかありません。しかし、大切な家族に違いありません。業界全体のモラルを上げるのが、私たち当事者の課題でもあります」(同)

 愛するペットが生きている間に、死んだ後のことを考えるのはつらいが、人間よりも先にペットの寿命が来てしまうことは避けられないこと。悔いなくお見送りができるよう、どこのペット葬儀会社を利用するかは、生前に選んでおきたいところだ。

中村未来

/strong>


田舎の親戚から聞いたが「むかしは、仮想するについて、墓場の浮浪者のようなのが火葬担当で、途中生焼けで、銭を出さないと生焼けのままだ~~~」と、脅して追加の銭を払わせたそうだ。




子犬の話、、フィリピン移住生活

2018年06月28日 | ペット


子犬の話、、フィリピン移住生活


妻が、犬を飼育してるが、シーズーやマルチーズが生まれて、売るのだが、先日面白い原住民が購入した。

電話でアクセスきたら「私はジイさんで年寄り割引してくれる?」などと話して、その後来たのだが、今度は「今現金がないが、どんな子犬がいるか見せて」というので見せたら、、、、

何と、一番いいのを観て、これを買うから値引きしてと言い、仕方ないので値引きして譲渡したそうだ。

妻が「値引きされるのだったら一番良いのは見せないのに、、」と話していた。

こういうキャラは今まで居なかった。



ペット業者規制しないと「最低の国になる」、動物愛護法改正へ浅田美代子さんら訴え

2018年05月21日 | ペット
ペット業者規制しないと「最低の国になる」、動物愛護法改正へ浅田美代子さんら訴え
5/21(月) 21:00配信 弁護士ドットコム
ペット業者規制しないと「最低の国になる」、動物愛護法改正へ浅田美代子さんら訴え
女優の浅田美代子さんら
今国会で予定されている「動物愛護法改正」が骨抜きにならないようにしようと、女優の浅田美代子さんらが5月21日、東京・永田町の衆議院第1議員会館で、緊急の院内集会を開いた。浅田さんたちは、ペットショップや繁殖業者の規制強化の必要性などをうったえた。

この集会は、今回の法改正で、ペットショップや繁殖業者への規制強化がほとんど盛り込まれないのではないかという懸念から、浅田さんらが中心になり、124の動物愛護団体が賛同して開催された。(1)8週齢規制(生後8週の販売禁止)、(2)繁殖回数や飼養施設などに関する各種数値規制、(3)繁殖業の免許制導入が必要という点で一致している。

浅田さんは「狭いケージに閉じ込められ、ふん尿まみれで、洗ってもらえず、外に出してもらえず、遊ばせてもらえない。地獄のような環境で、ボロボロになるまで、産む道具としてしか扱われていない犬や猫がたくさんいる」「闇で処分されている犬猫も増えている」と述べ、悪質な繁殖業者や引き取り屋(売れなくなったペットを引き取る業者)の問題点を指摘した。(1)~(3)の規制が導入されなければ「最低の国になる」とした。

動物愛護の問題にくわしい細川敦史弁護士は、(1)8週齢規制、(2)繁殖回数や飼養施設などに関する各種数値規制、(3)繁殖業の免許制導入の根拠について説明した。(1)は、犬猫の問題行動の防止や健康につながる、(2)は、自治体による指導・監督を実効化できる、(3)は、パピーミル(子犬工場)の撲滅や、遺伝性疾患の防止につながる、と話した。

●世良公則さん「小さな命を命として扱わない国で何ができるのか」

この日の集会には、動物愛護団体や超党派議員のほか、著名人が多数参加した。ミュージシャンの世良公則さんは「(小さな動物たちは)われわれの人生を豊かにしてくれている。その陰で、劣悪な環境で、命でなくモノのように扱われている。小さな命を命として扱わない国で何ができるのか、自分に問いかけるしかない。われわれが立ち上がるのは当然のことだ。忖度クソくらえだ」と話した。

中日や横浜などで活躍した元プロ野球選手の門倉健さんは、犬を飼っている。ブリーダーに不信感を持ったことがきっかけで、動物愛護の問題に関心を持つようになったという。「業者規制をしっかりしていかないと犬たちの幸せはない。動物たちが幸せになるように、スクラムを組んで、一つの目標に向かって、みなさんとともに活動していく」と述べた。

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長で、女優の杉本彩さんは、ビデオメッセージを寄せた。「報道されている動物虐待の事案は、氷山の一角で、もっと多くの動物が、飢えや苦痛にさらされていると思う。もし、規制強化されなかったら、日本の未来は危ういと思う。8週齢規制や数値規制、免許制導入は、当たり前のこと。どれが抜けても大きな影響を与える」とうったえていた。

弁護士ドットコムニュース編集部

交尾のし過ぎで知られる豪の有袋類2種、絶滅の危機に

2018年05月16日 | ペット


交尾のし過ぎで知られる豪の有袋類2種、絶滅の危機に
5/16(水) 1:14配信 AFP=時事
交尾のし過ぎで知られる豪の有袋類2種、絶滅の危機に
豪クイーンズランド博物館が公開したアンテキヌスの一種である「silver-headed antechinus」の写真(2018年5月15日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】長時間にわたる交尾の後に雄が死んでしまう有袋類の動物2種が、オーストラリアの絶滅危惧種リストに掲載された。研究者らは15日、この動物たちを救うのは時間との闘いであるとして警鐘を鳴らした。

【写真】過去にクイーンズランド大学が公開した、その他のアンテキヌス類

 2013年に発見され、クイーンズランド(Queensland)州の比較的標高が高い湿った場所に生息するアンテキヌス「black-tailed dusky antechinus」と「silver-headed antechinus」の2種は、最大14時間も交尾を続けるなど、自殺行為的な交尾を繰り広げる習性で知られている。

 気候変動や生息地の消失、野生化した外来種の存在も2種の存続を脅かしており、研究者らはまもなく死滅する恐れがあると懸念している。

 クイーンズランド工科大学(Queensland University of Technology)の哺乳類学者、アンドリュー・ベイカー(Andrew Baker)氏は、アンテキヌスの激しい交尾について、「死に物狂いで次から次へと相手を変えて交尾しようとする。交尾自体が数時間にわたって続くため、疲労困憊(こんぱい)する」と話した。

 ベイカー氏はAFPに対し、雄は年に1度、冬の終わりの2週間に迎える繁殖期のうちに「間違いなく完全に健康な状態」から、「眼前でぼろぼろになり果てる」と説明した。

 雄は交尾をする雌にしがみつこうとしたり、ライバルの雄を撃退したりしながら交尾を繰り広げるため、テストステロンを過剰なレベルまでつくり出してしまう。

 こうしてストレスホルモンを分泌し続けるため、臓器が破壊され死に至る。

 ベイカー氏は「アンテキヌスはたいてい夜行性であるにもかかわらず、日中によろめいて体のそこら中から出血しながら、毛が抜け落ちてもまだ、交尾相手を探している雄の姿を見てきた」と話す。

 雌の寿命は約2年だが、半分超が1度しか出産せず、6匹から14匹の子どもを産む。一方で雄は最初の誕生日を迎える前に死んでしまうという。

 クイーンズランド州にある3か所のエリアだけが、この2種の生息地であることがこれまでところ確認されており、その個体数は、雄雌合わせて250匹以下と推定されている。

 両方の種の発見者であるベイカー氏は、たった数十年前の個体数は10倍以上だったと考えているという。【翻訳編集】 AFPBB News




刃物?で血まみれに…ペットのオウム何者かに殺される 飼い主「何が楽しいんか…何で…」 三重

2018年05月05日 | ペット
刃物?で血まみれに…ペットのオウム何者かに殺される 飼い主「何が楽しいんか…何で…」 三重
5/4(金) 19:24配信 東海テレビ
刃物?で血まみれに…ペットのオウム何者かに殺される 飼い主「何が楽しいんか…何で…」 三重
タイハクオウムの「はく」ちゃん
 三重県紀北町。海と山に囲まれたのどかなこの場所で、ある事件が起こりました…。

「ビックリして、血の気引くような感じで…」

 そう語るのは、パート従業員の女性(51)。先月24日の朝、自宅の裏で目にしたのは愛するペットの変わり果てた姿でした。

(記者リポート)
「住宅街の裏通り。こちらで飼われていたオウムが血まみれの状態で見つかりました」

(タイハクオウムのハクちゃん)
「コンニチワー!コンニチワ!オハヨッ」

 上手に言葉を喋る真っ白なオウム。タイハクオウムのオスで「はく」と名付け、可愛がっていました。

 ハクちゃんは近所の子どもたちにも大人気でした。

Q.ここよく通る?

近所の男の子:
「毎日見に来る!『こんにちは』って言ったらさ、すぐに『コンニチワ』って喋るのが面白かった」

 とても賢くて、甘えん坊、そんな「はく」が突然…何者かに殺されました。

 胸には刃物で刺されたような痕も…鳥かごが入れられていた箱の中には刃物のようなものが残っていました。

飼い主の女性:
「抵抗のできない子をいじめて何が楽しいんかなって思うし、なんでこの子をやったん?と。私だったらあかんかったのっ?って。ホントに子供を亡くしたような気分で…」

 実はペットへの嫌がらせはこれが初めてではありませんでした。

 3年ほど前、当時飼っていた犬のリードが刃物で切られたことから始まり、殺虫剤入りのパンが置かれたり、大きな石を投げつけられたりする被害も起きました。さらに…。

飼い主の女性:
「犬がターゲットやったのに1ヶ月くらい前から鳥の方に変わって…」

 1ヶ月ほど前には、アオボウシインコの「らいむ」も傷つけられていたのです。鳥かごの中には血が付いていました。

 飼い主の女性はその都度、警察に被害届を提出。そんな中、「はく」が殺されるという最悪の事態に。実はこの女性、被害があった夜、ある異変を感じていました。

飼い主の女性:
「ドドンって音がした何の音だったんかな?って感じでそのまま寝たんですよね。まさか殺されてると思ってなかったもんで…」

 飼い主の自宅玄関前を映した防犯カメラの映像。音がしたという時間帯の午前2時20分頃、1人の男性が鳥かごがある方向から歩いてきました。普段は人通りもない時間ということもあり、警察も関連を調べています。

「はく」が大好きだったという「らいむ」。ショックからか食欲がなくなってしまったと言います。

飼い主の女性:
「この子はずっと横で見てたんですよね、犯人の事も…。あんたも怖かったな…」

 全てを見ていた「らいむ」…。三重県警は器物損壊の疑いで捜査を進めています。

120センチ水槽、、終い、、フィリピン生活

2017年11月07日 | ペット
120センチ水槽、、終い、、フィリピン生活



体力の限界で、120cm水槽の鯉を川に放し、、、終いにした。

フィルター清掃やモーターメンテ、水換え、、、大容量なので体力を使う。

もう、体が持たない!!


ポーチの60センチは大丈夫。







加計呂麻にワニ2匹 東南アジアから漂着? 鹿児島県瀬戸内町

2017年11月04日 | ペット
大変だったなあ、、、おもてなしして下さい。

俺は東南アジアに流れ着いた。

ワニの気持ちがわかる。


加計呂麻にワニ2匹 東南アジアから漂着? 鹿児島県瀬戸内町
11/4(土) 12:31配信 南海日日新聞
加計呂麻にワニ2匹 東南アジアから漂着? 鹿児島県瀬戸内町
加計呂麻島で見つかったワニ=鹿児島県瀬戸内町(提供写真)
 鹿児島県瀬戸内町の加計呂麻(かけろま)島で10月31日と今月3日、小型のワニ2匹が相次いで見つかった。同町では43年前にも生きたワニが捕獲された記録があり、専門家は「流木などに乗って東南アジアから流れてきたのでは」と推測。思わぬ『珍客』に住民らは驚いている。

 同島於斉(おさい)集落の路上で3日捕獲されたワニは体長約60センチ。午後0時半ごろに車で通りがかった男性が見つけ、警察に通報した。近くに住む仁科博さん(68)は「弱っていたが棒を出すと威嚇してきた。出没した理由が分からないので心配」と話した。

 瀬相(せそう)の海岸で見つかった1匹目のワニは体長約60センチ、重さ580グラム。どちらもハブ捕獲用の箱に入れられ、町内の施設に持ち込まれた。於斉のワニは運搬中に死亡した。

 岡山理科大学生物地球学部の亀崎直樹教授は、背中のとげや口の形からイリエワニかシャムワニの子どもと推測。海沿いに生息するイリエワニは海を泳ぐこともあると指摘、「フィリピンなどから海を渡ってきたとしても不思議はない。DNAなど詳しく調査して記録に残してほしい」と語った。

加計呂麻にワニ2匹 東南アジアから漂着? 鹿児島県瀬戸内町
「南島雑話」に記されたワニの捕獲の様子(鹿児島県奄美市の奄美博物館所蔵)
 瀬戸内町では1974(昭和49)年10月30日にワニの捕獲例がある。記録によると体長85センチ、重さ1・5キロで、しばらく飼育していたが水温調節ヒーターにかみ付いて感電死したという。同町の郷土資料館にはく製が展示されている。

 幕末近い1850年ごろの奄美大島の様子を描いた名越佐源太(薩摩藩士)の「南島雑話」にも、奄美市名瀬住用町でワニが捕獲され、住民らが食べたという話が記されている。「ウミガメの味に似ている」らしい。

 町側によると、3日現在、ワニの処遇は決まっていない。異例の事態とあって週明けに行政間で協議を行い、対応が決まるとみられる。





クソフィリピン生活ではネット環境が最悪、、、、アジアで最低

2017年10月12日 | ペット


クソフィリピン生活ではネット環境が最悪、、、、アジアで最低


何回も書いてるが<<最低のネット環境で>>異常低速

前回は1ヶ月我慢したが、、、殴り込んだ!!

して2日後に回復したが


この前の長時間停電以来<<またしても異常低速で7日我慢したが駄目で<<妻がコンプレイン

と、m,m,翌日


先程、電話があり、、、医大生の娘が実習から帰宅してるので出て、、、指図されて、、電源OFF、、、


向かうが何かやってるらしい<<そしてすぐに速度が正常に戻った!!!!

外資が参入できないので猿どもが支配するフィリピン。

まさにクソ野郎だ!!!!!!!!!!!!














妻が、、、120戦地水槽の水換えをした方がいいと言うので、、フィリピン移住生活

2017年06月11日 | ペット

妻が、、、120戦地水槽の水換えをした方がいいと言うので、、フィリピン移住生活


ということで、、、、


ホースを庭まで伸ばし、、、、排水、、、、


その後、注入水、、、、、



ロードサイドで1パック30ペソ(3匹入る)鯉、、、これを結構な数入れ、、、でかくなってきた<<大食漢>>

前にもしたが<<余りにもでかくなったら、、川の上流に放つ>>


前に書いたが感電を危惧して忌避していた<<水中モーター=シナ製だ!!!!を試験的に入れたら調子が良い>>詰まりがない。実はこれは機能が良いようだ。


該ショップでは水槽全てに、このモーター使用して問題ないという<<感電死亡例はないそうだ>>これからか??


南方なので水槽ヒータが要らない<<その代わり人間はエアコンが必要>>


そういうことで水換え完了、、、


妻が、、水が茶色に成ると言うので<<餌のせいだ>>というと、、、、餌が水質悪くするというのだ。

テラピア用の餌がチャンゲ=市場で売られてるという、、、次回テストで買う。









水槽のモーター問題、、、、、アクアリウム

2017年05月29日 | ペット



水槽のモーター問題、、、、、アクアリウム


120cm水槽の上部フィルターモーターが<<頻繁にメンテしないと排出量が激減する>>

そこで、今まで感電が心配で忌避していた<<水中モーターを買って取り付けた>>

2本まで排出パイプを使用できるパワーが有る。


しかし、水中にいれて何で感電しないのか?どうせ支那、台湾製なので、、大丈夫か????

店では、すべてこの形式を使用していて問題ないという。






アクアリウムのメンテナンスが面倒だ

2017年05月01日 | ペット
アクアリウムのメンテナンスが面倒だ


放置120CM水槽を妻が、、、魚飼うなどと前に言い出して、、、それなら俺がヤラないと素人には無理だということで再開した。

水槽の台を妻が鉄工屋にオーダーして作らせた(妻の自腹らしい)

俺のアクア病に火がついて<<熱帯魚を店の水槽ごと丸買い多数、、、、カラシンなどを200匹位入れたが>>

この種は1年位でドンドン死んでしまう、、、、

サらに、適当に入れたパイロットフィッシュどもが、グッピーの稚魚を食べ尽くしたのだ。

その後、プレコを妻が買ってきたがでかくなり、、、友人にあげた、、、、コンナもの飼うんじゃないと言ったが、大きくならないプレミアムプレコなど居ない!!

また、ジェリーフィッシュも入れたが、、消えた、、、、

その後も、、ゴールデンアロアナ、、餌にワームを仕入れて育てたが、何故か突然死した!!

レッドテールも、、、そのうち背骨が曲がりだして死んだ!!

その他、水草や、、、バイオフィルター、上部フィルターなどメンテしているが、、、、水草は魚に皆食われる。


現在、露天の鯉を飼ってきて入れたのだが、、、、でかくなるのが異常に早いのが何匹も居る(一方小さいままのも何匹か居る)

よく餌を食うので糞もする、、、

そこでバイオフィルタの詰まりや、、、上部フィルターの清掃、モーターの(何故か止まる=それも3日おきくらい=その度に分解してスプレーオイルやる)メンテなど、、、

今日もやった、、、、、、、、

最早、こんなアクアなど面倒なだけで楽しみを超えた<<メンテの苦痛が有るだけ>>

ポーチの60センチ水槽は、小指くらいのシクリッドが2匹だけでバイオフィルター2個で水も悪化しない(その前は、多数の魚入れたが皆死んだ、、、この2匹だけが長命だ、、、おそらく原住民が近親交配繰り返した劣等種なのだ=早死にする)

飼い犬にかまれ女性死亡=3歳雄の秋田犬―北海道

2017年04月17日 | ペット
飼い犬にかまれ女性死亡=3歳雄の秋田犬―北海道
時事通信 4/17(月) 19:02配信

 17日午前11時ごろ、北海道斜里町ウトロ高原の無職今野恒子さん(79)宅の玄関前で、今野さんが飼っている秋田犬に右腕をかまれ座り込んでいると110番があった。

 今野さんは病院に搬送されたが、出血性ショックで死亡した。

 道警斜里署によると、犬は体長約1メートルの3歳雄で、今野さん宅の敷地内で長さ約2.5メートルの鎖につながれていた。餌を入れる皿に血痕があり、餌やり中にかまれた可能性があるとみている。 

犬に襲われる郵便配達人が急増 通販の拡大影響か 米国

2017年04月15日 | ペット
犬に襲われる郵便配達人が急増  米国


犬に襲われる郵便配達人が急増  米国
過去5年間に米国で、郵便配達人が犬に襲われた件数
 米国の郵便配達人が犬に襲われた件数が2016年は6755件に上り、過去約30年間で最も多かったことが米郵政公社(USPS)の調べでわかった。ネット通販や週7日の配達が急拡大し、宅配便などの配達量が激増していることが背景にあるとみられる。

 USPSが毎春発表する統計によると、16年は前年から200件以上増えた。都市別ではロサンゼルスで80件、次にテキサス州ヒューストンが62件と続いた。

 USPSの広報担当デービッド・ウォルトンさんは「ネット通販の増大や、一部の地域で配達を週6日から7日に拡大したことなどで配達量が増え、犬に襲われる事故も増え続けている。配達人にとっては深刻な問題だ」と話す。中には大けがをする事故もあり、USPSはかばんで身を守るなど配達人に防御の仕方を教えている。飼い主に対しては、犬を別の部屋に入れるなど対応を呼びかけているが、改善されない場合は配達をやめることもあるという。

子犬の販売、、、、忙しいフィリピン

2017年04月15日 | ペット


子犬の販売、、、、忙しいフィリピン


マルチーズ

シーズー

トイプードル

の子犬が生まれて、、、、RUSH


12匹も生まれたのだ@@

残り4匹だが、、、、

リピーターさんや、ホーリーDays特販セールで売れた。


すると、ついこの前買ってくれた人が来て<<ダニが~~@@:::>>と、子供らも連れてきたのだ。

聞くと、、頻繁に庭に出しているというのだが、、、この暑いさなかは出さないほうが(涼しい時間帯だけ)
また、その一家に庭にはカラバオにつくデカイダニが生息しているのだ!!これは問題だ。

そこで、ダニ駆除剤(液状の、、体重計測して必要量を)で緊急処理した。

子犬の間に、デカイダニがつくと衰弱するからだ。

この薬剤もどこで買えばいいかアドバイスした。


猫の餌代欲しくて…」27匹飼育の男を窃盗容疑で送検

2017年04月12日 | ペット


「猫の餌代欲しくて…」27匹飼育の男を窃盗容疑で送検
朝日新聞デジタル 4/12(水) 18:27配信

 猫の餌代欲しさに空き巣を繰り返して現金や貴金属を盗んだとして、大阪府警は12日、窃盗などの疑いで大阪府和泉市の無職出水衛容疑者(52)=窃盗罪などで公判中=を逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。府警によると、出水容疑者は自宅で猫を27匹飼育しており、「自分の生活費より猫の餌代が欲しかった」と話しているという。

 岸和田署によると、出水容疑者は昨年11月4日午後0時半ごろ、岸和田市内の無職男性宅に侵入し、現金14万円などを盗んだ疑いがある。2012年7月から昨年11月にかけて、岸和田、和泉両市内で無施錠の民家を狙って窃盗を繰り返していたという。府警は27件、約308万円相当(現金約166万円)の被害を裏付けたとし、出水容疑者はこのうち3件(約36万円相当)で起訴された。(野田佑介)