独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

安倍は、本気で外交をしてるのか?

2019年01月22日 | 国際紛争 国際政治 
安倍は、本気で外交をしてるのか?

無駄な外遊、、、、、、、




安倍首相が訪露 22日にプーチン氏との25回目の首脳会談

1/21(月) 18:28配信

毎日新聞
安倍首相が訪露 22日にプーチン氏との25回目の首脳会談

ロシア訪問を前に記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年1月21日午後0時49分、川田雅浩撮影

 【モスクワ秋山信一】安倍晋三首相は22日にモスクワでプーチン露大統領との25回目の首脳会談に臨み、北方領土問題を含めた平和条約締結に向けた交渉を行う。首相は21日にロシアとスイス訪問のために政府専用機で羽田空港を出発し、モスクワに到着した。スイスでは世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、6月に大阪で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向けて、議長国として自由貿易の重要性などを訴える。

 日露両首脳は昨年11月の会談で「1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速化させる」ことで合意。首相はG20首脳会議でプーチン氏が来日する際の大筋合意を目指す。

 首相は出発前、首相官邸で記者団に「じっくりと時間を取って、プーチン氏と胸襟を開いて話し合い、平和条約交渉をできるだけ進展させたい」と語った。首相の帰国は24日の予定。
【関連記事】

<宗男氏「日露会談 プーチン氏覚悟に評価を」>
北方領土 2島それとも4島?「切迫性」あるか>
<ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会う>
<日本の皆さん、来て…色丹島住民、共同経済渇望>
<北方領土 ロシアは「大戦の結果、ロシア領」>


ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる

2019年01月20日 | 国際紛争 国際政治 

安倍が、進展があるなどとマスコミリークさせてただけ。

全くだめだった。

こうしたアピールの影で<<外国人労働者受け入れ=移民政策や種子法>>など滅亡国家法案を通した。

安倍はトンデモナイ保守を仮装した売国奴。





ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる

1/20(日) 8:30配信

THE PAGE
ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる

[写真]1月22日の日露首脳会談で北方領土交渉打開の糸口はつかめるか。写真は2018年9月、の首脳会談(代表撮影/ロイター/アフロ)

 北方領土交渉の進展が期待される1月22日の日露首脳会談ですが、北方領土をめぐっては、歯舞群島(はぼまいぐんとう)と色丹島(しこたんとう)の返還を軸とした「2島返還プラスアルファ」論も報じられるようになってきました。しかし、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない」と指摘します。それはどういうことなのか。これまでの北方領土交渉の経緯を振り返りながら、黒井氏が解説します。

【地図】突然の北方領土占拠 “千島”がほしいソ連に口実を与えた「ヤルタの密約」
ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる

[地図]北方領土周辺の地図
返還を期待させる日本メディアの報道は「不思議」

「なぜ日本政府はいつも島のことばかり言うのですか? ロシアの領土を私たちが渡すわけがないじゃないですか。形だけでも交渉してくれと日本の外務省が頼んでくるので、何も約束しない範囲で付き合っていますけど、これいつまで続けるつもりなのですかね」

 これは1990年代のエリツィン政権時代に、プライベートで交流があったロシア外務省の日本担当者が私に言った言葉です。

 私はかつてモスクワに2年ほど住んだことがあり、北方領土問題についてロシア側を取材していたことがあります。日本では1991年4月のゴルバチョフ初来日の前あたりから、日本の経済協力と引き換えにロシア(ソ連)が北方領土を返還する可能性があると度々報じられてきました。日露交渉はエリツィン時代も続き、「交渉進展か」との観測記事も頻繁に報じられてきました。それはプーチン政権になっても同様で、今日まで続いています。

 ところがこの28年間、1ミリたりとも領土は返ってきていません。つまり、繰り返されてきた領土返還を期待させる報道は、すべて「誤報」だったわけです。

 この日本メディアの報道を私は不思議に思っています。というのも、ロシア側からは28年間、領土返還への取り組みを示す情報が一切、出てきていなかったからです。ロシア側の政官界を取材して私が最初にこの問題の記事を書いたのは、前述したゴルバチョフ初来日の直前で、「最弱の支配者ゴルバチョフでは北方領土は還らない」という週刊誌記事でした。その後、エリツィン時代も同様の記事を発表してきました。

 プーチン政権になってからはこの問題で現地取材はしていませんが、特にロシア側の情報を細かくチェックしています。日本メディアが「交渉進展か」と報じる度、その根拠が「日本側の関係者がそう言った」以外にファクトが一切存在していないことを確認しています。


2001年に日ソ共同宣言を法的文書と確認したが……

 では、実際にどのような動きがあったのでしょうか? リアルな交渉の経緯を列記してみます。(肩書き等はいずれも当時)

1991年3月
 ソ連経済が崩壊し「カネで領土が買える」論が日本で浮上。特に同年4月のゴルバチョフ初来日の前に期待値は最大になります。日本では自民党執行部に怪しい領土返還話が持ち込まれ、大蔵省に資金支出も根回しをした上で、3月に小沢一郎幹事長が訪ソしてゴルバチョフ大統領と会談しました。が、まったく相手にされずに終了。

1992年3月
 コズイレフ外相と渡辺美智雄外相の会談の際、同席していたクナーゼ外務次官が非公式に「平和条約締結と2島引き渡し」に言及しました。ただし、ロシア政府が承認した公式提案ではなく、あくまでクナーゼ次官個人の行動でした。ロシア側では一切検討もされていません。

1993年10月
 東京宣言。初めて領土問題の存在が確認されました。日本側では「交渉進展」と盛り上がりましたが、返還への文言は一切盛り込まれていません。

1997年11月
 クラスノヤルスク合意。「2000年までに平和条約締結を目指す」と合意され、日本側でだけ「交渉進展」と盛り上がりました。

1998年4月
 川奈提案(※)。国境を4島の北に定めるかわりに、施政権をロシア側に残すことを日本側が提案。日本側関係者からは「エリツィン大統領は乗り気だったように見えた」との証言がありますが、実際にはロシア側は拒否しています。検討していたという情報も一切ありません。(※川奈は首脳会談が行われた静岡県伊東市の地名)

2001年3月
 イルクーツク声明。1956年の日ソ共同宣言を「交渉プロセスの出発点を設定した基本的な法的文書」とすることが確認されます。この共同宣言には、平和条約締結後に2島を引き渡すことが明記されています。このため、日本側では「プーチン大統領は2島返還で決着したがっている」との憶測が定説化しました。しかし、プーチン大統領本人もプーチン政権当局者も「2島なら引き渡してもいい」とはこの時も、それ以降現在に至るまでも、1度も発言していません。

 ロシア側からすれば、共同宣言が「交渉プロセスの出発点を設定した基本的な法的文書」だとしても、あくまで出発点であり、プーチン政権としてその通りに進めると約束したことにはならないという考え方です。同声明にはまた、両国の交渉で目指すべき目的を「相互に受け入れ可能な解決」とする文言もあり、意図的に過去経緯に縛られない曖昧さが織り込まれています。

2012年3月
 プーチン首相が各国メディア幹部との会見の席で「引き分け」発言。これを日本側は「2島返還で決着したがっている」と受け取っていますが、ロシア側は一切、そんな説明はしていません。

2013年4月
 首脳会談で、経済協力を進めて平和条約交渉を加速することが合意されます。しかし、領土返還には一切触れられていません。日本メディアは「交渉進展」と大々的に報道しています。

2016年12月
 首脳会談で領土返還については一切進展がありませんでしたが、日本側の巨額投資を中心とする経済協力を進めることが合意されます。

2019年1月14日
 外相会談でラブロフ外相が「日本は4島がロシア領土だと認めよ」「北方領土という用語を使うな」と要求します。

ロシア側は「返還する」と一度も明言していない

 以上のように過去の経緯を俯瞰して見れば、「1島たりとも」ロシア側が返還するなどと一度も明言していないことが明白です。明言しないということは、言質をとられないように注意していることを意味します。つまり、2島返還で決着「したがっている」わけではないことが証明されていることになります。

 この点、日本側には自らの願望によって相手の意図を誤認識する傾向が強くみられます。特に2001年のイルクーツク声明では日本政府もほとんどの日本メディアも「2島返還で決着したがっている」と誤認識しました。しかし、仮にそうであれば、これまでロシア側が一度もその意思に言及してこなかったことの説明がつきませんし、さらに今回のように、わざわざラブロフ外相が「まず4島のロシア領を認めよ」などと発言して交渉のハードルを上げ、2島返還決着の機運に水を差すこともないでしょう。

 さすがに最近は日本側でも「2島すら返す気はないのではないか」とのメディア解説が増えてきましたが、別に最近になって急にロシア側の態度が硬化した、ということではなく、ロシア側には最初から返還の意思はなかったといえます。

 今回、ラブロフ外相は平和条約締結を進めたいとすると同時に、日本側の事情が1956年の共同宣言時とは、60年の日米安保条約改定で大きく変化していることを指摘しています。つまり、現行の日米安保条約による日米同盟の現状、あるいは在日米軍の存在などを口実に、今後も2島引き渡しを拒否していくことを、事実上、宣言したようなものです。日本が現行の日米安保条約を解消する可能性は考えられませんから、ロシアは仮に平和条約が締結されても、2島引き渡しにはすんなり応じないと見るべきです。

 結局、ロシア側は1島すら返還する気はないと考えざるを得ません。1月22日には安倍首相とプーチン大統領の首脳会談が行われますが、北方領土返還に道が開ける可能性は、残念ながらまったく見えません。

-----------------------------------------------
■黒井文太郎(くろい・ぶんたろう) 1963年生まれ。月刊『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長等を経て軍事ジャーナリスト。著書・編書に『イスラム国の正体』(KKベストセラーズ)『イスラムのテロリスト』『日本の情報機関』『北朝鮮に備える軍事学』(いずれも講談社)『アルカイダの全貌』(三修社)『ビンラディン抹殺指令』(洋泉社)等がある


yis***** | 9時間前

過去の交渉史から 当然の帰結だ。戦勝国の戦利品というのがソ連の考えだ。日本だってロシア戦争に勝って島を手にした、負ければ無くなるのは当然だ。
寧ろ自民党政権の前のめり政策こそ問題だ。
財政的に厳しいロシアには、支援やインフラ協力ではなく、ロシア経済が立ちいかなくなるような反共政策を取るべきだ。
ロシアは日本を友好国としては見ていない。

11400 644

返信272
sar***** | 10時間前

ロシアは一島も返還せずに経済協力をとれたら最高で
日本は北方4島だけでなく樺太まで取り返せたら最高です。
だけどどちらも100%最高なんかはあり得ないので
それを擦り合わせて五分五分に持っていく事が出来たら成功です。
なので
五分五分以外の返還は拒否するべきです。
これは国と国とのこれからの関係を考えても五分五分にする事が大事。
日本が譲歩し過ぎて
隣国みたいな関係になるのだけは避けなければならない。
それがレッドチームとの付き合い方です。
歴史は教えてくれてますね。

7884 568

返信98
plz***** | 9時間前

ロシアという国は信頼できる国ではない、

もともと返す気なんか一ミリも無かったと思いますよ。
国同士の条約を守れなければ、経済協力とかの合意も破棄すると上手に出るべき、それは韓国も同じだが。

ロシアなんかとビザ免除という協定なんか結んだら、大変なことになりますよ。

そうやってウクライナもやられたのです。

2116 53

返信27
jcx***** | 9時間前

ロシアは弱体化している。GDPは韓国並みで、日本の1/3強でしかない。今なお強大な軍事大国ではあるが、その図体を維持することが難しくなってきている。一方で中国は強大化している。長い国境線を接するロシアは中国の影響が気が気でない。
最初から一島も返す気がない。そうかも知れない。しかし、私は少なくとも今は二島で決着したがっていると思う。
今やロシアは昔のイメージの国ではない。年金支給開始年齢の引き上げで、プーチンの支持率は急落している。軍事に金を掛けて、民政に歪みを起こしている場合ではないのだ。
焦る必要は全くない。まさに五分五分未満での決着は拒否すべきだ。つまり、面積で半分か、三島の返還、これが“引き分け”だ。
今ダメなら、次の機会を待てば良い。焦ってはいけない。二島先行返還で他は継続協議というならいいが、継続協議が曖昧になって、事実上、二島のみというのが一番困る。

5363 1237

返信69
fst***** | 9時間前

あべちゃんの任期内で道筋すら作るのはもう無理だね。
まぁ~北方領土は諦めるしかないわ。
向こうが泣きついてきたらその時に考えればいい。それ以外方法はないと考えるのが自然
よって経済協力は白紙って事で一段落
外交的に話にならない国とは距離を置くべきだよ。時間の無駄が多い
韓国、ロシアに使った労力と時間を考えると東南アジアにその時間を使っていた方が、今はもっと良い状態になっていた。
目の前の決して食べられない人参を追いかける外交より食卓を囲める国との関係作りに外交を使うべきだと思う

1841 61

返信35
あれっ?? | 10時間前

ソ連崩壊の時が最大のチャンスだったのだろう。四島を取った取り方をみれば、この国らしさが出ている。ウクライナとの対応も、本質的に何も変わっていないことを示している。やっかいな国だ。今は焦らないこと。

1573 33

返信18
aco***** | 10時間前

それなら速攻日本側はテーブルを蹴らねば、
ロシアはとっくにテーブル蹴ってるんだから(笑)まあ領土が不正に奪われ悔しいのではありますが高く付く島代なら払ってまで取り戻すメリットは日本国にとって、国民にとって意味があるのか?を議論しないといけないと思います。一時的な島代ではなくずっとロシアにたかられ続ける事になるのですから。

1186 46

返信13
solution | 10時間前

力の伴わない外交は無力なのだ。昔も今も将来もそれが変わる事は無い。9条でダルマ状態の、世界で最も虚弱な国日本が泣けど叫べどどうにもならない。
会社などの組織の中で力の無い者がいくら正論を言っても通らない。
ロシアは現状のまま返さなくても損もしないし、日本が奪還作戦をする事も無いのが解かっている。現状で安心安全なのだ。

取り返したかったら現状では損だと思わせる状況を作り出すか、怖い思いをさせるしかない。
後者は無理なので、せめて前者だが、経済支援はその逆になってしまう。安倍はロシアが返す必要のなくなる状況作りをしているのだ。
相変わらずのマヌケ外交だ。安倍の「新しいアプローチ」とやらでは返還は遠のくだけ。

1210 104

返信14
hip***** | 2時間前

こちらから交渉を持ちかけるのではなく、相手側から返還交渉して来て初めて交渉のテーブルにつくべきだと思います。明らかにロシア側は日本政府足元を見て経済協力だけを引き出そうとしているとしか思えません。安倍首相は自分の在任期間中に何らかの成果を残して歴史に名前を刻みたいのでしょうけれど、ロシアはやがて衰退し自分から北方領土を切り売りせざるを得ないのは確実。時間をかければかけるほど日本に有利な状況になるはずですので、ノンビリ待ち構えていればいいんじゃないでしょうか

829 36

返信14
ats***** | 1時間前

歴史がロシアと日本でまったく違うことも背景にあると思う。

日本は倭の時代から南九州や東北、北海道、沖縄と支配地域を拡大させた。
しかしそれらの地域に独立国があったことはあっても他国の支配下にあったことはない地域。
これが「固有の領土」という考えになっている。

しかし、ロシアはモスクワ公国の時代にさかのぼっても、他国の領土を奪ってきた歴史だ。
北欧諸国やトルコ、ポーランドなどとの戦争で領土を拡大している。
沿海州や黒竜江の北方も。
アラスカを米国に売却したり、戦争や独立で領土を失ったことはあったけど、「ロシア固有の領土」という考えはなく、「戦争で奪う」が原則。

この歴史の違いが、お互い相手の態度が不思議に映る理由でもあり、解決しない理由。

だから安保改定も含め、ロシアに相当政治姿勢として歩み寄らないと、ロシアが返すメリットがない。
固有の領土という主張でロシアが返すことはない。


ner***** | 1分前

売国一派に任せたらヤバイわ!

0 0

返信0
ben***** | 1分前

ロシアが戦争状態になるのを待って、その最終盤に奪い返した方がまだ早いかも。

0 0

返信0
cur***** | 1分前

旧ソ並みの、プーチン独裁政権下では一生無理だろう。

0 0

返信0
tkf***** | 1分前

無いやろな。

かすめ取ったって意見ありますが?

敗戦国やし、大きな漁場、地下資源もあるでしょうしね。

簡単に返すわけ無いわな。。。

0 0

返信0
chi***** | 1分前

欲しいなら取りに行かないと!
兵士の実力なら日本が
少しは上だろ!
ついでにシベリアの半分を頂いて
欲しい!
資源はあるしマンモスの化石も
あるし!

0 0

返信0
rac***** | 1分前

ほっといても経済ガタガタなんだし、その内滅びる国なんだから、その時にこっそり返してもらったら?

0 0

返信0
agdwjwgkdjmjm | 1分前

無いだろうね

1 0

返信0
fai***** | 1分前

どれだけ露が譲歩しても、どうせ多額資金と引き換えに貝殻島をもらえるくらいだろう。そして灯台の修理もやれと。

0 0

返信0
kit***** | 1分前

歯舞、色丹、国後、択捉の四島は日本固有の領土だ!
ロシアは第二次世界大戦の戦利品だなんて馬鹿なこといているが、日本が降伏した後の戦闘中止命令後の武装解除した後にもに侵攻を続け日本人を殺し、乗っ取っただけだ!
第一敗戦色濃厚になった日本を見て日ソ中立条約を破り、チャッカリ連合国側に付き北海道まで占拠しようとしていた極悪国家である!
そんな国のくせに多額の支援欲ばかり要求してんじゃねー️

玉木に批判されたので一応言ってみた=韓国朝鮮支那の工作機関=立憲ミンス党。

2019年01月20日 | 国際紛争 国際政治 



玉木に批判されたので一応言ってみた=韓国朝鮮支那の工作機関=立憲ミンス党。





レーダー照射問題「我が方に理がある」 立憲・枝野氏
1/19(土) 19:44配信 朝日新聞デジタル
レーダー照射問題「我が方に理がある」 立憲・枝野氏
立憲民主党の枝野幸男代表
■枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

(海上自衛隊の哨戒機に韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射したとされる問題について)これは政治問題化をせず、実務的に粛々と事実関係を明らかにしていけば、いま我々が承知している範囲では、明らかに我が方に理があると思っている。できるだけ粛々とやっていく方が、国際社会の理解も得ながら、あるべき結論に近づいていくのではないか。(鹿児島市内で記者団に)

朝日新聞社

【関連記事】
韓国「日本が低空飛行なら我々も」 レーダー照射問題
大統領会見に韓国内から批判 共通語は「ネロナムブル」
首相「サンゴ移転」発言放送は妥当か NHKに疑問の声
刑期無制限、絶望の外国人収容施設 高橋源一郎さんルポ
五輪や万博、盛り上がるフリ 内田樹「共感が暴走」危惧



国際捕鯨委、加盟国に残留訴え 日本脱退に危機感か

2019年01月19日 | 国際紛争 国際政治 
戦後初めて”のび太”が根性出した。





国際捕鯨委、加盟国に残留訴え 日本脱退に危機感か

1/19(土) 9:44配信

共同通信

 【ロンドン共同】国際捕鯨委員会(IWC、本部・英南部ケンブリッジ)は18日、ビビッチ議長(スロベニア)が加盟国に脱退を検討しないように促し残留を訴える、17日付の加盟国宛て書簡を公表した。日本政府が脱退を通告したことに危機感を抱いていることが背景にあるとみられる。

 ビビッチ氏は書簡で、IWCは長い歴史の中で加盟国が幅広い意見を表明し、議論する場を提供してきたと指摘。「多様な意見を持つ活発な組織の一員であることは、われわれ全員に利益があることだと考える」として、加盟国にIWCにとどまるよう訴えた。
【関連記事】

放射能漏れの原子力船、「大義名分」で受け入れから40年 長崎
国内外の研究者を呼び込め、世界遺産への登録狙う
進次郎氏の勉強会、再始動で注目 提言まとめるかは「白紙」
【社説】IWC脱退表明 国際協調に背向けるな
商業捕鯨、結果出ない交渉中止を IWC日本政府代表










日ロは「パートナーには程遠い」、ラブロフ外相が発言

2019年01月17日 | 国際紛争 国際政治 



日ロは「パートナーには程遠い」、ラブロフ外相が発言
1/16(水) 21:43配信 AFP=時事
日ロは「パートナーには程遠い」、ラブロフ外相が発言
ロシア首都モスクワで記者会見に臨むセルゲイ・ラブロフ外相(2019年1月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は16日、首都モスクワで行った年次定例記者会見で、日本との北方領土をめぐる対立の解消を目指して改めて尽力していくとする一方で、両国は今なお「パートナーには程遠い」関係にあるという見方を示した。

【関連写真】記者会見するラブロフ外相

 ラブロフ外相は今週、河野太郎(Taro Kono)外相と会談し、平和条約交渉を継続していくためには、北方領土を含む千島列島へのロシアの主権を日本政府が認める必要があると述べていた。

 ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と安倍晋三(Shinzo Abe)首相は昨年、第2次世界大戦(World War II)中の敵対関係をついに正式に終結させる平和条約の締結に向け、交渉を加速させることで合意。両首脳は来週モスクワで会談し、北方四島について協議することになっている。

 これに先立つ今回の会見でラブロフ外相は対立姿勢をにじませ、「両国は国際関係におけるパートナーという状態からは依然程遠いだけでなく、関係改善に向けた建設的な道も見いだせずにいる」という認識を示し、「なぜ日本は、第2次世界大戦の結果を全面的に受け入られない世界で唯一の国なのか」と指摘した。

 さらに、大戦結果の受け入れは最後通告ではないとしながらも、「現代の国際システムでは避けられない部分」だと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
北方領土へのロシア主権「認めよ」 外相会談後にラブロフ氏
高齢化した元島民が語る「北方領土」、戻れないかもしれない故郷
【写真特集】ロシアのプーチン大統領がみせる「愛犬家」の顔
ロシアの主権「国連憲章に基づく」=北方領土めぐりラブロフ外相
第2次大戦の結果認めよ=「北方領土」名称にも反発-ロ外相


tsu***** | 4分前
北方四島をあきらめれば、真っ当に対等な外交関係を持てるのに。いい加減、ロシアにへつらうような外交交渉はやめればいい。強きのロシアに、また、一歩も2歩も譲って、日本が支援をするなんて、弱気な外交はやめるべきだ。

0
0
返信0
大和くん | 21分前
そうだね。

人のものをドサクサに紛れて盗む奴は
友達とはいわないからね。

ましてや返せ!って言われても返さない。
ホント友達じゃないよ。

0
0
返信0
njp***** | 22分前
こっちのセリフ!

0
0
返信0
負馬券 | 24分前
やはり、レッドチームは、自分達の都合の良い解釈しかしない。そもそも返還するつもりはない。沖縄の米軍基地の一部を、北海道に移転させよう(笑)

0
0
返信0
lov***** | 29分前
安倍政権は2島「先行」返還+αとするというが、これは4島の領有権を主張している現在の国の立場に対し国際的にはサンフランシスコ条約での千島列島放棄という矛盾を抱えているからである
当のロシアはサンフランシスコ条約には批准していないが、日本が声高に国後・択捉の領有権を主張すれば自己矛盾に陥るというジレンマを抱えているのを見事に突いているあたり、日本の状況を細かく見ているんだろう

0
0
返信0
kom***** | 33分前
では、さようなら。

0
0
返信0
日本人 | 38分前
ラブロフ如きが何かを決めれるわけではない、一々こんな老害の発言に反応する必要もない、河野は本気で交渉する気がないなら席を立つと言うべきだな

1
0
返信0
dvl***** | 40分前
安倍さん実績作りの為に無理解決する必要なし。島は返さず主権も渡さない。経済協力で金を出させ考えです。ハッキリ言ってしまっても良い!島を返して貰えないのなら諦めると。それで良いです。

0
0
返信0
Randy | 43分前
パートナーどころか、敵じゃねえか。



gar***** | 44分前
パートナーではないなんて当たり前。なんなら出るとこにでる?韓国と同じだけど何か勘違いしてる。

0
0
返信0
***** | 47分前
ロシアは政府が人殺しする。
ベタベタ仲良くすべき相手じゃない。

0
0
返信0
xxx***** | 50分前
もっともっとハードル上げてくれ
自国に返ってきて気づいても
日本は援助しません

1
0
返信0
gyg***** | 57分前
焦っているのかな?
平和条約をバルーンのごとくあげてみたら、でるわでるわ。

日本はじっくり腰を落として交渉したらいい。
日ソ共同宣言を確認している以上は、下手なことはできないだろう。

敵とはいえどこかの国とは大違いだ。

1
0
返信0
zzz | 58分前
日本が降伏してからの侵略は、戦争犯罪では?

ロシアと急いで、平和条約を結ぶ必要無い

3
0
返信0
mar***** | 59分前
盗っ人が何言ってるの?

1
0
返信0
mmm***** | 1時間前
火事場泥棒が、どのツラ下げてぬかすのか?ロシアとの国交も必要なさそうだな。経済支援などしなくてもいい。

1
0
返信0
sfn***** | 1時間前
こいつ馬鹿にしてるのか?元々パートナー以前の盗っ人だろうが!第二次世界大戦の結果ではなく、不可侵を破った盗っ人風情が舐めたこと言うな!見下しておいてパートナー程遠い?傲慢過ぎる。盗っ人に金と技術支援はしなくてよい。
最初から見下して舐めたこと言ってる位だから、絶対に戻らない。
盗っ人は金を先に渡せと言い、さらに段階を踏ませて金を摂取し、散々摂取した最後には主権はこちらだとぬかしてくるだろう。
盗っ人に妥協はしないで良い。
逆に経済支援をしませんよと言えば良いだけ。それ程経済に打撃を受けている。
だから、日本に寄ってきてるのだから。

1
0
返信0
mac***** | 1時間前
パートナー??なる訳ないじゃん。そもそも、このジーさんに何の権限も無いんだから。プーチンを納得させれば事は進む。

0
0
返信0
qjo***** | 1時間前
ロシアや、チャイナや、コリアみたいな輩国家に、パートナーに程近いと言われたら、かなりショックだろうなぁ。
良かったよ。同じ考えでいてくれて。