独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。比国移住25年紀行

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

舌がん リウまち      意識こんだく

2017年11月20日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな



舌がん

リウまち
    


意識こんだく
12



寝たきり


しもせのせわうけ


もう ブログ書く

  
ことは


無理


です。




今まで、有難うございました。。









自宅前の道路に「私有地」と書き見張り、自転車で通ろうとした男性押し倒す

2017年11月08日 | 事件
自宅前の道路に「私有地」と書き見張り、自転車で通ろうとした男性押し倒す
11/8(水) 19:23配信 毎日放送

毎日放送
 自宅前の道路で通行人を突き飛ばしけがをさせたとして、79歳の男が逮捕されました。男は2年前、植木を並べて道をふさぎ有罪判決を受けていました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは堺市西区の無職・平野保生容疑者(79)です。平野容疑者は、8日午前6時ごろ自宅前の道路を自転車で通ろうとした会社員の男性(20代)を押し倒して、10日間のけがをさせた疑いがもたれています。

 平野容疑者は両手を広げて立ちふさがり「通るな、止まれ」などと恫喝したということです。2年前、平野容疑者は道路に植木やプランターなどを置いて通行を妨げ、執行猶予付きの有罪判決を受けていました。たとえ私道であっても通行を妨げてはいけませんが、当時(2015年)の取材には…

 Q.ここは人が通るところですよね?
 「ここは生活道路じゃないの。ここは住人が別々に持っている権利において、住人が所有するものなの」(平野容疑者)

 平野容疑者は植木などは撤去しましたが、その後道路に「私有地」と書き、家の前に座って見張っていたということで、警察には頻繁に苦情が寄せられていました。取り調べに対して、「自転車が私有地に勝手に入ってきたので私は悪くない」などと、容疑を否認しているということです。

韓国、晩餐会で“反日政治ショー”の舞台裏 元慰安婦招待、メニューに独島エビ…もてなしで大恥

2017年11月08日 | 朝鮮エベンキ族
韓国、晩餐会で“反日政治ショー”の舞台裏 元慰安婦招待、メニューに独島エビ…もてなしで大恥
11/8(水) 16:56配信 夕刊フジ
 どこまで無礼なのか。韓国政府が、ドナルド・トランプ米大統領の訪韓を、領土・歴史問題をアピールする場として利用した。7日の晩餐会(ばんさんかい)に元慰安婦を招待したうえ、竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名である「独島(ドクト)」を冠したエビ料理を用意したのだ。トランプ氏をもてなすはずの晩餐会は、韓国政府による「反日政治ショー」の舞台と化し、国際社会に大恥をさらした。

 韓国側の露骨な動きに対し、日本政府は7日、ソウルの日本大使館を通じて抗議した。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、「トランプ大統領が日韓を最初の訪問先に選んでいる中、日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼす動きは避ける必要がある」と不快感を示した。

 晩餐会では、元慰安婦とトランプ氏が抱き合うシーンを演出。メニューはわざわざ、大統領府が発表する念の入れようだった。韓国政府が歴史問題、領土問題で自国の立場をアピールしようとしたのは明白だ。

 メニューについて、大統領府は「食材一つ一つに意味を込め、最初の国賓に対する真心を表現しようとした」と謎の説明を行ったが、韓国紙は「日本が領有権を主張する独島をわれわれが守るという意思を米側にアピールする狙いがある」と分析した。韓国産牛肉のカルビは、360年の伝統を誇る醤油で味付けされたといい、米国建国(1776年)よりも古い歴史があると誇示したのではとの見方もある。

 晩餐会後も前代未聞の事態があった。トランプ氏を批判するデモ隊が道路に物を投げつけるなどした騒ぎを警察が止められず、トランプ氏を乗せた車は経路を変えてホテルに戻ったと報じられた。

 露骨すぎる反日アピールはいつものことだが、今回のトランプ氏訪問では、国賓に対する無礼な行為も止められない「無能国家」ぶりまで世界にさらす羽目となった。

あおり運転5キロ、傷害容疑で男逮捕 ハイビーム立腹か

2017年11月08日 | 事件
あおり運転5キロ、傷害容疑で男逮捕 ハイビーム立腹か
11/8(水) 13:45配信 朝日新聞デジタル
 交通トラブルが元で相手の車の窓ガラスを割り、殴ってけがを負わせたとして、愛知県警は8日、同県碧南市湖西町2丁目の土木作業員吉川竜次容疑者(33)を傷害と器物損壊の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 半田署によると、吉川容疑者は9月23日午後10時45分ごろ、同県半田市の路上で、信号で停車した同県西尾市の会社員男性(19)を車外に引っ張り出して顔を殴り、鼻の骨が折れるけがを負わせた疑いがある。

 吉川容疑者は現場までの約5キロにわたり、男性の車との距離を詰めたり、幅寄せをしたりしながら走行していた。署は、吉川容疑者が、ハイビームで走行していた男性に立腹した可能性があるとみて調べている。


日本の場合は銃器の所持が認められてないのですぐ喧嘩する。

海外では、ライセンスと取り銃器所持が認められてるので腰に拳銃携帯している場合もあるので<<下手に喧嘩などしたら射殺される>>ので逆に安易に喧嘩などしない。

韓国、「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入へ 米大統領が明かす

2017年11月08日 | 朝鮮エベンキ族
朝鮮エベンキ族は、その場では良いことを言うが、後、約束は破棄される。

国際災害義援金でも<<場当たりにデカイ数字を言うが払った試しはない>>



韓国、「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入へ 米大統領が明かす
11/7(火) 21:10配信 AFP=時事
韓国、「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入へ 米大統領が明かす
韓国の首都ソウルにある青瓦台(大統領府)で行われた首脳会議で握手する、ドナルド・トランプ米大統領(左)と韓国の文在寅大統領(2017年11月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】訪韓中のドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は7日、北朝鮮の脅威に対する防衛策として、韓国が「数十億ドル」規模の米国製兵器を購入することに合意したと明かした。

【関連写真】首脳会議に臨む米韓両大統領

 米兵2万8500人が駐留し、米国にとってアジアの主要な同盟国である韓国は、トランプ大統領によると「航空機かミサイルか、種類は何であれ」米国製の兵器を大量購入するという。

 また「韓国は数十億ドル規模の装備を発注することになるだろう。韓国にとっては非常に有意義なことであり、わが国にとっては雇用を意味する。対韓貿易赤字の削減につながる」と期待を示した。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領もこの購入計画を認め、「必須」だと説明。防衛能力強化のため、米国の戦略兵器の購入交渉を開始することに合意したと明かした。

 トランプ大統領はアジア歴訪の一環で、2日間の日程で韓国を訪れている。【翻訳編集】 AFPBB News

安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁

2017年11月08日 | 朝鮮エベンキ族



jdw***** | 35分前
記事の中の自称元慰安婦、李 容洙(イ・ヨンス)の過去のデタラメな証言。

1944年10月に、特高?によって、台湾の神風部隊(神風特別攻撃隊?)に、連行された。(本人の証言のママ)
(注→1944年 10月 台湾には、神風部隊は、存在しない)
電気ショックによる拷問を受けた、英語がわからないまま連行された等、支離滅裂な証言。

台湾の新竹で、戦後の1947年まで、慰安婦だったと証言。
新竹には、軍の慰安所は無く、朝鮮人経営の売春宿が、たくさんあった。
戦後まで、働いたのなら、売春婦確定。

1993年の証言では、「出稼ぎに行けば、お金が貰える」「友達のキム・プンスンと一緒に家を出た」「ワンピースと革靴をもらって、うれしかった」と証言していたのに、
2006年頃から、日本軍が、大邱の家にやって来て、連行されたいう証言に変わった。
嘘つきで、恥知らずな婆さんある。



安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁
11/8(水) 8:23配信 中央日報日本語版
安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁
ドナルド・トランプ米国大統領が7日午後、青瓦台で開かれた国賓晩さんで慰安婦被害女性の李容洙さんを抱擁して挨拶している。左は文在寅(ムン・ジェイン)大統領(写真上)。国賓晩さんのコース別メニューに出てきた独島エビ。韓牛カルビ焼きと独島エビのチャプチェを添えた石焼き飯膳が登場した。(写真=青瓦台)
ドナルド・トランプ米国大統領が7日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた国賓晩さんで、慰安婦被害女性の李容洙(イ・ヨンス)さん(90)と抱擁を交わした。

この日、青瓦台関係者は李容洙さんを晩さんに招いたことについて、韓国メディアの京郷新聞を通じて「トランプ大統領が日本に行って韓国にも来られるのに、慰安婦問題と韓日歴史問題を韓国の大統領としては扱わざるを得なかった」とし「トランプ大統領がこの問題に対してバランスの取れた見解を持ってほしいという意味ではないか」と説明した。

イさんは2007年、米国下院外交委員会の旧日本軍慰安婦公聴会でその被害を証言し、米議会から慰安婦決議案を引き出した。最近公開された映画『アイ・キャン・スピーク』のモデルにもなった。

この日、日本の菅義偉官房長官は記者会見で「一昨年の合意は、慰安婦問題の、最終的で不可逆的な解決について日韓両国間で確認したもの」とし「この合意が着実に実施されることが重要」と述べて不快感を表した。

晩さんに独島(ドクト、日本名・竹島)エビが含まれたメニューがあることについても「他国の要人をどのように接遇するかについて、政府としてはコメントを差し控えるが、どうかとは思う」とし「北朝鮮問題への対応で日米韓の連携強化が求められる中、悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と明らかにした。この日、晩さんメニューには独島エビのチャプチェが添えられた石焼き飯膳が提供された。

僧侶に転任命令「報復人事で無効」 大津地裁が仮処分決定

2017年11月08日 | 事件
徳川タヌキ時代に<<民衆当地の方法で檀家制度を作り寺社奉行が置かれた>>

民衆全てを檀家にして見張ること目的。要するに坊主はスパイで民衆の一揆などに目を光らせ何かあれば寺社奉行に報告する。

また、当時は鞭民主なので仏教の説教=洗脳しておとなしくさせた。


それが現在も続く、、、進化が遅い二ホン、、、、中には真摯な坊主もいたが=即身成仏=殆どは生草権力坊主である。

そして現代は<<葬式糞坊主>>



僧侶に転任命令「報復人事で無効」 大津地裁が仮処分決定
11/8(水) 8:47配信 京都新聞
 滋賀県大津市園城寺町の門跡寺院「円満院」の40代の僧侶2人が、寺院運営の在り方を議論する集まりを計画した結果、寺側から関東などの別院に転任を命じられたとして、転任命令の無効の確認と賃金支払いを求めて仮処分を申し立て、大津地裁は7日までに、転任命令は報復人事で無効とする決定を出した。
 決定によると、2人は昨年3月に役員構成など寺院規則の改正を検討する会議の開催を知らせる書面を同院の僧侶に配布した。役員らはこれを乗っ取りの企てと捉え、反逆を禁じる規約を制定。同院は2人に対し12月に退職を勧告し、今年1月に静岡県や神奈川県の別院への転任を命じた。2人はいずれも拒み、解雇に当たる破門処分とされた。
 大津地裁は、2人の行為を乗っ取りの企てとする根拠はないと指摘。転任命令に際して2人への意向聴取なども認められないことから「報復人事による異動に他ならず、権利濫用(らんよう)という他ない」とし、破門処分も無効として賃金仮払いを命じた。
 2人は「早く寺の業務に戻りたい」と話し、円満院側は「申し立て内容にはない解雇の無効が認められるなど決定は納得できない。異議を申し立てたい」としている。
 円満院は平安時代の創建とされ、「宸殿(しんでん)」は重要文化財に、庭園は国の名勝と史跡に指定されている。2009年に宸殿を含む円満院の土地建物が競売に掛けられ、甲賀市水口町の宗教法人に所有権が移転した。この宗教法人の代表役員が円満院の代表役員も務めている。

2018年モデル発売のハーレー、4か月ぶりに月販1000台突破…輸入小型二輪車販売 10月

2017年11月08日 | モーターサイクルメーカーなど


2018年モデル発売のハーレー、4か月ぶりに月販1000台突破…輸入小型二輪車販売 10月
11/8(水) 14:34配信 レスポンス
2018年モデル発売のハーレー、4か月ぶりに月販1000台突破…輸入小型二輪車販売 10月
ハーレーダビッドソン 2018ソフテイルファミリー SOFTAIL SLIM
日本自動車輸入組合(JAIA)は11月7日、10月の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同月比4.9%増の1919台で5か月連続のプラスとなった。

[関連写真]

シェアトップのハーレーダビッドソンは2018年モデルの販売が開始されたこともあり、同3.1%増の1046台と、4か月ぶりに月販1000台を超えた。

2位BMWは同15.6%増の437台、3位トライアンフは同15.0%減の119台。以下、4位KTMが同59.7%増の115台、5位ドゥカティは同25.4%減の100台だった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》


わろってんか NHK朝ドラ

2017年11月08日 | 芸能ニュース

わろってんか NHK朝ドラ


シナリオが下手、、、、不自然な設定。


トウキチのバカ無能が光るが<<何で主人公がジョイントしてるか合理的理由は皆無>>


リリコとかいう流れ者女が出てきて<<藤吉と絡むが>>妾、本妻だか知らぬが銭持ちのジジイと流れ者女がジョイントするという話になると<<リリコが一々,トウキチを夜間呼んで、ノコノコトウキチが行く>>

そこで、ヤメトケなどと無責任に説教をする。



◎主人公とトウキチを演じてる役者が演技下手でどうしようもない。

酒飲みすぎで命が危なかった、、フィリピンライフ

2017年11月08日 | 日記
酒飲みすぎで命が危なかった、、フィリピンライフ


先週金曜日と土曜日、、、バーボンウイスキーを飲み48時間続けたら<<日曜日朝に酷い二日酔いで>>

金曜日の前までも昼夜飲んでいた。

金曜日っ昼間からバーボンで夜も、、さらに深夜目が冷めてネットやりながら、また、バーボンをロックでチビリのんだ。

土曜日は早朝から、また飲んだ。後、夜まで飲んでいた。


日曜朝===8時ころになると<<異常な寒気、、、これはやばいホスピタルかと考えたが我慢した>>苦しい。

手など末端が冷たいが身体中心部が異常にヒートする。

12時になると少し、楽になったが、、朝から異常に喉が乾き続ける<<飲むと吐いてしまうが、乾くので飲んでしまう>>ストマックが完全にダウンした。

こうして食事など受け付けず<<夜になり寝たが、異常な発汗>>

血尿が出てきた。


月曜<<更に重症化した>>

起床が難しい、、、何とかトイレには行ける。血尿が続く。


時点で、糞カワサキのクラッチハウジングなど壊れて昨日から修理に出してるが<<多数のパーツ購入必要あり>>妻に全て任せた。

俺は動けない。


体中がヒートアップして、頭が朦朧とする。

<<ここでいつも飲んでるステロイドを買ってきてもらう>>飲むと楽になった。

食事はできない<<水を飲んで吐かなくなった>>


この夜も発汗が凄い。



火曜日、、、朝起きるとスッキリしている。

体重が減りなので体が軽い。血尿続く。


Partsを買いに行った。


しかし、後、、、また、不調になる。

そこでステロイド剤を飲むと楽になった。

少し食事ができる。




水曜日(今日)


明け方体が痛いのでステロイドを飲む。


血尿が減った。



◎追伸


朝方、体調が少し良いのでタイヤ買い出し。

その後、食事をした<<すると眠気でファンを付けて、さらにエアコン送風だけ>>で寝てると、、、凄い悪寒がして寒い。

妻が来て<<この部屋暑いなどと言いながら体温計>>==37度丁度。

微熱だが異常に寒い!!!!


そして又、ステロイド飲んでねてると、次第に寒気が収まり普通になり、現在エアコン作動している。

◎考えルニ<<自律神経がダメージで体温調整が狂うのではないか??>>


何しろ、、、飲み過ぎは、下手すれば死ぬな。




ボノ氏が釈明「報道を歓迎」 パラダイス文書に記載

2017年11月07日 | 音楽関係
ボノ氏が釈明「報道を歓迎」 パラダイス文書に記載
11/7(火) 17:57配信 朝日新聞デジタル
ボノ氏が釈明「報道を歓迎」 パラダイス文書に記載
ロック歌手のボノ氏
 「パラダイス文書」でタックスヘイブン(租税回避地)の法人の所有者として記載があったロックバンド「U2」の歌手ボノ氏が6日、「心を痛めている」「共同経営者からは、すべて適法に税務処理されていると聞いていた。自分はタックスヘイブンの法人の透明性を高めようと呼びかけてきただけに、深刻に受け止めている。(何が起きているのか知らせてくれた)報道を歓迎したい」と釈明するコメントを英紙ガーディアン(電子版)に寄せた。ボノ氏の法人をめぐっては、傘下の会社が税逃れをしていた疑いがあることが明らかになった。

【写真】朝日新聞社の一日編集委員として、編集局の紙面打ち合わせに出席した時のボノ氏(中央右)=2008年、朝日新聞東京本社

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の取材によると、ボノ氏はマルタの法人を通じて、リトアニアでショッピングセンター(SC)運営などを手がける会社を共同所有。この会社は2010年、実際には収益があったのにSCの資産価値を引き下げることで損失があったように申告し、16年まで税金を払っていなかった。

 同国の税務当局が調査を始めており、同社の別の経営者は「税務当局の指示に従う」と述べた。

 ボノ氏は途上国の支援活動に熱心なことで知られる。08年の来日時にはアフリカ特集を組んだ朝日新聞の一日編集委員を務めた。一方で、最貧国の借金の棒引きを先進国に提唱しておきながら、音楽活動への課税が低いオランダに事業拠点を移したことが過去に批判されていた。(シャルーナス・チェルニアウスカス(リトアニアニュースサイト「15ミニッツ」)、軽部理人、疋田多揚)

トランプ氏夕食会に元慰安婦=歴史問題クローズアップ―韓国

2017年11月07日 | 朝鮮エベンキ族


トランプ氏夕食会に元慰安婦=歴史問題クローズアップ―韓国
11/7(火) 15:04配信 時事通信
 【ソウル時事】韓国の文在寅政権は7日、国賓として訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に、元慰安婦の李容洙さんを招待した。

 李さんは慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意の撤回を求め、積極的に発言している。合意に批判的立場を取る文大統領としては、慰安婦など歴史問題の存在をクローズアップさせ、米政府の合意への支持切り崩しを図る狙いもありそうだ。

 李さんは、米議会で証言するため英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画「アイ・キャン・スピーク」のモデルとされている。韓国大統領府当局者は「トランプ大統領が訪問した日韓には慰安婦など歴史問題もある」と招待の理由を説明した。

 李さんは2007年2月、米下院小委員会で慰安婦の実態について証言するなど活発に活動。15年4月、安倍晋三首相が米議会で演説した際には、議事堂で傍聴した。15年12月末に発表された日韓合意については「公式謝罪と法的賠償を欠いている」と批判し、受け入れを拒否している。 



セクハラ問題で副市長解職…カラオケでデュエット肩に手を回す 兵庫・川西

2017年11月07日 | 事件
セクハラ問題で副市長解職…カラオケでデュエット肩に手を回す 兵庫・川西
11/7(火) 13:37配信 産経新聞
 兵庫県川西市の本荘(ほんじょう)重弘副市長(60)が20代の女性職員にセクハラをしたとされる問題で、大塩民生市長は7日、市議会の議会運営委員会で本庄氏を6日付で解職したと明らかにした。

 本庄氏は9月1日、打ち上げのカラオケで女性職員とデュエットした際、肩に手を回すなどしたとされる。女性は9月中旬以降、療養休暇を取っている。

 大塩市長は6日に本庄氏に電話で解職を伝えた際、「分かりました」と返答があったという。大塩市長は「女性職員が副市長の行為により療養休暇に入っていることを重くみて解職にした」と述べた。

食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖

2017年11月07日 | 消費者情報
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
11/7(火) 7:00配信 文春オンライン
前へ1/3次へ
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
 写真は何の変哲もないアサリに見えるかもしれないが、私はこれを食べた後、ひどい下痢に苦しみ、一晩中トイレから出られなくなってしまった。今でもアサリをほとんど食べない。というより食べられない。国産だとわかっていても、あのときのヘドロ臭と悪夢のような記憶がよみがえり、気持ち悪くなってしまうからだ。

 今回は、そんな中国産「ヘドロアサリ」を実食した体験談をご紹介したい。

 訪れたのは、中国・山東省青島市城陽区のアサリ加工場だ。ここは養殖場も経営しており、青島近海で獲れたアサリをトラックで運び、加工して出荷するという。写真だと砂利に見えるが、荷台にはアサリが直に積まれていた。その上にも、網の中にびっしり詰められたアサリが積まれている。

「網に入れたほうがたくさん運べるからな」

 日焼けした総経理(社長)の顔は得意気だった。彼は、我々が捕まえた地元タクシー運転手の親戚だったため、とても愛想よく出迎えてくれた。

 社長が我々を加工場へ招き入れると、ちょうど網に入ったアサリをトラックから降ろしている従業員がいた。当時、8月上旬で気温も30度を超えていたため、半ズボンや上半身裸で作業していたのである。アサリからも腐臭のような変な刺激臭がした。

食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖


食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
アサリを茹でる釜。中には黒くて生臭い水が
「ガソリンなんて使ってないよ!」と大笑い
 炎天下にさらされながら加工場へ到着したアサリは、写真の選別機で商品に適したものと廃棄するものに分けられる。中央の投入口にアサリを流し入れると、モーター音が鳴り響き、選別機の両脇から粒が小さかったり、割れてしまったアサリが落ちてくる。

 近くで見てみようと、中をのぞきこんだ。すると、強烈な腐臭が鼻を突き、思わずのけぞった。ガソリンのような臭いもしたので、通訳の日本人ジャーナリスト・林真宣氏に訊いてもらったところ、

「ガソリンなんて使ってないよ!」と大笑いされた。しかし、工業用の油というよりヘドロのような臭いにどうしても耐えられず、屋内へ逃げ込んだ。

 室内の中央に大きな釜が置いてあった。中には黒くて生臭い水が入っている。「ヘドロアサリ」を入れているからどす黒くなったのか、単に不衛生だからなのか判然としなかった。釜の中もサビだらけで、ずいぶん古いもののようだ。

「これはアサリを茹でる釜だよ。火を通さないと悪くなるから。その釜で茹でた後、またトラックで港まで運ぶんだ。このアサリはたまに日本へも輸出している。いつも日本と取引があるわけじゃないけど、よく知らないバイヤーがやってきて『日本へ送る分が足りないから分けてくれ』って注文しにくるのさ」

 社長に聞いても、日本のどんな企業と取引しているか把握していなかった。全て中国人のバイヤー任せだ。なぜか、バイヤーの素性については頑なに教えてくれなかった。

 帰り際、社長は親類の運転手に「お土産だよ」と言って、小さな網に入った加工前のアサリを渡した。

 笑顔で手を振る社長に別れを告げ、ヘドロのような臭いが充満したアサリ加工場を後にした。昼食を取ることになり、我々は青島の中心街にある飲食店へ入った。我々へのお礼のつもりだったのだろう、運転手は店員に加工場でもらった「ヘドロアサリ」を渡し、何やら指示を出した。数分後、もう見たくないと思っていたアサリが「酒蒸し」となって我々の前に出てきたのである。



お酒と香草の良い香りに混じって、ヘドロのような臭いが……
 見た目は美味しそうだ。ただ、お酒と香草の良い香りに混じって、さきほど嗅いだヘドロのような臭いが漂っている。

「遠慮せずにどうぞ」

 運転手は笑顔でそう勧めてくれたものの、通訳の林氏はアイコンタクトで強いNGサインを私に送っていた。となると、「ヘドロアサリ」の味を読者に伝える役目は自分しか果たせない。覚悟を決めて、アサリをいくつか一気に食べてみた。味付けは上手だったが、砂抜きもされておらず、口の中でジャリジャリと音がした。そして、思ったとおり強烈な異臭が鼻を突く。

 思わず吐きだしそうになったが、嬉しそうに見ている運転手が視界に入った。彼は茹でたシャコ貝やアサリの酒蒸しを美味しそうに次々と口に入れていた。余計に気持ち悪くなって、私は手元にあった中国ビールで、アサリを強引に胃の中へ流し込んだ。

 夕方、ホテルへ戻ると、断続的な吐き気と腹痛に襲われた。厚生労働省が発表している「輸入食品違反事例」によれば、摘発されるアサリの「不適格内容」は「大腸菌群」が散見される。ただ、昼に食べた「酒蒸し」は、火を通して菌が死んでいるはずではないのか。加熱処理が不十分だったか、それとも腐敗していたのか。理由は不明だったものの、翌朝まで下痢でトイレから離れられなくなった。

 無論、このような事態は想定していた。日本から持参した「ラッパのマーク」の下痢止めが、心強い味方となってくれたため、なんとか病院へ駆けこまずに済んだ。同じアサリを食べた運転手は次の日も元気そうだった。自分は胃腸が虚弱なのか、10日間、腹痛に苦しむことになったのである。

 ひどい目に遭ったが、日本にも中国産アサリは多く輸入されている。

前へ1/2次へ
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
なじみ深い「アサリの酒蒸し」や「ボンゴレビアンコ」も中国産
 アサリの輸入量は、2004年が約5万2000トン。2012年は約3万5000トンに下がったが、7割が中国産のアサリだ。安い飲食チェーンの「アサリの酒蒸し」や「ボンゴレビアンコ」など、日本人にもなじみの深い料理に使われている。

 厚生労働省が発表している「輸入食品違反事例」(2012年度)を見ても、水産物や水産加工物で最も違反が多かったのが、アサリだった。

 2016年度の「輸入食品違反事例」を表にまとめたので見て欲しい。

「不適格内容」の中で気になるのがプロメトリンだ。これは大根畑などで使われる除草剤だ。

 食材によって異なる場合も多いが、食品衛生法を見ると「人の健康を損なうおそれのない量」は、0.01ppmを基準としている。

 中国では、大量に使われた農薬が、畑から川へ流出し、近海に生息する貝類を汚染すると言われている。ところが、地元の中国人運転手が興味深い証言をした。

「除草剤は海に直接まくんだよ」

「ええ? うそでしょ」

「海に藻が繁殖すると、魚介類を獲りづらくなったり、養殖しているひじきやノリに悪影響が出るからだよ。除草剤をまけば、邪魔な藻をすぐ取り除くことができるんだ」

 実に腑に落ちる説明だった。だから海中のアサリにプロメトリンが残留するのか。表中にも違反の原因として「近隣のなまこ養殖場で散布された除草剤による汚染」とある。

 こうして、川から流れてくる工場などからの汚染物質も加わり、中国の水質汚染はどんどん進むのだろう。日本政府は摘発だけでなく、除草剤を海にまく中国人の愚行をやめさせる努力をしてほしいものだ。




中国工作機関が尖閣触手で宮古島観光協会「恐ろしくなった」

2017年11月07日 | 政治社会問題
中国工作機関が尖閣触手で宮古島観光協会「恐ろしくなった」
11/7(火) 7:00配信 NEWS ポストセブン
中国工作機関が尖閣触手で宮古島観光協会「恐ろしくなった」
触手が伸びる(写真は河野外相) AP/AFLO
 永田町が政局に揺れ、国全体が北朝鮮のミサイルに緊張感を高めるなか、沖縄県・那覇を訪ねる謎の一行がいた。その名は中国国際友好連絡会(友連会)。表向きは日中友好を謳う。だが、実態は対日工作活動の一翼を担っているとされる。ジャーナリストの竹中明洋氏がレポートする。

 * * *
 9月4日、北京からやってきた友連会の一行4名が、沖縄県庁6階の応接室に翁長雄志知事を訪ねた。今回、訪日団長を務めた辛旗副会長は翁長知事に要請した。

「ぜひ北京を訪れてほしい。私の大学の同級生が故宮博物院の館長ですので、招待したいと思っています。また、私の娘も学芸員です。彼女は、昨年沖縄を訪れて、琉球王朝を研究しているので交流したい」

 だが、友連会のいう「交流」の本当の狙いは、沖縄と日本本土との間に楔を打つことにある。基地問題を背景に沖縄では日本政府への不満が高まっているが、友連会の中にそうした気運を利用しようという動きがある。

 事実、2012年8月、中国の友連会と「交流」していた日本の日中友好団体である、沖縄・中国友好協会が主催したセミナーでの議論をもとにまとめられた文書には、尖閣領有権問題の処方箋として、短期的に「領有権の棚上げ」を行い、その上で「政府と沖縄との間で、尖閣の土地の賃貸借契約を締結」し、沖縄に「尖閣の管理を委託」することを目指す、といった内容が書かれていた。

 このセミナーが講師として招いたのは、清華大学の劉江永教授。中国きっての日中関係の研究者として知られ、友連会の理事でもあった。劉教授が、島の管理を沖縄に委託するとの奇策を持ち出したのは、日本が実効支配している尖閣領有権を棚上げすべきだとの世論を沖縄県内で喚起するためだろう。

 こうした世論工作とは別の動きを掴んだことがある。2010年3月のことだ。沖縄本島から南西に320kmも離れた離島を友連会の一行5人が訪れていた。島の名前は下地島。2015年に宮古島と橋で繋がったが、当時は宮古島から連絡船に乗らなければ、渡ることができないような不便な島だった。現地を案内したのが、当時の宮古島観光協会の会長・藤村明憲氏だった。 藤村氏は昨年9月に亡くなったが、生前の取材にこんな話をしてくれた。


「那覇市内で開かれたセミナーで彼らを紹介されました。『中国の友好交流団体の人たちが宮古島や下地島を見たがっているので案内してやってほしい』ということでした。引き受けると、その2日後には一行が宮古島に飛行機でやって来ました。到着するなり、『観光はいいから、すぐ下地島をみたい』と言い出すので、何か変だなと感じたものです」

 藤村氏の直感は正しかったというべきか。彼らが何を差し置いても見たがったのは、下地島にある日本で唯一のパイロット訓練専用飛行場の下地島空港。滑走路の長さは3000mもある。大型機のボーイング747でも離着陸訓練ができるように建設されていた。これだけの規模となると、県内では他に那覇空港と米軍嘉手納基地しかない。

「はじめは『小さな島にこれほどの滑走路があるのか』と驚いた様子でしたが、そのうち『この島に大リゾートを誘致しないか』と切り出してきたのです。『資金なら、さしあたって200億、300億円出す。プロジェクト次第でもう1000億円積める』と言い出す。まともに取り合いませんでしたが、あとで恐ろしくなりました」(藤村氏)

 経費削減のために航空会社がフライトシミュレーターを使った訓練へとシフトしていく中で、この飛行場への年間の着陸回数は200回程度まで落ち込んでいる。近年は、航空自衛隊の基地として活用することも検討されてきた。そこに、友連会からの触手が伸びた。

 下地島は尖閣諸島までわずか200km。中国機が尖閣上空の領空に近づいた場合、ここからなら空自のF15が短時間でスクランブルできる。友連会はリゾート開発をちらつかせ自衛隊基地化を妨害できないかを探っていたのではないか。さらに後日談がある。

「じつは一行を案内してから数か月後に、在沖縄米国総領事館の職員と会う機会がありましたが、『中国の人たちを下地島に案内したでしょう』と言われ、『なぜ分かったのか』とドキッとしました」(藤村氏)

 沖縄の離島を舞台にした米中の情報戦が垣間見える。

●たけなか・あきひろ/1973年山口県生まれ。北海道大学卒業、東京大学大学院修士課程中退、ロシア・サンクトペテルブルク大学留学。在ウズベキスタン日本大使館専門調査員、NHK記者、衆議院議員秘書、「週刊文春」記者などを経てフリーランスに。著書に『沖縄を売った男』。