バリボーママ、シカゴに行く♫

福岡発東京経由シカゴ行!
ご主人様よっちゃんの仕事の関係でシカゴへ。アタシ、駐妻になります☆

受賞☆ その2

2012年03月28日 | works
姫の書道の書き初め作品が何かしらの賞を頂き、
はがきで静粛なお式にお招きいただいて恐縮していたところから…

前回までは
前述のとおり
賞状とトロフィと作品を持ち帰るだけだったので

お招きされた以上
今回は前回よりはよい結果だったんだろうと推測される

すごいね~~姫

あんまりすごさのレベルはわかんないけど(笑)
前回よりよい結果を出せたのはすごいよ~~

ってなわけで
日曜日
その授賞式とやらに行ってまいりました

展覧会もかねており
たくさんの受賞作品を見ましたが
どれもこれも
本当にすばらしかった

すばらしかったし
個性的で
上手なものだけでなく
努力のあとが見られる書
集中力の塊みたいな書
びっくりするくらい型破りな書
いろいろあり
見ていて面白かった

その中に姫の作品も選んでもらったのかと思うと
はがきをもらっても
「全員金賞なんじゃない?」と
ちゃらけてた自分を深く反省

姫の作品発見


いつもより大きな筆で
いつもより大きな紙に
目いっぱいかかれた文字は

彼女の性格を現すかのように
元気で
まっすぐで
キラキラしていて
素敵でした


でもやっぱり静粛な式は
アタシの笑いのツボが見事にヒットします

お偉い先生が
テンパッて何度も同じ話をしているのが
おっかしくて仕方なくて…
作品が飾ってあるついたてに隠れて
ひっそり笑いをこらえました

日ごろの成果を見ることが出来て
授賞式に出席させていただいて
本当によかったです

姫の自信にもつながっただろうし
貴重な体験でした

ちなみにトロフィは
倍の大きさになりました(笑)
が、どの程度すごい賞なのかは
最後までわかりませんでした

最後にアタシが個人的に気に入った作品を載せます

一年生。よく出来ました
さしあたり「元気に書けたで賞」かな
Comment

受賞☆ その1

2012年03月26日 | works
姫ががんばっている習い事の一つ
書道

週に一度ですが
近所の書道教室に通っています

小学一年生になるとき
『アタチ、おしゅうじしたいの
とおめめきらきらで可愛くアプローチ

何にでもすぐに興味津々
熱しやすく冷めやすい彼女が
どこまで本気なのか
親のアタシにもよくわからず
しばらくおあづけにしてみた(ひどい親っ

…時がたつこと1年半(長っ

それでもなお
お習字熱は冷めなかったようで

近所にとてもいいと評判の先生を見つけ
2年生の9月(姫7歳)からお世話になっている

やる気の波はあるものの
休まず通い続けている

時々たずねてみると
『ま、楽しいかな』
と冷めた返事

姫らしい…かな

その書道教室が属する会で
毎年1月に
書初めがあり
毎年出展するのだけど

なんと、
お教室に通い始めて半年の初めての出展で
いきなり金賞
それから2度目、3度目と立て続けに金賞

書いた書はとても立派だが
こんなに毎年金賞だと、
『もしかして全員金賞なんじゃないのかぁ
と下衆なかんぐりまでしてしまう
芸術センスZEROのアタシもいたりして(笑)
親としてひどいよね

前回までは
書いた書の作品と
賞状と
ちびっちゃいトロフィーを持ち帰っていて
「がんばったね~~」と
当たり障りないねぎらいの言葉をかけていたのだが、
今回ははがきを一枚持って帰ってきた

そこには…
『今回○○賞を受賞されましたのでぜひ授賞式にお越しください』
と書かれている


……
………

キターッ!

なんと金賞よりもう少しよい賞を頂けるようで
アタシの苦手とするまじめで静粛な『式』とやらに
お招きいただいたのである

…つづく
Comment (1)

Graduation

2012年03月24日 | ダイアリー
昨日姫と王子の通う小学校
卒業式に参列してきました

もちろん、卒業生父兄ではありません
”来賓”として、です

ぷぷぷ。
来賓だって

らしくないのですが…
昨年度、今年度と
PTA本部で活動してました

任期ももう少し
最後の締め、けじめとして
代表として参列してきました~~

…って
ただ座って、涙してきただけだけど

本当にいいお式でした

卒業生の
晴れ晴れとした顔が
自信に満ち溢れていて
キラキラしてました

5000時間を越える知識の
お勉強だけでなく
社会性や人間関係、
集団行動や
地域とのかかわりを学び

6年間で
心も体も
大きく成長して

何より先生方やかかわるすべての方たちから
たくさんの愛情で見守られ
安心して、
そして
たくさんの希望と夢を胸に
母校を去るのだなぁ
と思うとただの来賓のアタシもウルウル

呼びかけで、
これからの夢を語り、
6年間の感謝を述べる彼らは
とても堂々として
誇らしげで
すばらしかった

がとても大きな声で
きれいな歌声で
この子たちは
これからきっと
まっすぐに進んで成長していくと
確信すら感じた

2年後の姫、
4年後の王子と
オーバーラップして
気持ちが入りすぎ
感傷的に

最終的には
ただの来賓から
卒業生の父兄…になった妄想をする
ただのおばさん、になってました

卒業生の晴れやかな旅立ちの日に
ほかにもがんばった子供たちがいます

新5,6年の在校生たちです

入退場の音楽をリコーダーで奏で、
呼びかけでは
『1年間、○○小学校を、僕たち私たちを
引っ張ってくれて、ありがとうございました!
6年生からのバトンをしっかり受け取り
これからは僕たち私たちが
リーダーとなって
しっかり引っ張って行きたいと思います』


…と

も~~~
おかあさん号泣!!!

生まれてわずか10年、11年。
そんな彼らを”子供”とひとくくりで呼んで
”オトナ”を振りかざしていいのか、とまで
思うくらい立派な発表でした天晴れ

静粛でまじめな式という式で
笑いが止まらなくなる発作がたまにおきるアタシですが
今回はきちんと(
大人しく、
オトナらしく、
座って過ごせました
(そこも高評価

昨日卒業した皆さんの
光り輝く未来を願います
Comment

春よこい♪

2012年03月16日 | ダイアリー
もう3月も半ばだというのに
冷たい風が吹き
が待ち遠しい今日この頃

よっちゃんはここのところ
仕事が忙しい上に
年度末ちかくで飲み会も多く…

一番の
飲み友達が不在で
さびしいっす

アタシも飲みにいきたい
でも子供たちいるのにそうもいかないから。。。

今日は子供たちとカラオケでストレス発散


車だったのでお酒はNGでしたが
もりもり食べて
もりもり歌ってきました~~

機械とマイクと離さない二人に負け
アタシは合いの手係

王子はゆずを、
姫はファンモンを
大熱唱

楽しそうに歌う二人を見て
アタシも
すっきりしました

Comments (2)

Do I know me?

2012年03月13日 | ダイアリー
2012年3月21日で
祝☆入籍12年

う~ん。
長かったような
あっという間だったような…

でも、幸せであることは間違いない

よく考えたら
よっちゃんとは18歳で出会ってから
19年のお付き合い
既にアタシは
人生の半分以上をよっちゃんと過ごしている計算になる

ま、それは机上の空論であり
実際は遠距離が長かったので
一緒に住んでからは13年…かな

『長く一緒に居てもまだ知らないことあるなぁ。。
『長く一緒に居てもまだ彼のこんなとこ理解できないなぁ。。

なんてその時々で
(今でも稀に)
思ったりすることもあるけど、
当然やね
うん、納得

だってさ、
お付き合いは自分人生の半分以上の19年でも
一緒に生活しているのは13年。
13年長い
いやいや…

その一緒に住んでる13年の間ですら
子供を2回産んで
アタシはその子供たちのことで
頭がいっぱいだった期間が長くあるので
その13年の中には
よっちゃんそっちのけ期間
かなり含まれていることになる

一緒に住んでたってなかなか
知り尽くすことは難しいよね

知り尽くせないからこそ
面白いのかもね

でもでも、
やっぱり
一番わからないのは自分自身かも

よくわかってるようで
でもわからんのだなぁ、これが

37年も一緒にいるのに

アタシは何がしたいんだろ。
アタシは何がすきなんだろ。
アタシはどこへ向かっていきているんだろ。

もちろんその時代時代で、年齢で、環境で
いろんなことがかわってくんだろうけど。
基盤となる、軸となる自分自身はまだかくれんぼ中

相方を知り尽くせないのと同じく
よくわかんないから
いろいろ悩むのが楽しいんだろうけど。

こんなこと考えてるアタシもよくわからんのぉ

何が言いたいのかもよくわからんが…
暇なぐうたら主婦の戯言でした
Comment