犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボランティア活動をしよう!

2013年06月10日 | アニマルシェルターのこと
アメリカに来て、ボランティアという言葉をよく聞く。

日本にいたころって、ボランティアなんて聞いたことがなかったから。。

私が今の仕事を手にいれたのも、そもそもボランティアをしてたから。

でも、日本ってボランティアを馬鹿にする動物愛護さんもいるとか?
そして、ボランティアの方も”ただで働いてやってる!”という態度もひどいとか?


なんか残念ですね。 日本ってボランティアの意味がよくわかってないのかもしれません。


そんなんで、今日は少しボランティアのお話。。

特に、アニマルシェルターは経済的に人を雇えない。 犬猫をレスキューして、餌を与えるので精一杯のところがほとんどだとおもいます。

なので、以前勤めてたアニマルシェルターでは、名前の登録だけで1000人はいたでしょう。



消防士もボランティアあります。
小さい街や、村には消防士を雇うお金がないので、リタイヤした消防士の方が中心となって、小さい街の消化活動をボランティアで行うということ。

以前働いてた、アニマルシェルターで従業員と働きそして、ボランティアとしてもいろいろとやらしてもらってます。

アニマルシェルターでのボランティアは、犬の散歩、犬の行動チェック、一時預かり、猫のホスピスケアなどなど。。

ただでいろいろと学べるのでわたしは、逆にありがたいとおもって私はボランティアをやらしてもらってます。

そして、今度のボランティアは、野生動物のレスキューグループ。 以前から、野生動物には興味があり、いつか仕事をしてみたく、連絡をいれたところ、ぜひミーティングに来てくださいと返事がきました。


うれしい話です。


アニマルシェルターでボランティアというと、悲しい犬猫がたくさんいて見るのは辛いという人もいるでしょう。
じゃ、子猫や子犬の一時預かりなんてどうかな?
8週目になるまで、世話をするボランティアです。

ほかにも、たくさんボランティア募集があります。
犬猫だけではなく、事務であったり、電話の受け付けであったり。。

それだけでも、すごく助かるんですよ。


今働いてる病院も8年前に、ボランティアをしたのがきっかけです。 


ただで、勉強ができる。 私はボランティアをさせていただいて、本当にありがたいとおもいます。

これからも、ずっと私はなんらかの形でボランティアを続けていくつもりです。





今日もお付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村



コメント (8)