犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬猫のがんのお話。。

2013年06月30日 | ホリスティック ペット ケアのこと
最近、犬や猫ががんになること多いでしょ?
アメリカいや、日本も含めてかもしれませんが、犬猫が亡くなるTopはこのがんなんですよ。



まず、食べ物。

いまや何千種類とものペットフードが売られてます。
コマーシャルで”獣医がお勧め”なんていわれると、ついつい買ってしまいたくもなりますよね。

でも安いフードにはたくさんの添加物や着色料が入ってますね。これらは発がん性をおこしたり、
アレルギー、遺伝毒性などを引き起こします。まぁ、多少食べたぐらいではなりませんけど、できれば避けたいところですよね。

そして、遺伝。。ブリーダーから犬を買われる方は、お爺ちゃんはどういった病気で亡くなってるか聞いておくと参考になりますよ。

最後にワクチンのやりすぎ。

これらががんを引き起こすかぎになってるみたいですね。


もちろんストレスからもがんになることもあるそうです。

もし、今飼われてる犬や猫ががんと診断されたら。。



まず食事を見直してみませんか?

がんに避けてほしい食べ物

ジャガイモ、にんじん、グリーンピー、サツマイモ、すべての穀物


がんにお勧めの食べ物

カリフラワー、ズッキーニ、キャベツ、ブロッコリー、青梗菜、芽キャベツ


そして、脂肪分。Good-Qualityの脂肪分とは、ラム、豚、卵、Whole Milkのヨーグルトなど。。チキンをあたえるんどえあれば、Dark Meatで皮がついてるものがいいとのこと。魚の缶詰もいいそうです。

もし、手作りをTryしたいという方、たくさんのレシピがありますので、ブログの左側のメッセから連絡いただければ、レシピをさしあげます。


がんの種類にもよるけれど、抗がん剤セラピーがあっとう的に多いでしょうか。。

もちろん、手術をして腫瘍を取り除くことも可能。

でも、年老いたペットだったら?


私は無理なことはせず、命あるまで居心地よく最後を見届けるかな。。
おいしいものをたくさん食べさせてあげて。。好きなことをさせてあげて。。



日本語で、犬猫に効く指圧と漢方薬という本がでてるはずなので、その中にもがんの治療の仕方が書いてます。
他にもいろいろと自然治療の本もでてるので、ぜひ試してあげてください。



今日もお付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村






コメント (11)