犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竜巻から生き残った犬。。

2015年05月28日 | 犬のこと
先日、大きな竜巻がアメリカはテキサス州を襲いました。。 



ここ、カルフォルニアでもこの竜巻のニュースの被害は毎日のようにテレビで放送されてました。。
その中で、なんと犬が飼い主さんの腕の中で生き残ってた!というニュースは涙涙。。

亡くなられた飼い主さんは、警察官をリタイアされた方で、奥様と寄り添うように亡くなってたということです。
きっとこのワンちゃんだけでも生き残ってほしいと思ったのでしょう。。 

このワンちゃんもすぐに保護され、アニマルシェルターに連れて行かれましたが、このニュースを知った新しい飼い主さんは、すぐに引き取ったそうです。
新しい飼い主さんはこの犬に”エマ”と名ずけ、いまは幸せに暮らしてるそうですが、まだまだ、エマの心は傷ついてます。


”いつか、エマの心が立ち直れるよう、私は努力をします。”と新しい飼い主さんは言ってます。


  保護された時のエマ。。


新しい飼い主さんと。。



今日もお付き合いありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント (7)

レスキュードッグ" Jumpy"

2015年05月23日 | 犬のこと
今回は、レスキュードッグ、”ジャンピー”ちゃんのお話です。

いまはドッグトレーナーさんに引き取られて、色々と技を覚えて有名な犬になりましたが、最初からこんな幸せな人生ではなかったのです。

このトレーナーさんが引き取る前は、シェルターをてんてんとしてたそうです。
子犬の時は可愛いからすぐにもらわれたはいいが、なんせブルーヒーラーとボーダーコリーのミックス。

皆さんもお馴染みなように、ブルーヒーラーも、ボーダーも牧場犬です。
ハイパーで、なにか仕事を与えないとこの犬たちは本当に大変です。
とにかく、トレーニング、トレーニング、この犬たちが落ち着くのは、10歳をすぎてからだといいます。

なので、若い1、2歳時なんて、なにかをやらせてあげないと、家の中が破壊されてしまいます。
このジャンピーちゃんも子犬の時に引き取られたけど、何人の飼い主さんがお手上げ。
普通に、ボーダーやブルーヒーラーは正直。飼わないでほしいですね。

ボーダーは犬の中でもIQが一番高い犬で、人間よりもはるかに頭のいい犬だともいわれてるほど。。

牧場の管理なんてやらせちゃうと、本当にすごいんですよ!
何百という牛や、羊にヤギをちゃんとハーデッィングしてくれるのです。


さて、このジャンピーちゃんのなにがすごいって、ビデオでもみてわかるように、”ママにおしっこかける”技! でも、本当におしっこをかけてるわけではありません!
 ”偽ション”!! え?なんでこんなことができるの?????  

素晴らしい、数々のトリック。 ご覧ください。







レスキュードッグから、アメリカではWorld Greatest Dogとまで表彰されたジャンピーです。


今日もおつきあいありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

コメント (8)

16歳の老犬、チャピー

2015年05月13日 | 犬のこと
とってもいいお話をみつけたので、シェアさせてください。。

ここのところ、老犬の話ばかりなんでついでに。。。

16歳になる老犬のチャピー。
飼い主さんが7歳の時から飼い始めたワンちゃんで、とても大切に育てられたそうです。。


  

チャピーの命がそろそろかなと飼い主さんの彼女が気づき、お友達のカメラマンにお願いしてチャピーとの写真を撮られたそうです。。
そして、写真を撮った数日後にチャピーは息を引き取ったということでした。。   









世の中には老犬ということで捨てる人もいます。。
年をとるということは、病気でもなんでもないのです。。

最後まで面倒みてあげてください。

今日もお付き合いありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村
コメント (3)

老犬はゴミですか?

2015年05月10日 | 犬のこと


元の飼い主さんは亡くなってしまい、行き先がなくKansas州の地元のシェルターへ。。

なかなか、引き取ってはもらえないなか、ようやく里親希望者が!!
でも、それもつかの間。。。 新しい里親さんは子犬ももらってきてしまったんです。

子犬は老犬のことなんて、おかまいなく、遊ぼうとします。。
それが老犬はいやで、思わず牙を向けてしまいます。。

新しい里親さんは”こんな凶暴な犬はいらない”と遠い遠い知らない場所へこのわんちゃんは捨てられてしまいます。

犬ってちゃんと帰り道わかってるんですね。。
30マイルもの道をただただ、歩きその里親さんの家まで歩いて帰ってきてしまったんです。。

でも、その人は”NO" だって、子犬の方がいいからと。。。
そして、元のシェルターへ。。

その話をみんなでシェアしたら、回り回ってフロリダの方が是非ともうちで引き取らせてくれとのこと。。

プレイベートジェットでフロリダへ! 

名前は”Lady"と名付けられ、いまでは幸せにしてるということです。



いまあなたが飼ってる、その子犬だって7歳を過ぎれば老犬になるわけです。
老犬はゴミではありません。 年をとるって病気ではありません。
人間の私たちだっていつか老人になるのです。

子犬は可愛いです。 でもね、考えてください。
年老いたワンちゃんのことも。。

自分が年老いて静かに過ごしたいときに、3歳児の子供が遊ぼうよ、遊ぼうよって言われるのどう思いますか?

老犬だって同じことなんです。


老犬はごみではありません。。


今日も読んでくれてありがとうございます。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村



コメント (6)

年老いたハスキーと共に。。。

2015年05月08日 | 犬のこと
めちゃくちゃ久しぶりのブログの更新になってしまいました。。


書きたいことも山ほどあるなか、これはハス好きの私としてどうしてもシェアをしたいビデオをみつけちゃいました。。

年老いたハスキーと飼い主さん。。
突然、後ろ足が麻痺してしまい、歩くこともできなくなったハスキー。
年老いてるので手術なんてとてもじゃないけど、無理な話。。
ただ、痛み止めの薬でどうにか痛みを抑えてるだけ。。

飼い主さんが見つけた治療法。。”水泳

自分のプールで一緒に抱っこして泳いであげること。。
これを続けるたびに麻痺してた後ろ足が動くようになったとのこと。。
飼い主さんが最後に、この子とあと何日、何ヶ月いれるかわからない。。でもやれることだけはしてやろうとおもう。。と言ってました。。

いつか年老いていく私たちの4本足の子供達。。寂しいけどこれも、”ペットを飼う”ときの覚悟ですよね。






今日も読んでくれてありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


コメント (8)