犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネコのエビ、緊急入院

2011年07月31日 | 猫のこと
いつもブログを読んでくれてありがとうございます。

エビがこの度、緊急入院をしてしまい、少しブログをお休みさせていただきます。






早くよくなりますように。。。    





にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
コメント

Petの保険と犬種差別

2011年07月28日 | 犬のこと
日本ではまだ私は聞いたことはないのですが、ここアメリカでは当たり前のようにPetたちに保険をかけてる人が多いです。

Pet Insuranceって捜査するとほんと何百って数の保険会社がでてきます。

   

よく犬猫の飼い主さんが入ってるのがVPIというところ。。

私は以前、Pet Careってところに犬猫をかけてました。 

はたしてPetに保険が必要か??  その犬にもよりけりでしょうか。。私のように健康な雑種を飼われてる場合は、緊急用のみ?だけでもかけておいたほうがいいのかもしれませんし、でもその緊急用でもカバーするしないとあるので、調べてからのほうがいいとおもいます。。 ちなみにうちの主人の答えは”NO"でした。


私が入ってたPet Care.  うちの犬が発作をおこして、ERに走ったとき、Pet Careではカバーしてくれませんでした。
私がカバーしてたのは、もちろん緊急時のときのみ。 なぜ? これは緊急ではありませんか??


と、保険会社に話すと、”発作は遺伝のもの”という。 緊急時のときのカバーのところに、遺伝の病気はカバーしないと書いてました。 じゃ、どんな病気のときにカバーするの?

車での事故、怪我のみだという。

ばかげてる。。カイは遺伝で発作をおこしたなんて、そんなことわからないじゃない。。 それ以来私は、保険をかけることをやめました。 それに、私は動物病院で働いてるし、いざというとき自分の病院に連れて行けるというのがあったから。


私の友達は2件、違う保険会社に入ってるといいます。 保険会社によってカバーされるのが違うから、いざというときのために、2つぐらいはいっておいたほうがいいという。

そして、ここアメリカでは、保険会社によって、”犬種差別”があります。

Alaskan Malamutes, 

Akitas,

Chows,

Doberman Pinschers,

German Shepherds,

Pit Bulls, 

Presa Canarios,

Rottweilers,

Siberian Huskies,

Staffordshire Terriers,  

Wollf-Hybrids,



Or a mix od any of the above. これらが混じってるものは入れませんということ。


コナを飼ったときに保険会社で聞かれたのは、ハスキーMixってなに? ということで、コナは入れませんでした。

保険会社にウソをつくことはできませんよね。 


もちろん探せば、犬差別なし保険も入れるところがあります。 


その犬を飼う前に、もう一度考えて、こうした差別の中でも大丈夫かどうかということを考えてみてくださいね。


もちろん、犬種差別は保険だけではありません。 犬を預かる施設そして、貸家、州によっては家にかける保険もそうです。

上にあげた犬たちのほとんどは、犬を預かる施設に入れません。


このことをよくわかった上で、この犬種を飼ってください。 飼ったあとで、しまったとならないように。。。





にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村




コメント (7)

アニマルシェルター便り

2011年07月27日 | アニマルシェルターのこと
みなさん、こんにちわ。 今週のアニマルシェルター便りでございます。。


わたし、オペラ歌手のデブ子と呼ばれてます。 

でも、ちょっとスリムになったんじゃない?  ^m^


怖いから、早くここから出してください。。。 毎度ながら隠れてます。。



ぼく、まだいます~~  もう、シェルターの常連客ではないけど、ヘミングウェイさん。。まだいます。




きれいに撮ってね。。。  はい。。かしこまりました。。。お嬢様。。。



かわいい爪とぎ。。。



まだまだ、子猫たくさんいます。。(ーー;) 


あたち、貰われるですか??    はい。いつか、必ずもらわれます。 ガソリンスタンドに捨てられてたところを保護。 目がぐじゃぐじゃ。。 風邪かな。。 




ネコ団地。。  あ、一番下が空き家に!!


ぎょっ。。まだサバ兄弟が残ってる!!!     



サバ兄弟はやくもらわれますように!!  


ヒットラーネコ。。口ひげが。。。でもメス猫だった。。(^_^;) 



あらやだ。。双子?    双子といやぁ~あなた、ザ ピーナッツを思い出すじゃ~あ~りませんかっ!


じゃ、ここで、双子の姉妹名づけて、”ザ アーモンド”に歌っていただきましょう。 

ためぇ~息のぉ~でるようなぁ~ あなたぁ~のくちぃ~ずけにぃ~


これで、あなたたち、貰われますよ!  アメリカだからゴジラにでてたモスラソングのほうが、いいかな。。



垂れ耳うさちゃん。。。



あ、この子。。。。

確か小犬のときに貰われて、5年して返されて、先週新しい家にいったけど、また戻された。。理由は。。若いカップルが今回貰っていったのはいいが、友働きで8時間以上家にいないということ。。 それで、この子8時間も家の中においてかれた、うんち、おちっこガンマンできずに家の中でしちゃったらしい。。それで、”家の中でそういうことする犬はだめ”

っていうかさぁ~~~、あんたら何考えてるんや?!  犬はおもちゃやないねん!  8時間以上も家で一人ぼっち。。散歩にも出してもらわれず。。そりゃするわ。。 ったく。。わかってないなぁ。。でも、よかったよ。戻されて! 今度こそはいい家に貰われますように!!  いや、ぜったい今度こそは貰われる!!!  レイキパワーおくったるで!


ぎゃ~~ ベートーベン!!  

                    

直進して私にあたって、もちろんわたくし、ひっくり返りました。。(ーー;)  

まったくトレーニングされてないセイントバーナード犬。  これだけ大きな犬はちゃんとトレーニングしなきゃだめ!

まぁ、ハイパーだということで、飼い主さんGiveUP。 おいおい、トレーニングぐらいしてくださいよ。。無責任。。




無責任といやぁ。。。この子達の飼い主さん。。    

LAのほうのシェルターでわざわざ、レスキューして、3年。。。 ”お金がかかりすぎ”と言う理由でまたシェルターに連れ戻された。。。 はぁ。。  

それで、先週”安楽死”リクエストだったんですが、ディレクターがこの2匹を気に入り、”安楽死中止


ものすごい怖がりだけど、時間をかけたら、すぐ懐いたし。。 確かに1匹のチワワの足がおかしい。。 折れてるのかな。。後は食事をちゃんとしたのにしたら、健康に育ちますよ!

生き物を飼うということは、子どもと同じぐらいお金もかかります。 レスキューや犬を買われる前に、ご自分の予算もちゃんと考えないといけませんよね。


この子は明日避妊手術の子。。

とっても人なつこい子なので、ぜったいすぐに貰われることでしょう。。  

ばんざ~いドッグ


この子も明日手術です。。 この手もすぐにもわわれますね。


今日避妊手術をした、チョコラボちゃん。。 もうすでに、Holdされてるので、きっと来週には貰われていないかも??


うちのFoster DogのTobyに似た犬。。。

Tobyとは違って、人懐こい犬はすぐに貰い手がつきます。



この犬は上の写真の、プードルミックスと一緒に来た犬だけど。。 Pittbullで怖がり。。きっとこの子は処分されるでしょう。

残念です。。






この猫ちゃん、数週間前は死にかけてた猫ちゃん。。   すっかり、具合もよくなり、もうすぐしたらアダプションのほうに移る予定です。



新しく保護された子猫。。


はとさんたちも、具合がよくなりつつありますね。。。




最後に巨大兎の死体です。。。見たくない人はスルーしてください。。。





                     


最初、兎がいるからということで、焼き場の掃除をしてて、うさちゃんのスペースをきれいにしてたんですけど、
でかいやろうぉ~~~  とYさんとびっくりです。 巨大ですね。。中型犬と同じぐらいある大きさでした。


安らかにお眠りください。。。



そして、なんと私くしのブログ、動物愛護の部門で、初1位を獲得いたしましたっ!!




                  


みなさんの”ぽちっ”のお陰です! ありがとうございます! そして、これからもわたくし、動物たちのためがんばっていきたいとおもいます。

いつも、応援ありがとうございます!



ぽち。。




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村















 
コメント (10)

Greyhound グレイハウンド ドッグ

2011年07月25日 | 犬のこと
今日は、グレイハウンドという犬のお話です。

日本ではイタリアン グレイハウンドとか、ウィッペがおなじみですね。 よく似た体型です。 

こちら、アメリカではグレイハウンドといえば、競争犬として有名なんです。


           


以前、テキサスにいたころ、初めて犬のレースに連れて行ってもらい、私は涙を流したのを覚えてます。 あまりにも残酷だったから。。


お座りもできないぐらいぎゅーぎゅーの折の中に口にマズルをつけられて、おどおどした犬の目。。。


あれ以来犬のレースには行かなくなりました。 そして、一番の疑問はレースの後、この犬たちは??

ほとんどが殺されます。  リタイヤした犬や、もちろん怪我をした犬などは即処分。

このような犬たちをみんなで助けようとして、グレイハウンドレスキューというものがこのアメリカの州に必ずといっていいほどあります。

もう、犬のレースなど止めようじゃないかという声もでてきてます。


この北カルフォルニアにももちろん、グレイハウンドレスキューがあります。

グレイハウンド、とてもおとなしい犬です。 私の知り合いの何人かもレスキューをしてくれました。

レスキューされた、グレイハウンドのビデオです。。こうして、幸せにみんなが暮せることを願います。。







今日も読んでくれてありがとう。。。




ぽち。。にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


コメント (9)

動物病院便り

2011年07月23日 | 動物病院のこと
久しぶりの病院からです。。忙しい病院なので、なかなか写真も撮れず。。 何週間かまとめた写真です。

今日は最後にかなり強烈な写真があるので、お見逃しなく。。。




最初の患者さん。。。  

いやぁ~ やっぱり小犬はかわいいよねぇ。。  ほんと朝から癒されました。。。 左のシャーペイの小犬は、ブリーダーから買ってきたその日に、なんだかわからない熱が続いたのですが、大丈夫だったようです。 もう、次の日には元気になってました。。ほっ。。 右のウエスティーの小犬は、初めてのワクチン! 

シャーペイって小さいときから、しわがあるんだね。。うふふふ  


ぎょっ、、、ヘアレスねずみ。。。

目が赤いの。。なんだか、不思議なものを人間はつくりだすんだなぁ。。。




うさちゃん。。。具合がよくないみたいですね。。。

先生がなおしてくれるからね。。。




ぼく、元気になりました。。。と手を伸ばしてきた子猫ちゃん。。


この猫ちゃんは、腰骨を手術です。。 痛々しい。。。



何をしてる写真でしょうか。。。


アメリカは、北カルフォルニアにしか、存在しないといわれてる植物”Foxtail"

  

名のとおり、狐の尻尾に似た植物。。これがやっかいなんですね。。。 このFoxtailが春先からでてきて、夏には枯れるのですが、この夏時期、枯れたFoxtailが犬の、鼻、耳、足、わきの下、膀胱などなどにささり、一度入るとでてこないという。。なので、麻酔をして、出さないといけません。

特に、私の病院ではFoxtailにささった患者さんが、毎日最低でも6件から7件はきます。
耳に入った場合は犬が耳をふります。 手に入った場合は犬がなめはじめます。 鼻の場合はくしゃみをなんどもしはじめて、鼻血がでます。 

このFoxtailわたしの裏庭にもあるので、ほんと要注意です。 とにかく、Foxtailのほうには歩かせないことですね。
外からかえってきたら、まず最初に、犬の毛をブラシして、Foxtailがひかかってないか確認したほうがいいでしょう。そのままほおっておくと、このように、麻酔をして出さないといけませんから。。

夏の北カルフォルニアの犬とのハイキングには気をつけましょう!



この猫ちゃんは貧血。。  たかが貧血とおもうかもしれませんが、ネコや犬の貧血は死をもたらせます。 私の友達のネコは貧血で亡くなりました。

この猫ちゃん、輸血をして。少し元気になってます。




ミニチュアダックスの小犬。。Puppy Millからレスキューされてきましたが、前足がすでに変形してました。





ヨーキーとヨープーだそうです。。ヨークシャとプードルの愛の子。。。  なんでも掛け合わせてるんですね。。







手術の写真です。。。







脂肪種の取り除き手術。。このわんこなんと4.5キロの脂肪種がおなかについてたんですよ!!
ドクターいわく、”お産の犬みたい” 4.5キロですからネコぐらいかな。。 ほんと大きいです。。



  

この犬、4.5キロは体重減ったよね。。 私も脂肪とってぇ~~~









ここから、先はちょっと強烈な写真かもしれません。。。





パグが片目をとりました。 その目玉とパグの写真。。。





片目をとった、パグ。。

目玉が出てる犬に多い病気ですね。。 ボストンもよく、目の病気をして片目をとる手術をしてました。


そして、とった目玉。。。 ホルマリンにつけてます。 青い糸は、手術の糸。 目玉が飛び出ないようにドクターがぬってるんですね。。







今日もかなり忙しかったです。。。明日はちょっとゆっくりしたいなぁ。。。



ぽち。。



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

コメント (10)