犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あれから12年。。911で活躍した犬たち。。

2013年09月10日 | 犬のこと
早いものですね。。911から12年がたちました。

当時、サンフランシスコ市内で住んでた私に1本の電話が日本からかかってきて、たたき起こされたのを覚えてます。

”おい、おきてるか? テレビつけてみろよ” と東京の友達から。。

サンフランシスコはまだ朝の5時にもなってなかったんでしょうか。。

東海岸とは時差が3時間。


テレビをみていて、何がなんだかさっぱりで、なんの映画なの?とまぬけた私の返答に友達は”今起こってる出来事だよ! NYでいままさにおこってる現実だよ!”


あの時、犬たちも大変活躍しました。 12年ですから、ほとんど活躍した犬たちは亡くなってしまってます。 
でも毎年、その犬の子孫や、911後でトラウマの人たちを助けてる犬、サービスドッグたちも、911のパレードに出席です。







二度とおこってほしくはない。。こんなこと。。

911で亡くなられた人びと、そして、犬たちに心からご冥福お祈り申し上げます。。



今日もお付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


コメント (5)

動物は使い捨てですか?

2013年09月02日 | 犬のこと
便利な世の中になってきてますよね。

なんでもかんでも、使い捨てが当たり前。

アメリカでも日本でも動物までもが、”使い捨て”をする人が多いように思えます。

この犬、臭いから。。
このネコ、治療費がかかりすぎるから。。
この犬、もう流行ってないから。。
このネコ、おしっこを家具にかけるから。。
この犬、 年いって治療しても無駄やから。。
このネコ、家具をひっかくから。。


アニマルシェルターや、病院に”安楽死”をしにきて、その帰りに子犬や子猫を見てる嫌な人間たち。



そして、うちにきた新しい姉妹犬のシーバとルナ。
14歳の黒ラボです。

安楽死をお願いします。” と病院に持ち込んだ飼い主。

獣医と私。。言葉なく”???”

安楽死。。必要な犬猫もいます。 痛みを感じてるとか。。もう治療しても治らないとか。。
でも、この子たち関節炎はひどいものの、それ以外食べるし元気だし。。

”息遣いが荒い、うるさくって寝れない。 おしっこを垂れ流す。 うんちもやわらかくすぎて、臭い。 歩けない。  もう、僕たちは面倒みれないんだよ。だから、安楽死をお願いします。”

うちのボスであり、獣医のB先生、”安楽死はしません。 こんな元気な犬を私は殺せません。息遣いが荒いのはもう、この子達年だし、関節炎もあるし、当たり前なのよ!” と飼い主に怒鳴りつけました。

飼い主が帰った後、私はシーバとルナを抱きしめてたら、B先生が来て、”Gumi,治療費はすべて病院側、ドッグフードは好きなだけ病院から持ってていいから、お願い。ホスピスケアできない?  辛くなったら正直にいっていいから。。旦那さん。。大丈夫かな。。” 

家に帰ってきて旦那に事情を話すと。。

”みんな何を考えてるんだ? 犬たちはDisposalじゃないんだよ。 この子達だってきっと子犬から飼われてたんだろうよ。14歳になり階段が上がれない? 尿漏れがひどい? それぐらいのこと、覚悟で犬を飼えよ! 14年も飼ってて最後はまだ生きれるのに安楽死かよ。 この子達だってあと2年も生きれないかもしれないけど、最後まで面倒見ろよ。 ったく最近こういうのばかりだなっ! で、End Upはいつも俺たちが面倒みるんだ。”

”ごめん。。殺せないよ。。まだ元気なの。。ごめん。。”


”お前が悪いとかいってるんじゃないよ。この飼い主の事だよ。”


ルナとシーバがうちにきて1週間がたとうとしてます。

最初の2日はまだタイミングがつかめず、家の中でのうんPとおしっこがありましたが、今はちゃんと外でします。尿漏れもないです。
もちろん、お薬も飲んでるから少しよくなってきてるとは思いますけど、シーバなんて最近うれしさのあまりジャンプしようとするし、ルナは昨夜野良猫をみつけて、追いかけようとストリートに走っていくし。。(^_^;)


旦那も家の中ではやはり犬10匹はきついというので、ガレージの奥の部屋をきれいに片付け、冷暖房を取り付け、下にマットをひき、ベッドも関節炎ようのベッドを置いてあげたら、、おばーちゃんたちは居心地よくしてくれてます。


アニマルシェルターでは99%はこういうケースは”処分”の対象です。


もう一度犬猫を買う、飼う前に、考えてください。  子犬や子猫はかわいいです。でも、この子達いつか年老います。 病気だってするでしょう。
治療費もかかることでしょう。もちろん食費だって。。若いときは誰だって健康です。 年老いてくると子犬のとき以上に注意が必要になってきます。
ただ単に子犬=かわいい!で飼うと最終的には飽きがきます。
考えてください。 犬猫は最低でも12年もしくは16年まで生きます。 その間、責任もてますか?

犬猫は使い捨てではありません。 命です。 最後まで何があっても面倒みるのが”責任感”というものです。

アメリカも日本も”無責任”な人が多すぎます。



ルナとシーバ。。裏庭にて。。



僕たちは使い捨てじゃない!  



今日もお付き合いありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村





コメント (14)