犬と猫と考える

レスキューした犬猫と考える。。生き物の大切さ。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウジ虫に顔を食われた犬の話。。

2016年01月28日 | 犬のこと
ウジ虫に顔を食われる??

犬の顔の半分がウジ虫によって顔を食われ、治療をするかしないか。。このまま処分をしたほうがいいのかどうか。。
このニュースはインドのアニマルレスキューからのお話しです。。

ある住宅街の穴に落ちた犬。。顔がかなり醜いです。
まじで、こんなひどい犬の顔を私はみたことがありません!!

ウジ虫ってここまで肉を食うのかとおもうと、ぞっとしてきた。。。


下の写真に要注意。。かなりひどいです。。


































そして、画像はこちらから。。








このワンちゃんの3ヶ月後の姿を涙なしではみれませんでした。。。
本当によかった。。助けてくれてありがとう!!



今日もお付き合いありがとうございます。




にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


コメント (4)

ご飯の時間。。

2016年01月26日 | 犬のこと
10匹の犬のご飯のしたくを、毎日2回、365日。。休みもなく。。
はぁ。。。

我が家はドライフードではなく、生肉食、牛の胃袋の中身、グリーントライプというのを与えてます。
骨は地元で取れた、いわゆる地鶏の生骨などを与えたりしてます。

犬はもともと、肉食です。ドライフードは人間が作り出した人間のための便利食。
最近ではドライフードとはいえ、なかなかいいのもでてるので、私も疲れた時はドライフードになってしまったりすることもありますが、なるべく生肉を食べさせてます。
食ってほんと色々な意味ですごいです。 うちの10匹、見事に病気一つしませんし、怪我をしても自分の力で治せる力をもってるので、何十年と病院知らず。
狼犬のコナも今年で12歳というのに、まるで子供みたいにはしゃいだりします。。
毎回パパさんに、”コナ、君は人間の年でいうと、80歳だ。もう少し落ち着いてくれよ” と言われる始末。。
と、犬の食事に関してお話しすると、かなりの時間がかかるので、今日はここまで。。

それでは、我が家のご飯の時間。。戦争です。。あははは





今日もお付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
コメント (4)

子犬物語 2015年

2016年01月24日 | 犬のこと
久しぶりに、アニマルシェルターからの一時預かりの子犬です。

テリアとチワワのミックスのこのわんちゃんは、High Kill Shelter(犬種、大きさ、年齢問わす、処分するアニマルシェルター)からこの地元のシェルターに引き取られて、里親募集を出す前に必ず、一度一時預かりをさせ、行動問題をみてどういった家庭にいいかとシェルター側が判断します。

こんな可愛い子犬が処分?! そうなんです。日本だけではなくこのアメリカでも市によってアニマルシェルターとはいえども、犬の数が多いので犬種、年齢問わず処分されるんです。

ここで短い期間ではありますが、”犬”としてのマナーを学び、再びシェルターにもどり、去勢避妊手術をして里親に出されます。
このビデオ写真は去年の10月ごろなので、すでにいい家にもらわれてることでしょう。

別れは毎回悲しいけど、いい家にもらわれて幸せにしてると思うと嬉しいです。

それでは子犬物語、2015年のビデををごらんください。








今日もおつきあいありがとうございました。




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村
コメント (2)

囚人が犬を助ける

2016年01月22日 | 犬のこと
きっと以前にもこのことを話題に記事にさせていただいかとおもいます。
アメリカのあちこちではいま、刑務所で犬たちが訓練を受け里親にだすというプログラムがあります。
まず、アニマルシェルターでもかなりの問題犬、シャイな犬、怖がりな犬などを対象に刑務所にいる、囚人が一緒に過ごし、訓練を行うというプログラムです。
何ヶ月も、何年も一緒に人間とすごすことで、犬たちは信用を取り戻す、そして、囚人たちの行動もよくなると一石二鳥!

オレゴン州にある、少年院ではこのプログラムを使い、ここからでた少年たちは二度と犯罪をしないというから、動物の力ってほんとすごいですね。

このビデオはある、パピーミルからのレスキューで人間と過ごしたことのないわんこが刑務所にいき、何ヶ月かして里親に出されるというドキュメンタリー。
最後は囚人たちも泣きます。
彼らも犯罪を犯したとはいえ、動物と過ごすことで、心があらわれるのでしょう。







そして、日本で唯一このようなことをおこなってるのが、KIDOGS

これを立ち上げたことみちゃん、なんとこれを立ち上げるのにこのカルフォルニアの土地を訪ねて来てくれました。
まだまだ、若いのにしっかりとした意思があり素敵な女性でした。

このKIDOGSでは特に子供を対象に、アニマルシェルターの犬を使い犬を里親にだすそして、子供達もよくなるということをしてます。
興味のある方はぜひとも、このKIDOGSに訪れてみてください。

今日もおつきあいありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


コメント (2)

我が家の猫。。2016年 冬

2016年01月17日 | 猫のこと
子供の頃から猫と過ごしてますから、猫がいない生活は私にはなりたちません。。
気ままな性格の猫が大好きです。
自分勝手てで、わがまま。。

こうして、ブログをしてる時でも、画面の前にきて邪魔をするあの態度。。

本を読もうとすると、その本の上に堂々と座るその態度。。
アイロンしようと、アイロン台をおくと猫が座ってる。。

冬にはあまりないけど、春先になると外からお土産( ネズミやトカゲの死骸 )を持ってくる、
ママが甘えたい時に抱きつくと ”しゃ〜”と怒る。。

白とトラ模様は13歳になるエビ。
オレンンジタビーは3歳のミカン。
白黒のタキシードは4歳になるメイ。

エビはサンフランシスコのアニマルシェルターから、1歳の時にレスキューし、メイは以前働いてたアニマルシェルターのゴミ箱から見つけ出し、ミカンはわたしの住んでるサンタローザのアニマルシェルターから。。

犬と違ってまた猫独自の性格が魅力的です。。これは猫を飼わないとほんとわかりませんね。。

ビデオブログにうちの3匹の猫たちをまとめたのでごらんください。
気に入っていただけたら、登録お願いします。





今日もおつきあいありがとうございました。






にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へにほんブログ村
コメント (2)