ビター☆チョコ

店じまい後も変わらずご訪問ありがとう。
新居をかまえましたので
お近くにお越しの際はお寄りくださいませ。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バベル

2007-04-28 | 洋画【は】行

モロッコで少年が遊び半分で銃の引き金を引いた。
銃弾は1台のバスをめがけて放たれ、
バスに乗っていたスーザン(ケイト・ブランシェット)に命中した。
スーザンはアメリカ人で、夫のリチャード(ブラッド・ピット)と旅行中だった。
3人目の子供を亡くしてから、冷え込んだ夫婦の溝を埋めようとしていた旅だった。
モロッコの山道で、突然の不幸に見舞われた二人は、医者を求めて近くの村へ向かった。

一方、リチャード夫婦の留守を預かるアメリア(アドリアナ・バラーザ)は苛立っていた。
息子の結婚式が迫っているのに、リチャード夫婦が帰ってこないことには、結婚式に出かけることができないのだ。
アメリアは、リチャードの二人の子供マイクとデビーを連れて、メキシコに向かうことにする。
甥のサンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の車に乗り込んだ3人は、国境に向かう。
そのころ、東京ではヤスジロー(役所広司)を探す刑事の姿があった。
世界のあちこちでバラバラに起きた出来事は、実は関係のあるものだったのだ。

物事が順調に進んでいるとき
私たちは、つい傲慢な気持ちを持ってしまう。
誰の力も借りずに、自分ひとりの力で生きてきたようなつもりになる。

でも、いったん物事が悪いほうへ転がりだすと
ボタンを掛け違えたように
次々と悪いことが連鎖して起こって
傲慢な気持ちは、もろく崩れ去る。

誰かに責任を押し付けたくなる。
逃げたくなる。
叫びたい。
誰か助けて。
大声で助けを呼びたくなる。

でも、それがもし、言葉の繋がらない場所だったら?

大昔、世界中の人々は、ひとつの同じ言語を話していたという
しかし、神の怒りに触れ、神は言語をばらばらにし
人々の心もバラバラになったのだという。

モロッコ、アメリカ、メキシコ
舞台が変わるたびに、空が大きくスクリーンに映し出される。
東京のクラブの天井にまで空が映し出される。
そうなんだ。
まだ、全てがバラバラになったわけではないんだ。
少なくとも、まだ繋がっているものがある。

同じ言語を持っていても、繋がらない想いもある。
誰もが、人と人との距離の取り方に悩んでいる。
伝えきれない想いを抱えた時、人は人のぬくもりを求めるのかもしれない。

言葉を持たないチエコ(菊池凛子)は、吐き出せない想いを胸に抱えていた。
母に自殺されてしまった悲しみを、父のヤスジローにも誰にも吐き出せないでいる。
チエコが望んでいるのは、なぐさめの言葉でもない。
ただ誰かにそっと抱きしめてもらいたいのだ。
その願いを伝えるためにとったチエコの行動は、あまりにも突飛で痛々しくて
観ているこちらの心まで、ヒリヒリと痛くなってくる。

湧き上がるような感動を期待してはいけない映画だと思う。
どこか痛さを感じて
それでも暗い夜道にポツンを灯った明かりを見つけて
映画館を出てこれたら、それでいいのだと思う。

どうやって想いを伝えよう。
人と人との距離を、どうとったらいいのだろう。
誰もが悩むことだけど、
答えなんかないし、出せっこないのだ。
きっと、ずっとずっと生きている限り、それぞれが探し続けていくものなんだと思う。





 

コメント (12)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« クィーン | トップ | 懐かしい顔 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~^^・ (由香)
2007-04-29 14:28:22
チョコさんの感想いいですね~
私もそういう感性でこの映画を観たかったなぁ。。。
私は、ちょっと頭から入ってこの映画を観てしまったようで、一つ一つのドラマには引き込まれながらも、ハッキリとした答えを見ようとした所があったようです。
残念だなぁ~もう一回観たら印象が変わると思うのですが。
ヘナチョコ感想ですが、TBさせて下さいね!
TBありがとう~♪ (チョコ)
2007-04-29 16:16:44
由香さん

あ♪由香さんも観てきたんですね。

イリニャトゥ監督作品だから、ひと筋縄ではいかないだろうと思ってたのですが
やっぱりそうでしたね。
自分の気持ちを伝えるのってホントに難しいですよね。
映画の感想を書くのさえ、そのまま自分が思ったことを書けない、です(苦笑)

映画を観る前に他の方のレビューは読まないようにしてるんで、これからいろいろ回って読んでみますね。
たぶん、賛否両論、でしょうね。
こんばんは。 (悠雅)
2007-04-29 22:52:13
チョコさん、こんばんは。
すぐに言葉になって感想が出て来ない。
時々そういう作品に出会いますが、これも受け取ったものが多すぎて、
なかなか言葉にならないです。
頑張って感想を書いて、あちこちにお邪魔してみたら
やはり、賛否両論(っていうか酷評多し)でビックリ!
わたしも、東京こそ必要な寓意のこもったエピソードで、
ヒリヒリ痛い感じで観てたんですけど、
この作品ほど、観た人の数だけ感想がある作品は珍しいかもしれませんね。
痛すぎる役 (チョコ)
2007-04-30 00:15:06
悠雅さん

こんばんは。

私もあちこちお邪魔したら、まっぷたつ、ですね。
消化しきれない、という感想もありましたね。
私も、自分で感想を書きながら
イライラしました。
だって、全然思いを伝えられないから。。。

実は、私、「東京編」については複雑なんですよ。
チエコの孤独は分かる
チエコの行動の意味も想像がつく
でも。。あそこまでさせるか。。というのが正直なところです。
痛すぎて、見ていられませんでした。
だから、彼女の演技力とか可能性についても、よく分からなかったです。
もう1度観るには、気力、体力が必要ですね。




東京編 (tomozo)
2007-05-01 00:13:57
今日はお疲れさまでした♪
凜子さん、私は結構キーパーソンなんじゃないかと思ってます。でも、母国の日本人を描いてるって事で、日本人である私たちに、これまたきちんと伝わりにくくなっちゃってるんじゃないかとも思っています。すごい皮肉だわ。

でも正直、見た直後はなんだかいろいろ考えちゃいました^^;。ガエルはなんだか、別にガエルじゃなくてもってかんじじゃなかったですか?

恋愛睡眠はどうなんだろう?楽しみ♪
イリニャトゥ組 (チョコ)
2007-05-01 17:17:58
tomozoさん

昨日はどうもでした♪
目の保養をさせていただきました♪
いいよね~
あのフリルが、素敵だわ~(毎年、言ってる)
衣装だけじゃなく、踊りも~。
出来れば、もう少し離れて、踊り手の全身が目に入る場所で見たいよね。。と思った私でした。

「バベル」ですが、外国人が日本を描くということに過剰反応しちゃってるのかしら、私は。
構えちゃう面はあるかもしれないですよね。
それが特殊な状況であればあるほど、受け入れにくいかもしれないです。

ガエルねぇ~
楽しみにしてたんですけどね。
あまり、生きてなかったですね。
イリニャトゥ組のひとりとして、出演、みたいな感じもしましたね。もったいない。。。

「恋愛睡眠」
こちらは、少なくとも『着ぐるみガエル』は楽しめますよね。
映画の内容については未知数(笑)
どこまでついていけるかなぁ~
カメトラ参上♪ (ぼふふわ)
2007-11-29 10:37:18
いやいや~~、またしても、素晴らしいレビューに、しばし感動したままマウスを握っていました。
ホントよ・・・・

今回も、いきなり感想書き(長い)、チョコさんのを拝見しました。これから、TBさせてください。

そうなんだ~、やはり、酷評も多いのね。
確かに、痛々しい表現、あそこまで??っていうのはあったんだけど、一人でDVDを見たせいもあるのかな、映画の中に溶け込んでいたような気になってしまいました。
通り過ぎたというのか・・・。
やはり、もし映画館だったり、人と見たら、なんともいえない場面だったかもねぇ。

でも、全体を通して見て、チョコさんと同じく、最後に何か、明かりを(救い?いとしさみたいなもの)見つけられる映画と思いました。
チョコさんの書かれてる「空」の表現、わかります~。目の付け所がさすがだな~。師匠

で、ガエル???
わ~~、かねがね、ガエル体験をしてみたいと思っていた私。やだ~~、どこに??誰だったの?
不勉強きわまりないですね

また、ご教授願います~、チョコさん、tomozoさん。

そうそう、チョコさんの娘さんも21歳なのね~、おめでとうです
うちもね~、来年22歳よぉ。なんか、信じられないよね・・・・。
TBありがとう (チョコ)
2007-11-29 21:31:21
ぼふふわさん

こんばんは♪

まずは、ガエル!!
気がつきませんでしたか?
あの、リチャードの子供達を国境で置き去りにした
青年、サンチャゴですよ。
ほら、車の運転してた。
どうも。。ぼふふわさんの「イケメンチェック」には引っかからなかったみたいですね(笑)
嬉しいような悲しいような。
今度は、ちゃんとガエル目当ての作品を観てくださいね。これはちょっとガエル観賞には物足りないです。

いろいろな思いはあるのですが
自分が感じたことを表現するのは難しいね。
文章よりも言葉にするほうが、もっと難しいかもしれないですね。
語れば語るほど、いろんな枝葉がくっついたり、違う方向に行ったりしそうな気がします。

誰にも語らず、自分の中だけでそっと置いておきたい。そういうものがあってもいいですね。

ぼふふわさんも成人した子供をお持ちなんですよね。
「ママ友」じゃないから
イマイチ、ピンときませんね。
「子供抜き」の付き合いは、自分の年を意識しなくていいから嬉しいわ♪
Unknown (ホーギー)
2008-07-05 03:04:11
はじめまして、ホーギーと言います。
この映画は見終わった後に、「結構、奥が深いなあ」とあらためて感じる映画でした。
まず、何と言っても、この映画の内容を見事に表している「バベル」というタイトルが素晴らしいと思いました。
異国で言葉が通じ合えないせつなさ、聴覚障害者の人との通じ合えないせつなさなどを一丁の銃によるある事件をきっかけに、それらが通じ合えることになるというストーリーの素晴らしさに感心させられました。
それから、ブラピとケイトの渋い演技が光っていました。
ただ、何度も観たい映画か?と言われるとちょっと・・・・という映画ですね。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。それとTBもお願いします。
はじめまして (チョコ)
2008-07-05 18:13:21
ホーギーさん

はじめまして♪
コメントありがとうございます。

異国で言葉が通じないせつなさは、何度も経験してますが(苦笑)それ以上に辛いのは、言葉が通じるのになぜか気持ちが伝わらない辛さとじれったっさですね。
必ずしも、全て分かり合えるわけではないけど
伝えたいという努力はしなければいけないのでしょうね。

ブラピとケイト。そうですね。とっても渋い輝きがありましたね。
繰り返し何度も観たい映画ではないかもしれませんけど、心にひっかかる何かを残してた映画でした。

洋画【は】行」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
バベル (tomozoのうれし★たのし★大好き)
出来たばかりのミッドタウンにあるGAGAの試写室での鑑賞(なんてふかふかな椅子)。数々のノミネートは正しい!この映画で印象に残るのは助演女優賞にいくつもノミネー
映画「バベル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「バベル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に...
Babel(2006,U.S.)at PREVIEW (The Final Frontier)
ブラピや凛子よりも役所さんめあてで観てしまう私はおかしいのでしょうか? バベル モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のアメリカ人夫妻、リチャード(Brad Pitt)とスーザン(Cate Blanchett)。壊れかけた絆を取り戻すため二人だけで旅行...
バベル (que sera sera♪ riのお気楽生活)
     思いを伝えること。  思いを繋いでいくこと。  思いを受け取ること。
★「バベル」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
「バベル BABEL 」映画 感想 (Wilderlandwandar)
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
真・映画日記『バベル』 (          )
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリ...
バベル (リトル映画人ブログ)
何かと話題だった映画、そして、その評価もさまざまだったような・・・。わからない
◆DVD・BABELバベル (映画大好き☆)
バベル監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演者:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 役所広司、 菊地凛子収録時間:143分レンタル開始日:2007-11-02Story菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、各国映画祭で話題を集めたヒューマ...
バベル (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『現代社会におけるバベルの塔とは』  【公   開】 2007年 【時   間】 143分 【製 作 国】 アメ...