海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

辺野古ゲート前抗議行動

2022-11-29 23:57:49 | 米軍・自衛隊・基地問題

 29日(火)は午前9時前に辺野古のキャンプ・シュワブ工事用ゲート前に行き、この日1回目の資材搬入に対する抗議行動に参加した。

 11月も終わりに近いが、朝から日差しが強かった。15人ほどの市民が参加し、ゲート前に座り込んだり、歩道でプラカードを掲げて新基地建設反対を訴えた。

 大型の排水管が搬入され、その周りに敷き詰めるためらしい砂利や砂が、大量に搬入された。

 午前9時49分頃、豊原の高台から辺野古側埋め立て工区の様子を見た。

 ゲートから入った排水管の設置作業が行われていた。

 K9・N2護岸から陸揚げされた土砂が、②工区の3か所に投入され、嵩上げ工事が進められていた。

 午前10時12分頃、瀬嵩の森から大浦湾の様子を見た。

 K9・N2護岸ともにランプウェイ台船が2隻着岸し、土砂の陸揚げを行っていた。

 ガット船は4隻(第三十八ひなた丸、第五十一進宏、聖嘉、marumasa6号)が停泊し、ランプウェイ台船に土砂の積み替えを行っていた。

 11月とは思えない日差しに辺野古のマヤーも、にーぶいかーぶいしていた。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 美謝川切り替え工事で無惨に... | トップ | 雨の中、辺野古ゲート前で県... »
最新の画像もっと見る

米軍・自衛隊・基地問題」カテゴリの最新記事