KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

セロー250とジェベル250XCの仕様比較

2014年10月22日 | セロー250あれこれ
ジェベル号からセロー号に買い替えたので、両車の仕様の比較を作成しました。
特に、黄色の部分が違いの特徴でしょう。

SUZUKI ジェベル250XC のホームページ(2007年10月14日)

YAMAHA セロー250 のホームページ


    


■クリックで拡大

コメント

10月20日(月)のつぶやき

2014年10月21日 | バイクあれこれ

2台のバイクが、数多くのジャンプがある直線コースで勝ち抜き戦!ヘルメットの Gopro撮影動画が公開!
jp.autoblog.com/2014/10/17/wat… @autoblogjapanさんから


パフォーマンスショーが始まる前に会場を出て、淡路島ツーリングを楽しみました。
2014.10.19 - 「第二回淡路島バイクフェスタのエクストリームバイクショー」
youtu.be/hD-d68TQ8Mc @YouTubeさんから

1 件 リツイートされました

ジャガイモは、エネルギー量や炭水化物量が白米の半分、ビタミンB1,2,Cを含み、塩分排出効果のあるカリウムも含む。ジャガイモの勝ち!
okwave.jp/qa/q2028644.ht…


コメント

セロー250での多田銀銅山周辺のオフロード

2014年10月21日 | ツーリングあれこれ
10月17日にYAMAHA セロー250が納車になったので、早速、オフロード中心の走行確認を行いました。
行先は、ジェベル250XCでも行った多田銀銅山周辺のオフロードです。

県道12号線を走っていると多田銀山の左折案内が出るので、道なりに進みます。
そうすると、多田銀銅山 悠久の館があり、見学しました。
リタイヤされた年配の方がガイドとしてスタンバイされてます。
銀銅山の歴史をお勉強してから、セロー号の好きそうな道を走ります。

前回のジェベル号の時と違って、青木間歩の坑道探索などをしました。

その後、セロー号の好きそうな悪路をずんずん進み、太平洋ゴルフ倶楽部への舗装路に出て、
道の駅いながわで休憩して帰ってきました。


■オンマウスでコメント表示、クリックで画像拡大
    

    

    

    
コメント   トラックバック (1)

10月19日(日)のつぶやき

2014年10月20日 | バイクあれこれ
コメント

第2回淡路島バイクフェスタ2014

2014年10月20日 | ツーリングあれこれ
第4回西日本Zミーティング=第1回淡路島バイクフェスタだったということで、
元々はカワサキZの愛好家が集まっていたイベントが淡路市が後援者になり、
規模が拡大したようです。

淡路島バイクフェスタ 公式ホームページ


10月17日に納車になったYAMAHAセロー250で明石大橋を越えて行ってきました。
今までのジェベル号の時は、ミニスクリーンがあって、ETC本体を設置できましたが、
今度のセロー250では、ETC本体の設置場所がありません。。。

そこで、従来から所有していたミニタンクバックを使おうとしましたが、
セロー250はタンクを樹脂カバーが覆っているので、タンクバックのマグネットが
充分効きません。。。

ホームセンターで55mmの吸着盤(@148)を2つ購入し、補助的に使うよう改造しました。
マグネット部分をしっかりニーグリップし、緊張して走りました。
行きは無事に入口出口を通過できましたが、帰りは入り口でETCが反応せず、
通行券を係員に貰って、出口でカード払いしました。
帰りは一瞬1600円と表示されビックリしましたが、直ぐに割引料金の750円に修正されました。

  


会場は、国営明石海峡公園で、昨年、オートバイジムカーナを観戦した場所です。


豊中から淡路島バイクフェスタ会場までのルート 約65Km、2時間

入り口で、今回の入場料500円を払い、次から次へとバイクが集結しました。
元々がカワサキZ会だったので、カワサキバイクが全体の7割くらいだったでしょうか?
オフロードバイクは、数台しか来てなかったと思います。
スクーターもほとんどいなく、凄く偏ったバイクの集結でした。

ブースのお店もZの改造品やレストアZやマッハなどカワサキ系が多かったように思います。

南海部品のテントに箕面店にいたスタッフさんがいらっしゃりご挨拶しました。
最近見かけなくなったと思っていたら、本店勤務に変わったとの事。

イベントではMCのトーク中心で、そのMCの多聞恵美さんにステージから、
「次のお父さん」と呼び掛けられガッカリ。。。

バイクが次から次に入ってくるのに、誘導のガードマンがいい加減で、
場所によっては3列−4列に並び、真ん中のバイクは出られなくなるので、
本部のスタッフにご注進しましたが、帰りはどうなったのでしょう?


    


タコ肉まん(300円)を食べて、1時間ほどの滞在で会場を出ました。

お決まりのタコせんべいの里に行き、たっぷり試食した後、以前から一度食べてみたかった中華料理の愛愛
エビチリランチ(780円)を食べようと思ったのですが、ランチ平日限定だったので、炒飯(550円)を食べました。
少々ガッカリの味で、接客も良くなく、もう行くことはないでしょう。
食べログのコメントは??ですね。


最後に、あわじ花さじきで、見事なお花と瀬戸内海の眺望を楽しんで、帰りました。

    


■本日のアルバム(53枚)
 ・画像一覧
 ・スライドショー


■本日の走行距離:203Km、燃費:37.0Km/L、4.19円/Km

■本日の費用
 ・明石大橋    750円×2=1500円
 ・ガソリン代         850円
 ・バイクフェスタ入場料    500円
 ・タコ肉まん         300円
 ・昼飯            550円
 ・お土産玉ねぎ        300円  4,000円
コメント

10月18日(土)のつぶやき

2014年10月19日 | バイクあれこれ

スーパーモタードin名阪スポーツランド vine.co/v/ObuQMlJmmb6


眠気覚ましで、大東2りんかんで、休憩して帰ります。 pic.twitter.com/hkzS5Ij5dX


第91回箱根駅伝予選会の結果
live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/at…
11位東京農業大、12位法政大、13位東京国際大、14位平成国際大は残念でした。
■出場校48校の最終順位表(pdf):hakone-ekiden.jp/pdf/publicreco…

1 件 リツイートされました

阪神 9年ぶり日本S決めた!速攻3発、宿敵巨人を4連破!!
sponichi.co.jp/baseball/news/…
阪神らしくない?試合展開で見事な4連勝でした!(^o^)//"""パチパチパチ


コメント

モタードの走行会見物(名阪スポーツランド)

2014年10月19日 | ツーリングあれこれ
納車になったばかりのYAMAHA セロー250の走行確認を兼ねて、
奈良の名阪スポーツランドスーパーモタードの選手権第7戦前のフリー走行会の見物に行ってきました。
2014 MFJ 全日本スーパーモタード選手権

さあ、モタードに乗ろう! 2012年度版 モタードバイク完全ガイド 特集記事|ダート・ライド-バイクブロス


2014 全日本スーパーモタード選手権 第2戦 琵琶湖 17:17 ※スタートは2:40



走行ルート 約80Km、2時間
 中央環状→阪奈道路→R24→名阪国道→針テラス→小倉IC→名阪スポーツランド


初めて、スーパーモタード競技前の走行を見ましたが、アスファルトとダートを組み合わせたコース設定で、
タイヤの選定やアスファルトのタイトコーナー、高速コーナーのドリフト、ダート前のフルブレーキング、
ダートのジャンプやタイトコーナーなどライダーのテクニックとモタードバイクの戦闘力の
総合的な切れ味が要求され、身近で観戦できたり、排気音や排気ガスの匂いなど
迫力満点で面白かったです。

競技前日のフリー走行会で、観戦料も駐輪代も無料なので、バイク好きの人は必見でしょう!!
楽しく、お得な観戦でした。

ところで、前日に納車になったセロー250ですが、燃費がなんと38Km/Lを越えました。
今までのジェベル号で、28Km/L 前後でしたから、大幅に燃費向上です。

名阪国道で一瞬ですが100Km/hで走りました。
心配していたハンドルのブレはなく、安定していました。
しかし、クルージングは、90Km/hくらいが落ち着く感じです。


■本日のアルバム(20枚)
 ・画像一覧
 ・スライドショー


■本日の走行距離;177Km、燃費:38.3Km/L!!、4.10円/Km

■本日の費用
 ・ガソリン代   730円
 ・コーヒー    110円
 ・昼食代     600円 合計1,440円
コメント (2)

10月17日(金)のつぶやき

2014年10月18日 | バイクあれこれ
コメント

YAMAHA セロー250の納車

2014年10月18日 | セロー250あれこれ
10月8日に購入契約したYAMAHAセロー250が、10月17日に納車になりました。
下取に出したジェベル号の最終走行距離は、54,393Kmで購入時が24,283Kmだったので、
2008年7月の納車から6年3カ月、30,110Kmのお付き合いでした。

セロー250でオフ車は3代目になります。

・【初代】HONDA XL125あれこれ - KOfyの「倍行く」人生
・【2代目】SUZUKI ジェベル250XCあれこれ - KOfyの「倍行く」人生


    

    

    


納車時にジェベル号のタンクに残っていたガソリン約6Lをセロー号に移入していただき、
自宅近くのガソリンスタンドで満タンにして、早速、60キロ弱ほど走ってきました。

行先は、ジェベル号でも行った多田銀山周辺です。
走行記録は別途記事にするとして、セロー号の初日のインプレッションをまとめます。

多田銀山周辺のgoogle地図
 県道12号から多田銀銅山 悠久の館を経て、ゴルフ場(太平洋クラブ)までのオフロードをあちこち走り、
 道の駅いながわ経由で帰りました。
 高速道路と長時間走行以外の走行確認テストは出来たかな?


■セロー250の走行インプレッション

【ポジション】
 ・シート高が810cmなので、両足が地面に着きますが、短足なので、踵が浮いてます。。。。
 ・ステップとシートの間がジェベル号に比べて狭く、長時間乗ると膝がだるくなります。

【エンジン】
 ・高回転までスーッと伸びていきます。慣らし中なので、アクセル開けるのを控えましたが、
  これからが楽しみです。
 ・70Km/hまでしか出してませんが、余裕の走りです。高速ではどうかなぁ??
 ・低回転域は粘り強く、2速の低回転でも安心して走れます。
 ・5速までしかありませんが、ジェベル号の6速より使い勝手がいいかも?
  しかし、高速道路ではどうかなぁ???
 ・新車のためなのか、エンジン音も静かで、ガチャガチャしたメカ音がなく、ストレスを感じません。

【ハンドリング】
 ・とても軽く、切れ角も大きいので、狭い道での方向転換も楽です。
 ・悪路でもハンドルが取られるようなことなく、大丈夫かなぁという道でもスイスイ走ってくれます。

【操作系】
 ・ギアチェンジはカチッと歯切れの良い操作感です。
 ・クラッチも軽く、疲れにくい感じです。
 ・サイドスタンドを降ろした状態で、ギアをニュートラル以外にするとエンジンストップします。
 ・スズキのバイクと違って、クラッチを握らなくても、エンジン始動できます。
 ・ハンドルロックは、キーボックスで出来ます。ジェベルは別設定だったので、とても楽です。

【装備など】
 ・タンクの両サイドが樹脂のカバーで覆われているので、タンクバッグのマグネットが効かない。
 ・従って、シガーソケットタイプのETCの設置に苦労しそうです。
 ・ジェベル号につけていた48Lのリアボックスを移設しましたが、エンジンなどの音が静かなので、
  ボックスのガタつき音が気になるようになりました。
 ・サイドスタンドがとても出しやすいです。

【燃費】
 ・たった60キロ弱の走行での満タン計測で、31Km/Lでした。
 ・でこぼこの悪路を走ったりしたのと1.9L弱の給油量で、正確性に欠けるでしょう。

がんがん走るのでなく、のんびりと気が向いた場所や方向に走らせるのに最適なバイクです。
ジェベル号は5.4万Km走っていたので、余分な機械音や排気音などが大きくなり、
ギヤシフトなどに気を使っていましたが、セロー号はいたって気を使うことなく、楽しめるバイクです。
コメント (1)

今年2度目の37年ぶり再開

2014年10月17日 | その他あれこれ


8月6日に東京で、大学時代の37年ぶりの再会(グリークラブの仲間M君とT君)がありましたが、
10月16日に関西版の37年ぶりの再会を行いました。

実は、2年前の12月にN君とH君との35年ぶりの再会を梅田の「とと家」でやってます。

その後、神戸のグリーのメンバーとは、梅田の塚田農場「薩摩八郎」(2013.12.4)
東京からT君が来阪する時に、たまに飲んでいました。

10月16日(木)、H君が都合がつかず3名の予定でしたが、なんと、O君と37年ぶりの再会になりました。
O君は銀行を今年定年になり、再雇用に入っているとの事。

昔話に盛り上がり、焼酎をボトル2本空けてしまいました。。。。


ぐるなび - 金の蔵 茶屋町
 掘りごたつの個室で4人では少々狭かったですが、端末でオーダーができ、
 一人あたりの料金も表示され、とても便利に楽しく飲めました。
 O君が端数を負担してくれ、2割引きのクーポン利用で、@2,500円でした。安い!!




  

  


■第1回ジョイントコンサート【1974年6月27日(木)】大手町日経ホール

1.戦時のミサ
 ・Kyrie・Gloria・Sanctus・Benedictus・Agnus Dei(作曲・E.Desderi)
  指揮・亀井
2.きつねとかわうそ
 (作・坪田譲治、作曲・菅野浩和)
  指揮・三河
3.男声合唱組曲「山羊の月夜」
 ・お月さん・山羊の月夜・六月・橋を渡って林の道へ・十一月(作詩・周郷博、作曲・萩原英彦)
  指揮・伊藤
4.男声合唱とピアノのための「風の中で歌う空っぽの子守歌」
 (作詩・蔵原伸二郎、作曲・中村茂隆)
  指揮・金井 ピアノ・尾熊志津江
5.男声合唱のための「四つの仕事唄」(合同演奏)
  囃し田(広島県民謡)(補作詩・小山清茂、作曲・小山清茂)
  石切唄(作曲・小山清茂)
  胴搗き(作詩・小山清茂、作曲・小山清茂)
  酒屋唄(岩手県民謡)(作曲・小山清茂)
  指揮・増田順平 櫓太鼓・清水良行
アンコール
  Joshua Fit the Battle of Jerico(増田順平)
コメント (2)