KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

12月10日(土)のつぶやき

2016年12月11日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学グリークラブ時代の友人で忘年会

2016年12月11日 | グルメあれこれ
12月8日、東京から出張してきたTa君を交え、Ni君、Ho君、O君、Ka君の同期6名で、
2大学グリークラブの忘年会を開催しました。

今年の1月に集まったメンバーに、Ho君も加わり、懐かしく、飲みました。

その日は、健康診断で生活習慣病のデータが悪化し、アルコールなどに
自制しなければならなかったのですが、生ビールの後、赤ワインをしっかりいただきました。

もつ鍋のもつの甘味やチキン南蛮が美味しかったです。



場所:蔵元個室「薩摩ごかもん」梅田茶屋町本店 http://r.gnavi.co.jp/c158600/
   阪急梅田駅(中津寄り)徒歩1分 D.D.HOUSE 1F
   (地図) http://r.gnavi.co.jp/c158600/map/


メニュー:九州郷土料理コース8品【豪華飲み放題2H付】
コース内容(全8品)
【先付】黒枝豆
【造り】熊本県JSファーム 城南牧場馬刺し3種と鮮魚2種のごか盛り
【冷菜】紅芯大根と釜揚げしらすのシャキシャキ大根サラダ~青紫蘇ドレッシング~
【焼物】大分県産 関の鯖一夜干し
【揚物】宮崎名物 チキン南蛮~自家製タルタルソースで~
【メイン】博多名物 国産牛ぷりぷりもつ鍋
【〆物】博多名物 国産牛ぷりぷりもつ鍋のラーメン
【デザート】デコポンシャーベット

ドリンクメニュー約20品以上(豪華飲み放題)
【ビール】アサヒスーパードライ
【日本酒】熱燗 豪快 ・冷 美少年
【焼酎】
 【芋】富乃宝山・吉兆宝山・白天宝山・薩州宝山・さつま司・きろく・山ねこ
    ・一刻者・たちばな・黒霧島・鬼嫁・さつま国分
 【麦】中々・村正・知心剣・九十九・一番札・穂の香
 【米】山せみ・水鏡無私
【泡盛】島思い 【黒糖】朝日
【ワイン】赤・白
【サワー】レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツ・シークワーサー・ハイボール
【梅酒】ロック・水割り・湯割り・ソーダ
【梅酒】利右衛門さんの梅酒・はちみつ梅酒・角玉梅酒・アロマ梅酒・マンゴー梅酒
【ソフトドリンク】オレンジ・グレープフルーツ・ウーロン茶




    

    

    

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月9日(金)のつぶやき

2016年12月10日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南海部品の冬のスーパーキャンペーン

2016年12月10日 | バイク用品あれこれ
南海部品からDMが送付されてきました。
恒例の年末のバーゲンセールで店頭表示価格から一律10%OFFになります。
そして、DMを持参すると、500円分のポイントを付与してくれます。


以前は、本店、箕面店、尼崎店を巡回するポイントラリーで、
一気に1000ポイント付与してくれるキャンペーンが好きでしたが、
寒いときに3店を回らせることにクレームをつけたライダーが多くて、
評判悪くてやめたそうです。
軟弱なライダーが増えたんですねぇ。。。。(^.^;)
南海部品のスタンプラリー、2015年は開催なし - KOfyの「倍行く」人生


今回も取り敢えず、500円分のポイントを貰いに行きました!(^.^)
ポイント累計、3433ポイントになりました。


今使っている胸部プロテクターの装着用のゴムが緩くなってきたので、
そろそろ買い換えようと、店内の展示を見に行きましたが、
コミネのSK-695 がなく、SK-697 CE しか無かったので、問い合わせした際に、
ホット情報をゲットしました!(^.^)

なんと南海部品から各種プロテクターが来年に発売されるようです。
その情報を聞いたので、発売まで買いかえを待とうと思いました。


胸部プロテクターはハードとソフトの2種類をラインナップするようです。
価格やデザインなど大いに興味が湧きました。
RSタイチが1万円ほどの軽量タイプを出してますが、
そんなコンセプトは要りません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月8日(木)のつぶやき

2016年12月09日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「無能な働き者」への対応

2016年12月09日 | お仕事あれこれ
ドイツの軍人ハンス・フォン・ゼークトが定義した「ゼークトの組織論」のなかで、
人間を以下の4タイプに分類し、「無能な働き者」は最も不要な人材と定義しています。

軍人には四つのタイプがある
有能な怠け者は指揮官にせよ
有能な働き者は参謀に向いている
無能な怠け者は下級兵士が務まる
無能な働き者は銃殺するしかない
   ―ハンス・フォン・ゼークト―


会社組織に置いて、様々な人材がおり、与えられた人材を使い、
課題を達成しなければなりません。
その中に、「無能な働き者」がいるからといって、その人間を排除し、
残った人材だけで組織課題を達成できるかというと、達成することは難しく、
どんな人材でも、育成し、指導し、援助し、戦力にしていかなければなりません。

ところで、有能・無能の物差しはどう整理しておけばいいのでしょうか。
一般的に、情報の収集と処理能力、判断力、決断力、発想力、空気を読む能力の有無でしょう。

一方で、働き者と怠け者の物差しは、以下のように整理できると思います。
最低限の義務や成果をこなす時以外は、怠け続けている合理主義者が怠け者で、
働き者はそれ以外と定義でき、特に役職者は、すべき最低限の事をしないくせに
何もすべきでないタイミングで無駄に勤勉になり、組織に迷惑をかけるパターンが多い。


■無能な働き者の特徴

一言でまとめると、無能な働き者とされる人たちには悪意がありません。
自分の置かれた状況や、やるべき目標が不明確であるがゆえに、間違った方向に突き進んでしまう。
仕事のミスによって周囲に実害が出てしまう点が、無能な怠け者よりも厄介とされるのです。

①自分の判断だけで行動
 物事を正確に判断できず、実力もないのに行動に移してしまうため、
 仕事上のミスを連発してしまい、無駄な行動力の高さが問題を大きくする。
 基本的に自分が正しいと思っており、上司や同僚に確認もしないため、
 状況が悪化した後でしか周囲が気づけない点がとても厄介になる。

②自分が評価対象だと思っている
 行動力だけは十分なため、自分が周囲から評価されていると勘違いしており、
 いくら頑張っても評価されない状況に焦りを感じ、より無謀な行動を繰り返してしまう。
 周囲は迷惑でしかないので、上司が真実を告げ、止めさせるしかない。

③間違いを指摘されると怒る
 他人から間違いを指摘されると、自分の非を認めずに逆上してしまう。
 周囲からの客観的な指摘を受け入れられないのは、自分を理解していない無能の証拠。

④待ちの姿勢が多い
 何事も待ちの姿勢であり、指示を受けるまでは自発的に行動できない。
 何も行動しないため周囲が巻き込まれるリスクはないが、何もしないのも問題になる。

⑤周囲を原因にする
 うまくいかない理由が自分にあることに気づいてなく、問題が起きた時の責任を周囲に求める。

⑥とにかく空気が読めない
 周囲から自分が求められているものが分からないので、ムキになって行動に移してしまう。
 とりあえず頑張っている人には注意をし辛いため、少しずつエスカレートさせてしまう。

⑦感謝されたいと思っている
 空気が読めない点と合わせて、常に「感謝されたい」、「人の役に立ちたい」という
 想いが先行し、暴走ぎみになってしまう。


■有能な働きもの、有能な怠け者の人が実践している習慣

①仕事の優先順位を立てられる
 仕事に対する優先順位をきちんと決めているから、有能な人は仕事が速くて正確。
 優先度をつけて順番を組み替えるなど柔軟な対応ができるのが、有能な人の証。

 ⇔無能な人は、とりあえず見切り発車で行動を起こす。

②周囲に協力を仰ぐ
 有能な人は自分の限界を知っており、自分1人で何とかしようとせず、周囲に協力を求められる
 チームで行う仕事でも、個々のメンバーのパフォーマンスを理解しているので、最適な人材に仕事を振れる。

 ⇔無能な働き者は、すべて自分で何とかしようとしてしまう

③全体を見下ろせるようになる
 有能な人は常に全体を見下ろす感覚でおり、自分の立ち位置を理解できている。

 ⇔無能な人は、自分の近くの事象しか目に入らない

④人からの注意を素直に受け止める
 有能な人は人からの指摘を真摯に受け止め、客観的な意見を取り込むことで、自分を成長させる。

 ⇔無能な人は、自分が正しいと信じて疑わなく、周囲からの意見を受け入れない

⑤何事にも自信を持っている
 有能な人は、これまでに積み重ねてきた確固たる実績によって裏付けされた自信を持っている。
 その範囲は仕事や私生活にまで及び、常に頼りがいのある存在として一目置かれている。

 ⇔無能な人は、根拠のない自信を持っている。

⑥自分一人で抱え込まない
 周囲から信用を集めているので、いざという時に協力してくれる仲間が大勢いる。

 ⇔無能な人は、人望がないので、協力者がいない。

⑦キャリアプランが明確
 自分の進むべき道を決め、目標へ進もうとする意志を持ち、仕事も私生活も効率的にこなしていく。

 ⇔無能な人は、その日だけを見て生きており、目の前の現実を捌くのに精いっぱい 
 

以上の「有能な人になるための7つの習慣」は、二十歳代までならば、日々の仕事や
良い上司に恵まれて、少しずつでも自己変革や革新につなげていくことも可能でしょうが、
30歳を過ぎたころになると、自己が確立してしまい、変革の柔軟性を失ってしまっていることが
一般的になっているでしょう。


職場では個人の適性に合わせた仕事が割り振られるのが一般的です。
個人の状況を客観的に評価し、与える仕事なので、その役割、個性を
精一杯果たす、発揮することが重要になっています。

そこで、自分の悪い点を改善するには、歳を食って柔軟性がないならば、
良い点をさらに伸ばすようにすることが肝要になってくるでしょう。

また、部下が無能であった場合、きちんと指摘してあげるのが上司としての務めです。
部下の行動が無能そのものだった場合、それが周囲への迷惑になっていることを伝え、
周囲とどのように接していけばいいかを指導することが大事です。

誠意をもって接すれば、部下は、自分が無能な働き者であると気づいてくれるはずです。
そこから無能な怠け者になるか、有能な働き者になるかは部下の意識と努力次第です。



■無能な働き者のアドバイス

①無理をしてまで有能にならなくてもいい
 人間には生まれ持った資質、会社人、社会人としての経験から身についた資質がある。
 どんなに頑張っても直せない資質や現実もあるので、無理をして有能になる必要はない。
 「有能な働き者」とまではいかなくても、「無能ではない働き者」には必ずなれるはず。

 ※上記「有能な働きもの、有能な怠け者の人が実践している習慣」の中の、
  「⇔」の無能者の行動や気質を避けるように努力する。


②人にはそれぞれ役割があり、自分の役割を精一杯果たすことが重要
 有能と無能を分けるのは能力以上に、個人の意識による面も大きい。
 大半の職場では個人の適性に合わせた仕事が割り振られており、
 現在の仕事は適正を客観的に評価し、与えられたと理解し、役割を精一杯果たす。


③真面目さを取柄にする
 真面目さを武器に、一生懸命周囲に目を凝らし、改善すべきことがないかを発見する。
 ただし、張り切り過ぎて周囲に迷惑をかけていないかだけはきっちりと確認しておく。

 ⇒ 上司が、常に目を向け、やるべき目標や課題を明確にし、組織内での置かれている立場、状況を助言することも有効。


④誰かを無能呼ばわりする前に、まずは自分を顧みる
 普段からの意識や心構えの差が、有能と無能を分けているので、すぐには有能にはなれない。
 しかし、そのための努力は今後の人生にとっても非常に重要なものになるはず。
以上
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月7日(水)のつぶやき

2016年12月08日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の常識、コンサート会場での撮影、録音禁止

2016年12月08日 | 世の中あれこれ
日本で常識になっていることが、海外でも常識と言えないことが時々あります。
その中に一つに、コンサートでの撮影禁止があると思います。

その証拠に、以下のような英文の記事があります。

Why do most concerts held in Japan prohibit taking pictures ‹ Japan Today Japan News and Discussion

【翻訳サイト】・なぜ日本で開催されるコンサートのほとんどが写真を撮ることを禁止していますか?


コンサートの主催者が撮影などを禁止する理由は以下と思われます。

1.法的な問題
  著作権、肖像権

2.他の観客に対するマナー
 (1)音関係
   ・シャッター音 ・ズームなどの作動音 ・ピント合わせのピピ音

 (2)光関係
   ・フラッシュ ・ビデオやカメラの液晶画面の光 ・LEDなどの光 ・ピント合わせの赤外線

  特に、カメラの操作が不得意の人が、フラッシュを焚かないようにする操作ができない場合が多い。
  また、スマホなどで、シャッター音を消せない機械が多くなってきた

気持ちよく、生音を聴きに来た人、舞台の雰囲気をしっかり目に焼き付けたい人たちからすると、
横で異音がしたり、フラッシュが光ったり、液晶画面がぼぉーっと光っているのが
目に入ると、がっかりするのでしょう。

ネットでも、色々とコンサートでの撮影に関して、論争が展開されています。
私は、たまにフラッシュが光らないようにして、遠目で撮影することがあります。

マナー違反と思いながら、ついつい思い出に、音も出ないようにシャッターを切りますが、
液晶画面が後ろの方に、目障りになっていたでしょうから、反省します。


そのような中、日本のアーチストの中でも、事前に、自分用に撮影や録音することを
了解していることを公開するひとが出てきているようです。

また、撮影にうるさそうで意外に寛大なのは東京ディズニーリゾートのショーで、
東京ディズニーリゾート方式といわれるルールがあるようです。

・屋外ショーの場合は、原則撮影OK。(液晶画面・フラッシュ撮影もOK。)
・屋内ショーの場合は液晶画面、フラッシュはNG。
 ただし、屋外の場合でも、エレクトリカルパレードなどで長時間のライトを当てるのはNG。フラッシュはOK。
・三脚や一脚にも使用制限。(つまづきなどの危険防止でしょう)


先日のコンサートで、ロビーのモニター画面に映った舞台の様子を撮影しようとしたら、
係員から、撮影禁止とご注意を受けました。

理由を尋ねると、「主催者からの申し入れです。」とのことでした。
ロビーで画面を撮影することを禁じるのは、著作権や肖像権を問題にしているのでしょう。

アマチュアのコンサートでも、煩くなったものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月6日(火)のつぶやき

2016年12月07日 | ツイッター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新千歳空港ラーメン道場、3回目の「鷹の爪」

2016年12月07日 | グルメあれこれ
11月19日、札幌出張を終えて、大阪に帰るときに利用しました。
新千歳空港のラーメン道場の利用は、23回目になります。


※クリックで、画像拡大します。



「ラーメン鷹の爪」の利用は3回目になります。

1回目、醤油ラーメン「龍の雫」880円、1月29日

2回目、塩ラーメン「白龍」880円、10月1日


   


3回目の今回は、今までの焼けつくラードをスープに溶け込ませた龍シリーズでなく、
ラードが控えめでシンプルな味噌ラーメン830円。
JALのハピリカクーポン利用で380円の餃子が無料になり、嬉しかったです。

食後の精算時に、次回、トッピング類がサービスになるクーポン券をくれました。(^^)v

    


麺は旭川ラーメンの特徴の低加水タイプ。
低加水率麺は、麺が伸びやすい欠点があるからか、やや硬めの茹で状態でした。
しかし、やはり好みと違うなぁ。。。
私は、札幌ラーメンの粘り強く、腰のある、黄色い感じの縮れ麺「多加水熟成麺」が好きです。

   

   


スープは、今までの焼け付くラードを使った「龍シリーズ」でなかったので、
ややあっさりとした、普通の味噌ラーメンという感じでした。

メンマは今までの太いやつではなかったのも、龍シリーズと違うからかなぁ???

チャシューはトロトロタイプでなく、しっかりしているけど柔らかジューシーで美味しかったです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加