KOfyの「倍行く」人生

バイクで人生を“2倍”楽しみたい。勝手気ままな備忘録。

中国製のマルチカードリーダー

2016年08月25日 | カメラあれこれ
娘から、昔の古いデジカメのメモリがXDピクチャーカードで、
読み取りしたいから貸してと言われて探したけど見つからなかった。

11年前に購入した「カードリーダー」が自宅で行方不明になっている。
パソコン周りの小道具 - KOfyの「倍行く」人生 2005年01月23日


最近使っていないが、オリンパスのデジイチE-510のメディアが、
コンパクトフラッシュとXDピクチャーなので、カードリーダーがなければ、
デジタル一眼レフカメラが、役立たずになってしまいます。

自宅内を捜索するのが面倒なので、アマゾンで検索すると、
中国製のカードリーダーが配達料込で、367円で販売している。
評価が低く、粗悪品もあるようなので、気が引けるが、価格が安いので、
だめならだめでいいと覚悟を決めてぽちっとしました。

アマゾンで367円のカードリーダー


注文したのが、8月8日でしたが、ネットの口コミの評判通り、
配達されたのが、8月23日で、2週間以上かかりました。

中国の簡易郵便で配達されてきました。

早速、確認してみましたが、読み取りスピードが遅いですが、
一応使えます。

367円で購入した商品が、2週間たって、277円に90円も安くなっていました。
なんとなく、もったいない気がしました。。。。(・_・;)

    

■対応可能メディア
対応:ソニーM2(アダプタ不要)セキュアデジタルカード(SD)
およびSDHC(クラス2,4および6)、TransFlash/マイクロSD /マイクロSDHC、
ミニセキュアデジタル(ミニSD)およびminiSDHCの、マルチメディアカード(MMC)、
マルチメディアプラス( MMCプラス)、MMC Mobileは、サイズのマルチメディアカード(RSMMC)、
マルチメディアモバイル(MMCモバイル)、コンパクトフラッシュ(CF)、
XDピクチャーカード(XD)、スマートメディア、マイクロドライブ、MagicStoreドライブ、メモリースティック、メモリースティックProは、メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「カードリーダー」が行方不明

2016年08月09日 | カメラあれこれ
11年前に購入した「カードリーダー」が自宅で行方不明になっている。
パソコン周りの小道具 - KOfyの「倍行く」人生 2005年01月23日


娘から、古いデジカメのメモリがXDピクチャーカードで、
読み取りしたいから貸してと言われて探したけど見つからなかった。
普段の整理の悪さを反省する。

そういえば、最近使っていないオリンパスのデジイチE-510のメディアが、
コンパクトフラッシュとXDピクチャーなので、カードリーダーがなければ、
役立たずになってしまう。

アマゾンで検索すると、中国製のカードリーダーが配達料込で、400円以内で販売している。
評価が低く、粗悪品もあるようなので、気が引ける。。。。

390円   ・367円   

283円   ・266円


家の中にあることは間違いないので、夏休みに家探しするかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンボード ビデオカメラの楽しみ

2014年05月22日 | カメラあれこれ
オンボードビデオカメラで一番人気は、「GoPro」でしょう。
アウトドアスポーツのどんな場面でも楽しい記録が保存できます。

バイクに搭載した映像は、見ていて飽きません。
オンボードビデオカメラ GoPro バイク・サンプル動画集
GoPro バイク - YouTube作品集



ロゴスショップで、お手軽のアウトドア用のビデオカメラを見つけました。
LOGOSアクションEZカム:アウトドアロゴス

LOGOSアクションEZカム - YouTube



パナソニックから4K動画を撮影できるウェアラブルカメラ「HX-A500」が6月12日に発売されます。
この世界の製品は、どんどん進化していきそうです。

ウェアラブルカメラ HX-A500を発売 プレスリリース パナソニック企業情報
パナソニック、4K30p対応のウェアラブルカメラ「HX-A500」 - ITmedia デジカメプラス

Panasonic 4K Wearable Camera HX-A500 - YouTube 4:21



「GoPro」も「HX-A500」も4万円前後です。
後発のパナの方がカメラ部と本体が分かれており、
使い勝手がよさそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掃除機で、デジカメに混入した埃の除去

2014年04月20日 | カメラあれこれ
再発したデジカメの埃混入のために、デジカメを新しくしました。
ポイント交換プログラムでデジカメ入手「OLYMPUS VR-360」 - KOfyの「倍行く」人生


偶然、ネットで掃除機を使って、デジカメの中に入った埃を吸い出す記事や
YouTubeの動画を見ました。

ダメもとでやってみました。
比較的大きな埃の影が、薄くなり、目立ちにくくなりました。
もっと上手に吸い出すようにすれば、完全に埃の除去が出来そうです。



デジカメレンズ内部の埃の除去に成功しました。 - Yokohama しげ爺's ブログ


デジカメに混入した埃を掃除機で吸い取ってみた(Ricoh CX5) 2:17





■最初の埃、2012年8月



■2回目の埃、2014年1月



■掃除機吸引後の埃、2014年4月

※少しは、目立たなくなったかなぁ。。。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ポイント交換プログラムでデジカメ入手「OLYMPUS VR-360」

2014年02月03日 | カメラあれこれ
埃の入ったデジカメですが、タイミングよくNTT西日本の「CLUB NTT-West」のポイント案内のメールが来たので、
11,000ポイントを使ってデジカメをゲットしました。

コンパクトデジカメから撤退したオリンパスの入門機器ですが、
画像に埃の汚れが写り込むよりはましでしょう。
ネットで検索しても、商品情報や口コミなどがあまり見当たらない機種です。。。


「OLYMPUS VR-360」カタログ

「OLYMPUS VR-360」取扱説明書

オリンパス コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS VR-360」 -ビックカメラ.com


■OLYMPUS VR-360
・広角24mm(24mm~300mm)
・F値:F3~F5.9
・有効画素数:1600万画素
・ズーム:光学12.5倍
・シャッタースピード:1/2~1/2000 秒
・撮影感度:通常 ISO100~1600
・最短撮影距離:60cm(標準)、20cm(マクロ)、1cm(拡張マクロ)
・CCDシフト式の手ブレ補正
・29の撮影シーンを自動で見分ける「iAUTO」
マジックフィルター搭載
・動画機能:ハイビジョンムービー撮影対応:1280×720(30フレーム/秒)
・動画記録方式:AVI(MotionJPEG)
・液晶サイズ:3.0型TFTカラー液晶/46万ドット
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCカード

・充電アダプターがなく、バッテリーを本体に装着したまま、付属のケーブルで充電します。
・その付属のケーブルは、PC接続用のUSBケーブルを兼ねています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジカメの埃による画像汚れ

2014年01月18日 | カメラあれこれ
1年半前にデジカメの画像の中に黒い点が映るようになり、
修理しましたが、また、再発しました。。。。
デジカメの修理(埃影響) - KOfyの「倍行く」人生 2012年8月11日





■パナソニックの修理相談窓口の価格表(デジカメ)
  ・部品交換なしの調整、清掃処理  3150円
  ・部品交換が必要な修理      8400円
  ・預かり後、特に処置なし     1050円


今回も同じ現象なので、「調整・清掃処理」3150円でしょうが、
しばらく様子を見てみます。


新しいデジカメに買い替えもあるなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジカメの修理(埃影響)

2012年08月11日 | カメラあれこれ
デジカメの画像に、鈴鹿8耐観戦の最後あたりから、汚れが付くようになりました。




レンズの表側を清掃しても消えません。。。

近所のパナソニックの修理相談窓口に持ち込みました。

デジカメの修理料金は単純になっていました。
・部品交換なしの調整、清掃処理  3150円
・部品交換が必要な修理      8400円
・預かり後、特に処置なし     1050円

修理代に8400円出すなら、修理を取りやめ、格安のデジカメを購入した方がいいかもしれません。
その場合には、1,050円の支払いが必要です。

表のレンズでなく、中のCCDにほこりが付いていたそうです。
清掃料金3,150円でした。
ついでに、内部のレンズなど全てクリーニングしてくれたそうです。


汚れの原因は、回転しながら本体から出てくるレンズ部分に埃が付着し、
回転しながら収納する時に、埃を本体内部に取り込んでしまったためのようです。

鈴鹿サーキットのあのような場所程度で、影響が出るカメラはおかしいですね。
設計がおかしいのかなぁ???


■ネットで検索すると、デジカメの埃について結構投稿があります。
 したがって、デジカメの埃影響は結構頻度よく発生しているみたいです。
【主たる原因】
  ズーム等をする時に、レンズの筒内に気圧差が起こり、隙間からホコリ等が侵入する。
  防塵タイプのレンズでない限り、一眼レフのレンズでも入り込むことはある。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

撮影後にピントを変更できるカメラ

2011年11月16日 | カメラあれこれ
アメリカは画期的な技術開発をする底力があります。
ピントが写真のどこにも合っていなくても、あとから修正を加えることができる
画期的なカメラを、米Lytroが発売しました。

メインのレンズとセンサーの間に設置された約9万個の超小型レンズで、
光の色と強度だけでなくその方向も記録しておき、この情報を撮影後に、
専用のソフトウェアでピントを修正する仕組みになっています。

1台のカメラを使用して、単一の露出で撮影し、写真を撮影した後でも、
その写真のあらゆる箇所の焦点を変えることができるのです。


カメラは筒状で、高さと幅が約4.1cm、奥行きが約11.2cmの直方体で、
8倍ズームレンズ(F2.0)を搭載し、1100万本の光線を記録するセンサーを搭載。
バックライト付きのタッチスクリーン式液晶ディスプレーによって、
構図の確認と露出の設定を行い、ボタンは電源ボタンとシャッターの2つしかありません。
処理はすべてソフトウェアが行うので、カメラ自体はシンプルになっています。





8Gバイトモデルは350枚、16Gバイトモデルは750枚を記録できます。
撮影した写真はLytro社のオンライン・サーバーに無料で保存できるそうです。

8Gバイトモデルは399ドル、16Gバイトモデルは499ドルで、
写真の再生にはソフトウェアが必要ですが、当初はMac OS X用で、
Windows版は今後公開されるそうです。


■撮影後にピント変更の実例
ピント合わせのデモ画像
→画像のボケ部分をクリックすると、その個所にピントが合います。


■The Lytro camera の紹介動画
The Lytro camera - YouTube
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パノラマ撮影の今昔

2011年05月10日 | カメラあれこれ
ツーリングで景色を撮影する時に、シャッター1回、1枚の写真で収まらない時にパノラマ撮影が活躍します。
現在はパナソニックのデジカメを使っており、パノラマアシスト機能で、露出を強制的に一定にし、
撮影した画像を残像で残して、次の写真の撮影が容易になっています。
そして、パソコン上で「Panorama Maker」というソフトで画像を複数枚合成しています。

とても簡単にパノラマ写真が作成できるので、重宝しているのですが、もっと簡単に
動画の撮影でカメラを移動(パン)させるような感覚で、簡単にパノラマが撮影できる
機能を搭載したコンパクトデジカメがソニーから発売されていることを知りました。

サッとひとふり“スイングパノラマ” という機能です。

高速連写機能を応用し、動画を撮影するような感覚で適度な速度でカメラを横や縦に一直線に振りながら
シャッターを切る。それを連写撮影して自動的に合成し、超横長写真、超縦長写真を撮影できます。
撮影後、カメラ内で自動合成処理にかかる時間は1秒未満でストレス無く使えるとのことです。

次の買い替えは、この機能付きにしようかなぁ???


■参考サイト
動画のように撮れるパノラマ写真が遊べる! ソニー「Cyber-shot DSC-WX1」- 日経トレンディネット
スイングパノラマ研究レポート
【楽天市場】スイングパノラマ の検索結果

パノラマ写真の自動スクロール表示などの「パノラマップ」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一脚 ( アルミ 製 )モノポッドWT-1005

2011年03月22日 | カメラあれこれ
以前から使っている一脚は高さが160cm位で、低く撮影する時の姿勢が少々しんどかったです。
・撮影画像例→こちら

本社で会議の後、歩いて梅田に向かっていると、パソコン工房梅田店のワゴンセールで、
2,980円で一脚を販売していました。
水平器搭載と補助スタンド付きに目が留まり、高さが180cmということで購入しました。

☆サイズ・容量
●本体サイズ 最長180cm
●3段伸縮式、脚段数4段
●アルミ軽量で持ち運びに便利
●本体重量 約675g
●収納時サイズ H62cm WD7cm
●【水平器付、クイックシュー付、補助スタンド付、専用キャリングケース付】

☆規格
●生産地:中国
●素材・成分:アルミ

■オンマウスでコメント表示、クリックで画像拡大



    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べ物画像の「超!美味しく変換」

2010年03月20日 | カメラあれこれ
ツーリングで写真を色々撮影しますが、定番の一つが「食事」の写真です。
デジカメに「食事モード」があり、一定の出来栄えになりますが、
都度モード切り替えも面倒くさいものです。

今回、料理写真を後から自動補正してくれる「超!美味しく変換」が公開されました。
サイトでJPEG形式の画像をアップロードすると、料理が一番美味しく見えるよう、
写真の明るさ、鮮やかさ、色合いを自動補正してくれます。
利用は無料です。

補正した画像はダウンロード可能で、また、補正前・補正後の画像を
50文字以内のコメントとともに公開することもできます。

超!美味しく変換


先日の淡路島ツーリングでのうどん屋「鼓亭」の
淡路島ヌードルのカレーつけ麺の画像で試してみました。

■上段が加工前、下段が加工後の写真

上段が加工前、下段が加工後の写真


■公開してみました。→ こちら

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コンパクトデジカメのバルブ撮影

2010年02月04日 | カメラあれこれ
現在使っているパナソニックLUMIX DMC-ZX1には、
長時間露光のバルブ撮影モードが有りません。
花火や夜景を写す時には、「花火」や「夜景」モードが有ります。

調べてみると、CCDセンサーで長時間露光を行うと熱が発生し、
ノイズで使いものにならないそうです。だから、コンデジでは
バルブ撮影モードが無いのでしょう。


ルミックスZX1には「星空モード」があり、自動的にISO100になって無限遠にピントが合い、
15秒、30秒、60秒のシャッター時間を選ぶことができるということが分かりました。

デジカメだけでなく、最近の機械は賢くなって、取扱説明書の隅々まで読まないと
その持っている力を十分引き出せないです。



■参考
松下電器 LUMIX DMC-FX01【第4回】夜景と星空とシャッター速度の下限
7月 花火モード|ルミックス使いこなしプチ講座|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

デジカメ動画の編集

2010年01月31日 | カメラあれこれ
パナソニックのデジカメ「ルミックス」の動画の
MOVファイルは「Windows Media Player」で再生できないので、
動画編集の連結がムービーメーカーで出来ません。

「QTConverter」をインストールしてAVIに変換しましたが、
変換後の動画は使えたものでは無かったです。

「MOV2AVI」という機能そのもののネイミングの英語のソフトがありましたが、
上手くインストールできませんでした。。。

MOVそのものを編集するフリーソフト「MPEG Streamclip」
ダウンロードして使ってみましたが、画質が劣化し、音声が出ません。。。


さらに色々探して、MOVファイルを単純に結合するソフトを探して、
撮影時に3つに分割していたMOV動画ファイルを1つに結合しました。
「UniteMovie」 (MOV結合ソフト)


YouTubeにアップしました→ こちら


デジカメの動画は、クイックタイムプレーヤーのMOV形式と
ウィンドウズメディアプレーヤーで簡単に編集できるAVI形式の
大きく2種類ありますね。
パナソニックのルミックスは前者で、キャノンパワーショットは後者です。

デジカメの動画フォーマット
デジカメ動画のファイル変換
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のデジカメ全機種カタログ

2009年09月25日 | カメラあれこれ
日経の「PC Online 」で今年の秋発売のデジカメが特集されている。
それにしても、次から次へと新製品が開発され、発売されますねぇ。

既にパナソニックのLX60を購入して、ツーリングなどで活躍してくれていますが、
これだけたくさんの機種があると悩んでしまいます。


パナソニックの15台
カシオの10台
ソニーの14台
キヤノンの17台
ニコンの15台
富士フイルムの10台
ペンタックスの10台
オリンパスの10台
GRなどリコーの3台



応援投票ボタンお願い画像
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジカメ画像の縮小

2009年09月17日 | カメラあれこれ
最近のデジカメは画素数競争の結果1200万画素など1000万画素を超えており、
初期設定の撮影画像サイズも8M(3264x2448ピクセル)ととても大き区なっています。


■画像サイズの表示例

4032x3024 (12M), 3264x2448 (8M), 2560×1920 (5M、A3版), 2048x1536 (3M、A4版、QXGA),
1600x1200 (2M、2L判、UXGA), 1280x960 (1M、L判、SXGA), 800×600(SVGA), 
640x480(0.3M、HP/Blog、VGA), 320X240(QVGA)


そこで、私は1枚ごとにサイズの修正をする場合には、JTrim
一括サイズダウンするには、チビすなを使っています。


「チビすな」の「画質設定」を今までは60%に設定していましたが、
画質の違いを比較したサイトを参考に70%に変更しました。
チビすなテスト


画像の一括サイズダウンソフトは色々あるようです。
以下のサイトを見ると、「藤 -Resize」も良さげですねぇ!!
「キヨたんの裏日誌」縮小ソフトの比較



応援投票ボタンお願い画像
コメント
この記事をはてなブックマークに追加