事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第二回「決断」

2016-01-17 | 大河ドラマ

第一回「脱出」はこちら

前回の視聴率は19.9%と予想を上回った。わたしみたいに去年は無視を決めこみ、今年はうきうきと待ち望んでいた大河ファンが多かったのだろう。ネットで大河ドラマを検索していると、もう「花燃ゆ」はすっかり無かったことになっているのが笑える。

でも擁護論も。歴史オタクの、というか城オタク教師からは

「後半はよかったですよ。社会科的には。明治初期の製糸事情がわかり、群馬県令茸取素彦を知ったし、吉田松陰の妹のことも知ったし。ドラマとは言え、授業に使えました。」

むしろ「真田丸」に批判的で

「誰もが武田家の滅亡を感じていたはずなのになんで暗くないのですか?明るいのはなんですか?私は新田次郎の“勝頼派(昌幸も)VS武田主流派(梅雪が一門筆頭)”に賛成の立場ですので、違和感がありました。」

人それぞれです(笑)。

さあ第二回。その勝頼はあっさり自刃に追い込まれ、裏切った武田の家臣のために真田一家は絶体絶命のピンチ。そこへ1本の矢が……ハン・ソロならぬ真田昌幸(草刈正雄)が登場して事なきを得る。

オープニングの字幕にしても、とにかく一気呵成にストーリーのど真ん中を語ってしまいたいあたり、STAR WARSへの意識ありあり。祖母(草笛光子)の覚悟と、そのあたりがまったくできていない母(高畑淳子)の対比がいい。殺陣もかなり考えてある。真田幸村が知謀の人であるあたりをうかがわせる。どう見ても高畑淳子の方が草刈正雄よりも年上に見えるってのはキャラの問題ですか。

徳川家康(内野聖陽)登場。家臣の本多正信のくせ者ぶりを、近藤正臣が演じていてさすが。このころの三河衆が、実は家康のことを軽んじていたあたりがよくわかります。で、軽んじられているあたりを内野が飄々として演じていてやはりさすが。

今週の名ゼリフは

「赤が上杉。黒が北条」

どちらにつくか、昌幸はくじで決めようとする。赤か黒かとくればルーレット。古畑任三郎においてキムタク(彼がジャニーズを出ていかない理由は単にこれだと思います)の回は赤か青かでしたが。

しかし昌幸は結局、赤でも黒でもない選択を。よく考えたら昌幸の息子たちはのちに赤にも黒にも賭ける選択をするわけで、伏線としてなかなか。いやー、今回も面白かった。視聴率はひきつづき19%台と読みました。かなり面白かったので20%!と言いたいところだけれど裏がイモトだからなあ……。

第三回「策略」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリエント急行殺人事件 第一夜 | トップ | 明細書を見ろ!2016年1月号 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「真田丸」第2回 (日々“是”精進! ver.F)
織田に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601170000/ 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック価格:1,080円(税込、送料込)
真田丸 第2回「決断」 (あしたまにあーな)
本格的に始まった物語ですが、前回の終わりに哀愁漂う姿で敗走していた武田勝頼の続報から始まります。小山田信茂に裏切られ手勢もほとんどいなくなってしまったかつての甲斐の大名の姿はもはやありませんでした。見ていてこちらの方が胸が苦しくなるくらいで、先祖が自害...
NHK大河ドラマ「真田丸」第2回「決断」 (真田のよもやま話)
知恵を巡らせ頭を使え・・ってのは往年の人気アニメの「決断」ですけど、こちらの決断もまた一脈通じた成り行きなのかも~~。先週は主君武田家が絶体絶命で、しかも君主自ら真田家とは袂を分かって別れの段!その上さらに逃避行の真田一族に危機迫~~る!みたいな~~~...
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第2回「決断」感想 馬鹿でマヌケな鈴虫が、慎重で懸命な真田信幸を (しっとう?岩田亜矢那)
その鈴虫が、CSテレ朝チャンネルで再々再々再々放送してる 「水曜どうでしょうClassic」の「試験にでる日本史」でちょうど 長篠の合戦から天目山の戦いをやっていた。 勿論、いつもの様に安田くんが全問正解出来ず、 四国でお遍路さんをする羽目になるのであるが。 ま....
【真田丸】第2回 「決断」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、父・昌幸(草刈正雄)の待つ上州・岩櫃城へと向かう。しかし、そこには野盗の群れが待ち構えていた。 一方、勝頼(平岳大)は家臣たちの裏切りにあい、武田家は滅亡する。 徳川家康(内野聖陽)...
大河ドラマ「真田丸」 #02 決断 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
オープニングの映像は毎回違うんですね。 信繁たちは無事に岩櫃城に到着できるんでしょうか。
真田丸 第2回「決断」~勝頼、梅雪、小山田、家康、母上……すべての登場人物に愛情が注がれている (平成エンタメ研究所)
 岩櫃城に向かう真田家御一行。  今回はこれをしっかり描いた。  これなんですよね~  今までの大河ドラマだったら絶対、端折って、第二話は岩櫃城に到着している所から始まっていた。  ところが今作は到着するまでの過程をしっかり描いている。  それはどんな感じ...
真田丸、昌幸の決断 (函館 Glass Life)
今週も又、父・昌幸に翻弄される息子達 生き残りをかけ上杉か北条かの選択を迫られる真田親子ですが、 そんだ大事な事をまさか籤で決めるとは… 口の乾かぬうちに言い出しっぺの昌幸からまたもやまさかの発言 「本当に籤で決めて良いのか」?? 言われた息子達...
真田丸 第2話「決断」 (昼寝の時間)
公式サイト 信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、
真田丸 第2回 (レベル999のgoo部屋)
「決断」 内容織田家の侵攻で、昌幸(草刈正雄)は、岩櫃城へ落ち延びることを決断。新府を放棄した勝頼(平岳大)は、昌幸が進言した岩櫃城ではなく、小山田信茂(温水洋一)の進言で岩殿城へと向かうのだが。。。 信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)ら真田家の面々は、岩...
真田丸 第2回 「決断」昌幸、一族の命運をくじ引きに託そうとする。 (こんなことしてません?)
順調に面白い。甲冑を着ている相手を倒すには脇か首を狙え。同時並行でいろんな話が進
【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪「決断」 (ショコラの日記帳・別館)
「決断」 第2回の視聴率は、初回の19.9%より少し上がって、20.1%(関東)
大河ドラマ 真田丸 第2回 決断 (架空と現実の雑記帳)
三谷幸喜さんが新聞に連載しているコラムによると、今回の大河ドラマでは状況説明を減らしているとのこと。 わからないところは自分で調べる。調べる楽しさを味わってほしいそう。
真田丸「決断」 (のほほん便り)
2話目にして、20%超え… 快挙!ですね。 それにしても、真田一家の逃避行は、どこかコミカル。 母君(高畑淳子)が、随所で駄々をこねたり、ワガママ放題。追手の目眩ましに、着物類を撒き餌(?)にしたり、百姓一行に化けたり、 助けがきた、と思ってホッと...
真田丸 第2回「決断」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第2回「決断」 あらすじ・・・・
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い2勝頼ついに追い込まれ自害して武田家滅亡!昌幸は真田家存亡を掛けて信長と交渉する決意を... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第2話は新府を脱出した信繁、信幸だったが、上州岩櫃城へと向かうが、道中で山賊に続々襲われて百姓の姿にならなければならないほどだった。そんな中勝頼は ...