RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

空海ゆかりの地を巡る旅

2015年01月30日 09時54分07秒 | 中国
こんにちわ!


檀上(だんじょう)です☆


僕は1/19より


空海の足跡を訪ねる旅


に同行させていただいておりました。


上海に飛行機は着陸し


旅は始まり


福州

赤岸鎮

温州

雁蕩山

臨海

寧波

普陀山

上海



と、まわるルートでした。



▲開元寺にある空海像

開元寺は空海が唐に渡り、最初に訪れた寺院と言われております。


▲開元寺はたくさんの人が線香を持ちお祈りをしていました。


▲三坊七巷の南后街





明・清時代の古建築が残る街には人もたくさんいました。


▲昔の光景がブロンズ像によって表わされています。

この様な像が街中にはたくさんありました。



空海が1200年前に漂流してたどり着いたと言われている場所(赤岸鎮
)に我々もたどり着きました!



▲空海上陸記念碑が祀られている場所


“空海”という文字が確かに確認できます!


▲空海大師記念堂

※普段はこの堂の門は閉ざされているのですが、ご開帳して頂きました。


▲“高野山”と言う文字も確認できますね。


▲空海の木彫りの像


▲別の角度から


▲正面・アップ


空海記念堂には高野山との交流の記念の旗などもおいてありました。


空海を通しての日本と中国の交流の歴史も感じました。



そんな我々は翌日、温州の観光へと訪れました。



▲筏に乗って楠渓江下りもしました。


▲水も透き通っていて天気もバッチリでした。


▲おだやかな時間が流れます。



▲芙蓉村(ふようそん)

城壁に囲まれた古村、“芙蓉村”も同じくゆっくりとした時間が流れていました。



▲全長300mの商店街が川の横につづく “麗水街”


▲橋と提灯も良い雰囲気を醸し出しています☆


中国十大名山のひとつで世界地質公園にも指定されている

雁蕩山

も、雄大な景観をみせてくれました。


▲かすみの中に見える雁蕩山


▲見る角度により様々なものに見える奇岩

▲ワニが下から
バクッと口を開いている様にも見える岩

▲大龍愁の滝(この時期なので水量は少なめ)

▲大龍愁の下に出来ているキレイなラグーン


まるで雁蕩山の“九寨溝”と言った所でしょうか☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色々お伝えしたい事はございますが、本日はここまで!


檀上(だんじょう)でした☆☆☆


いつもご覧いただきありがとの!
ブログランキング、ここをクリックして応援してくれたらありがたいけぇ!ぜひ!

人気ブログランキングへ

魅力的なツアーが満載じゃ!こちらへも是非お立ち寄り下さい。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャラバントラベルが『河北観光振興センター』に選定されました。

2015年01月29日 19時10分10秒 | 中国
中国河北省から張慶偉省長、栗進路旅遊局長以下18名の代表団が来日し、昨日ホテルオークラ東京にて『河北省観光説明会』が開催されました。

説明会には、中国側から程永華駐日中国大使、中国国家観光局東京代表、日本側から二階俊博衆議院議員、久保観光庁長官、ほか国会議員、旅行業界、報道関係者ら約100名が来場されました。





二階衆議院議員


久保観光庁長官


また、プログラムの中で河北省中国国際旅行社と株式会社キャラバントラベルの間で双方向の観光を強化する目的で業務合作契約が締結され、劉双鎖副総経理(右)と弊社代表取締役社長 王 (左)が契約書に署名をしました。





そして、河北省旅遊局は河北省の更なる観光発展のために『河北観光振興センター』を日本に設置することになり、大変光栄なことに弊社の長年の実績と貢献が認められ、キャラバントラベルが選定されました。

弊社本田(左) 栗進路河北省旅遊局長(右)




河北省旅遊局を代表して河北省のみどころをご紹介した弊社沼澤




大変責任の重いことではありますが、選定されたからには皆様方からお導きいただきながら、河北省観光発展のため、日中友好のために微力ながらお役に立ちたいと思っていますので、今後ともキャラバントラベルを何卒よろしくお願い申し上げげます。


PS:ご多忙のところ説明会にご参加いただいた弊社のお客様にあらためて御礼申し上げます。



ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマーへ行ってきました。

2015年01月28日 22時29分47秒 | フィリピン・マレーシア・インドネシア
1/19~26まで、ミャンマーの添乗へ行って参りました。ツアー期間中はお天気に恵まれまして、毎日青空の広がるいいお天気でした。日中は気温が高く、日差しが強いですが、ちょうどミャンマーの乾季にあたるため、湿度は低く過ごしやすかったです。
8日間の日程で、ヤンゴン→バガン→インレー湖→ヤンゴンを巡り、数々の寺院、バゴダ(仏塔)を見て参りました。インレー湖では水上生活を営む人々の生活や、独特な片脚で船を漕ぐ漁師さんなども見られました。
さぁ、どんな旅になったのでしょう。詳しくは後日改めてアップさせていただきます。

山根でした。




ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“天空の寺院” プレアヴィヒア

2015年01月27日 22時50分56秒 | カンボジア


おおたぶです

先日訪れたカンボジア報告です!


カンボジアには『天空の寺院』と呼ばれる遺跡が
あるのをご存知でしょうか?



プレアヴィヒア寺院。


2008年にカンボジアの世界遺産となり、
一時はそれを認めないタイとの領有権争いで
紛争状態になっていましたが、近年ようやく
小康状態となり、観光が可能となった場所です。
(※ただし、カンボジア側からだけ)

かつてタイが保有を主張していた際は、
カオプラヴィハーンと呼ばれていました。

タイに隣接するカンボジア国境に
そびえ立つ“岩の壁”とも称される
標高約625mのダンレック山に建てられた11世紀~12世紀の寺院です。



岩を削り、重ねて積み上げ、数世紀にわたって
増築が進められ、ついには五階層をそれぞれ参道でつなぐ
長さにして約800mの大寺院となりました。

近年、道路が綺麗に舗装されたため、シェムリアップから
日帰り観光も可能となりました。
キャラバンでは、前日近くに泊って、翌日ゆっくり観光しました。

▼泊まったホテル。オープンしたばかりの新しく、綺麗で快適なホテルした。



▼あの山の頂上がプレアヴィヒアです。




▼4WDトラックで山の頂上へ向かいます。




ついに遺跡到着。
▼第一階層。カンボジア国旗と世界遺産の旗が見えます。



ここから、第五階層までの道のりが長いです!

▼第一階層から約270mの参道を歩いてきて振り返りました。
 参道はなだらかな登り坂になっているのです。
 ここは昔、王様しか登れなかったのだとか。王様目線です。



▼階段を登ると、第二階層へ。


▼第二階層は個人的に一番心に残りました!










▼レリーフも素晴らしい。乳海攪拌。



▼ナーガ(龍)のベッドに寝そべったヴィシュヌ神の
 おへそからブラフマ―神が誕生しています。
 わかりますか??



引き続き第三階層、第四階層へと進みました。


▼第四階層の回廊



▼第五階層に到着!



ということは。。。。




ここは



ダンレック山の頂



岩壁の隅まで行ってみると。。。




そこは天空。。。



カンボジア平野を一望できるのでした。




まさに天空の寺院と呼ぶにふさわしい場所でした。





ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“天空の寺院”と“幻の五大遺跡”へ

2015年01月26日 22時10分09秒 | カンボジア

天空の寺院・プレアヴィヒアからの眺め。




おおたぶです


カンボジアへ行ってきました。

カンボジアと言えばまず最初に思い浮かべる
観光地は

世界遺産『アンコールワット遺跡群』


ですよね!



…ですが、ここ最近アンコールワットは
大人気で、世界でも行きたい観光地ランキング
で常に上位にランクインしてます。
キャラバンでも毎年ツアーを催行しています。


ということは、つまり

もう既に行った人が相当数いるということです。

「アンコールワット行きましたか?」
「もうとっくにいきました」

我々営業社員もこのようなお声を常々耳にしているのです。


では他の見所はないのか?


あります!


というわけで、今回はアンコールワットは
あえて行かず、通常のシェムリアップ滞在ツアーでは比較的
行くのが困難な周辺の遺跡を巡ってきました!
少しご紹介します。


クメール朝以前の真臘(チェンラ)国時代(6世紀末から9世紀)にかけての都で
イシャーナプラと呼ばれた場所。

▼サンボープレイクック遺跡。木が遺跡に覆いかぶさっている驚愕の光景。




お次は、今回訪れた中ではアンコールワットからも比較的近い、

▼“花束の池”という意味を持つベンメリア。「東のアンコール」とも呼ばれています。




つぎはレリーフが素晴らしい、、

バンテアイ・チュマール

▼敵に首を差し出すレリーフ。



▼チャンパ軍(髪が長いほう)との戦い。



▼ああっ!食べられる!シーン




▼千手観音レリーフ。他では見られないはずです。





次は、アンコールから一時的に都が移った(921年~944年頃)

コー・ケー遺跡群から。

▼森から突如姿を見せた、7段ピラミッド型寺院のプラサット・トム



▼こちらもすさまじい木の生命力が物語る。プラサット・プラム



そして、最後は











アンコールワットから片道5時間かけて

ようやくたどり着いた、大プリアカン!!
遺跡の規模はアンコールワットの4倍とも言われる
広大な遺跡。



▼修復ではなく、完全なオリジナルだそうです。






今日ご紹介したのは、クメール幻の五大遺跡でした。

アンコールワット以外にもこれほど魅力的な遺跡が
カンボジアにはたくさん残っていることに驚きました。
そして、ほとんどの遺跡は行くだけでも少し大変です。
道路状況が良くなかったり、長時間の移動を余儀なくされます。
また、大きなバスが入れない狭い道や、乾季しか通れない道だったり。

でも困難だからこそ、今行く価値がある遺跡だと思います。
道路状況は確実に年々良くなっています。
実際に工事ですっかり綺麗になった道も通りましたし、
現在舗装工事中の場所もいくつもありました。
道が良くなれば当然観光客も大幅に増えます。

個人的には世界遺産になってもおかしくないと思う遺跡群でしたし、
そのほとんどが手つかずのまま佇んでいました。
そして行くのが大変な遺跡こそ観光客が皆無… 静まり返った世界でした。


誰が見てもアンコールワットが素晴らしい遺跡なのは間違いありません。
しかし、アンコールワットではもはや味わうことができないのかもしれない、
自然に埋もれた遺跡の雰囲気を今回のツアーでは感じる事ができました。




ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チベットを撮る~THE TIBET ラルン・ガル・ゴンパ~

2015年01月24日 23時31分26秒 | チベット・モンゴル



年をまたいで・・・チベット話が続きます。
スミマセン。

さて。
今回の“チベットを撮る”、そのメインの一つが・・・・
お待たせしました
ラルン・ガル・ゴンパ(喇栄五明佛学院)!


このマッチ箱のように見えるのは全部僧坊!


1980年代に開かれた歴史的には新しいゴンパで、あまりに巨大になりすぎて一時は多くの僧坊が当局から破壊を受けたりしましたが、現在は4万人近くの僧が暮らしそのうち尼僧は2万を超えるといわれています。
ラプラン寺やガンデン寺、デプン寺・・大僧院は他にも数多くありますが、ここラルン・ガル・ゴンパはまさにチベット仏教への信仰にかける“気合”に満ち溢れています


祈る人


祈る人


そして・・・祈る人


しかもしかも

本当に何というご縁なのか・・・この日は喇栄五明佛学院級楽法会(ラルン・ガル仏教学院級楽法話)の最終日!
僧侶、信者の方あわせて15万人ほどが集まったと言われたのですが、ほんとうに、ものすごい 人・人・人・・・。


僧侶たちの法話集会場所


僧侶たちの集会場所のそばではお茶の炊き出し


信者たちの法話集会場所


信者は遠くから家財道具を持って集まり




テントをはり




法話の期間を過ごす。

まさに

THE TIBET!
の世界なのでした。

ダライ・・・


写真倶楽部佐々木MSでした


ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座でメコン

2015年01月22日 23時54分12秒 | つれづれ


先日ご案内した“写真家 鎌澤久也 スライド&トークショー”

写真好きの方、ベトナム好きの方、旅好きの方、、と多くの方にお集まりいただき、先週末の銀座で素敵なひとときを共有させて頂きました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


飲み屋でカラオケじゃないですよ。モニターには先生の作品。トーク中です!

場所が「ベトナム居酒屋」なだけです(笑)。でも、この雰囲気がご来場の皆様にも、「ベトナムの雰囲気満載で臨場感がある!」と大好評。
豊富な取材経験があるからこそ、そしてもうプロならではの説明できない“カン”というものなのか、素敵な人々との出会いに感動するやら驚くやら・・・

なかでも10年前に会った双子くんたちに家の場所もわからず、10年前に撮った写真を頼りに手当り次第に尋ねながらって・・・取材前に渡航手続きのお手伝いをさせて頂いていた私は、大丈夫なんだろうかと心配しておりましたが、プロには、というより鎌澤氏にはそんなのは杞憂だったのか、再会できたんですね。これが。


そんな鎌澤氏と行く
ベトナム メコンの人々を訪ねる撮影の旅 ~母なる大メコンが育む大地へ~

きっとまた素敵な出会いがあると確信しています!

そして双子のソンとチュンの住むメコンデルタの素朴な村にも伺いますよ。

取材日記はこちらから



スライド&トークショーのあとの懇親会の前のワンショット

ライトがレフ版みたいになってみなさんお顔が輝いています!



ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン セブ島 ボホール島へ行ってきました!その2

2015年01月21日 09時15分00秒 | フィリピン・マレーシア・インドネシア
ぬまざわです 
昨日に引き続き今日はパングラオ島でのアイランド ドルフィンウォッチングツアーです。

朝6時出発し、船でアイランド ドルフィンウォッチングツアーへ。船はこんな感じです。予想よりも風は強かったのですが、揺れもそれほどなく快適でした。


運がよければイルカの群れが見れるよといわれましたが、どうかな?と思っていたら
 
たくさんいます!

写真は不発でしたが、かなりの時間 近くで 何十というイルカがみれました。
目の前で2回も大ジャンプ!皆様興奮していました。

次は、バージンアイランドという島へ。

白い砂浜がとてもきれいでした。


島にはマニラのお金持ちが無料で見学できる展示館などもできていました。そこにはこんな天使がいたるところに。

バリカサグ島は、スキューバダイビングのポイントの島で、ウミガメのポイントでもあります。ご希望の方は写真のようにシュノーケリングを楽しみました。


ウミガメがいたーと興奮していました

3時ころホテルに戻りました。


今回2泊したベルビューリゾートホテルです。目の前に白い砂浜もあり、お部屋はデラックスオーシャンビュールームでした。

なかなかこういうリゾート系のツアーは、弊社でも少ないです。でもたまにはこういうコースもいいわねとおっしゃっていただけて、3月発もお陰様で15名様申しこんでいただいており、企画者として大変うれしく思います。

ぜひまたこういうコースを作りたいと思います。お楽しみに。
今日はこのへんで。


ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン セブ島 ボホール島へ行ってきました!

2015年01月20日 09時52分33秒 | フィリピン・マレーシア・インドネシア

ぬまざわです 1月1本目の出張はフィリピンでした!

セブ島に2泊 ボホール島に隣接しているパングラオ島に2泊の5日間でした。
ボホール島はほとんどがセブ島から日帰り観光ですが、今回は日本のツアーではほとんど宿泊しないパングラオ島の5つ星リゾートに宿泊しました。
セブ島から高速艇で約2時間でボホール島のタグビラランの港へ。

ボホール観光のハイライトのひとつ 有名な世界最小のメガネザル ターシャ保護区です。


このような林の中をのぼっていくと


いました!


今回は運がよくてたくさんみれました


夜行性のため昼間は動きません。体長は12から14センチほどで手のひらにおさまる大きさです。

過度のストレスがかかると自分の頭をかたいものにぶつけて自殺してしまうそうです。
写真を撮るときはフラッシュは厳禁です。

続いてはチョコレートヒルです。



ボホール島のほぼ中心に位置しており、展望台から見渡すことのできます。高さが30mほどの円錐形の丘が1261個も連なるその不思議な光景は、自然の神秘を実感させてくれます。普段この丘は草に覆われ緑色をしているのですが、乾季にはいると草が枯れ茶色の丘へと変化します。それがまるでチョコレート色のようだということで「チョコレートヒルズ」という名前がついたのだそうです。

今回は抹茶ヒルズとでもいう緑色でした

今日はこのへんで。次回はアイランド ドルフィンウォッチングなど紹介します。




いつもご覧いただきありがとうございます!
ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。







 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まもなく新コース発表!

2015年01月19日 23時54分03秒 | つれづれ
丸山です。寒さが厳しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、いよいよ今月末に『ヨーロッパの旅』に続きまして、新コースなど今年秋までの様々なコースを発表します。皆様是非楽しみにお待ちいただければと思います。


アメリカグランドサークルのブライスキャニオン国立公園です。

今年はグランドサークルの旅はもちろん、あのイエローストーン国立公園を巡るコースも発表します!
その他おすすめのコースが盛りだくさんです。今年の春~秋はキャラバントラベルで!

ブログランキング、ここをクリックいただければ幸いです!

人気ブログランキングへ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加