RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

我が愛しの乳酸菌チームpartⅡ

2012年08月31日 15時31分00秒 | 添乗報告
飯塚です

今日で8月も終わりですが、まだまだ残暑厳しく暑いですね
明日からは9月なのに、しばらくは苦月という感じですね

さて、我が愛しの乳酸菌チームは現在セリーグ4位と、いまひとつ波に乗り切れていませんが、
今日は私の住まいのある小市と、乳酸菌チームのつながりをここで自慢()させていただきます。


乳酸菌チームの小市出身の選手といえばコチラ

背番号9の飯原選手です。
私とは出身の高校も一緒です。

チームは違いますが、この方も小市出身の選手です。

ソフトバンクの背番号12の高谷選手です。

オフシーズンに、地元の小学生との交流会に来てくれるのです。


もうひとつ、我が家は家族ぐるみで乳酸菌チームを応援しているのですが、
我が家のわんこもテレビで応援しているのです。

おとなしくテレビで観戦しているときはこんな顔ですが、


試合終盤になり熱が入ってくると、テレビの前に陣取り、こんな顔になります。

ちゃんとユニフォームを着ているところがスゴイでしょ



さてお遊びはここまでにして、オススメのツアーのお話しを。
10/4発の、にっぽん丸でいく奄美大島・与論島クルーズを募集しています。
パンフレットに掲載できなかった写真をごらんください。

■4Fドルフィンホール


■甲板にて朝の体操


■カジノルーム(お金は賭けません)


■5Fカフェ&ライブラリー



下船後は、南九州の名湯いぶすき温泉へご案内いたします
有名な砂蒸し風呂は、普通に温泉に入るより3~4倍の効果があるそうです
神経痛・リウマチ・腰痛・関節痛・やけど・糖尿病・胃腸病・冷え性・全身美容に効能があるとか

昨年開通した九州新幹線にも乗車し、博多の屋台にもご案内いたします。
長く歩くところもないので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
まだお席には余裕がございますので、お申込みをお待ちいたしております


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。



今すぐクリック!!ブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です。

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南京、上海に行ってまいりました。

2012年08月31日 02時35分32秒 | 中国
指田です。

厳しい残暑が続いていますが皆様はお身体大丈夫でしょうか?

さて、タイトルの通り8/23から8/26まで今渦中の中国に行ってまいりました。

今回は日中国交正常化40周年の青少年書道展団体にアテンドしました。

南京と言えば反日感情の強い地域と思われがちですが、反日デモも一切なく
心配とは裏腹に以前の状態と変わりなく市民の方々は大変友好的で、大変親
切にしてくれました。

また、江蘇省政府の方々からの大宴会では全員で手をつなぎ一つの大きな輪と
なり「幸せなら手をたたこう」を合唱し、大変友好的な雰囲気で幕を閉じました。

上海においてもやはり以前と変わらず、全く支障なく旅程を終了しました。

今回の4日間という旅の期間中には多くの現地の人たちが私に話しかけてきました。
彼らと対話をし、民間では政治の壁はなく、両国の友好な関係を望んでいることが
分かりました。

ここ最近の東アジアの摩擦が早く解消してほしいと強く望みました。



魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。



今すぐクリック!!ブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾のあの島へ!!!

2012年08月29日 20時43分07秒 | 韓国・台湾
皆様お暑うございます大椨です


気がつけばあっという間にもう夏も終わりですね

先日山根社員の投稿にもありましたが、規模の大きい台風14号と15号がまだ発生して間もない頃、私は台湾にいました。


台湾・澎湖諸島は台湾本島の西に位置する離島で、小さな島々です。


この島は「台湾で最も美しい島」と呼ばれていたりもしますが、一体どれほど美しいのか言葉で表すのは難しいと思います。
そこで今回は澎湖島の美しさを皆様に少しでもお伝えできればと思い、現地で撮ってきた写真をどうぞご覧くださいませ。

▼澎湖島市民の憩いの場です。こんなに綺麗な夕日を毎日見られるなんて羨ましい限りです


▼今回私が感動した場所の一つです。不思議な模様の玄武岩とコバルトブルーの海!


▼海水浴をする人もいました。最高に気持ち良さそうでした


▼ところ変わって、今度は別の島に上陸。澎湖の代名詞とも言うべき美しいビーチがあります。


▼ビーチ到着!


▼私たちが訪れたときは人が全くおらず、しばしの間、白い砂浜を独占させていただきました!


▼島内の散策に出かけました


▼澎湖島にはこうした昔ながらの石造りの家もあり、素朴で穏やかな雰囲気に魅力を感じます。



▼よく見ると、壁には珊瑚があしらわれており、一つ一つがオリジナリティに溢れていて楽しめます。




今回、台風情報は常に警戒していましたが、おかげさまで好天に恵まれ、澎湖島の素晴しさをダイレクトに感じることが出来たので本当に良かったです。


ご参加されたお客様も裸足でビーチを歩きながら、「近くにもこんなにいい所があったのね」と感動されていました。

澎湖島までは台北から飛行機で約1時間足らずで到着できます。
各島までは高速船が就航しており、気軽に行くことが出来ます。





ほんの少しですが、澎湖島の魅力をお伝えしました~



それではまた

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。



今すぐクリック!!ブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です。

人気ブログランキングへ

《前回のブログの答え》
バッテン⇒しかし スースースー⇒スースーする(風通しがいいの意味)サシヨリ⇒とりあえず ムシャンヨカ⇒カッコイイ でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜のサンクトペテルブルク

2012年08月28日 20時14分26秒 | ヨーロッパ
丸山です。もうすぐ9月になろうというのにまだまだ残暑が厳しいですね。
先日、私はロシア・サンクトペテルブルクの旅の添乗へ行って参りました。
サンクトはもう間もなく秋を迎えようかという陽気で、非常に涼しく、過ごしやすく、快適な旅行となりました。日本に帰ってからの気温のギャップに多少参っている状況です。

さてサンクトペテルブルクはどんなところ?というと、詳しくは7月に参りました沼澤が先日ブログでご報告したとおりですので、あえて詳しくはご報告しませんが、やはりベストシーズンとあって多くの観光客で賑わっていました。しかし、「ロシアの古都」、「水の都」などと形容されるように本当に歴史を感じる聖堂、宮殿など見ごたえ十分の旅となりました。ご参加の皆様ご協力誠にありがとうございました。

私がご紹介するのは夜のサンクトです。


↑宮殿橋。エルミタージュ美術館の前を流れるネヴァ川に架かる橋ですが、夜1時になると大きな船を航行させるため橋が上がる跳ね橋となっています。



↑エルミタージジュ美術館



↑ペトロパブロフスク要塞


どこもライトアップされて昼間とは美しい景観でした。夜中でしたが、多くの観光客が跳ね橋とライトアップを見に訪れていました。もし、サンクトへ行かれる方がいらっしゃれば是非夜のサンクトもご覧になってみて下さい。決して一人では行かないで下さいね。

他にも魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。



今すぐクリック!!ブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です。

人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ暑い日が続きます

2012年08月27日 21時38分30秒 | 添乗報告
こんばんは 山根です。

8月も残すところあと数日となりました。毎日暑い暑いと言いながらあっと言う間に

過ぎてしまいました。

先ほど天気予報を見ていましたが、台風が近づいていますね。

今のところ関東地方へは上陸しないようですが、進路が変わるかもしれませんので

注意が必要です。

9月に入っても台風はやってきますので、沖縄諸島や九州の方は大変でしょうね。

特に、今回の台風14号は過去最大級の勢力だそうです。

被害に遭われた方もいらっしゃいますので、こころよりお見舞い申し上げます。

10月、11月になりましたら、台風も来ないですし、暑さも落ち着きます。

旅行のシーズン到来です!是非、キャラバントラベルのホームページをご覧下さい。

発表したばかりですが、既にお問合せを多数いただいております。

ご興味のある方、気兼ねなくお電話して下さい。

お待ちしております!



秋以降の旅の予定はお決まりですか。キャラバンで楽しみませんか~
魅力的なツアーが満載です是非お立ち寄り下さい。


※8/23、かわら版9月号と秋~来春の旅のパンフレットをお送りしました。

今すぐクリックブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です

人気ブログランキングへ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「光り輝く島」に行ってきました PART4

2012年08月24日 23時25分34秒 | インド・ネパール・バングラ・ブータン
こんばんは。連日登場の鶴井万奈です。
夏バテしていませんか。元気にまいりましょう

スリランカの旅の続き、まずはキャンディのペラヘラ祭りをお伝えします。
ペラヘラ祭りは、毎年の7月~8月の新月から満月にかけて行われる
スリランカ最大のイベント、今年は7/23~8/2まででした。
※ペラヘラとはシンハラ語で「行列」の意味です。

私のカメラでは見えにくいところもありますが、こんな感じです。

旗持ち。

ラッパ吹き。

踊り手。

電飾をつけたゾウ。

着飾ったゾウさんたち、何頭見たでしょうか・・・その中には仏歯を乗せたゾウもいました。

松明の灯りの下のダンサーたち。

数々の激しい踊りなどなど・・・ペラヘラ(行列)は約3時間続きました~

そして今回の旅の世界遺産6つ目はゴール旧市街とその要塞群。

1775年建立のオランダ教会。

教会内も見学。ステンドグラス素敵。

砦の入口のオールドゲート。

城塞跡をゆっくり散策しました。

時計塔。左はスリランカの国旗。

国旗の黄色のライオンはシンハラ人のシンボル。四隅にあるのは仏教のシンボルの菩提樹の葉。
左の緑とオレンジは、それぞれイスラム教徒とヒンドゥー教徒のタミル人を表しているそうです。

北海道の約8割の大きさのスリランカ、見どころ盛りだくさんでした。今回はこの辺で。

秋以降のご予定はお決まりですか。キャラバンで楽しみませんか~
魅力的なツアーが満載です是非お立ち寄り下さい。


※8/23、かわら版9月号と秋~来春の旅のパンフレットをお送りしました。

今すぐクリックブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「光り輝く島」に行ってきました PART3

2012年08月23日 22時22分29秒 | インド・ネパール・バングラ・ブータン
こんばんは、連日の日差しがこわい鶴井万奈です。
都内のアスファルトの照り返し、避けようがありません

さて、先日お伝えしましたスリランカの「熱い」旅の続きをお話しましょう。

「シギリア・ロック」の観光後、「古代都市ポロンナルワ」へ。
シンハラ王朝2番目の都(10世紀~12世紀)です。

ポロンナルワ遺跡群の中心地、クワドラングル(クォードラングル)を見学。

仏歯寺跡のワタダーゲ。クワドラングルの中で一番大きい円形の仏塔。

「聖地」の見学は履物を脱ぎ裸足で。。。

トゥーパーラーマ。四角い重厚な仏塔。

柱が林立するアタダーゲ。ここも仏歯寺跡。
ポロンナルワはアヌラーダプラ、シギリヤとともに1982年に世界文化遺産に登録されました。

翌日はダンブッラへ。

世界遺産「ダンブッラの黄金寺院(石窟寺院)」を見学。

まさに黄金

天上の壁画も鮮やか。
天然の洞窟に描かれた壁画、たくさんの仏像、ほんとうに素晴らしかったです。

ダンブッラから南下して世界遺産「聖地キャンディ」へ。
シンハラ王朝最後の都(16世紀末~1815年:イギリスの植民地に)。

突然ですが問題です。スリランカの国の花は何でしょう。

正解は蓮の花。正確には「ブルーロータス」という
紫がかった「青いスイレン」らしい(ので上は違うかもしれませんね…)。

今宵はこの辺で。次回はいよいよキャンディでのペラヘラ祭りをお伝えします。
ペラヘラって何っという方、明日をお楽しみに~

水を一杯飲んでおやすみなさい。快適な睡眠を祈って。。。

他にも魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。


※本日8/23、かわら版9月号と秋~来春の旅のパンフレットをお送りしました。

今すぐクリック!!ブログ応援、お願いします。コメントも熱烈歓迎です。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランスに行って来ました ~その2~

2012年08月22日 23時45分58秒 | ヨーロッパ
こんにちは。

東京は毎日うだるような暑さが続いておりますが、お住まい地域はいかがでしょうか?
それこそ、熊谷にお住いの方などは「東京はまだ涼しいよ!」とおっしゃるかもしれませんが・・・。

時節のお話はこれくらいにしまして、今回のブログでは先日フランスを訪れた際のお話の続きをさせていただきます。

今回は見学をした美術館を紹介します。
ツアーの日程ではオランジェリーとルーブルへ、自由行動時間を利用してご希望の方はオルセーもご案内いたしました。

まずは最初に訪れたのはオランジェリー美術館。
こちらは、モネの「睡蓮」を展示していることで知られる美術館で、規模はそんなに大きくないものの、館内は分かりやすく展示も見やすい美術館です。



建物は2階建てで、1階部分が「睡蓮」の展示室で、地階が一般作品の展示室となっております。残念ながら「睡蓮」は撮影禁止なのですが、一般の展示室はすべて写真撮影OKと、なんとも太っ腹な事!日本ではちょっと考えられないですよね。


続いては、フランスが世界に誇るルーブル美術館。
こちらは元々フランス国王の居城だった「ルーブル宮殿」をそのまま美術館に改装したので、建物からして絢爛豪華!また内部も所々に宮殿の面影を残しています。

対岸のオルセー美術館から写したルーブル美術館の外観。


内部はとても広く、彫刻、絵画などのテーマに分けられて展示されているのですが、もとが宮殿だったせいか、本当に広いんです。ガイドさんの案内がなければどこになにが展示されているかを把握するのも困難なくらい。しかも見学者も大変多く、かの有名な「モナリザ」や「ミロのビーナス」の前では、アイドルでも来ているのか勘違いしてしまうくらいに人の山です。

ここも、一部の作品を除いては、オランジェリー同様、ケースなどはなくそのままの姿で放置?されている展示方法で、中には彫刻に触ってしまっている人も・・・(もちろん作品に触れるのは厳禁です!!)





最後に紹介するのはオルセー美術館。
こちらは3つの美術館の中で作品の写真撮影を禁止しているので、写真は入口付近だけを撮らせていただきました。

この建物、美術館になる前はとある建物だったのですが、おわかりになりますか?


答えは「駅舎」

かつてはオルレアン鉄道の駅舎として使われていた建物で、ちょうど写真の真ん中あたりにホームがあり、列車が入ってきたところに当たります。
なので、美術館としては若干、見学しにくいかなとも思うのですが、建物の価値も含めて楽しめる美術館でもあります。

ルーブルやオルセーの中にはカフェやレストランも入っていて、見学の途中にコーヒーを飲んだり、食事を楽しむ事もできます。
日本では美術館というと作品を見る事に集中して、じっくり見たら帰るという感じ(あくまでも私的見解ですが・・)ですが、フランスでは食事なども楽しみながらゆっくりと鑑賞を楽しむような雰囲気がうかがえました。
私も次回訪れる際には、ちょっと余裕をもってコーヒーの1杯でも飲んでみようかと思う次第です(笑)

冗談はさておき、私、今月末より、再びフランスに行って参ります。
前回よりも約1か月遅れで訪れるフランス。すでに秋の訪れを感じる季節になっている事でしょう。

ツアーでは同じ場所に何度となく行く事がありますが、季節や天気、またご一緒するお客様によって全く別の印象を受けます。
なので、同じ所に何度となく訪れても飽きることはありません。今回の再訪でも、また新たな刺激を受けてきたいと思います!!

帰国したら、また続編をUpしたいと思います。

その時は、ぜひまた覗きに来て下さい!!

では、今回はこの辺で。


ブログの応援、ワンクリックお願いします!!

人気ブログランキングへ

そのほかに魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の銀座は熱かった!そして今日の銀座も暑い!!

2012年08月21日 12時23分58秒 | 添乗報告
こんにちは、本田です。

暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?今年の夏は前半が涼しかったせいか、身体に堪えますね。まるで暑さが刺さるようです。

昨日は皆様もご存知の通り銀座でパレードが行われたましたので、いつにも増して銀座は熱(暑)かったです。

パレード開始は午前11時からと勤務時間中でしたし、我が社はパレードが行われた中央通りではなく昭和通りに面していますので残念ながら見ることは出来ませんでしたが、パレード見学を終えた方々が東銀座方面へ流れてきましたので、会社の窓から外を見ると人の数が尋常ではありませんでした。

見学された皆様、暑い中ご苦労様でした。そして感動を与えてくれた選手の皆様、見ていないと思いますが本当にお疲れ様でした。ありがとう!



本日は平常通りの銀座に戻っていますが、陽射しが強くアスファルトの照り返しもきつく、外を少し歩いただけで大量の汗が流れます。

今日は最近私的にかなり役立っているモノをご紹介しましょう。あくまでも私的ですのでご了承を。

それはこの暑い夏の通勤に欠かせない『キッチンペーパー』です!(笑)
私は非常に暑がりで汗かきなのですが、同じように暑がり?(失礼)の方からご伝授いただきました。

これを持つまでは会社に到着するとハンカチやタオルは汗でビショビショで、洗って乾かすまでは使えない状態でしたが、今は通勤途中の汗はキッチンペーパーで拭いて、会社に到着したらゴミ箱へポイっ!ハンカチは綺麗なままです。(←じゃ、ハンカチ2枚持てば?とかのツッコミはご容赦ください。)

最初は人前で拭くのにちょっと抵抗がありましたが、慣れてくるとその便利さにはかえられません。

キッチンペーパーですから、
1.折りたたんでも薄いのでかさばらない。
2.水分の吸収が良い。
3.顔などを拭いた時に普通の紙と違ってカスが残らない。

何と便利なのでしょうか。因みに私が使用しているのは某アメリカ生まれの倉庫型スーパーで売っているものでお値段もお手頃です。

通勤だけでなく、旅行にも使えると思いますので暑がりの方は是非お試しください!


話は変わりますが、そろそろシルクロードでは果物が美味しい時期になりますね。

トルファンでは年に一度の葡萄祭りが開催されている頃でしょう。


ハミ瓜もこれからどんどん美味しいモノが出てきますね。値段も安くなります。


私的にオススメはコルラの梨(洋ナシ)です。果肉がやわらかく痛みやすいので輸送が難しく他の場所では余り食べられません。みずみずしく、甘く、本当に美味しいですよ。


キッチンペーパーを持ってシルクロードの旅に出かけてみませんか?
色々役に立つと思いますよ(笑)

それでは、また


ブログの応援、ワンクリックお願いします!!

人気ブログランキングへ

そのほかに魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大草原モンゴルへ行ってきました!

2012年08月20日 09時27分13秒 | 添乗報告
ぬまざわです 
写真は大草原モンゴルです 


2年ぶりのモンゴルでしたが、今回はウランバートルから比較的近いのですがあまり聞かれない2箇所のツーリストキャンプを訪れ楽しむ旅でした。一ヶ所はウランバートルから約3時間30分くらいで、北西にあるドゥガノハット。ここは草原のほかに森林もありお花もきれいな場所です。


丸い岩の意味のドガンハトとお花


岩山とヤギ、羊


オボー 
 
道中の安全を祈願してオボーの周りを三周、時計回りに回る事が慣習、普通は地面から石を拾いそれをオボーの上に積み上げます。また人によっては甘いものや金、ミルクやウォッカを供える場合もあるそうです。もし急いでいてオボーに立ち寄る時間がない場合は、オボーを通り過ぎる際にホーンを鳴らすことでも良いとされています。


お花も結構咲いていました!キャンプ内のいたるところに可憐なお花が!

次はウンドゥルシレット。やはりウランバートルから半日くらい ブルドに行く途中にあります。ここはトーラ川のそばにあるため馬や羊、牛、やぎなどが水を飲みに来ます。
ここは本当に大草原という感じです。
民家訪問のあとキャンプまでせっかくだから歩きましょうということに。ゆっくり歩いて40分くらい。とても気持ちの良い散歩でした。


お客様が乗馬をするために準備しています。子供が颯爽と馬を引いています。


熱気球 希望の方は朝と夕に天候などの状況にもよりますが実費で乗ることができます。
素晴らしい天気に恵まれ、見ているだけでも楽しかったですね。


これは特別に案内した6000年前?の岩絵
よくわからないかもしれませんが、羊?ヤギ?鹿?だそうです。

写真はありませんが、満天の星空も満喫しました。
今回雨もありましたが、最高の星空を見ることができました。端から端まで天の川がはっきりと見えましたし、流れ星も20個くらい見れました。

モンゴルには特にこれという観光地はそれほど多くはありません。

大草原

馬や羊などの家畜の群れ

満天の星空

お花(時期によって)






でも、あの光景は滅多に見ることのできない感動ものです。
ぜひ機会があれば皆様モンゴルへいってみてください。あの大きさ、広さは他では味わえませんよ。



最後に異様に好かれてしまった牧羊犬
本当は触らないよう 近づかないようにお客様にはいっていたのですが・・・
どこからともなくやってきて、また消えてを繰り返し、私のゲルの前にいたり
トイレにいこうとすると横についてくる。

うーん餌はあげた覚えがないんですが・・・





実は3匹います。写真は兄弟です。

今日はこのへんで。




ブログの応援、ワンクリックお願いします!!

人気ブログランキングへ

そのほかに魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加