RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

ケニアサファリへ行ってきました!

2015年08月31日 23時39分55秒 | 中近東・アフリカ

マサイマラの夜明け


おおたぶです。

気がつけば、8月も最終日に。

まだ8月なのに、東京では少し肌寒い日が続いております。

あの猛暑の日々が嘘のように…
季節の変わり目、皆様くれぐれもご自愛ください。


さて、つい先週まで

赤道直下の国・ケニアへ行っておりました。

昨年8月、添乗で訪れ、
野生動物たちの世界に初めて足を踏み入れたとき

テレビでしか見たことのなかった世界が、
確かに目の前に広がっていることに
感動しました。


そして今年!!

やはり期待を裏切らない感動が

私たちを待ち受けているのでした。。


動物たちはひとまず置いておき、本日は
お世話になったロッジをご紹介します!


サファリの最重要拠点・《マサイマラ》3連泊は

「ムパタサファリクラブ」に宿泊



マサイマラの大地を見下ろすオロロロの丘に建ち
自然に溶け込みつつも快適さ抜群の政府認定
5つ星ロッジです。






お食事も毎食コース料理で、大好評でした


見るものも


頂くものも


決して飽きさせない洗練された品々…



サファリが終わって戻ってくると、
庭の展望ビューでのひとときもおすすめです。
動物の姿が見えるかも!私はここからキリンが見えました。




充実のお土産物ショップや…



空き時間を飽きさせない図書コーナーも。
日本の小説が充実していました。




穏やかな静けさに包まれて
夜は更けていきます。。。



おかげさまで充実の3連泊となりました。
ムパタサファリクラブのスタッフの皆さま
ありがとうございました。



詳細はコチラでご覧ください→ムパタサファリクラブHP


今日はこの辺で




いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆伝説人物→中国四大美人☆

2015年08月28日 21時24分39秒 | 中国
皆さん~こんばんは!インバウンドの徐です。
今回は中国歴史上有名な、四大美人の話をしたいと思っております。

英雄も美人の関所には苦労すると古来より言われるように、
英雄の背後には美女が付き物であります。
中国の歴史において、沈魚・落雁・閉月・羞花と語られる4人の傾国の美女をご紹介致します。
ちんぎょらくがん・へいげつしゅうか
」は非常に美し女性、傾国の美女の形容です。


西施(せいし)

~~~沈魚~~~その西施の美貌を見て水底にもぐった魚。
春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)、西施は貧しいたきぎ売りの娘として生まれました。
彼女はその美しさから、越王の勾践(こうせん)によって、
呉王の夫差を油断させるための美女として献上されました。
西施に夢中になった夫差は政治をおろそかにし、
やがて呉は越に滅ぼされることになりました。
浙江省紹興市から車で1時間ほど行ったところに、
西施の故郷と言われ、「西施墓」、美女博物館「中国歴代名媛館」や「古越台」など、
見所は満載となっています。







王昭君(おうしょうくん)
~~~落雁~~~その美貌を驚き、飛ぶのをやめて地に舞い降りた雁。
前漢元帝の時代(紀元前33~48年)、似顔絵を醜く描かれてしまった王昭君は長い間、
元帝に会う機会がありませんでした。
そして、匈奴/呼韩邪单于(こかんやぜんう)が「漢の女性を妻として迎えたい」と申し出した為、
元帝は醜いと伝え聞いていた王昭君を嫁がせました、
その後に王昭君の容姿を目にした元帝がその美しさに目を見張り、
後悔の念で激怒しました。
内モンゴル自治区呼和浩特市にはその墓があります。
王昭君が漢に別れを告げる場面を劇本にしてショーなどが上演され、
特に人気を呼んでいるようです。







貂蝉(ちょうせん)
~~~閉月~~~女性の美貌の並み美し月でもその美しさに負け、月がくもり
中国四大名作の一つである「三国志」小説に登場するは、
四大美女の中で唯一、架空の人物であります。
後漢の暴君董卓の暗殺を行うため、養父の王允に利用され、
まず武将の呂布と彼女を面会させ、一目惚れさせた後、
彼女を董卓に渡しました。
その後貂蝉も呂布とを度々密会させ、呂布は貂蝉を思うあまり、
最終的には王允と結託して董卓を殺害しました。

王允は2人の男の間に貂蝉を置き(美人計)、
両者の関係に亀裂を作った(離間計)、
これが所謂「美女連環計」であります。









楊貴妃(ようきひ)

~~~羞花~~~美貌を見て花は恥じらうこと
傾国の美女として名高い楊貴妃、音楽や芸術について造詣が深い、
踊りの振り付け創作し、ダンスもとても上手です。
(曽て「天女のダンス」と呼ばれ、現在伝承が途絶えています)

楊貴妃、もとは玄宗皇帝の息子の妃であった。
しかし、彼女の美しさに惚れた玄宗は息子から彼女を奪い、
やがて後宮に置きました。
楊貴妃に溺れた玄宗は、彼女の一族を昇進させ、
ライチを好んだのを知れば、長安の都まで早馬で運ばせ、
馬を過労で何匹か死なせました。。。
長安から少し離れた温泉離宮・華清宮では、
宴会と舞踊を楽しむ楽の日々を過ごしていました。
玄宗はやがて政治をおろそかにし、
安史の乱が起こることとなりました。
美人は時において毒薬でもありますね~~~💦




※以上の絵は趙恵民の作品です。





紅顔薄命(美人には薄命が多い)、乱世には不幸であろう、、、
美貌こそ女性の歴史であり、
時代の変遷により審美基準も変わりつつ、
現在の綺麗というのは
生まれつきの美しさだけじゃ足りない、
センスを磨き、腕を磨き、体も磨いていきましょう!

それでは、今日はここ迄とさせて頂きます。。。
👋👋👋


いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日イラスト

2015年08月27日 21時22分27秒 | つれづれ

お久しぶりです!インバウンドの徐です。


休日に皆さんはどういうふうにお過ごしますか?
私ならいつも絵を描いております、、、







ワンピースの海賊女帝ボアハンコック




漫画風↑

スケッチ・写実+漫画風↓

清純派・少数民族少女
雲南省特有な少数民族→阿昌族



いかがでしょうか?
いろんな表現手法がありますね。。。
自分のなかの記憶と自然に向き合って、幸せな気持ちになって頂ければ、
幸いと思っております!
実は絵が心の鏡です、
心を磨くことにより、絵も深まってきます
その為には、絵を描くだけではなく 常に心を磨く努力が必要です。~~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それでは、今日は此の辺迄
また今度お会いしましょう!~


いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五台山の旅 植物編

2015年08月26日 18時55分09秒 | 中国

こんばんは!

キャラバンの佐々木MRです。
今日は涼しい一日でしたね。
私は昼食にインドカレーを食べて身体をホットにしました。

また暑さがぶり返すそうなので体調管理には十分気をつけてください。


本日は五台山の花特集!

まずはかわいらしいナデシコ。


こちらもナデシコの一種、タカネナデシコといいます。

山の草原に可憐に咲いています。


続いてあの歌で有名なエーデルワイスです。
別名ウスユキソウとも言うそうです。
今年はエーデルワイス豊作の年でした。


こちらはキク科のアザミ。
とげとげしくも妖艶です。



ワレモコウとエーデルワイスの群生が見られました。


キバナシオガマもいたるところに咲いていました。
色鮮やかなので目立ちます。


これはカラマツソウです。
すこーしだけウメバチソウのような花も混ざっています。


マツムシソウもキレイな紫色です。


これはほんの代表的な花たちです。もっとたくさん見ることができますよ!
また来年、花の季節が楽しみです。


いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モ ン ゴ ル 【 その弐 】

2015年08月25日 19時54分34秒 | チベット・モンゴル

こんにちは!



広島県出身で大阪で10年すごし現在、東京2年目‥



檀上(だんじょう)です。





本日は先日のモンゴルのご報告


【その2】


です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どの国



どの場所でもそうですが



時間帯によって



同じような場所でも見える景色は変わってきます。



もちろんモンゴルも例外ではありません。





▲ゲルを横目に朝日がのぼってきている



▲朝焼けのオレンジもとてもキレイです☆

(写真の右端には動物のシルエットも…!?)



つづきましては


夕暮れのモンゴル



▲朝日と似ているかもしれませんが、これは夕暮れ時の時間帯です。


※ちなみにこの時期は日が沈むのは


【22時頃】です。


この写真を撮影したのもこの時間帯でした。



そして


日が沈むと夜がやってきます。




▲日が沈んだあとの山を眺めて。




▲夜の帳がおりたツーリストキャンプ


ゲルの天井から光がもれています☆



そして今回われわれは



8/10出発でモンゴルの旅へと出ておりました。



このお盆の時期に出発したのには意味がございまして…




【ペルセウス座流星群】



を、見るためにこの時期に設定して出発したのです。



2015年の8月12・13日



に、このペルセウス流星群が極大(ピーク)



を迎えるという事で


多ければ


1時間に20~30個の流れ星が観測できるかも!?


との事で


夜の帳がおりた後に


みなさんで


「♪見上げてごらん夜空の星を」



「♪星に願いを」


をBGMにしながら、流れ星と満点の星空を堪能しました☆


1時間に30個は見えませんでしたが


個人的計測では


約1時間で、23個は流れ星が見えました!(本当です)


▲(※画像はイメージです。が、本物はもっとすごかった!)



▲(※画像はイメージです。が、本物はもっと間近に見えた!)


僕が、天体観測撮影用の高級なキャメラを持っていればよかったのですが


持っていないので、今回はイメージです。


が!


モンゴルで見た星空は本当に綺麗でした☆☆☆







▲実際はこの画像と同じくらい…いや、それ以上にステキな満点の星空が見えた!!!!



流れ星を


「見れたー!」


「えっ!どこー!?」


などどお客様たちと話ながらワイワイしていて


みんながみな同じ方向を向いていた時に





とても太くてしっぽを残しながら大きな流れ星が流れて


それを全員で一緒に見れたのが


とてもよかった!!と思いました。


あれだけ満点の星空を見たのも僕自身初めてでしたし


お客様もそうおっしゃって下さいました。。。☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


残暑はあれども最近は朝晩は秋っぽくなってきましたね。


旅の季節です。


これからも


旅はつづきます!!!!!


みなさんもまだ見ぬ世界へと出かけましょう!


今日はここまで!


檀上(だんじょう)


でした☆☆☆☆☆


いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい




新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと珍しい景色

2015年08月24日 20時23分27秒 | 中国
こんばんは 8月も早いもので残すところ一週間となりました。子供の頃はそろそろ宿題に

とりかからないといけないと焦り始める時期です(笑)。

さて、9月は中国の添乗が決まっている私ですが、今回訪れるのはちょっと変わった景色で最近

注目され始めています。今年の6月にも同ツアーの添乗へ行ってきましたので、6月と9月で色

の変化が楽しみです。


こちらは、赤い砂浜(レッドビーチ)と呼ばれる中国の紅海灘風景区です。北京の北東にあるこ

の場所は世界最大規模の湿地帯であり、総面積はなんと総面積100平方キロメートル。

北海道の面積が約80平方キロメートルと言えば、その大きさが分かるのではないでしょうか?

海辺から内陸まで、どこまでも湿原が広がっています。

そんな巨大な湿原に埋め尽くされたマツナと呼ばれる海藻。もみじのように色が変化することが

特徴であり、5月頃から赤くなり、ピークを迎える9月には、毎年国内外から多くの観光客が赤

い砂浜を見にやってきます。まるで海が燃えているように赤く染まり、地平線まで赤色が続く景

色は、確かにここでしか味わうことができない絶景です。


道路を挟んで、右は海側、左は陸側。赤と緑がはっきり分かれています。

また、北海道と同様に、湿原にはタンチョウヅルなど珍しい鳥が多く生息しており、愛鳥家に

とっても人気が高い観光地となっています。

さぁ、9月は一体どんな色になっているでしょう。今から出発が楽しみです。

9/13に帰国予定です。戻りましたらまたブログにてご報告します。お楽しみに~!


山根でした。








いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい




新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立西洋美術館に行ってきました

2015年08月20日 10時53分38秒 | 中国


こんにちは!

先週の土曜日、上野にある国立西洋美術館を見学してきました。
久しぶりでしたので、新鮮に感じることが多くて、リフレッシュした思い出となりました。
この美術館には世界的著名な芸術家の本物の傑作が多くて保蔵されることで有名。
ロダンの彫刻をはじめ、古代中世絵画、近代印象派代表であるモネの絵画、
現代巨匠ピカソの絵画も展示され、素晴らしい美術館です。

美術館入口には、ロダンの「考える人」



中には素晴らしい芸術品は沢山展示されています。

「弓をひく人」


「最後の晩さん会」


ピカソの「男と女」


「踊る人」



などなど・・・なかなか伝わりきれませんが・・・

見学してみて、大きくない建物の中には、なぜか高くて広い空間を感じて
展示作品は、ところどころのガラス張りの壁から、緑いっぱい美しい庭の景色と一体となったことですね。

展示室には休憩用のチェアは沢山設置してあったので、
休憩しながら芸術作品を鑑賞できるのも、魅力的ですね。

みなさんも、是非一度足を運んでみて下さい。

ちなみに、最近国立西洋美術館を世界遺産登録に目指しているニュースはご存じでしょうか?
応援したいと思います。


 柳Yanagiでした


クイズ:国立西洋美術館は世界遺産登録に目指す理由は何でしょうか?



いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい




新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モ ン ゴ ル 【その壱】

2015年08月19日 20時20分36秒 | チベット・モンゴル

こんにちは!



広島県出身で大阪で10年すごし現在、東京2年目‥



檀上(だんじょう)です。



僕はつい先日まで



モンゴルに行っていました!!



今回はそのご報告です。




▲モンゴルはとても天気がよかった。


青い空


緑の大地


白い雲


白いゲル



▲オオカミ(はく製)


▲恐竜の卵の化石


ゴビ砂漠にはたくさんの生物が現在もいます。


そしてかつては、恐竜もいたと言われていて


「世界で1番はじめに恐竜の卵の化石が発見された!!」

のが、ここモンゴルのゴビ砂漠だと言われています(※諸説あります)



▲まるで絵画


空の青さと緑のコントラストがステキです。



▲ヨリーン・アム渓谷


渓谷ハイキングをみんなでしました。


奥まで行くと…



▲氷河


そうです。


日陰には大きな氷河がありました。


そうです、これモノホン(本物)の氷河なんです。



▲遊牧民の方のゲル訪問もしました。


手作りのチーズやパン


ラクダの乳で作ったヨーグルトなども御馳走になりました。


▲砂丘


モンゴルは草原だけではありません!


見事な砂丘も広がっていました。


▲ワキ腹がちょっとカラフルなトカゲ。


日本では見る事がないようなトカゲ。



▲砂漠で黄昏る添乗員


ローケーションがすばらしすぎます!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



まだまだお伝えしたい事はたくさんありますが、今日はここまで!


次回をお楽しみにっ!!!!!











檀上(だんじょう)でした☆







いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい

人気ブログランキングへ



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。





 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のコース まだまだ間に合います!

2015年08月18日 12時45分07秒 | つれづれ

ぬまざわです  

このブログ久しぶりの登場です。最近テレビなどで中国のお客様の「爆買」がよく取り上げられています。
弊社もすでに20年中国の各省の旅行社と付き合いが多いため 今年は特に毎日のように多くの団体の手配に追われています。このブログで弊社の手配担当者たちが日本の情報なども取り上げています。

さて、9月から11月のコースの催行が決定し、来年1月の南極クルーズも催行が決まり、本当に皆様のご支援感謝しております。

私も11月末までおもにヨーロッパの添乗が決定し、今から現地情報やご案内の準備に余念がありません。



少しだけ写真をまじえてご紹介します。

9月2日から美しきバルト三国の旅9日間

シャウレイの十字架の丘


エストニア 世界遺産のタリン旧市街


「命のビザ」杉浦 千畝を記念した桜公園 今年12月に映画も放映されます。


9月28日から航空機で巡る 火と氷の国 アイスランド絶景の旅 9日間
一番上の写真はアイスランドのゴールデンサークルにあるグドルトゥスの滝です。


秋のオーロラです。9月からアイスランドもオーロラが見えます。

10月21日から ゆったり連泊で過ごす マルタ島とゴゾ島 8日間

ツアー中、中世の聖ヨハネ騎士団のイベント インガーディア


世界遺産ヴァレッタと旧市街 セングレア監視塔

11月15日から 地中海の島 キプロス島 マルタ島・ゴゾ島の旅 11日間

世界遺産トロードス地方の壁画教会群のきれいな壁画


キプロスの海沿いのきれいなホテル マルタ ゴゾ島も5つ星のホテルを利用する ゆとりの旅です


お陰様でこれらのコースに添乗でご同行させていただきますのでよろしくお願いします!



このほかにもヨーロッパ方面では

 10月16日から南イタリア 迷宮のプーリア州と絶景のアマルフィ海岸を巡る旅11日間
    高いのですがアマルフィ海岸沿いのホテルに二泊 ナポリはゆっくり3連泊のコースです。
 
 10月13から フィンランド航空利用 秋のフィンランド周遊の旅 8日間
    今世界中の旅人が一度は訪れ宿泊したいホテル 寝たままオーロラを眺められるサーリセルカ   のガラスイグルーに2泊する旅 また帰りはあえて列車、バスを利用し雰囲気のよい各町に立ち寄るコース

が催行決定しています。どのコースも飛行機の空席状況によりますが、まだ間に合います!
ご興味ある方はまずはお問い合わせお待ちしております。


また、弊社の 「写真俱楽部」も大変盛り上がっています。

7月に モンゴル撮影の旅が帰国し、9月は福建省の霞浦撮影の旅6日間は2本満席、10月は内田先生同行の
錦秋の裏磐梯撮影の旅 3日間 世界最古のイーグルハンター カザフの人々を訪ねる 7日間 
緑に導かれるチベット 10日間  などすでに催行決定しており、まだ若干お席がございます。

これから12月上旬は東インド撮影 6日間 1月はベトナム ハノイ撮影の旅6日間も順次発表します。
次号 かわら版で発表予定です。


他には中国の旅もようやく戻ってきたようで、
承徳から瀋陽まで陸路で巡る旅7日間 雲崗石窟・龍門石窟、平遥古城・五台山の旅10日間
西北 黄土高原仏教美術紀行 8日間、世界遺産 九寨溝・黄龍の旅、水墨画の世界 絶景・黄山の旅 7日間など催行決定しております。

9月はウズベキスタン、インドネシア、カナダのナハニ国立公園8日間、カナダ メープル街道の旅 9日間、10月はトルコの旅 9日間 インド ダージリンの旅 8日間も催行決定です。

もし今からどこかへ行こう、ほかのツアーがキャンセルになった時はぜひお問い合わせ下さい。




次回から添乗報告をご紹介しますのでお楽しみ!ぬまざわでした!



いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい

人気ブログランキングへ



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。





 




  


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンゴルの青い空のもと気がつかされること

2015年08月18日 00時37分19秒 | チベット・モンゴル



多くのモンゴルの人々がチベット仏教を信仰しています。

16世紀ごろにチベット仏教が入ってきてその後、人々の心に深く根付いていったのです。
そして、チベット仏教で「感謝」と「尊敬」を表すカタも入ってきたのですが・・。






チベットでよく見るのと何だか違う・・・。

白い色のカタがモンゴルでは青い色・・・・
ああ・・。
厳しい自然とともに生きてきた人々には精霊が空中に満ちているというアニミズム的な思考が古い古い昔からDNAに深く深く刻まれている。

すべてを決めるのは青い天。それなんですね。


人間の力なんてたかだか知れているのでありますなぁ。

旅に出ると気がつかされることがたくさんありますです。



写真倶楽部佐々木Msでした。

いつもご覧いただきありがとうございます!ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい

人気ブログランキングへ



新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへ是非お立ち寄り下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加