RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

・・・夢に向けて頑張りたい

2014年04月30日 18時47分48秒 | つれづれ


こんにちは!
前回に引き続き、柳やなぎです

群馬県の富岡製糸場は世界文化遺産に登録される見通しとなりました
6月15日からカタールのドーハで開かれる世界遺産委員会で、
登録は最終的きまります。

4月27日日付の朝日新聞(小学生)に、次の記事は記載されてあります。

「江戸幕府が倒れた後、明治政府は近代国家の仲間入りをしようと、
産業を育てる政策を取り入りました。「殖産興業」という方針です。
そのために、海外の技術を取り入れ、
国がつくったモデル工場が富岡製糸場でした。

殖産興業はまず、絹や木綿の製糸業など、軽工業から始まりました。
群馬県や長野県に多くの製糸工場がつくられ、
農村の若い女性らが安い給料で働きました。
農家では生糸の原料を取るための養蚕がさかんになり、
蚕のえさになる桑の畑が広がりました。
生産された生糸や絹織物などは品質が高く、
次々と外国に輸出されました。
それによって得たお金を別の産業に回すことで、
日本の経済が発展してきました。」

日本の近代工業化の鍵とも言われますのは、
よく分かりませんでしたが・・・
勉強になりました!

これで、世界遺産に登録された日本の文化遺産は13件となり、
自然遺産4件をあわせて、17件になりました。

余裕がありましたら、
富岡製糸場も、他の世界遺産も行きたいたいなあと思います。
一つのゆめとしてね・・・がんばりたいです




魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな旅

2014年04月28日 14時31分35秒 | つれづれ


はるうらら、暖かい日が続いていますが、
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。


日曜日、東京狛江に行ってきました。
駅のすぐ近く、閑静な古寺があり、
この日は時間的余裕があったので、中に入り見学してきました。

この古寺は泉龍寺という、765年に建立された歴史のある格式高い寺院です。



立派な山門



禅刹ならの閑寂の気が保たれている感じでした



お寺の庭にはこのような古木は沢山あり、新緑で茂る生命力の強さを感じられました。



古寺の外側には、お花も咲いて、きれいでした。



きれいなつつじ・・・ひかりを浴びながら・・・



たんぽぽも負けないぞ・・・のびのびと



お地蔵さま、こんにちは!いつも、ありがとう~~合掌


リフレッシュができた小さな旅でした。

柳やなぎでした。




魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルクメニスタンへ行ってきました!2

2014年04月25日 23時49分12秒 | 中央アジア
丸山です。一昨日に続きましてトルクメニスタンの帰国報告です。


↑この奇妙な建物はなんでしょうか?実は結婚式場だそうです。夜にライトアップする意味は分かりませんでしたが、この光が何と変わりました。


↑さらに・・・


↑この建物だけではなくトルクメニスタンの夜は様々な建物などがライトアップされていました。是非行かれた時には夜の顔も見てみてください。


中立広場にある中立のアーチです。実はトルクメニスタンは永世中立国として国連において宣言し認められた唯一の国だそうで、これは有名な中立国・スイスもしていないことだそうです。


↑トルクメニスタン最大のモスク・ギョプチャクモスクです。2万人収容可能な巨大なモスクです。アシュガバード郊外の前大統領であったニヤゾフ大統領の生まれた村に建てられました。モスクの隣にはニヤゾフ一家のお墓もあります。


↑アハルテケ=汗血馬です。あの漢の武帝が欲したといわれ、アレキサンダー大王が東方遠征の際に乗ったといわれる馬の血をひく名馬です。


↑おまけに水のクレーターです。地獄の門以外にもクレーターはあります。

以上丸山でした。今後もトルクメニスタンの旅は発表させていただく予定ですので是非楽しみにしていて下さい。

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨークの美術館

2014年04月24日 09時46分25秒 | 中米・南米・北米


ニューヨークの有名な美術館といってまず名前があがるのが、世界的にも有名なメトロポリタン美術館。ロンドンの大英博物館、パリのルーヴル美術館とならんで、世界三大美術館のひとつに数えられ、1870年に建てられた重厚な建物とその膨大なコレクションは300万点以上と、迫力も見ごたえも十分な巨大美術館です。メトロポリタン美術館は作品数の多さだけでなく、コレクションの幅もとても広いことが特徴。

それでは一部ですが写真をどうぞ


エジプトのデンドゥール神殿。エジプトからプレゼントされたものです。


エジプト美術もとても豊富です


3000年前の王妃の口元 素晴らしいですね


ゴッホの麦わら帽子の自画像


フェルメールの少女


フェルメールの水差しを持つ若い女


足利尊氏の甲冑です。

日本人の美術専門ガイドさんに案内してもらい、午後は自由行動しました。ショップも充実していますし、外にもでることができますので、一日楽しめます。

続いてはMOMA (ニューヨーク近代美術館)


自由行動の時にご案内しました。1929年の開館からモダンアートの殿堂として君臨し続け、20世紀以降のアートの進化に大きく貢献してきました。現在もモダンアートの世界では最も権威のある美術館のひとつとされています。コレクションは、19世紀以降の絵画や彫刻を中心に、写真やデザインなども幅広く展示されています。ゴッホやセザンヌ、ピカソやマチスなどのヨーロッパモダンの巨匠から、アンディ・ウォーホール、バスキア、ジャクソン・ポロック、ジャスパー・ジョーンズなどのアメリカンアートも充実しています。


内部はこんな感じです


ここではガイドさんが案内できませんので、日本語のイヤホンをかりて見学。免許証などを預けてかります。


ピカソのアヴィニヨンんも娘たち


アンディウォーホルのキャンベル・スープ缶


アンディウォーホルのゴールドマリリンモンロー


ゴッホの星月夜


すぐ近くにユニクロ5番街店がありますが、今MOMAと協賛の商品が1階に売られています


グッゲンハイム美術館です。


5番街沿いに、カタツムリのような外観でひときわ目を引くのがグッケンハイム美術館です。この白く巨大な巻貝のような建物は、フランク・ロイド・ライトによる設計で、日本では旧帝国ホテルの設計を手がけた建築家として知られています。渦巻き状の建物の外観のとおり、内部もらせん状のスロープになっていて、ユニークな建物そのものを楽しみながら作品を鑑賞することができます。入場したら、まずエレベーターで最上階まで一気にのぼり、あとはらせん階段をくだるように見ていくと楽です。



こちらは写真は一階ロビーだけなのであしからず。

他にもホイットニー美術館やフリックコレクション、ニューミュージアムなども時間があればご覧いただきたい美術館ですね。



最後に今回のベストショット 最近テレビや雑誌などでも見かけます。


マンハッタンブリッジの足もとからエンパイヤステートビルが!


今日はこのへんで

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルクメニスタンへ行ってきました!

2014年04月23日 23時48分10秒 | 中央アジア
丸山です。東京は桜も終わり汗ばむ陽気の日もでてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて私は先日、トルクメニスタンの添乗へ行ってきました。トルクメニスタンはかつてソ連邦に属した共和国ですがウズベキスタンなどと一緒に1991年ソ連邦の崩壊後、独立している中央アジア5か国のひとつです。
そんな中央アジアの中でもトルクメニスタンは「中央アジアの北朝鮮」とも言われます。鎖国的なイメージが強いようですが、実際行ってみますと実に平和で穏やかな国でした。
そして、この国見所といえば・・・




↑そう、地獄の門です!天然ガスが吹き出ているクレーターですが、実は人工的に掘られた穴なんです。天然ガスが噴き出してしまい、ガスのままでは周辺の動植物に影響を及ぼすことからさらに人工的に火を付けたそうです。大きさは直径約60m、周りに柵はありませんので、限りなく近くまで行くことはできますが、非常に危険です。しかし大迫力で見ることができます。約40年もの間延々と燃え続けています。


↑地獄の門から歩いてわずか5分ほどのところでキャンプしました。当日は風が強く、夜はとても寒かったですが、地獄の門まで行くと熱風で暖かかったです。


↑朝焼のカタカリ砂漠です、とてきれいでしたよ。


↑明け方の地獄の門、もちろん燃え続けていました。そして寒さには丁度良い暖かさでした。

一度は見てみたい世界の絶景の一つです。今後行かれてみてはいかがでしょうか?

魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨークへ行ってきました!

2014年04月22日 11時40分12秒 | 中米・南米・北米

ぬまざわです 

行ってきましたニューヨーク!
日本航空直行便でニューヨークへ。5連泊してのんびりとニューヨークを満喫してきました。お天気が心配でしたが、2日目から温かくなり滞在中はまったく雨もなく、お花も桜や木蓮などきれいに咲き、最高の1週間でした。
通常のツアーと違い、一般的な観光のほかに地下鉄やバスを乗り継ぎ見学したり、ハドソン川を渡りニュージャージー州まで足をのばしたりと忙しくない日程でした。それでは少しですが写真をどうぞ。


 
世界最大のクリスマスツリーやスケートリンクで有名なロックフェラーセンターの中心、GEビルの最上階に復活した展望台 トップ・オブ・ザ・ロックからの景色です。エンパイヤステートビルもいいですが、今はこちらがおすすめです。

 
タイムズスクエア 

 
自由の女神やキティちゃん、ディズニーのキャラクターと写真を撮れますが、あまりにもなんちゃってすぎて近くで見ると怖い


ブルックリンブリッジとマンハッタンの景色です。ここは観光地ではありません。小さな公園のような場所ですが、ここからマンハッタンブリッジも眺めることができます。大型バスではいけません。


アポロ・シアターはアフリカ系アメリカ人(黒人)のミュージシャンやアーティスト専用の音楽を繰り広げて来たとも言えるアメリカ合衆国で最も著名な劇場の一つであり、関わりの深い有名な劇場。

アポロシアター前の床に、亡くなった方たちの碑があり、写真はマイケルジャクソンです。


ハーレムの学校の壁にはこんな絵が沢山。もともとは落書きだったそうですが、今はアートになっています。


予定になかったのですが、ヤンキースタジアムにも行ってきました!ちょうど黒田が勝ち投手になった翌日。スタジアムのグッズショップでマー君のTシャツなどみんなで買ってきました。


松井はまだニューヨークで人気です。けっこう看板を見かけました。

5泊しましたが、どこに行っても危ないといった感じは受けず、意外に普通に歩いたり見学しても問題ありませんでした。ガイドさんも911以降は治安もよくなり、以前よりもニューヨークは安全ですよと。

お食事もアメリカというとハンバーガー、ステーキ 量がものすごい多いと思っている人が多いのですが、きちんとしたレストランはお洒落で味も繊細なものが多くなっています。それでも一個の量は多いですけどね 

今回はこのへんで。次回は美術館などご紹介します。


★ちなみに アメリカへ行くツアーとして

5月17日発 神秘のパワースポット セドナとグランドサークル周遊の旅 10日間
も催行決定しております。10月8日発も催行決定まであと少しです。ご興味の方はお問い合わせ下さい!お待ちしております。


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パキスタン あんずの花咲く桃源郷へ 2

2014年04月21日 09時05分44秒 | 中央アジア

先週に引き続き、おおたぶです

絶景の桃源郷フンザを目指し、
イスラマバードから陸路をひた走りました。

▼カラコルムハイウェイを1日10時間ほど
 走ります。


▼こちらが噂のカラコルムハイウェイ。インダス川が流れています。
 「え?道どこにあるの?」と思われた方、「左です」
  山肌に沿うように、トラックが走っている道がカラコルムハイウェイなのです。



イスラマバード~べシャム~ギルギット
と順調に進み、ツアー4日目にしてようやくフンザに到着です。

▼早朝、高台から見下ろしたフンザの風景。
 谷に朝日が差し込んできました。
 この瞬間がたまりません。



7000m級のカラコルムの高峰に囲まれたフンザの
谷は1970年代まで、ミール(藩王)が統治する王国でした。


▼フンザミールの居城だったバルチット城の背後にそびえ立つ
 ウルタル峰(7388m)


▼見えたら幸運。圧倒的な存在感を放つラカポシ(7788m)


▼ディラン(7257m)


以前に比べるとアクセスは格段に良くなりましたが、
フンザの雄大な景色、穏やかな人々、静かに流れる時間…。
期待を裏切らない、変わらないものもありました。
私自身2回目の訪問となりましたが、改めてこの場所の
虜になってしまいました。
苦労してたどり着いた先は、やはり桃源郷でした。

▼昼下がり、下校途中の学生さん?と満開の杏の花。


▼畑仕事中のおにいさん。おいしい野菜作ってくださいね。


▼坂道の多いフンザ。長寿の秘訣の一つとも言われています。


▼目を奪われる段々畑。





まだまだ紹介したいことはありますが、
長くなるので、今日はこの辺で。
最後に、とある村で写真を撮っていると、、、


子供たちが近寄ってきた!
、、なのでおまけショットです!


村の子供たち。ちょいとハニカミつつもみんなでパシャリ。


さらにチビちゃんも加わり、パシャリ!



ではまた次回!


~ご報告~
6/16発、フンザを訪れるツアーを只今募集しております!
おかげさまで催行も決まっておりますが、残席
がまだあります。キャラバントラベルで是非フンザ
へ行ってみませんか?詳細はコチラ


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パキスタン あんずの花咲く桃源郷へ 1

2014年04月18日 20時13分40秒 | 中央アジア


極端に寒がりの私の体内時計では
ようやく春を感じ始めてきました。
上の画像は東京の桜。


、、ではなくフンザのあんずでした。


こんばんはおおたぶです。

先日パキスタンより帰国しました。


え?パキスタン?大丈夫??
と思われた方もいらっしゃるかと思います。

それもそのはず。日本で報道されるのは、いつも
事件やテロなどのネガティブな情報ばかり。実際、
今旅行はどうなの?
危ないから行けないんじゃないの??
とお考えの方も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、今回現地側の万全のサポートもあり、
終始安全に、無事旅を楽しんで帰ってきました。

近年の緊張状態で、例年と比較するとやはり観光客は少ないながらも、
他の日本人グループや、個人旅行でいらしている方、バックパッカーの
方にも現地でお会いしました。
もちろん、デモや都市部の人が集まる場所には近づかないなど
最低限の注意を怠らないことは必要ですが、現時点でフンザへのルート
は全く問題ありませんでした。


では今日は現地の様子を少しだけ…

▼現地で出会った警察の方々。気持ちいい~笑顔!



▼フンザへ行くときは必ず通るカラコルムハイウェイ。
 外国人旅行者の安全確保のため、大部分で警察の先導(または相乗り)があるので安心です。



日本から出発し、空路と陸路で3日半かけてたどり着いた
フンザは、、、、


やはり最高でした!

その様子はまた次回をお楽しみに。



魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スリランカの野生動物に出会ってきました!

2014年04月17日 13時44分42秒 | 添乗報告
4/7~4/12まで、スリランカの添乗へ行ってまいりました。
今回はスリランカの野生動物を満喫するサファリの旅です。たくさんの動物達との出会いは感動的でした。

サファリで使用したジープです。天井はありますが、窓ガラスはありません。写真を撮るときに不便ですからね。
どのジープもだいたいこんな感じです。

午前中はハンバントータ東の海岸線にあるブンドゥラ国立公園へ。のんびりとした朝のひと時です。

猿の群れです。ニホンザルとは違い、顔が黒いサルです。尻尾も長めです。こちらに興味深々の様子。


こちらはホテルの様子です。2連泊したシナモンワイルドビーチホテルはヤーラ国立公園のすぐ近くにあるコーテージタイプのホテルです。宿泊客は無料でプールを利用できます。日中は気温30℃以上なので、利用している人が多かったです。

私の部屋の写真ですが、他の部屋もだいたいこのような感じです。ちゃんと冷房も完備して快適です。
蚊取りマットもついてますので、心配要りません。


午後訪れたヤーラ国立公園です。入口には象の頭蓋骨が置かれていました。


湿地帯にて象のファミリーに遭遇しました。見えにくいですが、小象もいましたよ。かわいいですね。


ヤーラ国立公園の海岸です。2004年のスマトラ沖の地震の際は、津波が押し寄せ日本人観光客も亡くなったそうです。近くに慰霊碑が建てられていました。


運よくレパードに出会えました。生後約10か月くらいだそうです。模様が美しいですね。

野鳥も数多く、ヨーロッパからの渡り鳥もいます。種類が多く、鳥好きな方へもお勧めです。


帰りがけに雄の象に遭遇しました。40代くらいで、群れから離れて気が立っているそうです。刺激しないようにそっと傍を通り過ぎました。


日も暮れて、動物たちとお別れです。水牛の群れが気持ちよさそうに水浴びをしていました。
お天気にも恵まれ、楽しいサファリを体験しました。スリランカのサファリ、是非お勧めですよ。

山根でした。



魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の大和路 奈良・吉野 おまけ

2014年04月16日 04時55分22秒 | 国内
佐々木です。
おまけ・・・というか、
一方的にお伝えしたいだけですが。

そのうえ、ツアー本来とは全く関係ないんですけど・・・。

鹿サイダー・・・
でも、鹿風味ではないんです。柿酢風味。
え?なぜ?
・・・ごめんなさい。理由を追求しきれていません。
味は・・微妙です。なんといっても“柿酢”風味ですから。

奈良では“大仏サイダー”もみかけました(電池ぎれで写真を撮り損ねたのが残念!)
“大仏”風味ではなく、ゆず蜜風味・・・どういう関係なのか全くわかりませんが。
奈良で売っているから“大仏”?この強引さもいいですね。
奈良ではサイダーが流行りなのか?

いえ、サイダーだけでなく、炭酸が主張する土地なのかも・・

懐かしいコピーです

そしてもうひとつ。ワタシが長谷寺ではまってしまった“よもぎ餅”。


よもぎの味が濃いんです。ほら・・・

ね。THE よもぎです。

是非召し上がってほしい・・・

絶対また行くゾ。奈良。
しっかりご縁も結んできましたので・・・。


魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。

ブログランキング、ここをクリックして応援して下さい!ぜひ!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加