相原言の『日々是好日』

日々の生活での出来事や鉄道模型工作、写真撮影等を日記と備忘録を兼ねて綴っていきたいと思います。

引戸錠

2021年11月08日 23時18分17秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
上回り工作もあと少し。

今日は残っていた反対側の引戸錠を作ります。
適当です(笑)。

Φ0.2mmの真鍮線を曲げて、t=0.2mmの真鍮帯板にはんだ付けします。


その裏側にΦ0.2mmの真鍮線を直角に曲げてはんだ付けします。

奥側が取付部、下側がレバー表現になります。

扉部に穴をあけて裏側からはんだ付けします。

形状が反対側と全然違います(笑)
それと、もう少し上側でしたね。

作り直す元気もないので、これで終わりとしました!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

車体工作続き・・・

2021年11月07日 22時51分26秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
以前の記事で「引戸錠をどうしましょうか?」とつぶやいたところ、応援のメッセージを頂きました。
それ以来「引戸錠をどうするのか?」ず~ぅと考えていたのですが(ウソです)、今日、結論を出しました!

結論:扉を固定します!?

というのは、この引戸錠は左右の扉に重なっているものなので、開閉機能を残したままこれを付けると、扉開閉時に扉端が手作り引戸錠にあたって壊れる可能性が大と思っていました。

また、車体側面右側に付けたあおり受け(?)のおかけで右側扉が右側から入れる事が出来ません。
左側から入れればよいのですが、そうすると扉中央部の仕切り(左右の扉が中央部からそれぞれ左右にしか開かないようにするため)を取り付ける事が出来ません。

走行中に扉が開いてもカッコ悪いので、固定にはかなり抵抗感がありましたが、はんだで固定することにしました。

で、今はこんな感じです。

不細工ですが引戸錠も付けてみました。
まだ片側分しか作っていませんので、もう片側を作るときに作り方を掲載します。
(出来の悪い工作ですので期待しないでください)

この他にカプラー(IMONカプラーHO-205)を付けました。
作り始めるときに、どのカプラーを使用するか考えずにスタートしたため、寸法的には首の長さがやや足りないようですが、今回はこれで良しとし次回作以降に経験を反映させることとしました。

車体回りは反対側の引戸錠を残すのみ。
下回りはエアホースとステップ、場合によってはエアシリンダー周りの配管ですね。

ちょっとお遊びに機関車につなげてみます。

う~ん、カッコいい(いつもの自画自賛)

11月中に工作完了するか?あるいは2021年に完成するか?
今月は週末の予定がいっぱいですが、頑張ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

てっぱくに行ってきました!

2021年10月31日 20時55分19秒 | 撮影紀行
先日、友人と大宮の鉄道博物館(てっぱく)に出かけてきました。

考えてみると2020年春以降、家族以外の人とプライベートで出かけることはありませんでした。
改めてコロナの自粛期間が、いかに長期間だったのかを思いしらされました。

鉄道博物館まで、大宮駅から徒歩で向かいます。

休日の為、工場内は閑散としています。

この場所は、工場内部が歩道から見えるように、囲いの一部が透明になっています。

更に歩いていくとD51が保存されています。

端正な標準型のD51です。

・・・峠の長いトンネルを絶気で出る瞬間をとらえました・・・

もちろん、そんなことは無いのですがイメージだけでも(笑)
「大宮工場1号」の表示が良いですね。

てっぱくは2度目ですが、拡張されてから行くのは初めてです。
以下掻い摘んで・・・

オハ31の車内

妙に落ち着きます。
例えて言うなら「発車時間ギリギリに駅について、列車に飛び乗って、自分の座席を確保した」そんな状況です。
垂直の木の背ずりも、蒸気暖房装置の上に足を乗せなければならないことも、全部含めて「落ち着く」のです。
何時間でも座っていられるような不思議な感じでした。

展示中のキハ41300に座ると突然列車が動きだし、仮想旅行へ出発です。

車窓の外側の壁に景色の風景が映し出され、なかなか面白かったです。

反対側の車窓には待機中の車両が・・・・

181系とED75が一緒にいることは現役時代は無かったかな?

11時頃に早めの食事します。
場所は南館4Fのビューレストラン。
メニューは、あの伝説の「ハチクマライス」です。

ハンバーグ、ハムエッグ、キャベツの千切りに漬物といった具合。
これを食べながら、食堂車が連結された夜行寝台列車に乗務されていた車掌さんの気持ちを考えておりました。
おいしく頂きました。

更に館内を見て回ります。

101系

電番にアルファベットが無い。
オレンジバーミリオンならA(三鷹)、H(武蔵小金井)、T(豊田)のいずれかを入れて欲しいですね。
冬の寒い朝、こいつのドアに手を挟まれると指先が痛かった思い出が・・・。

485系の車内

立ち入ることはできませんでしたが、このブルーの座席に白のカバーが本当に美しいですね。
ひじ掛けにも白カバーが有ったような無かったような。

ED75-700番台

美しいですね。
中学校の修学旅行で青森駅からED75-1000番台牽引の20系寝台特急ゆうづるで帰ってきたことを思い出します。
「700番台はまだ新しい」とか時代錯誤なことを思っている私です。

EF66

正直、殆ど馴染みのない機関車ですが、カッコいいですね。
近くで見ると青のボディがツヤツヤしていました。

キハ11

以前は「エンジンを掛ける」イベント等ありましたが、最近はどうなのでしょうか?

そして最後は181系です。

美しいですね。
展示されているクハ181-45は、クハ161として発注され、途中で181系に変更されクハ181-45として落成した車両。
前照灯やスカートに161系のイメージが色濃く残っていますが、161系を名乗ったことはない生粋の181系です。

このころから貯めてきたこだま型電車(鉄道模型16番の話です)が、最近になって、ようやく希望の台数を確保することができました。
来年は是非、着手したいですね。
早くも来年の抱負です(笑)。

結局、10時の開館から16頃までいましたが、帰宅して調べると、まだ回れていな箇所が沢山ありました。
是非、また、再訪問したいと思います。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

解放てこ受けと標識灯掛け

2021年10月24日 23時24分32秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
妻面に解放てこ受と標識灯掛けを付けました。

場所はこの位置で良いのか?
Web上の写真を見ましたがよくわからない(笑)ので適当に付けました。
補強板を先に入れてしまったので車内からコテが入らず、妻面の工作は大変でした。

残り工作は
 妻面:エアホース
 床下:エア配管
 車体ドア施錠装置

もう少しですかね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

通風口

2021年10月17日 23時15分22秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
取り付けました。

形状は大体あっているのですが、元々の妻板の形状(?)と合っていないので、やっつけ感がありますが、ま、良しとしましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

通風口

2021年10月13日 23時53分41秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
またしばらく時間が空いてしまいました。

体調不良だったり、出掛ける用事があったりで
まだ夏休みの宿題が終わりません(笑)

ヘタすると、今年は完成品が「0」となってしまう(笑)。
「ゼロ」は避けたい、ゼロは!

今日は妻面の通風口を作っていました。


上の2つは失敗。
図面から採寸したのですが、上側の角度が屋根角度と合わず。

下の2つは実際の屋根の角度を真鍮板(t=0.5mm)に写し取り製作中。

今月中には上回りは終わりたい・・・・(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

引戸加工

2021年09月23日 22時33分01秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
夏休みの宿題工作とうそぶきながらダラダラと進めてきたワム70000の工作。
夏はとうに終わり、そろそろ9月も終わり。
果たして今年中に終わるのか?心配になってきました。
おかげさまで有蓋2軸貨車の工作とはどういうものか?
少しわかった(わからせられた?)気がします(笑)。

下回りは飽きたので、上回りの工作を続けております。
今回は、工作が集中するドア(引き戸)部分を加工します。
片側分だけだった引戸止めを反対側の引戸にも取付。
下側についているステップ(?)は0.8mmのアングルを切って取付。
他にも名前もわからない部品をt=0.2mm×1.0mmの帯板と0.5mmの角線で適当にでっち上げて取付。

今は、こんな状態です。

あと、引戸関係で付いてないのは引戸錠(?)とフックですが、どうしましょうか?

といったところです(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へにほんブログ村
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

車体側の横棒受け取付

2021年09月13日 23時08分24秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
今日は、早めに退社しました。
「溜まっているワム70000の工作を進捗させるため」なんてことはなく、先週からの疲れが溜まっている感じで調子が良くない(仕事をしたくない)からです。

家に帰ってきて1時間くらいの工作をしました。
反対側の扉に使用するアングルの切り出しと、表題の「車体側の横棒受け」を取り付けました。

実は、微妙に浮いています。
明日見て、気になったらやり直します。

自分の趣味と仕事の両立を図っていきたいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ
にほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

扉加工

2021年09月12日 23時04分39秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
先週は仕事が忙しくて、帰宅時間が23時を過ぎることが多い一週間でした。
少し前なら、なんていうこともなかったのですが、加齢の為か、睡眠不足は相当きついです。
翌日のことと年齢を考えた、ペース配分が必要ですね。

そんなわけでワム70000の工作も、先週は平日工作がありませんでした。
土曜日も寝だめ&ダラダラで、はんだコテに火が入ったのは日曜日の午後からでした。

まず下回りのステップを取り付けます。
ステップはアダチのパーツに入っていたものを使用しました。

次に扉の加工をします。
扉についている横棒を取り付けます。
この棒はなんていう名前なのか、何のためについているのか、わかりません。
車体側にも受けがあるので、そこに刺して使うのだろうということはわかるのですが、その理由が不明です。
どなかた、ご存知の方、ご教授下さい。

棒はΦ0.3mm。受けは0.8mmのアングルを使用しました。

本当は向かって右側の扉の側面部分にも受けを付けようと思ったのですが、難しくて単純に棒を側面にはんだ付けしただけにしました。
今日の段階で片側の扉だけですので、反対側の扉にも加工が必要です。

扉には、もう少し時間がかかりそうですね。
夏の工作は秋には終わらせたいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブレーキ装置取付

2021年09月05日 22時55分18秒 | 鉄道模型:ワム70000(アダチキット組)
いやぁ、大変でした。ブレーキ装置の取付。

ちゃんとした図面があるわけでは無い&初めての工作なので要領がわからず、全て現物合わせで作業を進めます。

ブレーキシリンダーはキット付属品を
テコ類はアダチの「0894N旧貨車用ブレーキテコ」を
テコ軸受はエコーモデルの「貨車用ブレーキテコ・セット(新型用)」をそれぞれ使用しました。

軸はアダチのテコに入っていたΦ0.7mm線を使用。
テコ軸受はそのまま使用すると、かなり下側に来るので、取付部分を削って調整しました。

テコ類はチャネル材の上に0.3mmの真鍮線をはんだ付けし、テコに穴をあけて瞬間接着剤で固定しました。

ちょっと衝撃を受けたら「ポロッ」ととれそうです。

車体を被せた状態です。

テコの幅が太いなぁ。全体にもっさりして精密感が無いですね~。
う~ん、困った。
見なかったことにするか!

2軸貨車、大変ですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする