障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

日本理化学工業へ再訪問

2015-09-30 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

先日(9月28日)、3年ぶりに日本理化学工業川崎工場を訪問しました。

三五館より刊行された「スッキリ解決!みんなの障害年金」の中で

日本理化学工業の大山会長に、

障害者雇用について寄稿いただきました。

そのお礼の訪問です。

天気のいい月曜日の午前10時。

多摩川沿いを歩いて川崎工場へ向かいました。

会議室の窓が開けられ、外の花壇からいい香りが入ってきていました。

心地よい「気」が流れているような日本理化学工業です。

大山会長と1時間お話させていただきました。

半分くらいは、本に寄稿していただいた内容ですので、

残り半分について。

日本理化学工業は、

チョークのメーカーとして国内シェア30%以上のトップメーカーでありながら、

重度の知的障害の社員が、全社員の25%という、奇跡の会社です。

日本で一番大切にしたい会社」で真っ先に取り上げられています。

繰り返しますが、

全社員の25%を占める重度の知的障害の社員が、

戦力となっているからこそ

国内シェア30%以上を確保できているのです。

そういう会社を作り上げた大山会長に質問しました。

どうやって、重度の知的障害の社員を戦力にできるのでしょうか?と。

大山会長は、ある社員を例に挙げて説明してくださいました。

発達障害(自閉症)の社員が入社しましたが、癇癪を頻繁に起こすのです。

日本理化学工業は、こういう方法をとりました。

「癇癪を起こしたら、家族に迎えに来てもらって家に帰す。」

そして、実際に、

入社して2年間で30回以上も癇癪を起こして、その都度、家に帰されたそうです。

2年間で30回以上とは、すごいです。

上司の社員が大山会長に相談に来ました。

「この社員は、どうすればいいでしょう?」

大山会長は、

「癇癪を起こす=家に帰される=働けない

これを本人がどう受け止めるかによって、

これからも働けるかどうか確認したい」とおっしゃったそうです。

「たとえ時間がかかっても・・・。」と。

そうすると、癇癪を起こすと会社で働けないんだと、

次第に本人が認識し始めて、癇癪の頻度が少なくなってきたそうです。

働き始めた頃は、1週間に何度も起こした癇癪が、

1週間に1度となり、1ヶ月に数回となり・・・

3年目には癇癪を起こさなくなり、

今では、職場のリーダーとなり、他の社員の面倒を見るようになっているそうです。

この話は、すごいと思いませんか?

そういう社員が全体の25%いて、戦力になっているということなのです。

会社の戦力は、会社が育てるものなのですね。

改めて、そう思いました。

大山会長と一緒に写真を撮りたかったけれど、

あまりに神々しいので遠慮して、

いただいた日本理化学工業の製品をUPします。

Kitpasという子供のお絵描き用クレヨンです。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 「みんなの障害年金」出版し... | トップ | 障害年金地域差検討会第7回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事