障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

平成24年度の年金額

2012-04-02 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

今日から新年度の始まりですね。外資系企業勤めが長くて4月が始まりという気持ちは少ないのですが、電車や街で新入社員とわかるフレッシュな方を見ると「4月なんだな~。頑張って欲しいな~」と思います。

平成24年度の年金額

4月より、年金額と国民年金保険料が変更します。実際の受取額が変わるのは、4月分が支払われる6月からです。

前年度の全国消費者物価指数がマイナス0.3%だったため、平成24年度の年金額も0.3%の引下げとなります。

<平成24年度 障害年金額>

障害基礎年金2級(老齢基礎年金の満額と同じ):786,500円(年額) 65,541円(月額)

障害基礎年金1級(2級の1.25倍):983,100円(年額) 81,926円(月額)

障害厚生年金3級の最低保障額:589,900円(年額)

子の加算額 226,300円(年額 2人目まで)
子の加算額  75,400円(年額 3人目から)


「特例水準の解消」法案が成立すれば、平成24年10月分が支払われる12月分から更に0.9%引き下げ。

これは、現在、本来の年金額より2.5%高い水準(特例水準)で支払われているため、平成24年度から26年度までの3年間で解消するための法案です。現役世代への年金確保が目的です。


<平成24年度 国民年金保険料>

月額14,980円(平成23年度から40円の引下げ)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員となりました。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金 新サービス(全国... | トップ | 障害年金と生活習慣病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事