障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

発達障害コミュニケーション初級指導者講習

2016-03-31 | 社労士の障害年金

こんにちは!社労士の吉野千賀です!

今日で3月も終わりですね。

桜も満開になりそうで、私の花粉症ももう少しの辛抱です。

3月に2回、川越市で「発達障害コミュニケーション初級指導者講習」を受けました。




小児科医・子供の心専門医の河野正樹先生の講義はDVDで、

倉敷市で児童発達支援レインボーを行っている津守慎二先生の講義はライブで、

びっしり発達障害の特性コミュニケーション方法を学びました。

この講習、すごく面白かったです。

河野先生、津守先生の講義内容が、具体的で聞いていて飽きませんでした。

発達障害の特性、診断のポイント、基本的配慮、関わり方、医療という内容は、

社労士として発達障害の方と関わるうえで

勉強になることばかりでした。


発達障害の方とのコミュニケーションというテーマですが、

これは、発達障害の方との関係に限らず、

全ての人に共通ではないかと思いました。


例えば、人に何かを伝える時に、

「どう伝えるか」に主眼をおいて考えていたのですが、

「どう受け取られたか」と考えることが重要だということ。

そうか・・・。

相手がどう受け取ったかが、コミュニケーションの基本なんですね~。

自分の言いたいことばかりでは、伝わらないのですね。


子供に注意する時に、

走り回ってはいけません、いじめてはいけません、という言い方でなく、

ストーリーで具体的な話をして伝えること。

この場面は、どちらかといえば、学校の先生が教室で話す場面ですね。

自分のことを注意されたと思うと反発するのですが、

他人に起きた話だと受け入れやすく、自動的に共感できるそうです。

なるほど~と納得しました。



先日、ちょっと難しい案件で、医師との面談があったのですが、

「どう受け取って欲しいか」と考えて

言葉を選んでお伝えしてみました。

おかげで、反発されることなく、受け入れてもらえたようです。


中級指導者講習もぜひ受けたいと思いました。
(頻繁にはやっていないのですが、機会があればぜひにと思っています)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を出版しました。

三五館という「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を出版している出版社からです。

おかげさまで、刊行2か月ちょっとで1万部に到達しました。ありがとうございます。

ご興味のある方は、こちらで購入できます。

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金 都道府県の地域差... | トップ | 障害年金の不服申し立て 初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事