みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪行くならこれ!700系つばめ

2012-07-07 13:38:18 | 熊本市内 観光
こんにちは


九州新幹線が開業してしばらく経ちますが、みなさんはもう乗られましたか?
九州新幹線には、車いすユーザーが安心して乗車できるさまざまな設備が設けられています。
是非、ご利用下さい。

 
さて、まず切符を買う時にちょっとしたコツが要ります。
車両には、多目的室、という個室があり、車いすユーザーはそこを予約する事が出来るんです。椅子に移乗できないユーザーや座位を保持するのが難しい方も安心です。この多目的室を予約するには、JRの予約センターではなく、切符を受け取ることのできる駅に、直接電話して予約しなければなりません。
ちょっと面倒ですが、熊本駅や新水前寺駅などに直接電話して予約するといいですよ。

 
熊本駅、新幹線口はすでに改修が終わっているので、安心のUD。気分良く出発です。
Dsc_0007

ホームドアも設置されていて、安全面でも配慮が行き届いています。車いすユーザー用の車両表示もわかりやすく、利用しやすいホームです。
Dsc_0014


 
この日は福岡で仕事だったのですが、たまたま700系の車両に乗る事が出来ました。内部も素晴らしいデザインで、使いやすく配慮されていますよ。
Dsc_0024


出入口は開口部も広く、スロープがなくても介助者が1名で十分な高低差です。ホームと車両の隙間もせまく、さすがという感じ。
Dsc_0028

出入口のすぐ横が多目的室。お向かいに多目的トイレが設置してあり、乗り込むとすぐに多目的室に入れます。
曲線をうまく使ったデザインで、とても広く感じます。

Dsc_0036

シートの脇には手すりもあり、移乗して利用するのも楽でした。
このシートはそのままベッドにもなりますので、身体の状況に合わせて楽な姿勢で旅行が楽しめそうですね。
移動の負担が少ないことは何より嬉しいことです。

Dsc_0086

ソファの状態で利用するなら、介助者も対面で利用できるように、折りたたみのいすも設置されています。
緊急呼び出しボタンも複数設置されていて、とにかく安心出来るスペースです。

Dsc_0090

 
 
向かい側にある、多目的トイレも限られた空間を巧みに利用して、広く使えるように工夫してあります。

Dsc_0049

オストメイト対応便器などもあり、大阪までの旅もこれなら安心ですね。

Dsc_0053

ちなみに、一般客室にも車いす用スペースがあります。
Dsc_0099

 
通常2列のシートが1つしかなく、シートの横のベルトで車いすを固定します。基本的に車いすからシートに移乗して、折りたたんだ車いすを固定するのが目的ですね。


Dsc_0098

正直操作性が悪いです。椅子に乗り移ったユーザーは自力でこのベルトを操作する事が出来ません。この操作は介助者か乗務員さんにお願いする事になりそうでです。

固定すると、こんな感じです。

Dsc_0102


 やはり、決め手は自分がどの状態で乗車したいかを予約時に伝えることです。多目的室の利用なら駅で予約。客室の車いすスペースを利用するなら予約センターでその旨を伝えて下さい。

 
割引切符の利用をすれば、ほんとに安く楽しめます。福岡、大阪がグッと身近になりました。
 

便利で安全な車両です。みなさんも是非ご利用下さい。

 
 
 
 
 
追加情報です。
このブログを読んでくださっている方から、コメントに補足情報をいただきました。貴重で実用的な補足ですので、本文に追加させていただきました。
文書は原文ママでコピーさせていただいています。
 
「新幹線の詳しい情報と画像有難うございました。
私も車椅子ユーザーで新幹線で静岡や東京へ行きましたので補足させて下さい。
100キロ以上は身障者割引きが利用可能で目安は4分の1程度で介護者も
適用されます。 勿論身障者本人が駅で身障者手帳持参で指定席を予約し多目的室を
申し込みます。電話ではダメです。空いていない場合もあります。
新大阪から先は乗り換えが必要ですが、駅員さんが乗り降りやホームへの
案内などフォローしてくれますので安心ですが、乗り換え時間が普通は9分ですが、
車椅子は移動に時間がかかるので15分位の余裕の乗り換え時間がある出発時間を
薦められますのでその方が良いと思います。
さくらは多目的トイレも広いですが、同じ700系でもこだまやひかりは
狭くて車椅子はUターン出来ません。 新幹線は思ったより
揺れますのでトイレ等注意が必要です。
何か補足で参考にしてください。」
 
 
 
貴重な情報をありがとうございました!また何かありましたらよろしくお願いします。


コメント (2)

UDくまもとホタル情報! 上江津湖周辺

2012-05-31 15:14:07 | 熊本市内 観光
こんにちは

今回は、熊本市内のとっても身近なホタルスポット江津湖を紹介します。
有名なスポットほどの数はありませんが、夕涼みがてらに気軽にでかけられるのがいいですね。

トイレの準備さえしっかりしておけば、比較的車いすでも楽しみやすい場所ですよ。

 
上江津湖周辺には駐車場が少ないのですが、市立総合体育館におかせて頂くといいかもしれません。路上駐車は厳禁です。
ここからボチボチ進みます。
Dsc_0001


 
目指すは「ゾウさんの池」です。ここからスタートと言った感じですね。

Dsc_0011

ゾウさんの池を右に見ながら歩道を芭蕉園の方へ進むのがルートです。この辺歩道は未舗装ですが、比較的しっかりしているので、車いすでも問題ありません。

Dsc_0014


実はホタルの里100選にも選ばれているんですね。
Dsc_0016


歩道は左に上江津湖、右にゾウさんの池を見ながら進みます。ホタルの出没スポットはこの歩道の右側です。池を過ぎた付近から、うっそうとした繁みになり、小川が流れています。このあたりからボチボチ見え始めます。
しかし、こんな自然が市内中心部にあるんですから、熊本は贅沢ですねえ。
Dsc_0019


 
芭蕉園まで続く歩道で唯一の難関がこの橋です。橋の前後が段差になっていて、さすがに自走ユーザー一人では上がれません。お手伝いがあるといいですね。

Dsc_0035


だいたいこのあたりからが一番多くホタルが出るスポットです。もはや熊本というより日本ではない様な風景です。不思議な場所ですね。
Dsc_0038

上の写真の右側はこんな感じです。ここは左右両方ともホタルが出ます。
Dsc_0039


 
あとは奥の芭蕉園ですね。その日によって、どこが一番ホタルが出るか変わるようですので、のんびり散策しながら楽しんで下さい。
Dsc_0052

 
取材日は少し雨に降られてしまい、ホタルも少なめでしたが、十分楽しめましたよ。


Dsc_0076


Photo



 
市内中心部ということもあり、家族連れやカップルも多く、治安の面では安心です。女性同士でも安全だと思います。
午後8時前後からホタルが飛び始めます。
ホタルの飛ぶ期間中は街灯が消してありますが、周辺が明るいので足元が見えない様な暗さになる事はないようです。

 
ホタルの大乱舞ということはないですが、ちょっとそこまで、という気軽さがいいですね。
いよいよシーズン本番です。
みなさんもお仕事帰りに寄り道してはいかがですか?
 

場所 上江津湖 図書館裏周辺

大きな地図で見る

コメント

本妙寺桜灯篭

2012-04-03 16:55:31 | 熊本市内 観光
こんにちは

毎年3月に行われている、本妙寺桜灯篭をご紹介します。
バスや電車で行くのが一般的ですが、長い上り坂などがありますので、車椅子ユーザーは、早めに行って本妙寺の駐車場に車を停めるといいでしょう。
仁王門下のバス停より、すこし上に駐車場があります。台数が少ないので少なくとも4時までには着くように出かけて下さい。その後駐車場は閉鎖になります。出ることはできますが入ることはできなくなるので注意して下さい。
 
写真の左に見えているのが公衆トイレ。車椅子対応トイレもちゃんとありますよ。安心してゆっくり過ごして下さいね。
Dsc_0001



 
日暮れ前。地元の方達は準備で大忙し。桜は一番美しい時間を迎えます。
Dsc_0006


駐車場からなら階段もありませんし、参道を彩る桜も車椅子のまま楽に楽しむことが出来ますよ。
お寺の境内に入る事はできませんが、それでも十分きれいです。
Dsc_0018


Dsc_0036



 
 
いよいよ日暮れ時。灯篭に火が灯り、辺りは幻想的な雰囲気に包まれます。
Dsc_0074


Dsc_0085

 

この日は夕暮れ時から、肌寒いくらいでしたので、念のため上着を準備して下さい。
トイレは灯篭に火が灯って以降は、若干込み合います。余裕を持って早めに行きましょう。

ここでしか見ることのできない、素晴らしい風景を楽しめます。みなさんも来年は是非お出かけ下さい。
 

大きな地図で見る


コメント

ストリートアートプレックスクマモト 大道芸2012!

2012-03-19 09:49:11 | 熊本市内 観光
こんにちは


先日も告知していましが、ストリートアートプレックスクマモト大道芸2012が新市街、下通りアーケードを中心に行われました。

あいにくの天気でしたが、アーケード内なので、天候の影響も少なく、たくさんの人が楽しみましたよ!
周辺には駐車場も多く、多目的トイレもたくさんありますから、車椅子ユーザーでも十分楽しめるイベントなんです!

子どもたちに大人気のフェイスペインティング。本格的なものから、ちょっとしたものまで。
Dsc_0013


 
アーケードのあちこちで、さまざまなパフォーマーによるパフォーマンスが行われていて、大人から子供までみんな楽しめます。
Dsc_0027


プログラムをもらって、お目当てのパフォーマーがいる場所へ。
Dsc_0020



 
とにかく、音楽からマジック、パントマイムとさまざまです。これが無料で楽しめるんですから贅沢ですよね~。
Dsc_0032


Dsc_0063


 
子どもたちに大人気の紙芝居。おねえさんがとっても楽しくて、子供たちも盛り上がります。
Dsc_0064


 
開催時間中は、パフォーマーがあちこちに移動しますので、不思議な光景が見られます!

Dsc_0078


Dsc_0034


 
パントマイムを間近で見ることも少ないですよね。大人も大満足です。


Dsc_0049

この方のジョニーデップは似てました。日本人がここまで似るのか、というくらい似てました(笑)

Dsc_0093


年間を通して、いろんな催しが行われています。くわしくは下記のホームページを参照してくださいね。
知らないと見れませんから、是非、チェックして下さいね。

 
いやあ、予想以上に楽しめました。これはおススメです。

 
公式ホームページ
http://www.artplex.jp/index.html

 
 

大きな地図で見る 
 


コメント

素敵な眺めとハイボールを! A列車で行こう

2012-03-13 17:43:46 | 熊本市内 観光
こんにちは

熊本駅から三角駅まで、海沿いの線路をコトコト走る「A列車で行こう」をご紹介します。
全席指定なので、予約が必要です。
このとき、1号車を予約するようおススメします。2号車には車椅子スペースがありません。
また、くれぐれも注意して頂きたいのは、車両連結部分は車椅子が通る幅がないので、1度乗り込んだ車両から、隣の車両へは移れません。また、客席の間は車椅子が通る幅がないので、車両内の前後移動もできません。

以上のことさえ気をつければ、あとは安心。
熊本駅は整備が進み、車椅子でも移動はスムーズです。
Dsc_0004


 
駅員さんが丁寧に案内してくれますので、安心です。
さあ、列車がやってきました。ホームにはJAZZが流れ、雰囲気も一気に盛り上がります!
Dsc_0033


乗り込みはスロープで。駅員さんがしっかりサポートして下さるので安心です。
Dsc_0047


客室は出入口付近に広いスペースがあります。こちらは2号車。この車両には車椅子スペースはありません。ベンチがありますが、テーブルが固定なので、移乗しにくいですね。あまりおススメ出来ません。
Dsc_0044


 
1号車には話題のバーカウンター。ハイボールが飛ぶように売れています。とにかく飲むつもりなら、乗車したらすぐに注文する事。動き出すと長い列ができますよ。

Dsc_0100

内装も雰囲気がありますよね。少しおしゃれして乗りたい列車です。車内にはジャズが流れ、大人の雰囲気。

Dsc_0094



 
バーカウンターの向かいに車椅子スペースがあります。テーブルがあり、眺めもいいですね。
ただ、ちょっと狭いのが玉に傷かな。
Dsc_0106

ちょうど行き来する人達の離合場所にもなるので、窮屈な感じがします。移乗出来る人はこのスペースのすぐ隣にあるベンチがいいでしょう。

Dsc_0085


Dsc_0060

海沿いを走る列車ですから、車窓からの眺めは抜群です。
途中、眺めの良いところに差し掛かると、速度をゆるめて、ゆったりと進んでくれますよ。

Dsc_0097

みんなニコニコ、楽しそうに過ごしています。
おいしい飲み物を頂きながら、素敵な時間を過ごして下さい。

 
 
さて、一般席も紹介しておきます。歩行に不安のない方は、こちらでゆったりしてください。

Dsc_0075

 
テーブルは折りたためますので、乗り降りは楽ですね。ただし、ひじ掛けは上がりませんので、一番後ろの席であっても、車椅子からの移乗は困難です。


Dsc_0076


 
楽しい旅もあっというま。40分程度の道のりですから、ウロウロせずにゆったり過ごしたいですね。

到着駅の三角駅もしっかりUD化されています。
安心して乗り降りできますよ。

Dsc_0119

駅前のスロープも新設されています。便利になりましたね。
Dsc_0121


 
ここから本渡までの船に接続しています。わかりやすい誘導ですから、戸惑うことはありません。


Dsc_0124

船も統一のデザインですから、おしゃれですね。こんな船で天草まで一直線なら楽しそうです。

Dsc_0129


 
観光列車は、それならではの楽しみがあります。移動そのものを楽しみに変えることができますね。
車椅子ユーザーも楽しめる列車ですから、是非乗ってみて下さい。

 
ただし、飲み過ぎても車椅子対応トイレはありませんのでご注意を。

くわしいことは、下記ホームページを参照してくださいね。
http://www.jrkyushu.co.jp/gokujou/amakusa_kumamoto/train.html

コメント (2)